« すべて世は事もなし | Main | 沈黙は金 雄弁は・・ »

2011.03.31

けんかをやめて

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。と思ってたら雨じゃん!
また外に洗濯物干してきちゃったよ!


学校も春休みに入り、
そのせいなのか、また娘の様子が少し落ち着かなくなってしまいました。
先週もよく外に遊びに出るな~とは思っていたのですが、週末を挟んで疲れも出たのか、寝ぼけが復活し、月曜日には頭痛と吐き気で病院へ行ってしまいました。実は土曜日にも別の事で病院へ行ってるんですよね・・・。とほほ。風邪は治っているようなのですが、胃薬を出してもらいました。
本人は「大丈夫だよ~」とケロリと言うのですが、やはり一人で家で過ごすことにストレスがあるのかもしれません。
しかしな~・・。頭が痛くて吐き気がするとか・・おかーさんは怖くなっちゃうんだよ。
今日は実家の父が胃がんの摘出手術を受けたはずなのだが、こっちは誰も気にしていないあたり・・・。ジジイだしな。
早く名実ともに春を迎え、ゆっくり遊びになど行きたいものだね。


さて、そんなわけで、どうにかやっとまた創作活動もゆるゆると再開しているのですが、
誰得小説第五話~
今週末には完成させるよ!!たぶん・・・たぶんね。
ついに南北朝分裂まで来ました!
しかしだな、やっぱ苦労してるのは合戦。もうほんと合戦どうにかしてほしい。
どれだけお前ら合戦してるんだ。と。
高師泰とか、昨日北畠顕家と戦ってたと思ったら、今日は新田と戦ってるよ。どうゆーわけだよ。どこでもドアかよ。ちょっとじっとしてろよ。
もうねほんと、合戦禁止!ダメ!STOP ザ合戦。
私のために争わないで、もうこれ以上
助けてっ田渕先生!

これはですね、もうね、
南朝勢は吉野で大人しくしてて下さい。
北畠親房はもう文通はしない、紙がもったいないから。メールも送らない。
楠木正行とか幼い弟達の面倒を見るのに忙しいし、受験の準備もしなくちゃいけないから、もう、大人の事情で振り回さないで下さい。
新田義貞は敦賀で静かに余生を送る。だから斯波高経はちょっかいを出さない。仁木も細川も今川も同様。
顕家はもちろん奥州を平和に統治するという方向で、白河の関は越えない。
なので当然上杉憲顕も桃井直常も鎌倉を出ない。もうお前ら一生直義に会わなくていいよ。もう。
高師直も、わざわざ吉野へ遠征したりしない。太子堂焼いたりそーゆー嫌がらせしない。大人しく執事の仕事に専念する。
 <間かなりざっくり端折るけど、>
その結果観応の擾乱はもちろん起きない。
血で血を洗う抗争なし。
めでたしめでたし


って、めでたくねーよ


★★★今日読んでいる本★★★
『新田義貞』峰岸純夫/吉川弘文館人物叢書

|

« すべて世は事もなし | Main | 沈黙は金 雄弁は・・ »

Comments

ごめん、師泰が義貞と戦ったのって、顕家迎撃に出る一年前だった。
どこでもドアなくても大丈夫だった。

Posted by: じゅんこ | 2011.04.02 at 09:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/51261612

Listed below are links to weblogs that reference けんかをやめて:

« すべて世は事もなし | Main | 沈黙は金 雄弁は・・ »