2011.06.01

ねじ巻いて行こう

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
梅雨だと思えば雨降りでもしかたがないのかな?とは思うのですが、なにしろ寒すぎです。
布団も服も、あったかめのは先日まとめて片付けてしまいましたよ。
今年は暑いと思えば寒い、寒いと思えば暑い。を繰り返していたので、かなり様子を見ながら片付けたつもりなのですが、遂に裏をかかれました。
がっでむ!


1年程前から、ブルーアンバーが欲しくて、先日とうとう買ってしまいました!
実はちょっと前に某所店頭で見て1度買ったのですが、外へ出してみたら期待に適わない物だったのでそれは返品して。
今回はネットにショップを出している所で、メールで自然光下での写真を送ってもらったり、東京のスタッフを通して現物確認をさせてもらったりしてから購入に踏み切りました。
いや、正直かなり思い切った買い物でした。
でも、最初に買った物とやっぱ全然色が違うんですよ。
私が求めているのは、石の力とかそーゆーのは・・まぁ二の次で・・・。少々高価でもこの色がなければダメだったので。
お話に聞くところによりますと、最近はなかなかクオリティの高い物が出ないということで、私にしてもこの先手に入れる機会があるかわからなかったので、清水の舞台から飛び降りたよ!ちょっと骨折った!


先週届いた『TIGER&BUNNY』1巻を観ました。
いや、やっぱ面白い!
第1話にふさわしい出来です。
しかし、私はBD初回限定版を買ったのですが、2巻目以降も限定版にするかはビミョーだな~と思いました。と言いつつ、1巻観たら、家族がけっこう気に入ってくれたので、限定版で注文入れちゃったんですけれど。
まぁビミョー。
こうなると、オタク的な「揃えたい病」が発症するのでやっかいですが・・・それを割り引けば、私は限定版でなくてもよかったかな~?と思ったり思わなかったり・・・。
特典映像にメイキングが入っていて(番宣の特番?)、夫と二人で見ながら「すげーな」って話で、声優さんってほんとすごく声を作ってるんだな~。と感心。
インタビューだけ聞いたら誰の声だかわからん。と思いましたよ。
女性二人のしゃべり方に、あるエリアで見かける方々によく見られる特徴があって、ちょっと笑いましたが。
やっぱアニメが好きで、こういう職業を選ぶ人ってのは多いんだろうな。
んで、おまけCDにキャストトークが入ってるのですが、こっちは割とキャラクターの声に近いんですよね。なんつーの?作ってる声ってゆーか。
おもしろい。
声優って、特殊技能なんだな~。


土曜日、久しぶりに国会図書館へ行って資料を漁ってまいりました(※言葉が悪いので「漁って」を「集めて」に直すこと)。
ほんと久しぶりで、登録カード切れてるんじゃないか?と心配したのですが、まだ大丈夫でした。
おもしろかった・・・・。
おもしろかったのですが、今ここで楽しんでしまうのはやばいと思った。
前回も書きましたが、今呪いに敗れて勉強会へ行けなくなっているのですが、資料読んでるだけで満足してしまうと、史料の方はもういいや~って気分になってしまいそうで・・・・。
それでは本末転倒なのだ。
つか大きな後退であろう。
もともと、他人様の解説だけでは充分ではないと思ったから、勉強したいと思ったのであろうに。
やれやれ。

行く前にチェック入れてた論文をひと通りコピー取って、時間がちょっと余ったのでなんとなく検索していましたら、小川信先生の論文に『細川定禅は土佐守護でなかった』というのがあって、題のベタさにちょっと吹きそうになりました。「!」を付けて欲しかった。先生惜しい。
ぜひ読んでみたいのですが、この日は残念ながら「作業中」とかで閲覧できませんでした。惜しい。
で、取ってきたコピーをぼちぼち読んでいるのですが、芋づる式に読みたい資料がどんどん湧いてきて大変です。
次いつ行けるかわからないし。
ってまぁ行く前に今手元にある物をきちんと読んで、溜めてる本も読んで・・・って、読む物はいっぱいあるし勉強すべき事もいっぱいあるので、ある所から片付ければいいんだけどね。


さて、pixivのイラストに『小説人物設定』をUPしました。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=19276683
こっちもリハビリ中・・・・。コメントが言い訳めいてて、ちょっと我ながらどーにかしろよ。って感じなのですが、全然言葉が浮かばなかったので、そのままUPしました。
って、言い訳の言い訳をここでする!!
は~~~・・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
というわけで、いろんな方の論文をぼちぼちと。

| | TrackBack (0)

2010.11.03

今日は文化の日

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
文化祭が行われた学校も多かったようですね。
私は、先日日曜日、母校の学園祭へ、卒業以来初めて行ってまいりました。
卒業以来っつか、在校していた当時は、所属していたサークルにかかり切りで、全然他のトコ見てなかったかも・・・。
今回突然訪れたのは、今お世話になっております先生の、体験授業というものが、学園祭のイベントでありまして、それを受けに行ったのです。
時間が短かったので、物足りなさは感じましたが、楽しかったです。
んで、その後「中世史研究会」というトコを見てから帰ろうと思って、行ったらもう終わってた・・・・。展示なのになぜ!?


今週はなんか色々あります。
昨日は、娘の保護者個人面談がありまして、行ってきました。
実は最近少し気がかりな事もありまして、その辺学校での様子を知りたかったのですが、特に目立った変化や問題になるような行動はないようで、まぁちょっとは安心してていいのかな?
そんなわけで大した話もなく、とりあえず「先生から見てどんな子なんでしょ?」と聞きましたら、
「ん~・・一言で言って、おもしろいお子さんですね」と言われた。
どうおもしろいのかはよくわかりませんでしたが、とりあえず誉め言葉だったようなので、
まっいいや。
そして、今日は、娘の希望によりなぜだか、
フィールドアスレチックへ行ってきましたよ。
行くまでは、なんとなく「めんどくさいな~」と思っていたのですが、やり始めたらけっこうおもしろくて、普段しないような姿勢を取ったりするので、あまり動かしてない部分が動いてる感じでよかったです。
でも、途中で娘はどんどん自分のやりたい所へ行ってしまうので、大人一人でロープにぶらさがったり、ぐるぐる走り回るのは、なんかちょっと恥ずかしかったよ。


さて、
やっと・・やっと、や~っと!
某誰得小説の第3話アップしました!!
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=90678
でも今アップした物を読み直してみたら、なんかテンポが悪い気がする・・・ので、もしかして後で句読点の位置くらい変えるかも知れません。
私は推敲するのに、紙に縦書きに打ち出してしているのですけれど、書いている時はワープロソフトの横書きなんですね。
で、そのPC画面の横書きと、紙に打ち出した縦書きと、ネットにアップした物と、読むテンポがなんか違うんですよね・・・・。難しい・・・。
まぁそれはそれとして、今回とにかく合戦だよ!
合戦シーンがもう泣きたくなる程大変でした。もうマジ、「喧嘩はやめてっ!」って感じでした。
地図と資料と史料を行ったり来たりして、それでもなかなかビジュアルが構成されなくて、相手との距離感とか。進行方向とか。
あっそれで、マイミクのAkiさんのサイト、めちゃくちゃ参考にさせて頂きました。
何度も出たり入ったりしている怪しいIDは私です。ごめんなさい。
本当に助かりました。ありがとうございます。
で、まぁ苦しい合戦は終わったわけですが、考えてみればこれから先には、政治的な話とか出てくるわけですな。
合戦は、そういう事ではまだ、出来事を重ねて行けば書けるような気がするのですが、政治のあれやこれやの暗躍する為政者達のいろんな思惑とか。どーすりゃいいんでしょーね!
「地球連邦、ばんざああっい!」とか叫んどきゃいいですかねっ!
シクシク・・・・。


ところで、
和氏・顕氏ネタで、合戦エピソードでネームを切った物があるのですけれど、甲冑と馬と死体を描くのがめんどくさくて、もう何ヶ月もお部屋で寝ています。
気に入ってるシチュエーションなので描きたいのですが、あと3年くらいは熟成される予定。


★★★今日読んでいる本★★★
なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.20

これも仕事

久しぶりに先生の所のネタです。
『室町幕府開創期のあれやこれや』第28話
「建武3年(1336)頃のある日の出来事」

Photo

久しぶりでしたので、今まで自分が描いた物を一通り眺めてみたのですが、
直義、怒ってばっか・・・・・。
な~んか、私が描く直義って、カリカリしてるんですよね・・・・orz
実は某所にて発表中の小説の第2話も、最初に夫に読んでもらった時
「なんでこの人、こんなにイライラしてるの?」と言われてしまって、その辺かなり直しました。
カルシウム足りてないのか?
持っているイメージは、落ち着きのある物静かな人なのに、自分のキャラクターになるとイラチ。どうしてそういう事になるのか、すごく不思議です。
はっ!高嶋弟!?
・・・いや・・・あれはあれでかなり違うと思う・・・。

冷静な直義様を描いてみたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.21

とり急ぎ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気のようですね。
2~3日前から少し涼しくなったようですが、それでもまだまだ暑いです。
こういう時は特に疲れが出て、体調を崩しやすいので、みなさんお気を付け下さい。
って、私だよ!毎年秋の始めに体調崩すのは!


遅くなりましたが、ネタ絵UPします。
Photo

「トリビア」って、観た事ないんですけど・・・・もうやってませんよね?
師直って、成績はなぜだかいいけど、ムカつく生徒って感じですよね。
そして全然関係ありませんが、家族が、直義さまのことを
「三白眼の人」と言うのはどうにかしてほしい・・・・。
それは私がそう描いてるだけで、直義さまは三白眼じゃありません。
いや、会ったことないから知らないけど。
知らないと言えば、たま~に
「足利直義ってイケメンだったんですよね?」と聞かれる事がありますが、会ったことないので、知りません。
「さぁ~・・・」としか答えられない。
あまつさえ、「イケメンだから好き」とか、わけのわからん事を言う人がいますが、止めなされ。
直義イケメン説は、米倉先生というより、河村恵利の影響な気がします。


来週は、忙しいような忙しくないような週になりそうです。
つか、そんなに忙しくはないと思うのですが、あまり家にいられないかも・・・。とほほ。
最近ちょっと、引き籠もりになりたいくらいなのに・・・。


pixivに、マンガじゃない新作UPします。
できれば滝夜叉さんに見て欲しい。


んじゃま、今日もちょっとこれから出かけてきます。


★★★今日読んでいる本★★★
まだなし。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2010.08.06

お父さんは心配性

23話目です。
シチュエーション間違えましたorz
年齢もなんとくな違います。
すみません・・・・orz

まぁでもこんな感じってことで・・・・。


Photo_2

一番危険なのは将軍だと思う。
気を付けろ、師夏。


ウサギのトーンは、フジイさんの作品を加工して使用しました。
それでは、おやすみなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.04

シリーズ復活

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。陽射しはともかく、この湿気にまいります。
涼しい風が吹いてても、ちっとも気持ちよくならない・・・・・。


で、細川先生のシリーズ復活しました。
って、はやっ!!
いや、正直こんなに早く続きが出るとは思っていなくて、他の方を進める気満々で行動していたので、ちょっと焦りましたよ。
あっ直垂の紐描くの忘れちゃった。


Photo

某Hさまよりせっかく要望がありましたので、
ちょっと気合い入れようかと思ったのですが、この絵柄でそこだけ気合い入れると、まじで「キモッ!」って感じなので自重しました。ごめん。
ところで、師直は師夏に子煩悩というシチュエーションも萌えます。


話はまるっきり変わりますが、
前にも書きましたが、私、講○社の「特装版」ってのが嫌いなんですけれど、ついに『少女ファイト』7巻に手を出してしまいましたよorz
コレクター魂に火が付いたわけではなく、『少年ファイト』が読みたかったから・・・・・・orz
悔しいので、「通常版」は(ピーーッ)で購入しようと考えています。
あれって一応営業努力なんですかね?なんか私はすごく感じ悪いな~と思っているのですけれど、ぬいぐるみとかフィギュア付きのとかどれだけの人が買ってるんでしょう?
そーゆーの付けるのは別に構わないのですけれど、カバーイラスト変えるのを止めて欲しい。
個人的には、こういう付録的な物を「欲しい」と思った事もあるのですけれど、カバーイラスト見て買うのを止めています。
あんまり続くようなら、雑誌買うのも止めようと思う。
日本橋ヨヲコは好きですけど。
で、『少女ファイト7巻特装版』、発売一週間でもうプレミア付いてんの。って、私は発売一週刊後に思い出して書店行ったらもうなかったんですけれど、7ネットでフツーに買えましたよ。
なんだかな~・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
『地獄を二度も見た天皇 光厳院』飯倉晴武/吉川弘文館
持明院統側から歴史を考える事がなかったので、へ~・・と思う事がけっこうあっておもしろいです。
『花園天皇宸記』はいつか読みたいと思っているのですが、『竹むきが記』から紹介されていた元弘の変の時の
「足利が裏切らなければ~」って話が、なんか新鮮でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.23

シリーズ終了

みなさんこんにちは。
今日もうっとおしいくらいよいお天気ですね。
今朝はどうしたわけか、あんなに毎朝ゴリゴリと部屋への侵入を試みていた亀が静かで、「死んだか!?」とちょっと焦りましたが元気でした。
亀の遊び用に置いたブロックの上で、元気にジタバタしていたので、「下りられなくなってるのか?」と思って見てたら、私の姿に気付いてさっさと下りてきたので、なんとなくジタバタしてみせてただけだったようです。もしかしたらクロールの練習だったかもしれません。


それにしても暑いですね。
昨日も大勢の方が熱中症に倒れたようです。みなさんも体力を過信せず、お気を付け下さい。


細川先生のブログにて連載中でしたシリーズが、一応最終回を迎えました。
ちょっと遅くなりましたが、カットを置いておかせて頂きます。
これを機に拙ブログへお運び下さった方もいらしたようで、大変ありがたいことであります。
以前からご覧いただいています皆様にも、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

第18話
Photo

群像ドラマって子供の頃から好きで、歴史のおもしろさの中にいろんな人達の思いとか、そういう物があって、そういういろんな人のことを汲み上げて行きたいものだと思うのですが、自分の事でさえ精一杯な一介の主婦にはなかなか難しいことでありますね。
上杉重能とか、描いてみたいです。まぁまた別の機会もあるかと思いますので。


第20話
Photo_5

相変わらず直冬の年齢設定が幼いです。すみません。
この時の話は以前「まとめ」の方にちょっとだけ書いたのですが、お産はスムーズにいったのに、直義は熱があって産所に充てられていた吉良邸へは行けなかったようです。
なんかね、そういう間の悪さみたいなのが直義らしいな~・・・・と、ちょっと思います。
しばらくは仕事にも出られなかったようなのですが、赤子にでれでれしてたための欠勤でもよい。
ところで、如意丸が生まれた時って、直義が引き取ってた尊氏の娘がまだ生きてますね!数え5歳。
年回り的にも光王8歳、女子5歳、如意丸1歳。っていい感じですよね!直義さんちの幸せな時期って感じ。そういうあったかい時間があったと思うとすごく嬉しいです。
    その後はあれだけどね・・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
『楠木正成のすべて』佐藤和彦・編/新人物往来社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.19

君は今まっすぐ立てているか?

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
梅雨が明けて、すっかり夏!ですね。
夏は一番好きな季節なのですが、いつの間にやら乗り越えるのが大変な季節になっておりましたよ。
とほほ。
浴衣が無事仕上がりましたので、昨日は娘と二人で瀨田温泉へ行ってきました~。ひゃっほ~い!
んで、普段はピアレッテで娘を勝手に遊ばせといて、ベンチで本を読んだりしてるのですけれど、昨日は我ながらどういう精神状態だったのか、一緒に鬼ごっこしたり巨大ブロック積んだり、砂場で型抜きやったり・・・変なテンションで遊んだためか、今朝大変ダルいことになっておりました。
でも、温泉はお天気もよかったので、すっごく気持ちよかったです。外のお風呂が、入りながらお酒飲めるし、広くてお勧め。


>私信
では、16話は「ぬるい!」ってことで、よろしくお願いします。
17話目は以下にて「マダオ」ってことで!

Photo_4

安部龍太郎の書く直義はちょっとマダオっぽいですよね。
でも嫌いじゃないですよ。
山岡荘八のは「勘弁して・・・」って感じで、当時今以上に心が狭かったのでソッコーで処分してしまったのですが・・・。でも最近、「割と好き」と書いている感想をいくつか読んだので、「どうだったかな~」と、ちょっと読み直してみたい気にもなっています。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.15

日本の夏!が来る

みなさんこんにちは。
今日はいいお天気なのかな?
つーかさぁ・・・なんでうちが洗濯しない日ばかり晴れるの?ってゆーか、なんで洗濯したい日が雨ばかりなの?
嫌がらせ?呪い?
はっ!もしやまたもや、宇宙の大いなる意思!?
大いなる意思!我が家に地味に経済的ダメージを与えようとしてる!!?なんのために!?
くそーーーっ!許せん大いなる意思!!やることがセコいんだよ!!

     でもだからといって思い切った行動に出るのはやめてね。


日曜日までは予定通りに気持ちよく進んでいました娘の浴衣作りですが、
やはりと言いますか、躓きました。
予定では、火曜日までに衽が付いているはずだったのに。余った脇の処理がきれいにいかなくて、丸一日悩んでしまった・・・。
大人と同じ見積に囚われてすっかり忘れていたのですけれど、ちゃるさんに「肩あげ・・・」と言われ、
なるほど、多めに見積を取ってそういう事をする手があったな。と目から鱗が落ちました。
が、結果的には結局肩上げは取らずに続けています。まぁ最大の理由はめんどくさいから・・・・。なのですが。
取りあえず他の解決方法を見つけましたので、身幅を取り直すことなくその方法で脇縫い代の始末は無事終了。衽付けまで出来ましたので、できれば今日のうちに衽の始末をして、襟に取りかかりたいものです。


出来上がりましたら写真をUPしますが、浴衣の柄は、紺地に赤や黄色の花が大きく染めてある昔からよく見かける感じの物です。
淡い色合いのかわいい反物もいっぱいあったのですけれど、娘が「これがいい」と言って選びました。
私が初めて縫った浴衣は、高校時代に自分用をなのですが、反物は母が買い置きしていた物で、娘が今回選んだ物に似た雰囲気でした。当時もありがちな感じで、なんとなく「ダサッ」と思って、あまり好きではありませんでした。って今でも普段に着たりしてます。そして今でも別に好きじゃない。
なので、娘がこういう柄を選んで、「えっ?いいの?こっちの方がきれいじゃん」と念を押してしまいました。
最近は、吊しの浴衣を着てる子がやはり多いようなのですが、子供の物はピンクや水色のかなり明るい色の物がほとんどですよね。だからかえってこういうのが娘の目に新鮮に映ったのかもしれません。


この連休にある地元のお祭で、4月から始めた和太鼓を叩かせてもらえるようで。習い始めた時は、夏祭りには間に合わないと言われていたのですが、娘もがんばったようで、先輩たちと一緒に出してもらえることになりました。
まぁ浴衣は着ないので関係ないのですが、楽しみにしてくれているようなので、娘ががんばった分お母さんもちょっとだけがんばるよ。


というわけで、今週は娘の浴衣を縫う日本のお母さんをやってて、他の時間がなかなか取れないのですが、遅ればせながら12話目です。

Photo_2

正直半分寝ながら描いてて、今朝とんでもない誤字があるのを見つけたので、セリフ削りました。まぁあってもなくてもいいようなコトしか書いてないから。
吉野へはまだ行った事がなくて、どういう所だかさっぱりわかりません。その上寝ながら描いたので、色々と変な所があったらごめんなさい。ご指摘いただければ直すかもしれません。
でも「絵が変」という意見はとりあえず胸にしまっといて下さい。
やっぱ置鮎ウサミミファンとしては、大仏も土産に欲しいと思ったのですがめんどくさいのでやめました。せんとくんを出すのはしつこそうなのでやめました。
ってゆーかそこまで行くと、吉野土産なのか奈良土産なのかはっきりしませんね。

尊氏だったらどんなヘンテコなイヤゲ物でも喜んで受け取っちゃいそう。と思っていましたら、14話目が八朔ネタでした。


★★★今日読んでいる本★★★
友人に借りた例の本の続き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.12

梅雨が終われば

みなさんこんにちは。
今日もまた蒸し暑いですね。
ここんとこ、休日にも朝からの用事が多くて、なんかまとまった時間と気持ちの余裕がなくて、今年はとうとう梅酒も漬けませんでしたよ。
今は朝寝できる日を待ちわびています。
んで、昨日は妹からの出動要請をぶっちして、少し寝ていられるかな~と思っていたら、娘のサークル活動の開始時間がいつもより2時間も早かった・・・・。
で、お弁当を作ろうと起きたのですけれど、BBQをやるので必要なかった・・・。


去年まで着ていた娘の浴衣が小さくなったので、今年は新調します。
って、ひと月くらい前に「そろそろ作り始めなければ」と、娘と一緒に反物を選びに行ったのですが、やっと、
一昨日から縫い始めました。
今度の連休が地元のお祭りなので、もうマジ作り始めないと間に合わないんで・・。
一昨日はほぼ1日出歩いていたのであまり進まなかったのですが、昨日は予定してた所まで終わったので嬉しい。
以前にも書きましたが、しるし付けと裁断が終われば、気持ち的に8割終わってる。
で、基本的にはひたすら真っ直ぐ縫っていけばいいので、始めてしまえばよほど時間が取れなくならない限り、他の仕事しながらでも1週間もあればできるんですよね。
幸田文の自伝的小説に、やっつけ仕事でひと晩で縫う話が出てきますけれど、慣れてる人でそんなに丁寧に作る必要がないなら、それくらいでもできちゃうんだろうな。
去年夫の浴衣を縫った時は、1ヶ月もかかってしまって大変だったのですけれど、あれはほぼ完成って所で、丈が合ってない事に気付いて、ほぼ最初からやり直しになってしまったから。
採寸の仕方を間違えて・・というか、体型に合わせた測り方を知らなかったのでした。その後読んだ近藤ようこの本に体型による縫い方の話が出てて、「先にこっちを読んでいれば・・・」と思ったものですよ。
女物は、そう言った点では、おはしょりがある分だけ気を遣わなくていいから楽です。よほどギリギリの長さに作らなければ、10cmくらいの違いは楽に対応できますね。
あと、今回楽になったのは、
去年実家のご近所さんから頂いた着物の中に、その方が縫った浴衣が何枚かあったのですね。人が作った物を見せて頂くと、色々と気付く所が多いです。
見せてもらってよかったな~。と一番思ったのは、縫い目。・・・・こんなもんでいいんだ・・・ってのが・・。


ただ、今縫いながら気になっているのは、10歳くらいってのが、ちょうど子供と大人の境目って感じで(着物の縫い方的にね)、どっちで作るかな~ってのが・・・。まぁ毎年作るわけではないので、先を考えて大人と同じにしました。が、そうするとけっこう脇とか余るんですね。ってゆーか計算通りに見積もったら、すっっごく細くなってしまったので、かなり水増ししました。
なので、出来上がってみたら大きすぎ・・・ってことにならなければいいのですけれど・・・。


さて第10話です。土曜日に「週末は描かない」宣言をしたのですが、ちょっと時間ができたので描けました。
それにしても、先生ペース早っ!!

Photo_3


★★★今日読んでいる本★★★
『夢中問答集』講談社学術文庫

| | Comments (0) | TrackBack (1)