« March 2011 | Main | May 2011 »

2011.04.26

ざわざわ

みなさんこんばんは。
今日もよいお天気ですね。
なんだか続いてしまったトラブルでしたが、解決する時は解決するもんだな~で、
ご近所トラブルは昨日、科博トラブルは今日、無事解決しました。
ところで田中実の訃報、ほんとかなりダメージ受けました。
どうしちゃったんだよ・・・・。
ほんとに残念なのですけれど・・・冥福を祈ることしかもうできないのがほんと残念ですよ。


昨日の朝、飛行機が割と低空でゴーゴー飛んでいる音で目が覚めた。
仕事があって4時過ぎには起きていた夫によると、かなり早い時間から、何度も上空を飛んでいたそうだ。私が起きてからも何度か飛んでいた。
で、夫によるとYS-11だったそうで。なぜそんな機体が飛び交っていたのか、すごく気になる。まぁ飛んでたのが、それ一機だったのかもよくわからないのですが。
うちは海も近いし空港も近くて、昔は航路に入っていたし、今でも風向きによっては飛行機の音がよく聞こえるのですが、低空飛行の音を聞くと、いつも少しドキッとするんですよね。
空襲かーーーっ!?とか・・・。


某誰得小説がいよいよ二頭政治の時代に入りますが、これの問題点をどうエピソードで展開して行くか困っとります。
某所の落書きで、
「確かに同じ幸せを求めて、同じ方向を向いていたはずなのに、いつの間にかどうしてそれが対立になってしまったんだろう」というような事を書いたことがあるのですが、
むか~しから、これって私の物語のテーマになっています。
物語っていうか、人間の事を考えるといつもついて来る。
まぁ対立ってゆーか、なんかよくない事になってしまったみたいなね。すげー人非人みたいに言われてる人にも、求める幸せがあっただろうに。とか。
で、実のところ、これって南北朝とかじゃなくて、近現代史やってる時の方が考える。まぁそれはこの際どうでもいいんですけど。
誰得小説に話を戻すと、
単純な利害の対立とかじゃなくて、何かじりじりとずれてくような感じをさぁ書ければいいのですけれど・・・。
まぁそんなわけで、調べておきたい事とかけっこうあるのですが、今そういう学問へ向ける気力がめちゃくちゃ減退してしまっていて・・・まいったね。こりゃ。
しかし、せめてもう少し勉強してから書きたいので、次回作はちょっとばかりまた間隔が空いてしまいます。
もともとそんなに根性もないので、あまり書くスパンが長くなるとやる気をなくしそうでやばい。でももうちょっとがんばりたいとは思います。誰得でも!
だんだん鬱展開にも入っていくので、ますますやる気を失いそうですが、まぁがんばります。
あ~・・でも、政治的なあれやこれやはすっぱり切り捨てるかも・・。


フォロワーさんから教えて頂いたTVアニメ『TIGAR&BUNNY』がなかなかおもしろい。
アメコミ好きだし。なんか気持ちいい。
私はすぐに『BATMAN』を思い浮かべましたよ。
カリーナ・ライルとか・・・セリーナ・カイルか~。
あと、「バーナビ-」ってのも、なんかWOWOW版の『バットマン』で耳にしたような気がするのですけれど、思い違いかな~。
で、「ああ、BATMANだな」と思った流れで、この辺のバディ物の感覚って、あれか?スタハチとかジョンパンとかあの流れか?とふと思った。って話を家族にしたら、
「何それ?」と、言葉の通じない人を見るような目で見られてしまったよ!
えっ?ええっ!?知らない?
なんで知らない!!?知ってるよね!?知ってるはずだ!
あっでさ、虎の声、平田さんじゃん!やだ!!
いや、別にイヤじゃない。
もう最近はほとんどアニメ・・・ってゆーかTVを斜めにしか観てなくて、評判を聞いて興味を持って観ていた『刀語』なども、私的には今ひとつだったんですよね・・・。一応全話観たけど。あっ嘘、一話抜けた。
『まどか★マギカ』も観てみたかったのですけれど、「そのうち」と思ってたら終わってしまった。
聞いている通りの展開なら、割と好きな作品になるような気がします。そんなに長くないので、機会があったらまとめて観てみたい。
やっぱ物語の着地点って、すごく大事だよね。

そんな中で始まった『虎兎』なのですが、そんなわけで、1話と3話を観ました(2話は見損ねた。4話もなんか見損ねた)。かなり好きな感じなので続けて見ようっと。


★★★今日読んでいる本★★★
ダメ。やっぱ本読む気にならない・・・orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.25

あれこれおでかけ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
最近夜になると眠くて眠くて・・・・って、夜眠くなるのは当たり前か・・・・。
しかし、春眠暁を覚えず的な眠さではなく、眠りが足りてないっぽい眠さで、ちょっとイヤ。


家族で行ってきました。土曜日のベルギー大使館。チャリティイベント。
こういうイベントはやっぱ午前中だよな。と・・わかっていながら休日の出足は遅く・・・・
10時開始のところへ11時過ぎに着きました。
思ったとおり、もうかなりの混雑でした。
Belgien
(大使館のお庭。この時は陽が出ていたようですが、この日はかなり雨が降っていました)

グッズ販売スペースを見てから、フードコーナーへ。こちらはさらに、芋洗い的な混雑。
ビールとおつまみをいくつか買って飲んでいましたら、お昼を挟んでさらに人が増えてきたので、この辺で退散。
私は子供用にノンアルコールスパークリングワインという物と、チョコレートを買いましたが、すでに売り切れで買えない物もあって残念。
あっワッフル食べてない。

その後元々予定していた国立科学博物館へ行きました。
天気が悪かったせいか、かなり空いているように思えました。
まずシアター360を見て、地球館へ。
取りあえず、予告しました通り霧箱を見ましたよ。さぞや盛況であろうと・・・まぁ思ってもいませんでしたが、やはりいつもと同じ。

(いろいろ飛び交っていました)
Photo今回は、いつもはなんとなくスルーしているコーナーをゆっくり見ました。
着いたのがすでに1時過ぎでしたので、最初からがっつり見るつもりもなかったのがかえってよかったかも・・・余裕を持って回ることができた気がします。
企画展の『宝石サンゴ展』も見ることができました。
そして今回、実はメインの目的は買い物だったのです。
以前から欲しかったある物を買うために行ったのでした。
で、無事購入。
したのですが、それが後にこのようなトラブルに発展するとは、この時誰が想像し得たであろうか・・・・。


さて、上記のトラブル処理のために翌日も上野へ行ってしまいました。
さらに、その前に、娘の希望で久しぶりに映画を観に行きました。
眠いとか言いながら、なんか変に忙しくしていないか?
『ガリバー旅行記』の3D版。
・・・・・・う~ん・・・・まぁそれなりに笑えますけれど、なんかな~・・・。映画館で観るほどの物じゃないって以前に、作品としてどうなんだ?って感じ。笑いもそれなりに・・だし。
娘が喜んでたから、まぁいいか。って感じ。
でも別に子供向けでもないよな。

で、午後上野へ。
科博へ行って(一応誠実対応?して頂きましたが、でもまだ解決してないの・・・・)、
せっかくなので、東京藝術大学大学美術館で開催されている『香り かぐわしき名宝展』へも行きました。
会期中に行くつもりではいて、前日ベルギー大使館がなければ行こうと思っていたので、まぁ昨日行けてよかったです。
お香は、日常ではたまに焚く程度で、香道とか、興味はあってもよくわからない事が多いので、ちょっとだけでも形的なことを知りたかったんですよね。
ほんと全然知らなかったわ~って感じでした。
聞香とか源氏香とか、なんとなくは聞いたことがあっても、具体的なやり方なんてまったく知らなかったので、道具など、なかなかおもしろかったです。香盤がかわいくて、色々考えるな~と。おもちゃみたいで楽しいですね。
しかし、組香とか・・・優雅ですけれど、私がやったら気が狂いそうだな。


茶道もですけれど、香道も室町時代になって形が整えられて、その道の流れが出来たわけですけれど、めちゃくちゃな時代があって、そうやって文化が発展していくっていうのはおもしろいですね。


★★★今日読んでいる本★★★
読んでない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.21

いつか見る風景

みなさんこんにちは。
今日もなんとなくよいお天気ですね。
しかし、初夏の陽気かと思っていたらまた冬ですか。花冷えってやつ?
そう言えば、近所の源平桜がまだ咲いてないね。って話を先週末にしていたら、今週に入っていきなり咲いた。
桜も咲いた途端に寒くて困ってそう。


以前にも書いたことがありますが、私は霧箱を見るのが好きで。
久しぶりに霧箱を見に今週末国立科学博物館へ行く予定なのですが、
今この時に見ておくべき状態だったらなぁ・・・と、ちょっとだけ(以下自粛)。
あとスーパーカミオカンデとかね。
あれがパパパパパーーーッとなったら、どんなにか(以下自粛)
これは、プリオンさんへ寄せる想いにも近いものがある。
なんて思っていましたら、
休館中の科学未来館でもこんなイベントが・・・
http://www.miraikan.jst.go.jp/linkage/info/sc_activity_2011.html


ところで、昨日・・だったと思うのですが、
「母乳から放射性ヨウ素検出」のニュース。
なんかね、私にはとても不気味に感じられたのですよ。
何がって、ヨウ素が出た事ではなく、なぜ昨日の時点でこのニュースがこーゆー形で出たのかが。
もちろん大変ショッキングなニュースです。
が、私がまず違和感を持ったのは、「最大36.3ベクレル」ってのの「最大」ってところ。
「最大」って事は「最大」だよな~・・・と。
で、よくよく調べていくと、この検査先月下旬に行われているのですね。これって首都圏の水道水から基準値を超える放射性物質が検出されたっていう、その直後ですよね。
で、私は未だにこの放射能の単位とか基準がよくわからないので、親切な方が解説して下さるのを待っておりましたら、親切な方が私にもわかる言葉で解説して下さって、まぁ水道水で認められている基準値よりはかなり低い。と。
じゃぁ何が問題なの?
「量の問題ではない。検出された事が問題なんだ」とおっしゃる方がいる。ああ、そうか。そうなんだ。そりゃー問題だよね。
いや、しかしだな、検出されたことを問題にするのなら、私はまず事故以前にはどうだったのかを知りたいのですけれど・・・・。事故以前にはまったく検出されていなかったのか?検出されていたとしたら、その頃の値はどうだったのか?
それがわからないなら、せめて現在の状況を知りたい。追跡調査くらいしておいてほしい。
それもせずに、ただ一点を指して、
「ほらほら出たよ~」と言われても、何が言いたいのかわからないです。
でも、読んだ人はドキッとするよね?乳児を抱えたお母さんだったら泣きたくなるよ。
いったん不安になって疑ってしまった人に、「大丈夫。心配ない」っつっても、「うあああ~・・」な気持ちを払拭することって、難しいと思うし。
そういう事で、なんとゆーか・・・なんかいや~な物を感じる記事なのです。

メディアリテラシーとかについて、
某所にて既に紹介させて頂いたのですが、なかなか役立つお話に思えたので、こちらにも貼っておきます。
http://news.livedoor.com/article/detail/5486245/
http://pringles.blog23.fc2.com/blog-entry-121.html


話は変わりますが、
「京都市が、家族連れの観光客を呼び戻すため、子どもの宿泊料を無料にするよう、旅館やホテルに協力を求める」ってニュースがあったのですけれど、どうなるのでしょう?
そんなに観光客減ってるんだ?なんか夏には例年通りってなってそうな気もするのですけれど、見通し甘いかな?
京都、すごく行きたいですけれど。
もう何年も「行きたい行きたい」って言うだけで、行けてないし。
なので、これを機会にどうだろうか?と夫に話してみました。
「久しぶりだし、いいんじゃない?」
おおっいい反応。
「でも、旅行へ行くなら福島の温泉に行って欲しいって言われてるんだよね~」
って、えっ?誰に?
温泉か~・・・温泉いいよね~。行きたい。
そうなんだよ。なぜ「家族で京都」ってならないかって言えば、やっぱ、基本寺巡りは小学生には辛いのだ。子供にしてみれば、興味のない所を連れ回されるより、まだ旅館やホテルでぶらぶらしてる方が楽しいんだろうな~。
子供連れで京都観光って、みんなどこへ行くのだろう?
でもやっぱり私は京都へ行きたいな~。せめて天龍寺だけでも・・・。
機会を逃すと全然行けない気がする。なんかそういうトコなんだよ。京都。


そう言えば、
家族で割とよく行っている福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」。
3月の震災後休業に入って、営業再開の予定は立っていないようですが、フラガールのレッスン再開や入社式など、行われるそうで、きちんと再建してますね。また行ける日を楽しみにしてます。
もひとつ気になっていた、岩手県岩泉の龍泉洞。かつて家族で行った時は台風の後で、入り口まで水没してたんですよね。
今回地震の被害はなかったそうですが、水に濁りが出ているそうです。
ぜひあのきれいな地底湖を、家族にも見せたい。


日本にはきれいな風景がいっぱいある。
そういうきれいなところをいっぱい見たい。

スーパーカミオカンデもね。


★★★今日読んでいる本★★★
『南北朝の動乱』佐藤進一/中公文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.18

洋々として

みなさんこんにちは。
この週末も東京はよいお天気でなによりでした。
日曜日、川島小鳥の「未来ちゃん」展を見てきました!
写真集を気に入って行った写真展でしたので、初めて作品を見た時のインパクトはさすがにありませんでしたが、未来ちゃんほんといいよね!
全身で命を吸い込んで吐き出しているって感じ。


今を去ること約17年前、わたくしの人生観を思いっきり変えてくれるような比較的個人的大事件がありまして、
その時思いましたのは、
人は生きているだけで辛いものなのだな
と・・・。まぁ今となっては逆も真なりと思ったりもするのですが、自分がいかに「よく生きよう」と心がけていても、辛い事とは個人のそういう心がけとは関係ない所から来るものなのだな。と、つくづく思ったものであります。
そしてこの週末、ほんとーに色々な事がありました。
あまり弱音は吐きたくないのですが、ちょっと切れそうになっていました。
そして切れかけたことで、娘も泣かしてしまいました。親の動揺は子供にうつる物なのだなと、わかっているつもりでも、なかなか回避はできないというのが、親としては辛いですけれど、もう仕方がない事なのだとも思います。
それでも、わかったのは、古の人はよい事を言いました。
禍福はあざなえる縄のごとし
人間万事塞翁が馬
生きていれば幸せの順番は廻ってくるよ。


じわじわと、やはり一連の事でストレスを溜めていたのだと思います。
金曜日、お友達の呼びかけで某女子会を設けて頂いて、そういういろんな疑わしいような探るようななんというか、
「私はこう思っているのだけれど、それってNG?」みたいな不安を、一緒にお話する事ができて、ほんとーにとても救われました。自分だけに基準を置いてしまうと、いろんな事が早い内に行き詰まってしまうのだと思います。
ですから、自分に自信があることはとてもよい事ではあるのですけれど、自分を中心に置かずにいろいろな立場から見てみるという事は自分を救う手段にもなるのだと思います。
いろんな立場のその中からまた、自分に必要な物を取捨選択して行けばよいのです。


さて、そういう社会的な気掛かりを持ちながらも、個人は個人ですから、超個人的ないろんな日常的な悩み事やらも持たざるを得ない私でありまして、
ひとつは、実家の父が、先日の癌とは別に、まぁなんつーか、数年前から「もうそれ持病だと思った方がいいんじゃない?」な原因不明の患いをしておりまして、その度に救急車で運ばれたりしているのですが。その関連で、とても不愉快なあれこれがあって・・・まぁ私のご実家のご家族は、私が幼少の頃から愉快とはとても言えないご家族ではあったのですが、
ジジイいよいよやばいか?な状況になって、もう一段上の不愉快な事が浮上してきたりして、大変重くのし掛かって来たりしていました。
んで土曜日、家族会議とかあってひとつの結論に辿り着きまして・・・・早い話が、これはもう
諦める
と。
もうね、いいです。私は。とりあえず、極力部外者にしておいて下さるなら、それでいいです。という所に落ち着きました。ってゆーか落ち着かざるを得なくなった。と言うことで。
わかっていたけれど。長女ってそういう立場に置かれがちなのは、以前からわかっていましたので。私は私で自分の新しい家族と共に幸せに暮らして行く事を目指します。
以上。


そしてもうひとつはご近所トラブル。
これも数年スパンで「あ~なんだろうね?」な悩みではあったのですが、ここ数日で何か一気にイヤさが増していて。数日前までは、こちらも諦めで受け入れてくかね?な雰囲気があったのですが、なぜかここへ来て、とても放って置けないくらい事態が悪化してしまって、
まだこれからそれなりに長いスパンでここに暮らして行きたいこちらとしては、大変気の重い事であったのであります。
が、ついに日曜日、行動に出ましたところ、一応よさげな方向へ傾きました。
どの程度に改善されるのかは未知数ではありますが、とりあえず理解してもらえたということですごく肩の荷が下りた。気持ちが楽になりました。


と言うわけで、鬱な気分で迎えた週末は、概ねよい感じに開けた気分で明けることができそうです。


ここ最近、
娘に付き合って買ったポルノのベスト盤を聴きまくっている。ってゆーか既に購入してから数ヶ月な感じになっているのですが、全然聞き飽きない!
なんで?なんかすごいな。
どういう人達なのか全然知らないのですけれど、なんかすごくいい。
歌詞もいい。


★★★今日読んでいる本★★★
自分の書いた~作品を読んで~なんとなく細かい所を直してたよ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.11

久し振りのポタリング

みなさんこんにちは。
またもや日付を越えてしまいましたが、よいお天気でしたね。
元気にやってるかーーー東京都民!
ああ、なんとなくですけれど、あれかな?世の中はとりあえず、がんがん引っ張ってってくれそうな人を求めてるってことなのかな?


昨日はほんとーによいお天気で、お花見日和でした。
ってわけで、娘の部屋のいろいろな古い物を片付けた後、家族で目黒川の桜祭へ行ってきました。
思っていた以上の人混みにちょっとびっくり。
Rimg0137_2

って実は、新しい自転車を買ってから初めての週末でして、その慣らし運転のサイクリングで出かけたのですが、目黒川沿いはとても自転車で走れる余裕がありませんでした。
お店もけっこう出ていて、もうもう、なんつーか・・・誘惑っつーか、ワインとか生ビールとか・・・自転車じゃなければ~~!!と。
でも「ヨハン」のチーズケーキはしっかり買いました。


私が今まで日常的に使っていた自転車が「パシフィック18」でして・・・。まぁ以前輪行率が高かった頃に譲って頂いた物で。輪行にはよかったのですが、そういうことをしなくなった今、なんつーか使い勝手が悪くて・・・。
と言いつつなんとなく間に合ってしまっていたので、使い続けていました。
しかし、娘の自転車利用率が高くなった今、駅前のスーパーへ行くのにも「自転車で行きたい」娘連れてだと、パシッフィックでは手軽さに足りなくて・・・。もっとママチャリちっくな物が必要になってきたのでした。
んで、さんざん迷った結果(半年くらい)、ラレーの「マリオン」を購入。
んで、「リクセンカウル」のバスケット付けました。もうお買い物もあんしーん。


Rimg0138_3てなわけで、サイクリング行ってきました。まず桜祭の目黒川沿いを走ったり歩いたりしまして、途中から六郷用水を経て多摩川を目指しました。
ほんとーに今日はよいお天気でしたので、多摩川縁もお花見の人たちでそれなりに賑わっておりました。
本日の走行距離32kmなり。
まぁ娘も途中、「喉渇いた~」「お腹空いた~」の割にはよく走ってくれました。
ぶっちゃけ、なんか今までと感覚が違う私の方がのろかったかも・・・・。
足回りがすごく楽。楽すぎてなにか落ち着かなくて。あと今クランクが私にはちょっと長くて、町乗りお買い物だけならまぁ気にならないかな?って程度ですけれど、少し漕ぎたい時にはちょっと・・って感じなので、もう少し短くしたいです。


今までのよりやっぱ安定感があって、これならまた少し走り回れるかなと思いましたので、またそういうお話もできるとよいですね。


★★★今日読んでいる本★★★
自転車こぎながらでは読めませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.09

今ここにいる

みなさんこんにちは。
今日(ってゆーかもう昨日か)はちょっと曇りましたね。でも暑い。
ってゆーか、外は暑いくらいだったのに、職場の中が寒い!
ここへ来てちょっと風邪気味です。
今日は職場の花見でした。


職場でも街でも、多くの人が今節電を意識しているわけで、それはとてもよい事だと思います。普段から、東京の街は明るすぎる。と思って過ごしていましたし。
今お店が節電をしていたり、街灯の点灯数が減っていたりで、やっぱ街が薄暗いな~と感じますが、そんな中で、「節電中」の表示があるのに、全然いつもと遜色なく明るいお店がいくつかある事に気付きました。(もちろん灯り以外の所で節電している場合もあるわけですが)
で、ですね、どこが節電?と思って見てみますと、フロアの電灯が一列おきに消してあったりと、確かにきっちり節電モードになっているのですよ。
それでも普段と全然違いがわからない。って今までどんだけ無駄に電気使ってたんだ?と。
こういう状況でなくなったら、また以前通りに全ての電灯に灯りが点るのでありましょうか。
なんかおマヌケさんですね。


さて、東日本大地震の発生からそろそろ一ヶ月。この一ヶ月の間に、否が応もなくいろんな事を考えさせられました。って言うほど、積極的に考える事があったわけではないのですが、
んで、とりあえず今思うのは、まぁ人間てのは、
今を生きるしかないのだな
ということ。
小さな事から大きな事まで考えた事は色々あるのですが・・。って嘘、小さな事ばかりです。
その小さな考えの積み重ねで今辿り着いた結論は、
今を生きるしかない
ってこと。
えっと、私は割と、津波の被害に遭った方達に「自業自得」と言っている方達に憤りを感じていて、
で、色々と語ってみたい事もないわけではない。のですが、
あまり上手く表現できる言葉がみつかりませんので、
100%ではありませんが、私が言いたい事に比較的近いご意見。
http://abyukyo.blog56.fc2.com/
この方の4月4日の日記が割と近い。


相変わらず東京に暮らして、毎日東京水を飲んでる私も、将来「自業自得」と笑われるのかもしれないです。
でもその将来がいつ来るのか、私にはわからない。
自分が信じる安全な場所へ行ける人は行けばいいと思うし、エビアンのお風呂に入りたい人は入ればいいと思う。
でもなんの煩いもなくそれができる人が、いったいどれくらいいるのか。
私にはできないので、どんなに笑われようとここにいてこの生活を続けるしかありません。それだって、今現在もっともっと「今を生きること」に賭けている人たちの賭けている事には及びません。
ただ、私だってもしもの時に簡単に死ぬ覚悟があるわけでもなく、守りたいものもある。でも、平凡な主婦には専門的な知識も確実に信頼のできる情報源もなく、雑多な情報から拙い自分の判断で行動を決めていかなければならない。
だから私は、自分なりの安全基準を決めました。とりあえずそれに従う。
糸井重里氏が先日、「右往左往するのは大変だから、右往だけすることにした」みたいな事を書いていたのですが、その感じ。
その安全基準も、もしかして、「大丈夫なのか?」と疑う時があるのかも知れませんが、今はとりあえず信じて行こうと思います。


信じながら、ここで生活してます。


★★★今日読んでいる本★★★
なんか眠くてぼーーっとしてた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.05

沈黙は金 雄弁は・・

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。
しかし相変わらず寒い・・・。早く暖かくならないかな~。
先週土曜日、ちょっと用事があって、横浜の三ツ池公園へ行って来ました。ここではもうかなり桜の花が開いていて、暖かかったこともあり、お花見を楽しむ人達もけっこういました。


やっとやっと、誰得小説第5話完成しました。
今回なかなか書き進められなかった理由に、
仕事が忙しかったり、意地悪されたりとか、あったにはあったのですが、まぁ一番の理由は合戦・・・
って、もうそれはいい。
いや本当のところ、最終的になかなか創作が進まなかったのは、ひとえに私が言葉を知らないせいだと思われます。
シーンのイメージは色々浮かぶのですが、それを表現する的確な言葉が出てこなくて、最後まで苦労しました。
書き上がった今でも、ちょっと「う~ん・・・」って感じです。
あまりにも言葉が出てこなくて、娘に知恵を借りようと、
「すっごく悔しくて、イライラしてる気持ちを表す言葉ってなに?」と聞いたら
「ちくしょーーーっ」
って、いやそういうセリフじゃなくて・・・
「こんちくしょーーーっ」
だからそうじゃなくて
「てやんでちきしょうめぃ!」

わたし子育てって、子供を育てるっていうより、子供に育てられてるって、常々思うんですね。
子供と過ごすことによって、親も成長させてもらうって言うのかしら?
特に、忍耐とか辛抱とか我慢とか我慢とか我慢とか


さて、今回南北朝分裂まで辿り着いた事は前回の日記にも書きましたが、
その辺のエピソードを書くに当たって、最終的に文章を見直しながら奥州の地図などもさんざん眺めて、多賀城とか霊山とかなんか複雑な心境でした。
ついでに義貞の金ヶ崎とかはあれだ。
そして日本がこんなでも、世界には今まさに戦乱に明け暮れている国なども存在しているのですね。
とまぁそれは取りあえず置いておきまして、
とあるサイトさんで、池波正太郎の『真田太平記』が絶賛されていて、あんまり楽しそうに紹介されているので、すごく読んでみたくなりました。
で、早速購入
しようと思ったのですが、このタイミングで読んだら、絶対に落ち込みそうなのでやめた。
何図々しく意識してるんだと笑われようと、ちょっと今読むとダメージ大きい気がする。
なので田渕先生の例の作品を読んで、心を落ち着けようと思います。
                       嘘だけど

(唐突ですが、
めちゃくちゃ遅ればせながら、林 正之氏のご冥福を心よりお祈りさせていただきます。
氏の作品からは楽しい気持ちをいっぱい頂きました。本当にありがとうございます。
今後新作が拝見できないのが残念でなりません)


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »