« 「呪い」を「祝福」に | Main | 役立たずの余裕 »

2012.02.10

二月は逃げる月

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
一昨日いったん上がった気温は、また急に下がりましたが、それでも一時期よりは冷え込みを感じないような気がします。
それにしてもインフルエンザ、猛威振るいまくり。
娘のクラスが学級閉鎖になり、さらに閉鎖状態延長。
延長なんてあるんだなぁ。
んで、学級閉鎖中は遊びにも行けなくて、一人で留守番で退屈しまくりな娘は、じゃぁおばーちゃんチへ行ってる。と思ったら、ばーちゃんチに同居の従姉妹達が揃ってインフルエンザ。
まだこの流行は収まらないのかな…。
今週末は今シーズン初めてのスキーへ行きますよ。


年が明けてから、なんとなくそれなりに忙しく、よく言えば充実した時間を過ごしていました。
飲み会もあったし、久し振りに研究会にも参加して来ましたし、すごいネタも小耳に挟んだし、
しかしそういう中で、
もう少ししっかり落ち着いて勉強して行かなければな~とか、
つくづくと……って、またかよ。な感じですが、つくづくと思い知らされたりもしたのでした。
いや、でもほんと歴史、楽しいです。
過去にあった事を調べるだけのことなのに、なんでこんなに楽しいのでしょうね。
もちろん、星の運行を調べる事も、数学の証明問題を解くことも、森の奥で虫の生態を観察することも、
その事にわくわくしてしまう人達が、それぞれにいて、そうしていろんな事が楽しい世の中になっているのですね。
些細な楽しみでも、きちんと楽しめるというのは、ステキな事だと思います。


とまぁ言いながらも、本当に自分がきちんと楽しめているかは、時々危うかったりもするのですが、まだ関係各位からも見捨てられてはいないようですので、皆様と一緒にこれからも楽しませて頂きたいと思います。


さて、そんなお楽しみのひとつとして、
お誘い頂き、先週末は戦国時代ファンな皆様達との新年会に参加して参りました。
ほとんどが初めてお会いする方達で、しかも不慣れな戦国時代ですよ。
なんだか間抜けな受け答えをしていたような記憶もありますが、飲みの席だし、気にしねーよ!!
そう言えば、昨日娘と『戦国鍋』のDVDを見てて、『敦盛2011』に出てくる
「武田勝頼って誰?」という話になって、「え?お市が二番目に結婚した人は?」とかなんとか言ってたら
「それは勝家でしょ。頼じゃないよ、家だよ家」と娘に言われてしまった。しかも柴田。
こうして子は親を超えていくのね。
ってゆーか、越える山がそもそも存在してねーし。
はっ!こっちはこっちで『AZAIZM』に出てくるじゃないの。
その飲みの席で教えて頂いた『イシュタルの娘』、本屋に寄ったら試し読みがあって、おもしろかったのできちんと読んでみようと思います。
また末席にて楽しいお話をお聞かせ頂ければ幸いです。


それが土曜日の話で、日曜日には、「東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ」に参加してきました。

Img_0140

車が通る前のゲートブリッジを自転車や徒歩で渡りましょうって企画なのですが、
なんか先日も似たようなイベントに参加したような…。
今回は往復約8kmと短い距離でしたので、徒歩で行きました。一緒に参加した夫は、前日の自転車にも参加していたのですが、自転車だと15分で終わってしまったらしい。
さすがに徒歩ではそういうわけにもいかず、もう少し早く行けるかな?とも思っていたのですが、途中途中写真を撮ったり立ち止まりながら行きましたので、結局2時間かかりました。

Img_0190

会場に戻って食事などして、
この日合宿から帰る娘を迎えに行かなければならなかったので、早目に会場を出た…つもりだったのですが、バスの乗車待ちがすでに長蛇の列で、こちらで1時間も並ばされてしまったのが、かなり痛かったです。
しかも公園内から続く列に並び通りに出たら、タクシーが客待ちしてて、こっちはタクシーの方が行列でしたよ。
知っていたら使ったのに~~。痛すぎ。
結局娘のお迎えには間に合わず。
申し訳ない。


と言うわけで、少々遅ればせな観もありますが、
学問とスポーツと、そろって幸先のよいスタートを切れたと思いますので、この調子でこのまま行ければ~と期待しております。


※って、小説の新作をUPしたので、それの宣伝もしようと思っていたのに見事に忘れてたーーーーっ!!あうあう…
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=800543
よろしければ、お運び下さいませ。


★★★今日読んでいる本★★★
『中世の天皇観』日本史リブレット/山川出版社
もうちょっと早く読んどきたかった。

|

« 「呪い」を「祝福」に | Main | 役立たずの余裕 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/53924653

Listed below are links to weblogs that reference 二月は逃げる月:

« 「呪い」を「祝福」に | Main | 役立たずの余裕 »