« とりあえず右から踏み出してみる | Main | 想いの質量 »

2011.02.07

季節の迷宮

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
節分を境に空気が見事に春らしくなりましたね。
以前啓蟄を過ぎたら、うちのコレオがいきなり活発になって驚いたのですが、こんな時代になってもやはり季節ってきちんとあるのですね。


さて、誰得小説ですが、相変わらず合戦に足引っ張られてます。
まず流れがわからない。
どんな空気がそこに流れてるのかもわからない。
何を見て作戦を立てるのかもわからない。
参加した事ないし・・・・
いや、せめて詳しい流れだけでもわかれば・・と思い、資料をひとつ買ってみたら、その時期の話が全然出てなくて、これだったら持ってる分だけでやっても同じだったな~と。結局これくらいしかわかってないって事なのかな?
まぁしかしその本自体はおもしろそうなので、いいや。
書名がけっこうおかしくて、なぜ発売当時この本の存在に気付いてなかったんだろう?と思ってよく考えたら、まだ自分小学生で、歴史に興味さえも持ってない頃だったよ。
平行して、マンガも描いているのですが、こちらも全然進まない。
やっぱり合戦なんだよ。
馬鹿じゃないだろうか私は・・・。なんで両方合戦なんだか。
マンガの方は短いのですけれど、甲冑が描けなくて・・・描けば描くほど直したい所が出てきて。原稿が、あり得ないくらいホワイトだらけです。
PC上で処理できるようになれば、こういうストレスはなくなるのだろうか?
毎日のように
「日常的に甲冑着て生活してないと描けない!」とか「日常的に甲冑着てれば描けるのに!」とか
騒いでいるのですが、
一昨日行った美術館で、日本画家がやっぱ自分で甲冑を着てみて、そういう絵を描いたって話をやってたそうです(流れてたビデオで言ってた。と、友人が言ってた)。
やっぱやる人はやるんだな・・・・。
今私は、イラストはほぼ全てデジタルで描いているのですけれど、マンガはまだとてもダメ。
でも、昨日イラストを描いてたら、なんかすごくスラスラ描けちゃって、これくらいのスピードで処理できるなら、マンガも行けるかな~と・・・ふと思いました。
(やるべき描き込みとか処理は置いておいて、このスピードをマンガを描く事に置き換えたらってことでね)
あ~・・・今からデジタルでやり直すかな~・・・・。


とりあえず、自分にできる事からやるしかないのではないか?
上を見ることも大事だけれど、足下を見ることも大切でしょう。
上ばかり見て歩いていたら、つまずく事になるでしょう。
でも、一度空の青さに心を奪われてしまったら、なかなかそれから目を逸らせなくなるのかもしれない。
でも、感動する程空が美しいと思う時って、たいてい何かが上手くいってない時なんだよ。
前へ進めないと思ったら、自分が今どこに立っているのか、もう一度よく見てみろよ。


小説で・・合戦も困るのですが、けっこう困っているのが季節感。
今までどこに季節感が出てた?
って言われると、まぁそれならそれで「よかった」なのですが、一応季節を考えながら書いてます。
で、前回はそれでかなりやられました。正直に言えば、最後・・・・投げました。ごめん。
当時の季節が、月に対して今より早かったのか遅かったのか、すぐにわからなくなるんですよね・・・。いや、こうやって考えればわかるのですが、それを物語上の人物に感じさせようとすると、なぜかわからなくなるんですよ。
いやもう、春か夏か秋か冬!ってくらいにしかわからなくなる。
って、わからなさの説明がわかんないですね・・・。
んで、気付いている方がいるかわかりませんが、動植物を意識してけっこう出してるんですけれど・・・いや、動物は出してないです。
もうね・・さっぱりわかりませんは・・・。
しかもね、自分が親しんでる植物が、けっこう江戸とか明治に日本に入ってきたって物が多くて・・・・。
朝顔や桜どころか菊なんかも、かなり品種改良されてるって事を知った時には気絶するかと思いましたよ。
 日本の花よ~
なんて歌ってる場合じゃないじゃん!!がっでむ!
どれだよ原種は!原種に近い形の物を教えろ!
まぁ菊を出す予定はないので、いいんだけどさ。ごめん。ちょっと言ってみたかったの。
そんなわけで、季節感と当時の植物にまいっているのですが、まいりっぱなしじゃ先へ進めないので、一応解決策を取りました。もうねこれ以上の策はないね!
気にしない。
細かい事は気にしない!
これだっ!
「10月のこの時期しか花は咲かなくて~」とか
関係ないね!
咲いてたのっこの年は。2ヶ月間くらい。
「この時代にはまだ日本にはなくて」とか
入って来てたのっ秘かに!しかも栽培されて、一定層の人達の常食とかになってたね。絶対!


なってねーよ・・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
まだなし。これから読みます。

|

« とりあえず右から踏み出してみる | Main | 想いの質量 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/50695210

Listed below are links to weblogs that reference 季節の迷宮:

« とりあえず右から踏み出してみる | Main | 想いの質量 »