« August 2011 | Main | October 2011 »

2011.09.27

『TIGER&BUNNY #25』感想+

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
それにしても急に寒くなり、体調を崩しやすい気候は相変わらずです。
残暑が長すぎて、いつ秋が来たのかよくわからなかったですが、この週末にうちでは毛布を引っ張り出しました。
そう言えば、先週の台風が来た日、
近所の路地で蛇が死んでて、
下水道から上がって来たのか、寺の庭から出てきたのか、
自転車だか靴でだか踏まれたような跡があって、何にせよ、せっかく出てきたのに蛇も災難だったね。
なんという蛇なのか、よくわからないのですが、この近所で見るのは初めてだったので驚きました。


先週末は、相変わらず家族ばらばらで、私も実家の用事などもありましたのでちょこちょこ出掛けてはいたのですが、基本的には家でごろごろしておりました。
なんとか日曜日だけ地区の防災訓練に参加したのですが、
そのせいか、帰ってきたらすごっく眠くて・・・
昼寝ってなんだか苦手なのですが、この日は不思議なくらいぐーぐー寝てしまい、それでも足りなくて、昨日もまだぐったりしてました。
で、目が覚めたら娘がいきなり「中学受験したい」とか言ってて、「は?」って感じ。
パラレルワールドに迷い込んだか?
まぁ一時的な盛り上がりっぽい気がするのですが、友達と勉強会をする約束などしてるようなので、勉強する習慣が身に付けば儲けものくらいのつもりでしばらく様子を見ようと思います。


話は変わりますが
『TIGER&BUNNY』25話観ましたーーーーっ!!
おもしろかった!
最終回らしい明るい盛り上がりが気持ちよかったです。
無理にまとめないで、謎は謎のままにしておいたのも好感が持てます。
ただ、ルナのマーベリック粛正は、個人的には
ダメーーーッ!!
最後にルナさんの活躍があったのは嬉しいのですが、それはダメ。
一緒に敵を追い詰めてく的な活躍を期待したのだけれど、やっぱ無理だったのか。
そして「NEXT PROJECT」というのは・・。イベントのお知らせなのか?第二期なのか?
ラストのお札のエピソードも、最終回にしては引きが強すぎる。
まぁあのまま「終わり」ってのも、謎残しすぎだし、もっとヒーローそれぞれの活躍を見たかったってのが本音ですので、第二期もありだと思いますが、
そうしたら、タイガーの能力減退をどう処理していくのかな~?というのが・・・
たった1年であそこまで能力がなくなっちゃうって、今後を考えるとかなり厳しいですよね?
それでもヒーローを続けて行ける理由を、きちんと納得させてもらえれば、ありですね。
ただ次回あったとしても、もうソフトは揃えないかな。
すごくおもしろかったし、好きな番組ですけれど、
じっくり観たい。という作品ではないな~・・・と。
たまにノリを楽しみたい。って感じ?


と、タイバニだけで埋めるつもりが、半端な長さになったので、市川春子新刊の感想。
『25時のバカンス』(アフタヌーンKC)
書店で平積みになっているのを見た時、表紙のイラストが松本零士かと思った・・・・。
表題作と2話目『パンドラにて』、話がわかりにくかった。
って、わかるんですけれど、なんだろ?
会話の流れがよくわからなくて、ちょっとストレスでした。
前の時も謎めいたセリフはけっこうあったけれど、それでも納得できる感じだったのが、今回はそういうのが・・ちょっと・・・。「何やってんの?」って感じでした。
そして前作品集以上に、全体的にグロい。よね?
特に3話目の『月の葬式』が・・・お話自体は一応ハッピーエンドだし、主人公は超好みのタイプだし、キラキラしたきれいな雰囲気はあるのだけれど、私にはちょっときついグロさでした。
まぁ基本・・いろんな意味でグロテスクな作品を描く作家さんだと思います。
いや、好きです。


★★★今日読んでいる本★★★
『イブニング No.20』講談社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.20

秋ふかし

みなさんこんにちは。
今日の東京は曇りです。台風来てます。
ってゆーか日本全土に周く平等に、いろいろ振りまきすぎ!ロウキー!!
ってまだ上陸もしてないくせに。
避難勧告・指示がどんどん広い範囲に広がってきてて、ドキドキだっ!
つかなんて意味だよ。ロウキー。


私の休みは暦通りですが、いちおう秋の大型連休続行中です。皆様いかがお過ごしですか。
うちはですね、もう家族ばらばらッスよ。
娘が大きくなるにつれて、やっぱ家族で一緒ってのはなかなか難しくなってる気がします。
加えて最近夫が、自転車レースにはまってしまって、休日ほとんど出掛けているという・・・。
まぁしかし、
先週の土曜日は、娘と一緒に目黒雅叙園へ行ってきました。
『永青文庫細川家伝来の名品&細川護熙展 さんまと武士道』
護熙率やっぱ高かったです。
でも、娘がいろいろと質問してきてくれるし、楽しかったです。
しかし私の知識などいい加減なので、いい加減に頭に入っている事をいい加減に言ってるだけなんですけど。まぁたぶん平気。
「そんな感じのこと」ってのがなんとなく伝わればいい。
よく知らなかった幽斎のことを意識する機会になったので、私にはよい刺激になりました。
展示も楽しかったのですが、目黒雅叙園自体、一度は行きたいと思っていましたので、行けただけでもよかったです。
何年か前になくなっちゃうって話があったと思うのですが、大丈夫だったんですね。
聞いていた通り、調度のすごさに見入ってしまいました。
螺鈿細工がほんとすごく豪華だし、壁や天井の装飾も・・ゴテゴテを悪趣味と評す事もできますが、これくらい時代がかってくると、いい感じに寂れてて、
畳の匂いとか、窓や壁の造りなども、なんというか懐かしい感じで、むしろ落ち着くような気がしました。
前に、旧館を見学するツアーがあったような気がするのですが、今はないのかな?あったら参加してみたいです。
結婚式場の方も、なかなか楽しかった。
Rimg0248

ひとつだけ、美術展の受付で「あれ?」と思う事があったのですが、気付いたのが帰り道だったので・・・次回行く事があったら確認したいと思います。


日曜日は、鎌倉へ行って来ました。
鎌倉国宝館の『国宝 鶴岡八幡宮古神宝』展
娘が地元のサークル活動に参加してたので、自転車野郎と化した夫と行ってきました。
品川駅で既にビールを購入。つか飲んでる。・・・・いや、私もです。
この日は、な~んにも計画を立てずに、国宝館しか目的がなかったので、ほんとのんびりって感じで行きました。
小町通りで買い食いなどしながらぶらぶらと・・・。


(昨年春倒れた大銀杏の根本。この向かって左隣に移植された物があります)
Rimg0254_2八幡宮にお参りしてから国宝館へ。
平常展示ですが、仏像がよかった。寿福寺の地蔵菩薩立像が、今にも目を開きそうで感動しました。
展示品では「鶴岡社務記録」とか、とても興味深かったのですが、相変わらずさっぱり読めないね~。とほほ。
涼しい国宝館でゆっくりさせていただいて、さて後はどうしようかと・・・。気持ち的には石窯ガーデンテラスにでも行って昼食にしたいってのはあったのですが、ちょっとこれから浄妙寺へというのが、気分的に大変で・・じゃぁ久し振りに海へ行こうってことになりました。
若宮大路沿いにあったパスタ屋さんに入ってお昼を食べて・・・
って、ここ数年鎌倉へは何度か来ているのですが、いつも山の方ばかりで、海へ行くのってもしかして10年振りくらいか?だったのですが、思っていたより遠かった。
まぁ徒歩数十分の距離なのですが、そう言えば、国宝展の展示に「大町から鎌倉へ持って来た」とかいう記述があって、すぐ近所な距離なのに「わざわざ」感があって、鎌倉時代の人達のこの辺の距離感ってどうだったのかな~。
途中夫が「レンタサイクル」などと言ったのですが、いやこの時間からこの距離ではさすがにちょっとそこまでの事は・・と却下。
でもそう言えば、小町にモールトンを貸してくれるお店があるんだよな~。と思い出した。
モールトン・・一時期すごく欲しかったんですよね。
もちろん古い方。
次来る時はきちんと計画して、レンタルしてみようかな~。したいな~。
しかしまぁそんなわけで、この日はてくてく徒歩で下って行きました。

めっちゃくちゃ暑かったので、海遊びしてる人達が大勢いました。
Rimg0258

Rimg0260海岸にきれいな青い触手様の物がある物体が大量に打ち上げられていて、見れば波の上にもけっこういて、ちょっと見た時は「浮き」とかの・・・何かそういう道具かと思ったのですが、それにしては数が多すぎる。
どうも「ギンカクラゲ」という物のようです。「牛乳瓶の蓋」という表現も、大きさから質感からまさにで、私たちもうそう話していました。
地球上にはほんと、いろんな生命が存在しておりますね。

久し振りの鎌倉の海で、ひとつショックだったのが、ここから江ノ島って見えないのね・・・つか稲村ヶ崎ジャマ。さすが天然の要害。
あっでもウインドサーフィンしてる人達からは見えてるだろうし、材木座のはじっこからなら見えるかも・・・。
次回からはもっとよくよく注意しよう。
海岸では、クラゲの写真撮りまくったり、シーグラスを拾ったり並べたり波被ったりして、秋の海を満喫させていただきました。
おもしろかったのが、
滑川を挟んだ、材木座と由比ヶ浜とで、漂着物がビミョーに違うんですね。
小さな川ですが、やはり川の流れの影響なのでしょうか?
この辺の海流ってどう流れ込んできてるのかな~?
さっきのギンカクラゲも、打ち寄せられている数が全然違うんです。おもしろい。


さて、と言うわけで、
秋の連休前半3日間。
最終日の月曜は、子供にせがまれて、初めて「ラウンドワン」という所へ行きまして、ここはここでおもしろかったのですが、長くなりましたので、その話はまた別の機会にでも。


今年の夏はキャンプへ行かなかったので、行きたいね~。なんて話もしているのですが、この先の予定を見たら、この大型連休後半も、10月もほぼ全滅。
行くとしたら冬キャンプしかないよ。
露天風呂が付いてるキャンプ場もいいけどね。


★★★今日読んでいる本★★★
眠い・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.13

それさえも楽じゃない

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。ってゆーか、もうそろそろ残暑も飽きてきたし・・・。
風は涼しくなっているようなのですが、なんだか湿度が高い気がします。


今日は年に一度の健康診断の日でした。
年を取るにつれて、受けに行くのがめんどー。
今は勤め先でやってくれるので、きちんと毎年受けていますが、仕事辞めたら定期的には受けなくなりそう・・・。一応自治体の方からも連絡が来るのですが、絶対行かなくなりそう。少なくとも確実に回数は減る。
お年寄りが、健康診断受けると具合が悪くなるから行かない。ってのもわかるし。
けっこう疲れるんですね。色々と。
でも健診にかかる時間って、私が就職したばかりの頃に比べると、嘘のように短くなってます。
本日の所要時間はほぼきっちり1時間半。
以前は待ち時間でけっこう本が読めたのですが、今日はほとんどそういう時間がなかったです。
健診内容で一番苦手なのは、胃のレントゲン検査。あれに比べればマンモなんて・・・。がんばって潰す程の物もないしね!
バリウムがいつまで経っても苦痛です。
知り合いに、これがまったく苦にならない。って人がいまして・・・お腹空かせて行くし、なんぼでもいける!ってゆーのですけれど、信じられん。一度、どーーーしても半分くらいしか飲めなくて、技師の人に「もうこれでやります」って言われたことがある。入れるのも出すのもすごく苦手です。下腹がいつまでも痛い・・。
しかしこれも、最初の頃に比べると、すっごく量減ってるんですよね・・・。
ほんとに苦手な人は胃カメラにしちゃったりもしてますよね。時間掛かるし、そっちの方が大変そうなイメージですけれど、ストレスは格段に少ないそうです。


ところで、
今回の健診で、恐ろしい事に身長がけっこう伸びていて、看護師さんに驚かれました。いや、私も驚きましたよ。
「計り間違い?」ってもう一度計っても一緒だったので、去年のがおかしかったのかも・・って事になったのですが、毎年計ってるのを見る限り、去年のデータは妥当。
たぶんですけれど、ノルディックウォーキングを始めて、骨格が少し矯正されたんじゃないかなぁ?と思います。
整体受けても何センチか背が伸びることがありますよね。それと同じなのではないかと。
でなければ、ホルモン異常・・・・・・。


とまぁ自分の健診もあれですが、子供の予防接種でまだ残っている物がふたつあって、それもさっさと済ませちゃわないとな~・・・。
健康管理がストレスになる時代。
そー言えば、先日、日本の延命治療へかける情熱がちょっと変じゃネ?って話を読んで、なるほどね~と思ったりしていたのですが、つい昨日、NHKの番組紹介見てたら、心臓疾患による突然死の話が出てて、その例に上げられてた患者さんが94才。でした。


あっそうそう
大変間が空いてしまいましたが、某誰得小説の第6話UPしました。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=491060
ご覧頂ければ嬉しいです。


★★★今日読んでいる本★★★
『歴史の中で語られてこなかったこと―おんな・子供・老人からの「日本史」 』
網野善彦・宮田登/洋泉社
期待してたのと、ずいぶん離れた内容であった。
なんか題、間違ってないか?
なんつーか、ドキドキしました。・・・・・いろんな意味です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.05

観たい!

みなさんこんにちは。
今日も変な天気ですね。
この週末、何がどうという事もないのに、なんとなくダルいような体が重いようなイヤな気分で、なんだろな~と思っていたのですが、「気圧のせいで、この週末はずっと寝てた」とか「動けない」という方の呟きを読んで、ああそう言えば台風来てたわ。と納得。
台風・・東京直撃かと思っていたら、進路が西にずれて・・・でもなんか変な天気と思っていたら、西日本がめちゃくちゃ大変な事になってしまったような・・・。
流れてくる映像が「えっどこ、ここ」な水没っぷり。


自然の驚異にドキドキしながら、突然ですが
みずしな孝之さん・・あまり好きな作家さんじゃなかったのですが、『いとしのムーコ』がかなり好きなのです。ってゆーか、実は全然みずしなさんとはずっと気付かずに読んでいて、最近になってやっと気付いた。
まぁそれはともかく、
昨日はなんとなくダラダラと過ごしつつ、何か読みたいな~って気分で・・・でもあまり勉強っぽのは読みたくなくて、かと言って小説って感じではなく、ってことでまぁ例によって漫画を読むんですけれど、
あまり軽すぎない物で、長いのじゃなく、鬱じゃない物。とかなんとか自分ちの本棚のトコへ行ってかなり悩んだ。
そして選んだのは、
岩明均の『雪の峠・剣の舞』。
この人の作品は、独特の暗い感じがちょっと苦手だったりもするのですが、そう思いつつも初期から一通り読んでまして、そんな中でこれは、他の作家さんの作品と比べてもかなり好きな一冊です。
日本史好きで、未読の方はぜひ読んでみて下さい。
時代は関ヶ原前後ですが、特別派手なエピソードを描くわけではなく、でもきちんとエンターテインメントしている。
なんと言いますか、気持ちのいい作品。

読みながら思ったのですが、これってこのままTVドラマにしてもいいんじゃないか?と。
某大型時代劇・・シエとか?平和を訴えすぎてて、なんかちょっと時代が違ってね?って感じになっていると聞くのですが、
岩明さんのこの作品を読んでいて、まぁ平和を訴えてるかはわかりませんけど、
戦国時代の終わりってのを描く中で、斬り合うだけが戦いじゃない。とか、どんなに戦で功を上げても、ささやかな幸せさえ守れないのか。とか、そういう話がさらっと出てくるわけですよ。
こういう何気ない訴え方だってできるじゃん。って改めて思ったのでした。
『雪の峠』の梶原政景とか渋くてステキだし、佐竹藩内の確執と、対立のある中で藩をどう運営していくかとか、おもしろい。けど、やっぱTVドラマにするなら『剣の舞』かな。女の子出てくるし。
剣聖と言われた人が、自分の技術が生きるために必要とされた時代の終わりに、それをスポーツにしてしまうってのが、なんかとぼけてて面白いし、声高に「戦はいやでございまする」と言わなくても、「やっぱ平和がいいよね」って感じで、いいんじゃないか?
剣聖上泉信綱がほんととぼけたおっさんでいい味出してる。
疋田文五郎のキャラはちょっとむずかしいな~。主人公だけどけっこう地味なので、その辺は何かひとつ派手なエピソードでも入れてどうにかして、
クライマックスは、私はあれくらいあっさりしてるのはすっごく好きなのですが、TVドラマとしてはあっさりし過ぎな気がするので、もう少し盛り上げて、でも変に色恋やお涙頂戴に走ったりべたべたはしないで。
ラストの柳生宗厳達と出会うトコももう少しデコって。
って、
いいと思うんだけどな~。
同じ作家さんの『ヒストリエ』が、去年の文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞してるし、ネームバリュー的にも遜色ないと思う。
合戦シーンはさすがにちょっと大がかりになるけれど、基本的に田舎の剣道場の話だし、登場人物少ないし。ご予算もリーズナブル。

誰か創ってくれないかな?


★★★今日読んでいる本★★★
一応読んでる本はあるけど、何度も読んでる本なので、ここに書くの飽きた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.01

今日から新学期

みなさんこんにちは。
今日も今のところよいお天気ですね。めちゃくちゃ蒸してますけど。
子供の夏休みもいよいよ終わり。早い所ではもうとっくに終わってますけれど、娘が通う学校は8月いっぱい休みでした。
親にとって子供の夏休みってのは、けっこう負担なのですが、それでも終わっちゃうってなると、ちょっと淋しいものがあります。


先週はどうも気分が乗らなくて日記を書かなかったのですが、
ってゆーか、ツイッター始めたら、なんかそれだけでお腹いっぱいで、こっちへ向ける気力が減退。
んで、
先週、先々週と金曜日が大荒れの東京でしたが、
先々週のその時、私と娘は八景島シーパラダイスにいました。

Rimg0196

天気が悪くなるのはわかっていたのですが、木曜日の予定を金曜日に変えて行ったんですよね。
なぜわざわざ変えたかと言いますと、
「ふれあいラグーン」の「イルカとおよごう」ってのを娘が「やりたい」と言ったから。
言ったから。ってまぁやりたいか聞いたのですけれど、やりたがると思ってなかったんです。
なんつーか、こういう事には興味のない子だと思ってたので、そういうイベントがあるのは知っていたのですけれど、あえて聞かなかったの。
で、水曜日になんとなく聞いたら「やりたい」と言われたのですが、この時点で木曜日分の予約はいっぱいだったので、行く日を金曜日に変更。雨が降るったっても小雨かにわか雨だろうと高を括って。

そうして臨んだシーパラ。
朝は曇りではありましたが、まだかなり暑かった。
東京は既にけっこう降っているという話が伝わって来ていたのですけれど、こっちはなんとか保ってるな~と思って、イルカの水槽を見たり簡単なアトラクションに参加して、お昼を食べようと外へ出たら、土砂降りでありました。
気温も下がってきてたので、「イルカとおよごう」がちょっと心配になってインフォメーションに電話したら、
園が閉鎖になるくらいの荒天でない限り、まず中止はない。とのこと。
しかしこの時点でかなり風も強かったのよ。
まぁ予約時間の頃には少し雨も弱まってて、フツーに出来たのでよかったです。
お盆休み開け直後という時期もあったのか、金曜日だってのに、この日の参加は私と娘だけで、なんとイルカプール貸し切りでした。
イルカにもいっぱい触らせてもらえて、最初「寒い寒い」と言ってテンション下がり気味だった娘も大喜びだったので、参加したかいがありました。

Photo


しかしその後私の方が、水に入って疲れが出たのか、なんだか具合が悪くなってしまい、あまり楽しめなくて・・・。
アトラクションも風雨のために乗れない物が多くて。
それでも、娘は雨の中一人であっちへ行ったりこっちへ来たりと、よくまぁ飽きずに遊べるな~ってくらい、私が遊べない分まで遊んでくれてましたよ。
しかしほんと、見事に空いていました。
スタッフの方に聞いたら、天気が悪いとはいえ、週末にこんなに空いてるのは珍しい。という話で、なんかいろんな条件が重なって、こうなったらしい。
でも、ひとけのない遊園地なんて、なかなか体験できないので、ちょっとラッキー?

Ca390294


★★★今日読んでいる本★★★
『ツーリングマップル 中部』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »