2011.02.16

餓えの果実

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
東京、一昨日の雪はちょっとびっくりするくらい激しかったですね。娘が大興奮でした。
雪の後がけっこう冷え込んでて、降ってる時より寒いような気がしました。


神林長平の短編集『言葉使い師』読了。
前半の数話はちょっと「?」って感じでしたが、後の方の2話がよかったです。
先日は「求めているモノと外れていたら、全然おもしろくなかったような気も」すると書きましたが、全編通したらけっこう気に入りました。もっと読んでみたい気にもなりました。
漫画家の明智抄が、何度か「ファンだ」って事を書いていて、
以前読んだ作品では思わなかったのですが、この短編集では、なるほどこういう影響を受けているんだな~というのがすごく感じられました。
明智抄の『シロッコシリーズ』(ってゆーの?今日初めて知ったけど・・・)とか、世界観がすごいシンクロしてる。
(あっこのシリーズもよいですよ。「子供が近くにいる人にお勧め」って紹介してる方がいましたが、やはりそう思うのか。けっこう容赦なく残酷だったりもするのですけれど、「ひよこ柄のお布団」の話とか、私も未だに反芻するし、子供を見てるとガンガン胸に迫ってくるものがあります)
次は何を読むかな~なのですけれど、取りあえず積ん読状態のいろんな物を片付けていかねば・・・。
なので、またしばらく小説を読むのはお休み。
久しぶりにケストラーを読みたくなった。


最近「135」のアルバムを聴きまくっている。
ノリがよくてメロディや声がきれいだからかな?作業が気持ちよく進む気がする。気だけかもしれないが・・。
アルバムは初期の物を4枚持っているのですが、もっと続けて手に入れておけばよかったな~・・。すぐに聞き終わってしまうのがつまらないです。
って、実はコンサートへ行ったら、ちょっとがっかりしてしまう事があって(今思えば「それくらいの事で!」なのですが)、ふっと興味を失ってしまったのですよ。
なぜあんなに厳しく切ってしまったのか。
まぁでもそれからここ最近まで、こんなにハードローテで聴きたいと思うこともなく過ごしてきたわけだから、別にいいのか?
今更ながらに復活って感じ。
ところでこのグループって、まだ活動しているのでしょうか?

娘につられて、ポルノグラフィティのベスト版を購入。


先日日記で愚痴っていましたマンガ作品を、やっぱり主線からデジタルで描き直すことにしました。
んで、教えて頂いたコミスタのお試し版を導入してみました。
が、いきなり挫折。ってゆーか互換性が今ひとつで(既に途中までSAIで描いちゃってたからね)、その辺がちょっとめんどくさかったので、取りあえず少し後の作業段階で使ってみようと思います。
つか、その段階までさっさと作業を進めないと、試用期間終わっちゃうじゃん!
だというのに、気分転換と銘打って企画絵を作成開始。
そういえば最近南北朝関係をまともに描いてないですな。
最後に描いたのが直冬ですけれど、すでに去年の話で、しかもSAI導入直後の練習作。とほほ。
「まとめブログ」のカウンターが3000回転したら、記念に何か描くかな~。
って、どんな遠い未来の話だ!?


★★★今日読んでいる本★★★
「サンバガエルの謎」・・じゃなくて、
『生き物をめぐる4つの「なぜ」』長谷川眞理子/集英社新書

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.12

あの時のあの歌を

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
うちには近頃少々反抗期?なお年頃の娘がいるのですが、
反抗期ではありますが、これがけっこうしっかり者です。
・・・イヤ・・親バカ入ってるかもしれませんが、
学校の先生からも習い事の先生からもお友達のお母様方からも、総じてそう言われるので、やっぱしっかり者なのだと思います。
が、実ンとこ、ちょっとしっかりし過ぎてて・・・不気味。
だと、今朝お友達のお母様から、とあるメールを頂いて思った。
ちょっとね、親がきちんと目を配ってないと、逆に怖いような気がする。
自分で色々進んでやってくれるのはいいのですけれど、どこかで潰れたり何か切れたりしないかとか。これが逆に転がって悪知恵を働かせるようになったら。とか
そー言えば、娘が生後9ヶ月まで通っていた保育園では、
「気を遣ってくれるお子さんです」と言われた・・・・・。
この時も怖いと思った。


まぁ二十歳過ぎればただのダラになる可能性は大きいので、今のうちに褒められておけばいいか。
さて、ここ数年、すすんで音楽を聴くという事からかなり遠ざかっていたのですが、最近は何かやりながらBGMをかけたりしてることもあります。
しかし、長い事そういう習慣がなかったので、新しい音楽などは持っていなくて、若い頃聴いていたCDを引っ張り出してきています。
と言っても、なかなか今の気分に合う物がなくて、手当たり次第に聴いて、ついに
『やまかつCD』まで聴いちゃったよ。
って覚えている人がいるだろうか?『やまだかつてないTV』。
んで、昨日は『銀色夏生プレゼンツⅠ』を聴いてました。
これ『Ⅱ』って出たのかな~?
銀色夏生って、学生の頃大好きで、作品集を集めていたのですけれど、途中で嫌いな方へ傾いてしまって、集めるの止めちゃったんですよね。
なんかね、銀色夏生の事を思い出すと内田春菊とかぶる。「ちょっとみっともない女」って感じのイメージになってしまった・・・。
で、久しぶりに聴いたら、なんか怖い歌詞だな~とやっぱ思ってしまったり~。ボーカルの子はもうめっちゃくちゃほんとにすっっごくかわいい声だし、基本かわいいっぽい歌なんだけどね~。
その銀色夏生がどこかで書いていたのですけれど、
斉藤由貴をTVCMで初めて見た時、この子のために詩を書きたい。と思って、確か『AXIA~かなしいことり~』ができたとか。
斉藤由貴は私のアイドルだった。って話は、以前日記に書いたのですけれど、
どっちかと言えばファニーな感じなのに、なんかね、なんかそういう不思議な魅力があったんですよね。
川﨑麻世の後、尾崎豊との不倫で会見やった時に、きちんとした言葉は忘れてしまったのですけれど、
「私って、ダメなんですよね」って感じの事を言った時の雰囲気が、すっごくよかった。という事を誰かがエッセイに書いていて、なんかね、そう思わせちゃう物があったんですよ。ああ、これが斉藤由貴だよな。みたいな。


あっ今日はマンガの話を書こうと思っていたのに、音楽なつかし話で長くなってしまった。
ちなみに、私が買った一番新しいCD。
高橋洋子『20th century Boys&Girls~20世紀少年少女~』。歌は新しくない。渋めのアニメ好きにお勧め。


★★★今日読んでいる本★★★
『悪党の裔』北方謙三/中公文庫
『武王の門』挫折しました。まぁ・・いずれ再開します・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2010.09.21

色のない話

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
三連休いかがお過ごしでしたか?
私は日曜日だけ、久しぶりに娘と科博の「大哺乳類展」へ行って来ましたが、あとはなんとゆーこともなく・・・。
残り1週間というせいもあったのかもしれませんが、「哺乳類展」かなり混んでいました。入場40分待ち。
普通だったら絶対並ばないのですけれど、今回は評判もよかったし暇だったので、「ぜひ」と思って並んじゃいました。
まぁおもしろかったです。
で、見終わった後、親子で「アレが印象的だったよね」って話で一致したのが「ジュゴンの胎児の口」ってのは、いったい・・・・。


あ~あとね、休み中に久し振りにイラストを描きましたよ。
夫に「何描いてるの?」と聞かれたので、「エロい絵描いてんだよ!!」と答えときました。
(実物はこちら→http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=13385942)
まぁそれはそれとして、
爽やかな休日の朝っぱらから、窓辺で高らかに「エロい絵を描いてる」宣言する主婦のいる家が、近隣のご家庭に与える影響を考えるべきだったかな?とちょっと反省しております。
もちろん窓は開いてた。暑いからね!
あっお隣さん、いつもお魚ありがとうございます。おいしくいただいてます(ペコリ)。


私は創作活動にいそしむ時、あまり音楽とか聞かないのですが、今回はずっと村下孝蔵を聴いてました。
どれくらい聴いていたかと言いますと、娘が『夢の続き』を歌えるようになる程聴いていました。
若い方はあまりご存知ないかも知れませんが、
めちゃくちゃ美声ですよね(って前にも書いたような気がする)。
男性歌手で好きな声は、来生たかおとか大瀧詠一もあるのですが、大瀧詠一はちょっと需要が違うので、こういう時には聴かない。
で、今回来生たかおと聞き比べてみたのですけれど、やっぱ村下孝蔵の方のいい・・・。と思って村下孝蔵採用。
来生には、色っぽさが足りない。
ってゆーか、村下の歌詞の方がビミョーにエロい、つかフェチっぽくて<以下略>
って、何が言いたくてこういう話をしているかと言いますと、つまり今回ビミョーに色っぽい絵を描きたかったわけですよ。
で、見事に失敗したわけですが・・・・。
私にエロのセンスがないことだけはよくわかりました。
白状すると、今回、噂の(ってどこで噂になってるのか知りませんが)『櫻狩り』とか読んでみたりして、無理矢理その雰囲気を掴もうと努力してみました。
・・・・・ゴメン・・途中までしか読めませんでした。
いや、でも機会と根性があれば続きも読んでみますよ。
その時には私にも、エロのなんたるかが理解できてるよ。たぶん!


ところで、マイミクの谷口さんの所で、ある実験を行っております。
私も最近、mixiが機能や表示形式をコロコロ変えるのが、ちょっとやりすぎなんじゃない?と思っていまして。あまり頻繁にこういう事をやられると、やはり落ち着かなくて、イヤだな~という話をつい先日も家族としていました。
そこへ来てまたなにやら不穏なお話でして・・・・。
なんだかね。何をやりたいのでしょう?
ってゆーかほんとマジで、やる事なくてテキトーにいじってるの?ってくらい意味不明なんですよね。
で、今回偶然にも、この日記でも「エロ」を連発しておる!
あっエロってだけじゃ弱い?
じゃぁ、××とか▲▲とか@@とか書くとチェック入るのか?
そう言えば、榎本ナリコの『世界制服』の『すがたなき侵略者』に、削除されちゃうキーワードネタがあったなぁ。
ちょっと新解さん読んで勉強して来る。


★★★今日読んでいる本★★★
「【新装版】中世の女の一生」保立道久/洋泉社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.09

ひねもすのたり

みなさんこんにちは。
今日は久しぶりに雨です。でも、天気予報で言われたほどには降っていませんね。


余計なキーワードを入れずに、一言検索してみました。
知り合いのサイトとかほっとんど出てこない!
自分の所なんてもちろん出てこない!
ちょっと淋しい。
んで、なんか割と上の方に、携帯小説っぽいのが出てきたので読んでみた。
内容がアレで日本語がちょっとアレな点はともかくとして、
展開めちゃくちゃ早っ!
20字50行くらいで完結。
あまりのコトの早さに吹いた!
あまりのすがすがしさに、腹筋がちょっと痛くなりかけた。
そう言えば先月、例のあの携帯小説が出版されたはずですね。すっかり見つけるの忘れてました。
あ~でも、しばらく本屋行く暇ないや。来週になったらまた忘れてそうだわ。


昨日は家族でカラオケへ行きました。
しかし最近カラオケへ行っても、何を歌ったらいいかわからないことが多い。
で先日、ちょっと新し目のとこで、GARNET CROWの「As the Dew」を歌いたい。と娘と話してて、CDまで買ったのですけれど、結局練習どころか2回くらいしか聴いてなくて、まぁ結果としてほとんど歌になってませんでした。orz
娘の方がTVで聞いてる分うまくて、ちょっと敗北感に襲われましたよ。
次は負けねー!!
GARNET CROWと一緒に『ベスト・オブ・ベスト マイメロディ』も買ったしね、「おれはウサミミ仮面」も歌いましたのことよ。
「セリフ入ってないかな~」と話してたら、入ってました。嬉しい。やっぱあれがあるのとないのとでは歌の価値が変わる気がしますよ。
なければ自分で入れるけどね!
置鮎シブすぎ。
ところで、ああいうののセリフって、本物から持って来てるのかな?それとも似た声質の人にしゃべらせてるのかな?


ここんとこ家にいるとかなりダラダラしていて、ダラダラマンガ読んでる事が多いです。
先週からこの週末にかけて読んだマンガ・・・・
『そば屋幻庵』かどたひろし・梶研吾
『金色騎士』尚月地
『乙嫁語り』森薫
『かもめ☆チャンス』玉井雪雄
『まつろわぬもの』木根ヲサム
『深夜食堂』安倍夜郎
『あずまんが大王』あずまきよひこ
『少年ファイト』
『コミック幽2』
他にも読んだかもしれないですが、まぁこんなトコかな?
そう言えば、中村明日美子が体調不良のため活動休止だそうで・・・・
今何本か連載持ってましたよね。
私が次巻を待っているのは、とりあえず『ノケモノと花嫁』だけなのですが、自宅のPCの壁紙をこの人のイラストにしてたんですよね。過去形なのは、今年の2月くらいから更新がなくなってしまったから・・・。体調が悪かったから更新も止まっちゃったのかな~。
早く元気になって復帰される日を楽しみにしております。


★★★今日読んでいる本★★★
『地獄を二度も見た天皇 光厳院』飯倉晴武/吉川弘文館

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.07

梅雨の晴れ間

みなさんこんにちは。
今日もはっきりしない天気です。こうはっきりしないと洗濯物を外に干していいのかどーするか悩みます。
今日は七夕ですが、夜の空はどうなのでしょうね。
一昨日の笹飾りは、昨日と今朝の雨で見事にすっかり流されてしまいました。もうびっくりするくらいきれいに無くなってて、あ然としました。
仕事から帰ったらまた作り直します。


今日は朝からなんとなく不愉快な事が続きました。
○○さんと昨日食事をしてきたという話を職場の人がしてて、
なに、あの人今そんな事言ってるの?私に言った事と違うじゃん。で
まぁ言う事が変わるのは時間も経てば仕方ないと思うし、私もどこで誰に考えなしな事を言ってるかわからないので、いいのだけど、
それ言われた時、私はちょっと傷付いたので、「○○さんもかわいそうですよね」と同意を求められて、なんかザワザワした。
だって私には、これを選んだ自分は偉いって感じで威張ってたし。つか逆の事やった私を見下した言い方してたもん。つか「親としてどーよ」な事言われたし。
だからそんな事でちっともかわいそうだと思えないのよ。私は。
そう言いたかったけれど、波風が立ちそうなのでとりあえず黙った。


もひとつ別の不愉快な事。
質問されたから答えたら、
は~・・・やれやれ・・
って態度を取られた。
なに?それ。自分が期待してた答えが返ってこないのが気に食わないわけだ?
んで、気は進まないけど、やって欲しい人がいるみたいだから、じゃぁちょっとだけやるよ。って・・・・・そんなに嫌々やられるとこっちも不愉快なんだけど。つかそんな中途半端にやられても正直気持ち悪いし。やって欲しくないよ。
最初から他人の意見を聞く気がないなら聞かなきゃいいのに。
それが数日前の話。
で、また今朝似たような質問をされた。
なんだよ。結局やりたいのか?やりたいならきっぱりすっぱりやりゃーいいじゃん。
ホントにイヤなら金輪際その事に触れるな。ちなみに金輪際ってのは人間界の最下端だっ!世界の終わりってことだ!
うわ~・・もうそのグズグズさ加減もめちゃくちゃ気持ち悪い。
私はもう答えたくない。から答えない。


と、まぁ梅雨にぴったりのぐだぐだじめじめなお話でしたね。


『おねがいマイメロディ』のテーマ曲全集を、今更ながら買いました。
『おれはウサミミ仮面』も入ってて嬉しかったです。なかなか王道なヒーローソング。かっこいい。でも歌ってる内容嘘だろ。史上もっともやる気のないヒーロー。nice
とりあえず、置鮎LOVE。
夫と娘から別々に
「どの主題歌が一番好き?」と聞かれて、
私は、『くるくるシャッフル』の『コイ・クル』が好きだな。
主題歌はみんな耳に残る曲で、どれも聴くとしばらく頭の中でグルグルしがちなのですけれど、こうやってまとめて聴くと、『コイ・クル』が一番いいです。
かわいい。このシリーズの歌ってどれもかわいくて元気が出る感じでいいですね。


ちょっと今日はテンションも低いので、早く家に帰ってゆっくりしたいです。
ところで、職場の机の足下に、酒瓶と缶ビールがずらっと並んでるのを早くどうにかしたいです。


★★★今日読んでいる本★★★
電車で読むのにちょっと困る本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.20

すっかり寒くなりました

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし、寒い。このまま本格的に寒くなるのでしょうか?
なんかまだ暖かい日がありそうで、本格的冬仕様に入るのがちょっと躊躇されます。
しかし、この寒さが続いたせいか、コレオ(ヒガシヘルマンリクガメ・雄)のケージ内の温度が急に下がってしまいました。で、急遽夫がパネルヒーターを発注。
去年はこんなに低くならなかったはずなのですが、どうしたのだろう?ああ、また冬の電気代が~・・などとは言っていられないのですが、ちょっと考えてしまいましたよ。すまない、コレオ。
温熱灯の下で目をつぶって弛緩しきっている姿はほんとなごみます。時々「死んでるのか?」と疑うこともありますが。
私が寄っていくと、「なぁに~?」って感じでノソノソやって来るのもかわいい。エサが欲しいだけかもしれませんが。


さて、なんとなく口ずさんでしまう歌があります。
と言っても、題がわからなくて、サビかもわからないようなフレーズしか出てこなくて、でもCDを持っているので、今朝歌詞を確かめようと思って見たら、思っていたCDに入っていませんでした。
入っていると思っていたのは、銀色夏生の「バランスⅠ」というアルバム(ところでこれ「Ⅱ」って出たの?)。
絶対これだと思っていたのに、ちょっとショック。
似たような雰囲気だと・・・・佐野量子?一応見たけど、それには入っていなかった。もう1枚くらい持っていたような気がするのでそっちかな?でも一緒に置いていないってことは処分しちゃったかな?
ちょっとショック。
 さよなら さよなら 悲しくなるから
 いいのに そんなに 手を振らなくても
って歌詞なんですけれど。で、「さよなら さよなら」の後が違う歌詞のフレーズもあるの。知ってる人いないかな?
まぁ・・・今まで何年間も口ずさんできて、やっと今朝きちんと確かめる気になったくらいなので、このままでもいいのですけれど・・・。


話は変わりますが、
娘が、歯医者で使わせてもらった電動歯ブラシがすごくよかった。と言って欲しがって、ぼ~っと歯ブラシをくわえている事が多いお子様にはいいかも。と思ってネットショップで買いました。
それが届いたのが昨日のこと。
じゃぁ夜に備えて充電しておくか。と、取説とか細かいアクセサリーを持って、洗面所へ行って、洗面台にそういった物を置いた。手を離した。
その瞬間、取扱説明書が、洗面台と壁の隙間にするっと吸い込まれてしまいました。
この隙間・・・前から、ネックレスとか指輪とか、落としそうで怖いな~とは思っていたので、そういう物を置く時はすごく注意していて、今まで被害なし。だったのですが・・・・。
いやもうどうしてこんな事になってしまったのか・・・・。あまりに躊躇なく行ったので、
「・・・え~と・・・・今、何かありました?」って感じでした。
保証書とかもそれに付いていたので、焦ったには焦ったのですが、なんか夢を見ているような。
うちには、ワイヤーの先にアームが付いてる・・手の届かない隙間にある物を掴める道具があるのですが、さすがにアームが開くスペースもないし、引っかけて引きずり出すには、ワイヤーが柔らかすぎてまったく役に立ちませんでした。
でも、今その取扱説明書は、きちんと所定の場所に収まっております。
取説を救い出してくれたのは、
裁縫用の竹尺。つまり物差しだ。
買っておいてよかった!
さすが、人類の叡智から生まれた道具!
ああっ長さを測るばかりでなく、こんな事にも役立つなんて。
すばらしい!
皆さんもぜひ家に置いておくべきです。


★★★今日読んでいる本★★★
「血の日本史」安部龍太郎/新潮文庫
半分くらいまで、おもしろく読んできました。
で、半分くらいの所に南北朝。
で、大塔宮護良親王の話が前後編で、やっぱ南北朝好きなのね~。なんて微笑ましく読んでいたのですが、なんか一気に引き潮にいろんな物がさらわれていくような気がしました。
なぜ。ここにきていきなりこれって、
どうしたかったのだ、作者。どうしようもなかったのか?それともこれが素なのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.13

ある日のできごと

みんさんこんにちは。
寒い日が続いていますね。
今日は夕方くらいから雨の予報です。


今週は、先週末からいろいろなことがあって、仕事もほどほどに忙しくて、何をどう書こうかと思っているうちに週末になってしまいました。
順を追って箇条書きにすると
・土曜日、学校のママ友達と飲み。子供の塾の話に付いていけず、呆気に取られる。
・日曜日、保育園の友達と遊園地へ。その後の食事で、夫に苦労する話で盛り上がる。
・火曜日、夜、家に変な奴が襲来。ちょっと怖い。
・水曜日、ビックリする事があった。でも嬉しい事。
・金曜日、13日。


この中で、日曜日の話を書きたかったのですけれど、すでに私のテンションも下がってしまったので、さくっとだけ書きますが、
結婚して大切にしなくちゃいけないのは、男の役割とか女の役割ってことではなく、思い遣りだけなんじゃない?と、私は思います。・・・・ってことで。
家に帰れば温かい料理が待っている。
そんなのがトーゼンだなんて、アメーんだよ。ボケッ!
なんですけれど、疲れて帰ってくる人にそれくらいはしてあげたい。と思う気持ちは必要。ってこと。で、そう思ってもらえるという事も大切ってこと。
料理の話は例え話ですので。念のため。


それと火曜日の話。
この日夫が夜勤で帰ってきませんでした。で、娘と二人での夕食後・・なので、8時にはなっていなかったと思いますが、まぁ夜。
インターフォンが鳴ったので出ましたら、「この近所で工事をしている者なんですが~。昼間伺ったらいらっしゃらなかったので~」みたいな事を言われました。
工事?そう言えば、なんか近所で建て替え工事があるみたいなお知らせが来てたな~。その挨拶かな~?と思って。でもその工事は近所とは言っても、同じ町内ってくらいの場所で、すごく近いってほどじゃないんですよね。なので、ちょっと「??」って感じだったのですけれど、
「ドアの所まで来てもらえませんか?」と言うので、なんか失礼だなと思いながらも、やっぱり挨拶?と思って、玄関まで行ったのですね。
で、チェーンを掛けたままドアを開けて、「なんでしょう?」と声を掛けたら
「開けてもらえないんですか?」
・・・・・・はぁ!!?
開けるわけないじゃん。このご時世に。夜突然やってきた、何が目的だかわかんない人相手に。
何図々しい事、スラッと言っちゃってるの?この人。
すっごく変!
不動産関係の営業だったのですけど・・話の感じから、それは嘘ではないっぽかったんですけど、社員教育もうちょっとどうにかしろよ。
しかも必要ないっつってるのに、けっこうしつこかった。もちろんそのまま追い返しましたけれど、来週も来るみたいな事言ってた。
こういう業者も大変なのわかるけど、ちょっとあんまり気味が悪かったので、まだしつこいようだったら、不審者ってことで通報させていただきます。
しかしなぁ・・こういうピンポイントで来る「変な人」はほんと困る。
子供にも、今まで、家に入る時の注意はしていましたが(周りに変な人がいないか確かめてから鍵を開ける。とか)、家から出る時の注意もしなくちゃならないのか~と思いましたよ。


話はまったく変わりますが、
村下孝蔵の事を思い出したら聴きたくなって、すっごく久しぶりに聴きました。
ほんといい声してますよね。この人。
若い頃はコンサートへも行ったのですけれど、これがけっこう訛りが強い人で、本人も言ってたと思いますが、歌っている時とのギャップが不思議なくらいなんですよね。
病気で歌えなくなるかもってことがあって自殺も考えたみたいな話があって。でも治って、こんなきれいな声を聴かせてもらえるなんて幸せだよな~と、思ったり、したのですけれど。
でももういないんだな~と思ったら、ちょっとしんみりしてしまいました。
亡くなった時46歳だったんですね・・・。具体的な数字を見せられると、改めて、若かったんだな~と。
そんな事とは関係なく、
最近親の本棚を漁ってマンガを読むことを覚えた娘が、しりあがり寿の「方舟」を出してきて、
最初は「変な絵~」などと笑って読んでいたのですけれど、怖かったみたいです。
で、なぜか読み終わってから、
「時間って、いっぱいあるようだけど、できる事ってあまりないんだね・・・」
って・・・・だから~・・そーゆー怖い事を急に言わないように!お母さん年寄りなんだから驚かすなよ!どんな反応したらいいかわからないじゃん。
まぁそう思って、いろんな事を大切にしながら過ごしていければいいよ。それがわかっただけでも偉いよ。


何をしてきたのか思い出せるような生き方をしたいね。


★★★今日読んでいる本★★★
「血の日本史」安部龍太郎/新潮文庫
大和時代から明治維新までの日本の歴史の中で、敗れ消えていった人達を描いた短編集。
期待通りおもしろいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.23

遠い音楽

みなさんこんにちは。
今日の朝は雨でした。
待ち望んだ雨です。都会の暑気も少しは洗い流されたようで、涼しい朝に一息吐けたような気がします。


音楽に興味のある方などには、今更な話のようですが、私には初めての話で大変興味深かったので、覚書として書いておくことにします。
CDやMD、MP3、BS、地上波デジタル放送用音声規格では、ファイルサイズを小さくするために高周波成分をカットしているとゆーこと。
この音域は、もちろん人間の耳には聞こえないのでカットされているのですが、脳波を調べると、きちんとこの音域に対する反応があるのだそうです。この音域を含む音を聞くと、α波が増加するのです。
難しい話は正直わからないのですが、基幹脳とゆー所の活動が、高周波成分をカットした音では抑制され、生理的、心理的行動反応が低下し・・・つまり、リラックスとは逆に、ストレスが増大したり、同じ音楽を聴いても、アナログで聞く時に比べて感動しないとゆーことになるそうです。
レコードではこの部分はカットされないので、レコードの音の方がよく感じられるとゆーのは、そーゆー理由もあるようです。
そー言えば、昔買ったLPに「おまけ」で、「α波が増加する音」とゆーのが入っていたな~。
しかし、この高周波成分だけを流しても基幹脳の活性化はなく、可聴音と一緒に聴かないと、効果はないそうです。


おもしろいな~と思ったのは、
目に見えない、触れられない、「音」って物も、ファイルサイズにもしっかり影響を与える、物理的なエネルギーなんだな~と。そして、そのエネルギーを抑えるために、わざわざ音域をカットして録音する必要がある程なんだな~と。
デジタルコンテンツが溢れている現代に、都市部では特に、自然界に含まれていた高周波成分は生活から失われている。
私たちに、昔の音を取り戻す時はあるのでしょうか?


★★★今日読んでいる本★★★
「百物語怪談会」東雅夫・編/ちくま文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.12.11

やっぱり走る12月

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


先月よりはいくらかましですが、今月も相変わらず、週末のんびりできません。
ど~してなんだろう??
11月は、子供関係のイベントがやっぱ多かったかなぁ?
んで、12月は、世の中がイベントシーズンとゆーことなのだろうか?
今年は去年に比べて飲み会の話が多いのです。ここ数年家族以外と飲むことなど、月に1度あればよい方とゆー程だったので、ありがたいことです。
しかし、個人的に年内に済ませておきたいことなどは、休日にするしかなく、ところが年内に済ませて欲しいと思うのは自分だけではなく・・・実家から、部屋の片付けをしたら私の物が出てきたので、整理しに来いと言われてしまいました。とほほ。
仕方ないから今週末行ってきます。


さて、先週末は、やっぱり飲んでました。
ご近所のご家族と。
3家族で幼児5人。大人は大人で楽しんでてよいのだけれど、子供は子供で楽しんでいたら、下のお部屋から怒られてしまいました。
そんなにバタバタしているとも思わなかったのだけれど、幼児5人の重さはやっぱ響いたのか知らん?
今回は、わたくしもかなり自重しまして、程よく酔わせていただきましたよ。後半はほとんどお茶を頂いていました。
それは、ほら、一応反省しましたから。(ちょっとウソだけど)
翌日の日曜日に、お昼から知り合いのコンサートがあったので、酔いつぶれてもいられなかったとゆーのもあります。
日曜日、知り合いのオペラ歌手がライブコンサートを開きました。
しかし、私はこの方の歌を生で聴くのは初めてです。
クラシックに幼児はどうかな~と思ったのですが、子供もOKとゆーお話をいただいたので、家族3人で伺わせていただきました。
まぁ・・・子供は・・案の定、時々「静かにしなさい!」とゆーよーなことはありました。
が、会場がライブハウスとゆーこともあってか?迷惑感はかなり抑えられたかと・・・・。約1名を除いて。
他にも小さな子供が何人かいたので、そーゆー点でも少しは気が楽でした。
初めて聴いたかずこさんのライブでしたが、
こーゆー言い方は変かもしれませんが、
思っていた以上によかったです。
知っている歌がほとんどだったので、それも楽しかったし。すごく気持ちよさそうに歌っていて、羨ましいくらいでした。
またの機会にもぜひ伺わせていただきたいです。


★★★今日読んでいる本★★★
「暗号解読」サイモン・シン/新潮社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.12.01

思い出に囚われて

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


先日鍋の柄を燃やしてしまい。
何が大変だったって、ほんと~~~っにあの匂いには困りました。
結局水に沈めても全然ダメで、和田くんが鍋をビニール袋に入れたら少しずつ収まって、でもまだまだ臭かったので外に出してしまいました。
それでも昨日の朝はまだ臭くて、夜帰宅した時に、やっとほとんど気にならない程度になっていました。
鍋は、破損は大したことなかったので、そのまま使う気でいたのですが、結局捨ててしまいました。
小さな鍋の柄ひとつで、あんなに有毒ガスを出し続けるとは・・・・おそるべし。


まとめて頼んでいた「むしまるQ」と「ピタゴラスイッチ」のDVDが、昨日届きました。
他に、鈴木志保の「ヘブン・・・」とゆーコミックと「テレマン:無伴奏フルートのための12の幻想曲」「シンプリー・クリスマス」とゆー2枚のCDが届きました。
楽しみに待っていた(そして一番最初に予約注文していた)「むしまるQソングコレクション」をさっそく見ました。
音楽CDは先日まとめて買ってしまった話を書きましたが、DVDに入っている曲はCDにも入っている物です。
TVで見ている時は、映像も併せて好きだったので、今回の発売はとても楽しみだったのです。
他の所ですでに感想を書いてしまったので、ここでは簡単にしておきますが、
う~んとね、10年近く放映された番組(再放送も多かったけど)の中から22曲ってのは、かなり物足りない感じ。でした。
でも、これをDVDで出してくれたとゆーことが、やっぱ嬉しいです。
「ピタゴラ装置」は、まだ見ていません。
「ヘブン・・・」。「船を建てる」が好きだった鈴木志保さんなのですが、しばらく読んでいませんでした。つかこの人ずっとマンガ書いてました?(星新一のアンソロジーでしか、最近見てなかったので)
最近なぜか和田くんが鈴木志保を時々話題にしていて、私も思い出すと気になって、先日出た「END&」を書店で買ってから、以前やっぱり書店で見かけた「ヘブン・・・」も読んでみたくなったのでした。
「END&」が今いちだったのですが、「ヘブン・・・」はなかなかよかったです。が、この人は「船を建てる」が傑作過ぎたのでは?という感がありますね!
たぶん、「ヘブン・・・」と「END&」だけ呼んでいれば、両方とももっと「いいっ」と感じたと思うのです。が、な~んか
「やっぱ「船を建てる」だよな~」
と思ってしまうのです。
何が残念なんだかわからんが、なんか残念。


そして、2枚のCD。
私がクラシックを買うなんて何年振り?ってくらい久々の買い物ですよ。
最近和田くんがクラシックにはまっていて、影響された・・と言いますか、今回買った2枚は、フルートのジャン・ピエール・ランパルの演奏が聴きたくて買いました。
前からランパルのCDは、乱暴な話、なんでもいいから欲しいと思っていたのですが、どれを聴いたらいいかわからなくて、購入に踏み切れなかったのでした。が、思い切って買いました。
音楽ってゆったら、アニソン?ポップス?ってなもんで、クラシックは、マジまったく聴かない私ですが、ランパルには思い入れがあるのです。
とゆーのは、もう10何年も前になりますが、その頃勤めていた会社の福利厚生で、チケットとか安く買えるのがあって、若かりし私は「たまには聴いてみるか」ってな感じで、クラシックのコンサートチケットが4枚綴りになっている物を購入したのでした。
その中の1枚が、ランパルの来日公演だったのです。
しかし、正直言って私には、クラシック=寝る みたいな。
「つまり気持ちいいってことよね」なんてことをおっしゃる方もいますが、早い話
面白くないわけですよ。
ところがですね、寝てられませんでした。ランパル。
心地よい音なのだけれど、ちっとも眠くならない。って言い方もなんですが。もったいない・・つか、
この音を聞き逃してはいけない!とゆー感じだったのです。
フルートの巨匠だとゆーのはその後しばらくしてから知ったのですが、そー呼ばれる人には呼ばれる理由があるのだな~とつくづくと思ったものです。
2000年に亡くなってしまったので、もう2度と生で聴く機会はないのですが。そして、CDがなかなか買えなかったのも、あの音ではないのだな~と思ってしまうからなのでした。
今回買ったCDは、音がいいとゆー評価があったから選んだのですが、はっきり言って、やっぱよくわかりませんでした。
でもあの時の感動は、一生の宝物です。


★★★今日読んでいる本★★★
「暗号解読」サイモン・シン/新潮社

| | Comments (0) | TrackBack (0)