« 近況みたいなもの | Main | すべて世は事もなし »

2011.03.18

長いつぶやきのようなもの

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
ああ、小説の続きも書きたいし、マンガの続きも書きたいし、できればイラストも描きたいのですけれど、なんか落ち着きませんね。
小説なんて、あれだけぐだぐだ言ってて、やっとちょっと調子が戻ってきてたところだったので、心の底からがっでむ!ですよ。


交通事情により数日間出社できなかった先輩と入れ替わるように、後輩が熱を出してダウン。
娘の風邪もまだ治らない。咳が止まらない。
普段、手を洗え。うがいをしろ。寒い格好でいるな。と言っているのを、なぜ聞かないのだと、少し腹が立つ。
でも、子供もストレスを溜めているのがわかるので、言わない。
昨日も、TVも見ず暖房もつけずに私の帰りを待っていた。
こんな時は暖房くらいつけていいのに、子供というのは、こういうところに融通が利かない。

群馬県で行われる、春休みの自然体験教室に参加する予定だったのですが、悩んだ末キャンセルする事に決めました。
まだ来週のことなのですが、いろんな事を考えて、次の機会もあることなので、今回はがまんしてもらった。
こちらが哀しくなってしまう程がっかりされて、少し困ったが、家族でunoをしたら気が晴れたようです。
今娘の心のピースは、いくつかどこかへ行ってしまっているそうだ。
楽しい事があると、少しずつ戻ってくると言う。
夜中に寝ぼけて徘徊したりしている。早く落ち着いて眠れるようになれ。


富士宮の地震にもびっくりしました。
父の田舎で、家もあるし親戚もいます。実家から確認の電話をしたら、こちらが騒いでることをかえって不審がられたそうだ。
噂は本当だった!
静岡クオリティ!


昨日の未明・・夫に「すごい寒気がする」と起こされた。
正直「え~・・・こんな時に~・・・」と、どうせ布団がずれてたのだろうくらいに思ってぞんざいに扱った。
「暖房をつけていいか?」と聞かれたので、「そんなことしたら暑くて眠れないよ」と言って、私はそのまま別室へ。
結局39度6分の熱が出て・・・
「まさかインフルエンザ!?」と、焦った。
今更ながらクレベリンの封を開けたり、トイレやドアノブの消毒をしたりした。
診察の結果は胃腸炎で、今日の朝には熱もほぼ平熱に下がり食欲も戻ったようです。
とりあえずひと安心。
しかし、「インフルだったら・・。私まで倒れたら・・」と思った時には軽い殺意が湧いたよ。


うちの前にはキョウチクトウの木が植えてある。
娘が生まれた時に、姑が植えてくれた物です。
娘の名前の由来になった木だから。
この名前を付けると言った時、両方の親から揃って反対されました。
でも、女の子だったら絶対にこの名前にしたかった。
舅が「人と人とが支え合っている形の字だから・・・」と賛成してくれた。たぶん無理にいい意味を見付けてくれたのだと思う。
キョウチクトウはいくらでも伸びて、夏には紅色の花をいっぱい咲かせます。


明日は暖かくなるそうです。


★★★今日読んでいる本★★★
『新田義貞』峰岸純夫/吉川弘文館

|

« 近況みたいなもの | Main | すべて世は事もなし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/51152783

Listed below are links to weblogs that reference 長いつぶやきのようなもの:

« 近況みたいなもの | Main | すべて世は事もなし »