« おとぎの国の物語 | Main | ドリーム!ドリーム!ドリーム »

2011.02.28

夢見るチカラ

みなさんこんにちは。
今日の東京は雨降りです。すごく静かです。
こういう雨の日は好き。寒いけれど、春の雨って感じですね。


なんだかいろんな事に対するやる気が減退気味・・・。
わからない事とか調べておきたい事とかあっても、調べる気力さえ湧かない。
で、ぼ~っと数独とかやっては、家族に「とりあえず、それ止めたら?」と言われるしまつ・・・。とほほ。
  ※※※ここから一部地域に限り放送しております※※※
イヤなのは、そういうやる気の出ない原因をすべて、例のアレのせいにしてはいないか?と、自分でも疑い始めている辺り・・・。
病は癒えて後遺症も残らないはずなのに、具合の悪さをそのせいにしてないか?自分?
そういうのは許せないんだよな。他人のせいにするなよ!みたいな。
いや・・ほんとに癒えてんのかもわかんないけど・・・。
ただ、イラストの方で、××とか描けないのは、もう完璧にアレのせいですね。
描きたいな~と思って、シチュエーションとか考えるわけじゃないですか。ところがだな、そういうのを考えてると、もうねアノ事をどうしても思い出してしまって。情けないくらい気持ちが萎える・・っていうか、心臓までバクバクして来ちゃうんですよね。
なんなんだろうね。まったく。
トラとかウマってやつですか?
ああ・・野生の風とか、鋼の心が欲しい。
あっでも、家ではまたしゃべるようになってます。
  ※※※限定放送終わり※※※
どう思われてるのかわからないですけど、一応聞いててくれるので、しゃべってます。
ちょうどたかおさんの所で、新田話がちらりと出てて、いやほんとシンクロ率高いわ~。と勝手にシンパシー感じたりもしたのですけれど、
先日の私は、酔っぱらいの戯言的に、
いかに新田義貞に対して、思い入れができないか
を夕飯の席でループしておったよ。
拝啓 新田義貞様 ぜひ私が共感できるような何事かをやらかして下さい。せつにお願いします。いろんな意味で。 かしこ


仕方がないので、今活路を弥八っちゃんに求めています。
癒されるんだよ弥八郎に。
あれだな、そこそこナイスポジションにいながら、「これ」ってエピソードがないのがいいね。
立場もしっかりしてて、やった事はなんとなくわかってるのだけれど露骨じゃないから、妄想の立ち入る余地がいっぱいある。しかも文武両道だからいろんな場面に対応可能とゆー。
この辺で妄想力を培って、大事に育てた脳内お花畑は荒らされないように、番犬でも飼う事にするよ。
とか言って、土佐犬だと思ってたら実はセントバーナード犬だったとかだとイヤですね。懐柔されちゃったりしてね。
って書きながら自分の性格的にすごくありそうで、ぞっとした。

とにかくそんなわけで、先日日記にも書いた、甲冑で苦労してるマンガもぼちぼち描いているのですが、
なんかさぁ、最近自分以外の人が描く(書く)弥八郎が見たい。
誰か書いてくれないかな~。
私が和氏を知ったのは吉川英治の『私本太平記』なのですけれど、しかしすでにどんな感じに書かれてたか忘れた。つか名前程度でそんなに話に絡んでなかった気がする。
ドラマにも一応出てきてたらしいけど、やっぱ顕氏の方が動いてますよね。
顕氏も、あのなんとなくイケてない感が好きなのですけれど、なんか失敗するたびに、周りから
「和氏が生きていれば・・・」と思われてたり、本人も「弥八郎がいれば・・」とか思ってるといいですね。
まぁ実際のところ、頼春との関係などでその辺顕氏の立場ってどうなのってのはありますが。
はっ!今すごく下らないというか、どーでもいいような事を思い出しのですけれど、
私、直義の存在もまだ知らなかったような頃から、顕氏の弟の定禅の名前は知ってたんですよね。
なんで?なんか変じゃない?なにか定禅が有名になるような話があります?


で、夫に聞いたら
「小学校以来会ってない従兄弟とかに同姓同名がいるんじゃない?なんか忘れてる親戚とかいそうじゃん」
と言われた。
いや・・さすがに親戚の名前、つか苗字までは忘れないし・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
『愛はさだめ、さだめは死』ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア/ハヤカワ文庫
買いたかった本はなかった。

|

« おとぎの国の物語 | Main | ドリーム!ドリーム!ドリーム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/50993759

Listed below are links to weblogs that reference 夢見るチカラ:

« おとぎの国の物語 | Main | ドリーム!ドリーム!ドリーム »