« 『狼の口 ヴォルフスムント 3巻』感想 | Main | 本を読む »

2011.11.28

『ふじのくに CYCLE FES.』

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。
朝家を出た時は、あら意外と暖かい?と思ったのですが、今職場にいて寒いです…。


色々書きたい事があるな~と思っているのですが、考えている内にどう書いていいかわからなくなってきたり、話題が古くなってしまったりで、そういうネタはどんどん書けなくなる。
え~…
今公武関係を少し勉強したくて、ちょっと時代が離れていますけれど、それ関連の講演を聴きに行って、よかったな~と思ったり。
しかし、結局「公武関係は難しい」って結論にだけ達し、まいったねこりゃって感じだったり。
一方で、誰得小説の続きにもそろそろ取り掛かっているのですが、
なんかエピソードがループしてる……。
ってゆーかいい加減この泥縄な勉強はやめろ。と思ったり。
昔自分でまとめたノートを見てると、何処のどちら様が書かれたのですか?と思うような記述があったり。
久し振りに友人達と飲みに行って、
やっぱいろんな立場の人のいろんな言葉を聞くってのは色々とためになるな。と感じ入ったり。
そのためになる話がネイガーだったりマブナーだったり。
我が子ながらこの娘はなんていい子なんだろう。と思ったり。そういう自慢をしたいと思ったり。
仕事のスキルって、日々やってる分には「こんなつまらない事…」とか思ってても、やってない人から見れば実はそれなりにすごい事のように見えてるんだな~とか。

そんなこんなな事を書きたいと思っていたのですが、時間だけが過ぎ去って行くよ。
な、わけですが、先週末は、久し振りに富士宮へ行って来ました。
世の中は紅葉シーズンだとかで、今年の秋は、また紅葉が特別に美しいようで、多くの方たちが紅葉狩りなどなさっていたようですが、私の…って言うか私たち家族の目的は、「新東名高速道路」の開通記念のイベントに参加することでした。
『ふじのくに CYCLE FES. 2011 in 新東名』
具体的には、開通前の高速道路を自転車で走りましょう。というイベントに参加してきました。
私が参加したのは日曜日の親子ファンライドで、
建設中の駿河湾沼津SAをスタートし、新富士ICで折り返して帰ってくる35kmのサイクリングです。

Rimg0076

朝、夜の明けぬ内に富士宮の家を出発。めっちゃくちゃ寒いです。
駐車場でちょっとしたトラブルがあり、どうなる事やらとハラハラしましたが、イベントスタッフ登場で意外な程すんなりと解決し、無事会場へ向かう事ができました。
朝日が差し始めたばかりの会場も、当然ながら寒い。
長蛇の列の受付は夫に任せ、寒がる娘を連れて、ココアを飲みながら軽い食事を摂りました。

Rimg0057

ここで夫のお友達と合流。親子サイクリングのスタートまで、会場のショップなどを見ながら時間を潰している内に、日も高くなり、体も温まってきたところでスタート。
以前他の所に書きましたが、ここしばらく娘はロードレーサーにはまっておりまして、日々夫と共に練習に勤しんでいたのですよ。
それが、初めてのイベントで、スタートと同時に変なスイッチが入ったらしい。
かっ飛ばしております。その危なっかしさに夫が追いかけて注意をしてます。
私は完全にカヤの外でございますよ。ってゆーか追いつけないしね!今回の参加は、「チームおとうさん+ママ」ってことで。一人だけチームジャージ持ってないしね!

Rimg0080

それはさておき、この週末はほんとよいお天気で、この秋空の下、なんの障害物も信号機もない直線道路を、ひたすら走れるというのは、素晴らしくよい気分でありました。
何よりも、高速道路の上を自転車で走るなどという事は、今までにもそしてこの先にもおそらくないと思いますので、とてもよい経験になりました。
この前日は、ロードレースが開催され、夫はそちらにも参加して、かなり満足の行く結果を得ることができたと喜んでいますが、このレース、けっこう事故が多かったようですね。
家族サイクリングに使われたコースは、かなりキレイだったのですが、レース用の長いコースには、まだ平になっていない所などもあったそうで…。夫も目の前での落車を何台か見たそうですし、ネットにもけっこう怖い報告が出ていたりもしたようです。
夫はこの先も、レースに出るのでしょうし、このまま行けば娘もなにかしら参加するようになるのかも知れないですし、ほんと大きな怪我だけは避けて欲しいです。


ところで、
最後の緩い上り坂をがしがし漕いでいる間中、私の頭の中では
『敦盛2011』
がリピートしておりましたよ。
ちなみに娘は、相変わらず
「ヒーメヒメヒメ」歌っていたそうです。
坂道くんもよいけれど、同じ自転車なら織田輪ちゃんの方がいいと思うな、おかあさん。


★★★今日読んでいる本★★★
『日本の歴史9 南北朝の動乱』佐藤進一/中公文庫
しつこいですが、悩んだら原点へ帰れ。

|

« 『狼の口 ヴォルフスムント 3巻』感想 | Main | 本を読む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/53355536

Listed below are links to weblogs that reference 『ふじのくに CYCLE FES.』:

« 『狼の口 ヴォルフスムント 3巻』感想 | Main | 本を読む »