« October 2013 | Main | November 2014 »

2014.01.24

修善寺物語2

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
…と書きかけで放置してたら、今日は曇りです。

なんだかここのところ、やけに寒さが身に沁みます。
以前から、毎年冬眠に入りたくなるくらい寒さは苦手でしたけれど、今年の寒さはまたいっそう堪えているような気がします。
最近我が家のヘルマン陸ガメが、土に潜ったままなかなか出てこないので、このまま冬眠に入られてしまうのではないかと心配です。
時々、無理矢理起こしてます。


修善寺2日目です。
先日は、選んだ宿が思いがけず芸術家や文豪ゆかりの宿で感激したお話を書きましたが、
この宿に宿泊を決めた理由の一番は、雰囲気のよさでした。
紹介写真で見た建物の雰囲気ももちろんステキだったのですが、ここ数年、自分的宿選びのポイントになっている庭の風景もステキで、
これなら、近くに観光地があまりなくても、時間を過ごせるだろうな~と思った次第。

Photoさて、修善寺と言えば、やはり温泉ですよね。
この旅館は、お風呂がですね、またすごくステキでした。
貸切になる家族風呂ふたつと、時間で男女入れ替えになる温泉がみっつあって、
この内湯がですね、お風呂場からガラスを透かして、池の中が見えるようになっているのです。
メインになっているお風呂は昭和9年に造られたそうですが、大正14年に芥川龍之介が、池の中が見えるお風呂の話を図入りで手紙に書いているそうです。
実は、龍之介が書いたお風呂だけ、今回入る機会がなかったのですが、彼が「一見の価値あり」と書いたお風呂も含め、一見の価値ありです。


この旅行はお天気に恵まれて、2日目もとても穏やかな暖かい日でした。
今回、とりあえずの観光もまったく考えていなくて…
宿の庭をぶらついた後、宿でもらった周辺観光地図にあった散策コースを参考に廻ってみることにしました。
距離はあまりないのですが、のんびり歩いて、途中昼食を摂ったりお茶したりして、気がついたら4時間くらい経っていました。
修禅寺は前日に行ったので、この日は行かず、まず日枝神社へ。
杉の古木が圧巻!
杉の大木に見下ろされながら参道を抜けると、境内には樹齢800年といわれる夫婦杉があります。
Photo_2

他にも、この地方には珍しい一位樫の大木を見ることができます。
ここから、渡月橋を渡り指月ヶ岡へ。
北条政子が、頼家の冥福を祈って建てた指月殿と頼家のお墓があります。
頼家の墓は、以前はお堂に入っていたそうですが、今はどうしてだか雨ざらしです。
頼家の墓の脇から道が続いていて、背後にある鹿山という小さな山へ登ることができます。
山頂に源義経像が置かれているのが、またなんとも…。夏目漱石で有名な菊屋旅館の依頼で、大正時代に彫られた物だそうです。

指月ヶ岡を下り独鈷の湯の脇を通って、竹林の小道へ。
ここへ続く道…今回私たちが泊まった部屋のすぐ下を通っていて、旅館の中の道なのかと思っていて、それにしてはやけに人通りがある…と思ったら、散策道だったんですよね。
けっこう夜遅くまで歩いてる人がいました。
竹の緑はどこでもいつでもほんと美しいです。
Photo_3赤蛙公園を通って、源範頼のお墓へ。
範頼は頼朝の弟ですが、叛意を疑われて修善寺に幽閉された後、頼朝の命を受けた梶原景時の襲撃に遭い、先ほどの日枝神社で自刃します。
この辺の話を聞くと、頼朝ってけっこうひどい人だな~と思ってしまいます。
お墓の石が意外と新しいのですが、これはいつ頃からあったのかな~?
このすぐ近くに、古民家の喫茶店があって、ここでお茶…というかお汁粉を頂きました。
なんとなく懐かしい雰囲気のある、静かなお店です。
周りは畑と民家。というような場所で、あまりお店っぽくなくて、とても落ち着ける所でした。

ここから表通りを避けて宿の方まで戻ったのですが、
気が付いたら修禅寺の脇に出ていて、範頼のお墓と修禅寺の近さにちょっとビックリしました。

お土産を見ながら3時過ぎには宿に戻り、お風呂に入ったりしている内に夕飯の時間になったのですが、
どうしたわけか、夫が体調をひどく崩してしまい、晩酌もそこそこに、宿で薬をもらって横になってしまいました。
実を言えば、私も旅行直前に寝込んだりしていて、そのまますっきりよくなっていたわけでもなく、去年の夏の旅行の再現か?とビクビクしていたのです。
去年の春からどうも旅行運はついていないようです。


旅行日程残り1日。
続きは後ほど。


★★★今日読んでいる本★★★
『青蛙堂鬼談-岡本綺堂読物集二』岡本 綺堂/中公文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.01.16

修善寺物語1

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
それにしても寒いです。
東京は今日、この冬初めての「冬日」だったそうです。
「冬日」というのは、最低気温が0度を下回る日を言うそうですね。知らなかったよ。


さて、
年明け以来日々冷え込みを厳しくしている日本ですが~
先週末、年明け初めての三連休。
皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしたでしょうか?
っつっても、つい先日まで年末年始の正月気分で、改めて休日気分ってのもなんか変な感じです。
ですが、まぁ、敢えて正月休みを避けて、お出かけの方もいらしたことでしょう。
って、私のことです。
年を経る毎に、年末年始もなんだか特別感が次第に薄れていく気がするのですが、
もうこの年末年始は、かつてない程に!見事に!
特別感なく!
普段以上に何もせず!
だらだらゴロゴロ過ごしていました。
その代わり
って、ちっとも代わりではないのですが、
この三連休に出掛けてまいりました。


今回、娘のスノーボード教室に合わせて、久々に夫婦だけの旅行でした。
去年の夏に、家族で念願のしまなみ海道サイクリング旅行をしたのですが、
娘が中学に入学したこの夏の旅行を最後に、しばらく家族旅行はないだろうと…
特に決めていたわけではありませんが、子どもの成長に伴い、思春期の心の内なども考えると、正直家族旅行はもうきついだろうと思っていまして、
実際、夏の旅行も、気持ち以上に娘の予定との摺り合わせがかなり厳しいものになりました。
(ちなみに、旅行中は、ちょっとしたケンカ程度はありましたが、概ね娘も楽しんでいたようです)
そんな事もあっての久々の夫婦旅行だったわけですが、年寄りへの付き合いに退屈がる子どもに気を遣わない分、大変清々しい旅行でありましたよ。

そして、これも久々の、温泉旅行でした。
行きましたのは修善寺。
実は私、車で通りかかることはあっても、修善寺を訪れるのは初めてでした。
他の所も候補としていくつか考えたのですが、今回は、あまり遠くない、寒くない所へ行きたい。
ということがあり、
旅行案内を眺めて、
なんかあまり見る所ないな~
と、ちょっと物足りなさを感じはしたのですが、雰囲気のある宿を選んでゆっくりしよう。ってことで、決めました。

いや~~~
まじ、のんびりさせていただきました!
ってゆーか、伊豆。
今ほんと近いのね。
電車内で駅弁食べたかったので、そのために長く乗ってられる電車選んで…。ってするくらい。ひかり号なんか乗っちゃったら、乗車時間短すぎて慌ただしいだろってくらい。
そして希望どおりの踊り子号で、駅弁食べながらビール飲んで、ウトウトしてる内に着きましたよ。
修善寺。
駅からさらにバスで、10分ほど登って、着きましたよ。
修善寺温泉。

Photo_4こじんまりと、落ち着いてて、
ほどよい感じに明るくて、
よい所ですね。
チェックインには少し間があったので、宿に荷物だけ預け、とりあえず修禅寺へ向かいました。
残念なことに、今年の秋まで山門が補修工事中だったのですが、お参りして境内を散策。
けっこう若者のグループがいて、おみくじ引いてはしゃいでるのが、なんだか微笑ましく感じられてしまいました。
宝物殿では毘沙門天像の特別公開もあり、ゆっくりと観覧させていただきました。
「修禅寺」と言えば、私には、やはり岡本綺堂の『修禅寺物語』で、宝物殿にも関連の展示がありました。
そして綺堂がこの作品の着想を得た旅行で泊まっていたという宿が、今回私達が泊まる宿だというのを、この展示で知りました。
嬉しい。
と思っておりましたら、
綺堂に限らず、芥川龍之介、泉鏡花 などの文豪や、横山大観を始めとする芸術家や歌舞伎役者が贔屓にしていた宿だったんですね。
全然予備知識なく選んだ宿でしたが、これはステキです。
Photo_3<右奥の部屋が泉鏡花が滞在していた部屋>

三代目の方が若い芸術家たちの援助を積極的になさっていたそうで、この宿を利用した芸術家たちの作品も、数多く残されていて、宿での季節毎の展示で見る事ができます。
ちなみに私達が泊まった部屋は、『野菊の墓』の伊藤左千夫ゆかりの部屋だそうです。
綺堂が泊まった部屋のあった棟は、残念ながら昭和初期に建て替えられてしまったそうですが、鏡花が滞在していた部屋は残っていて、今でも泊まることができます。
明治5年の創業だという宿の、建物も、桂川の水を引き込んだ庭の景色もすばらしかったです。
Photo_5

この日は、修禅寺にお参りした後、宿へ戻って館内を案内して頂いたり、温泉に入って過ごしました。
この温泉もまた趣があっておもしろかったのですが、少々話が長くなりましたので、翌日の観光のお話も併せて、
それはまた後ほど。


★★★今日読んでいる本★★★
恐ろしいほど、読書をしていない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2013 | Main | November 2014 »