« September 2010 | Main | November 2010 »

2010.10.26

文章を書いていて気付く事

みなさんこんにちは。
今日も曇りです。
ここふた月ばかり、仕事で
死んだ人のことばかり調べています・・・・・。
一人調べ終わりそうになると、また別の人が・・・って感じで途切れない。
そろそろ飽きてきた。
・・・・・なぜ死ぬ・・・・
・・・・私に断り無くなぜ勝手に死ぬっ!
死ぬ時はせめて住まいを連絡してこい!だいたいでいいから系図を提出しろ!
隠し子つくるなーーーっ!!
同じ死人相手でも、趣味で調べるのは飽きてこないのに・・つかいい加減に飽きろってくらいしつこく調べられるのに、仕事になるとこんなにめんどくさいという不思議。


某誰得小説が、一日5行ペースでしか進まないという事実。
これはいったいどういたしましょうかねぇ・・。とほほ。
他の事が忙しいというのではなく、言葉が浮かばない・・・・orz
しかしほんと、言葉も物も、哀れな程知らないよ。
「この言葉をもっとかっこよく言ったら、なんと言い換えられるか」
みたいなのが、全然出てきません。
んで、10数年前に購入したまま放置されていた「ことわざ・慣用句の使い方」みたいな本(ってゆーか、まんまそういう書名だ)があったので、開いてみました。
・・・・・著者が、おかしい・・・・・。いろいろと。「なんかそれ違う」って感じ。
実用書で著者が暴走すると、ほんとおもしろいですね。
って役に立たねーよ!


某誰得小説の2話目を書いた時、「鹿つかいの呪い」ってのにかかってまして、それはなんとか克服したのですが(たぶん)、3話目は「三只眼の呪い」にかかった。この呪いはあまり強力ではないようなのですが、地味に効いてるっぽいので、後でもう一度きちんと調べてみなければ。
「鹿つかい」も完全に退けたわけではないし、他の新たな呪いにかかることも、またあるに違いない。
やっぱ言葉を知らない人がやられやすいのだと思われます。恐ろしい事です。
私が書いた物の中に「鹿つかい」や「三只眼」を見つけても、「ああ、呪いにやられてるのね」と生暖かく見守ってやって下さい。日々熾烈に戦っています。


ところで私は、
書いた物をまず夫に読んでもらっていまして。大変ありがたいのですが、前回はいきなり
「直義に全然魅力を感じない」と言われ、かなり凹みました。
そんな根源に迫る全否定を・・・orz
それは置いておいて(いや、置いておいちゃまずいのですが・・)
夫に読んでもらって何よりありがたいな~と思うのが、
この時代の事をあまりよく知らない。という事。
上記の直義様の魅力もそうですが、よく知っている人が相手なら、基本的な人物像やエピソードの流れは固定されているので、なんとなく「わかってくれるでしょ」みたいな感じになってしまう・・・と言うか、自分は(脳内イメージも含めて)トーゼンわかっている事を書いているので、どの程度に説明的な話を入れればいいかの感覚がけっこう麻痺してます。
説明不足だったり無駄に語っちゃったり。
「直垂」と書いたら、「読めない」と言われて、
ああ、馴染みのない人にしてみればそうだよな。と・・・。
まぁ「直垂」を「じかだれ」と読んでも大した問題はないのでいいのですが、全体を通してですね、読んでて「わけわかんねーよっ」なストレスをなるべく与えない文章を書きたいな。と思っていますので、夫がその基準になってくれるのは大変助かります。
「直垂」は一般的な言葉ではない。と。


って、いや、まず一般的な言葉をどうにかしたいと思います。
はい。


★★★今日読んでいる本★★★
まだ読んでない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.25

高専ロボコン関東甲信越地区大会

みなさんこんにちは。
今日は曇り・・・?なのかな?
朝の予報では、「時々雨」みたいだったのですが、今かなり陽が射してるっぽい。


昨日、娘と一緒に「ロボコン」の関東甲信越大会を見に行きました。
夏休みにロボット講座みたいなのに参加してきた娘が、ロボットにはまり、チケットを貰えるという話もあったので行って来ました。
観覧席の椅子が・・かなり腰に来ましたが、表彰式まで目が離せませんでした。
すごく楽しかった!
娘もますますロボットにはまったようで、帰り道でもなんか色々語っていたよ。


競技は、乗り物に乗った人をゴールまで運ぶ速さを競う物でした。
「早さ」を競うので、それをクリアできないチームは当然敗退してしまうのですが、それに拘らなければ
「おおおーーーっ!」と思う作品がいくつもありまして、
なんと言いますか、制作者の熱意と創意にひたすら感心させられました。
確実な早さを狙っているチームが勝ち残って行った。という感じは当然あるので、決勝に残ったチームは「なる程ね」だったのですが、正直優勝は負けた方のチームが取ると思っていました。
だってね、「早さ」ってことなら、準優勝チームが、もう群を抜いていましたから。
どれくらい早かったかってゆーと、他の早いチームでもゴールまでに1分を切れるか?って勝負だったのに、このチームだけは30秒切っちゃってて。だから決勝戦の大ドンデン返しはすごい盛り上がりでした。
でも私は、デザインとか機能とかのバランスを見て、優勝チームが優勝してよかったような気がします。
(優勝した長野高専B「メタリオット」。とにかく怪力。搭乗者は1名なのですが、8人乗っても動くというパフォーマンスを見せてくれました。で、それでもスピードがほとんど変わらなかったのには驚いた。あっ手前に写っているのが、準優勝した群馬高専Aの「BoxRunner」)
Rimg0678


(群馬高専B「Voiture」。いろいろと洗練されていて、とにかく「すげっ!」って感じ。技術賞を取りました)
Rimg0676全国大会には、
優勝チームと推薦された3チームが出場するのですが、
残りの3チームは、「もう絶対ここだよね」と娘と話していたチームがやっぱり選ばれて、見事にすべて予想通りでした。
推薦された2チームは、もうね、レベルが違うって感じ。どれも最初から優勝は狙えそうにはなく、実際狙えなかったのですけれど、見て頂ければ一目瞭然な、すぐにでも商品化できるんじゃないの?ってくらいのセンスを感じさせられる物でした。


(産業技術高専(荒川)B「歓声!Moment」。娘と私の一押し。きれい。デザイン賞とどっちかだな、と思っていたら、アイデア賞を取りました)
Rimg0673もう1チームは、「早さ」的には「確実」なものを狙っていたと思われ、実際かなり早かったです。プラス遊び心もあって、あれだけ遊んでてあの早さってのはすごいかも。なチームでした。


推薦されなかった、賞を取れなかったチームにも、個人的にはすごく残念だったな~と思うチームがあるのですが、
ひとつは、推薦チームと第一回戦で戦って敗れた「クルパカ君」。
上記の「プラス遊び心」のチームが相手だったのですが、これはもう相手が悪かったとしか思えない。
その勝負もすっごい接戦だったんですよね。で、故意にこのカードを出したか?ってくらいロボットのコンセプトも似ていたので、ここで「クルパカ君」が勝っていたら、こっちが推薦チームになっていたかも。
もうひとつ、「はしら丸とうじこ丸」。
方向転換機能とかがおもしろかったし、デザインもかわいかったので。
特別賞くらい取るかな~と思っていたのですが、残念です。
(東京高専B「狭間怪力」と小山高専B「のってけクルパカ君」。「狭間」がデザイン賞を取りました。一回戦で大接戦を見せてくれた2チーム)
Rimg0677


大会の様子は11月13日(土)午後3時5分からNHKにて放映予定。
全国大会は11月21日(日)両国国技館にて。まだ観覧チケットの抽選行っています。
ご興味のある方は、ぜひ。


★★★今日読んでいる本★★★
「大江戸残酷物語」氏家幹人/洋泉社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.20

これも仕事

久しぶりに先生の所のネタです。
『室町幕府開創期のあれやこれや』第28話
「建武3年(1336)頃のある日の出来事」

Photo

久しぶりでしたので、今まで自分が描いた物を一通り眺めてみたのですが、
直義、怒ってばっか・・・・・。
な~んか、私が描く直義って、カリカリしてるんですよね・・・・orz
実は某所にて発表中の小説の第2話も、最初に夫に読んでもらった時
「なんでこの人、こんなにイライラしてるの?」と言われてしまって、その辺かなり直しました。
カルシウム足りてないのか?
持っているイメージは、落ち着きのある物静かな人なのに、自分のキャラクターになるとイラチ。どうしてそういう事になるのか、すごく不思議です。
はっ!高嶋弟!?
・・・いや・・・あれはあれでかなり違うと思う・・・。

冷静な直義様を描いてみたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.19

秋祭り

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。
ご心配をお掛けいたしました娘の目ですが、まぁ・・・大丈夫そうです。
後から色々剥がれてきたりもないわけでないそうなので、一応経過を見守りますが、打撲の痛みも消えてきて、本人はもう忘れているようですし、とりあえず心配はありません。
仕事も今日は少し落ち着いています。


さて、先週末は地元のお祭でした。
今年は色々とお手伝いもあって、けっこう忙しいお祭でした。っても、私は何もやってなくて・・お手伝いをしている家族の「応援担当」って感じ。いや、もうこの応援がね、忙しいのなんのって!
     嘘だよ。
で、娘の目も大丈夫なようでしたので、土曜日は中世史の講義を聴きに行くことができました。

前の週に「来週は赤松円心と多々良浜」と言われていたので、楽しみだったのですよ。
先生がどう説明して下さるのか、わくわくしてました。
おもしろかったです。
足利兄弟が京都を追われて九州へ逃げて、再起するのですけれど、
私、逃げながら瀬戸内海沿岸に足利一門の人達を置いていったのって、後々のための布石だという認識ばかりがあって、九州の防衛ラインだったというのに、ちょっとびっくりしました。
こういう時代の人達ってわけわかんないですね。
「御家大事」とゆーか・・・・種の存続欲求からはずいぶんかけ離れた行動ですよね。その辺の価値観が現代とまったく違いますね。
そして今回先生は危ない発言が多かったと思うのですが、
まぁ私も、ほんとに新田義貞って(ピーーーッ)だと思う。どれだけのんびり屋さんなんだ。と。
天龍川の話とかも、ほんとにみんなそんなに誉め称えたのか?と常々疑問に思っているのですけれど・・・。絶対腹ン中で笑ってた人も多かったと思うのですけれど。
円心はかっこいいですね。


Maturi2娘が今年から囃子方に入っているので、その準備を手伝ったりするのですが、夫は御神酒所に詰めていたので私が、楽しい講義も聴けました事ですし、急いで帰宅いたしました。
が、なんつーか諸般の事情により、今回娘の演奏をまったく聴くことができませんでした。
ちょっと残念。
さて、聞けなかったこととはまったく関係ないのですが、
ああいう集合の、行動の法則がよくわからない・・・・。すごい流動的と言いますか。
一応時間は決まっているのですけれど、
テキトーに集まって、テキトーに演奏して、テキトーに帰って行くって感じ。
まぁ・・実際にはそんなにめちゃくちゃではないのでしょうけれど、
いる人は参加するし、いない人はしょーがない。って感じで。ちっとも締め付けはないのですけれど、こういうの苦手で、逆にストレス溜まるって人もいそうだな~と思う。


と言うわけで、2日間、夫も娘もお祭のお手伝いがんばってくれました。
私も応援がんばりました。がんばったと思うよ。たぶんね。いや~大変だった!
んで、夜・・・ってほど夜じゃなかったですけど、いつもの屋台に集合。
いつもいつも知っている人がいるってのが笑える。でそーゆー人には、近所の別の祭りでも必ず一緒になるってのが笑える。
ってそれを知っている私は、何をしているのだ?

Maturi1


昨日・・・めちゃくちゃ眠かったです。
二日酔いか?ってくらい頭も痛かったです。ってゆーか、あれは二日酔いだったのか!??


★★★今日読んでいる本★★★
『関東公方足利氏四代―基氏・氏満・満兼・持氏』田辺久子/吉川弘文館

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.16

午前5時30分をお知らせします。

みなさんこんにちは。
今日の天気はまだよくわかりません。
今週はしょっぱなから、めっちゃくちゃ疲れてますた・・・・。
月曜日が娘の運動会で、よれよれ帰ってきて横になったのに、隣に遊びに来てるガキうるせー!
大人もうるせー!
くそ~・・せっかくの休日なんだから、どこか遠くへ遊びにでも行きやがれませですよ。こんちくしょ-。
その上、今週は仕事がまためちゃくちゃ忙しくて、細かくてめんどくさくて。
以前にも書いた、人使いの荒い上司は相変わらず人使い荒いし、加えて後輩が昨日から来週半ばまで海外逃亡。
またかよ・・・。
私のモットーに、
「仕事は機嫌よく丁寧に」ってのがあるのですけれど、今回はかなり限界ギリギリだった。
大変でもなんでもやらなきゃならない事なら、せめて角を立てず、周りを不愉快にしないようにやろうと思っているのですけれど、やっぱ無理な事はあるのだよ。


先週の土曜日・・小学校の運動会は予想通り延期になりました。
んで、月曜日実施。
何がイヤって、なんで大量の弁当を二度も作らねばならないのかと・・・・。
しかし、先の連休、同じ目にあったおかあさまが何万人いらしたのかと思えば、少しは心の慰めに・・・・。
まぁとにかく無事運動会も終了。
うちは、私も夫もスポーツは好きだけれど苦手。って夫婦でして、娘にもその血は確実に受け継がれ・・・
「徒競走がイヤだから、プログラムが終わるまで隠れてようかな~」と言うほどだったのですが、
驚いた事に1等になってしまい、ジジババまで巻き込んで「今年の重大ニュース」ってくらいの勢いでしたよ。ってたかが徒競走なんですけれど。まぁそれくらいびっくりする出来事だったという事です。
いやほんとにびっくりして、「えっほんとに今のうちの子だった?」って何度も確かめちゃいました。


で、今日はなんでこんな早朝から日記を書いているのかと言いますと、
今日から地元のお祭りで、夫が宮出しの手伝いに行っているので、本日3時半起きだったのよ。
んでこの日記は、本当ならゆうべ書いてアップするつもりでいたのですが、娘が空手で目に蹴りを喰らってきまして・・
大した事はないと思うのですけれど、帰ってきてすぐに「目がよく見えない」と言うので、夜間診療している大学病院まで行ってきたのでした。
救急だったんであまり期待せずに行ったのですが、けっこう丁寧に診療して頂けました。で、帰ってきたのが夜11時よ。
どーでもいい事ですが、医者に「どうして空手始めたの?」って聞かれて、娘が「お母さんたちがやれって言うから」と答えていたのがショックだったよ!
えーーーーっ!?おめー自分で「やる」っつったの忘れちゃったの!!?
まぁ、今は「自分で始めたんなら、続けなさい」と言って続けさせてるんだけどさ。
ははははは・・・・・・・orz。
あ~もうテンションおかしい。


娘が起きてきて、なんともないようでしたら、今日は先生の講義を聴きに行きます。
わ~い。多々良浜だ~。
・・・・・って、いやとにかく疲れますた・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
まだ読んでない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.10.06

近況報告

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。そしてやっぱり暑い。
今週末小学校の運動会なのですが、お天気があまりよくなさそう。
曇りならよいのですけれど、雨で延期ってのは困るな~。今回予備日が祝日だし・・・・。延期になったらすごく損した気分になると思う。
そしてお弁当作りが鬱・・・・。
家族には「仕出し取っちゃえば?」と言われたのですけれど、許されるだろうか。
係のある人とか、よく作れるよな~。


photoshopをバージョンアップしてもらいましたが、
今のところ、今までにもあった機能を全然使っていなかった事に気付いただけであります。まぁ気付くきっかけになっただけいいのか?って大金掛けてわかる事じゃないよね。
ガイドブック、やっぱ自分で買ってくるかな~。
ひとつイラスト作品を描いているのですけれど、描きながら途中で機能に気付く状態なので、けっこう「うがぁ!」な事になっています。
泥縄式。


小説第3話目を鋭意執筆中・・・のはずなのですが、実際はかなり滞り中。とほほ。
なぜかと言うと、キャラがやや暴走気味。
ちょっと待てオマイラっ!取りあえず落ち着こうかーーー!って感じ。
実んとこ最終話まで一応話は出来ていて、伏線を張ったり回収したりの都合がありますので、きちんと動いてくれないと、色々困るんですよ。なので、今困っています。ってまだ3話目ーーーー!
オメーはそーゆーキャラじゃないだろ!とか、脇役なんだから出張るな!とか。
まぁ・・・どう作者が振り回されてるかは、発表後に見て頂くとして・・・・。
んで、今物語とかキャラクターの設定をちょっとぶちまけたい気分。

それと関係あるようで全然関係ない話なのですが、
上杉重能という、まぁ足利直義と高師直との対立のキーパーソンになる人がいまして、
生まれた年のわかっていない重能は、私のイメージでは直義より少し若くて、性格はかわいく言えばおばかさん。かわいくなく言えば、ちったぁ空気読めよてめぇ。
鎌倉幕府滅亡の前に、尊氏に言われて細川和氏と一緒に伯耆の後醍醐天皇の所へ行ったという話があるのですが、性格も全然違うだろう一回りくらい年の離れた者同士(←ここは妄想)、どーゆー会話をこの二人がしたのだろうかとか。想像するのですが、
重能が何気に失礼な事をがんがん言って、和氏が聞いてるふりして聞いてないって感じ?(←ここも妄想)
それと、以前別の所に、尊氏が後醍醐天皇と決別する前に、言い訳をする使者として和氏が京都へ行った事を書いたのですが、ここでも和氏が使者に立っているのですね。
まぁ使いっぱですけど。こういう事は和氏の役目って感じが、ちょっといいですね。


と、中途半端に妄想を語った辺りで酔いも程よく廻ってまいりましたので、本日のところはこれにて失礼。


★★★今日読んでいる本★★★
何かしら読んでいたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.05

いろんな秋 2010年分

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。っつか暑い。
家の周りでは一昨日辺りから、金木犀が香っています。
そう言えば、週の始めにはきれいに咲いていたお隣の萩は、もうほとんど散っています。いつまで続く暑さなのかと思う日ですが、季節はきちんと流れ行くのですね。


日曜日、「日本刀剣博物館」へ行って来ました。
ちょっと気分を変えてみたくて。ってゆーか静かな物を見てみたかったの。
刃物好きな家族を誘ったら、「ニュースでやってたトコ?」と聞かれ、何かと思いましたら、先週、銃刀法違反疑惑でニュースになっていたそうですね。まったく気付きませんでした。
「展示物押収で、見る物なかったらどーする?」などと言いながら行ったのですが、まぁそれは大丈夫でした。
刀を見に行くのはすっごく久しぶりでした。科学系以外の博物館と呼ばれる場所へ行くのがまず、数年振りでしたし(あっちょっと嘘)、美術館なども絵画と写真以外はもう全然行っていませんでしたので。
で、ここへは初めて行ったのですが、街の感じもけっこうよくて気に入りましたよ。
正直に言って、色とか刃文とか、どう見ていいのかもよくわからないし、そのよさもわからなくて・・・フツーにきれいだな~とは思うのですけれど、そーゆーのより傷などを見るのがおもしろい。わかりやすいし。
本を見ていた時の事ですけれど、そこに出てた刀の柄だかに傷があって、だから「実際に使われていたのだろう」みたいな説明があって、「そうか~使われてたか。刀」って、そんな事にばかりレスポンスがよい。
なぜか娘がすげー寛いでて、家に居ても昼寝とか居眠りとか全然しない子なのに、受付前のソファーで爆睡してた。


博物館の後神保町へ出て、ウォーキングシューズを買いました。
一応今までもウォーキングシューズは持っていたのですけれど、夫がそーゆー講習会を受けてきて、そのノリできちんと足に合った物をと勧められました。
まぁ、来週どーしたわけだかウォーキングラリーに参加することになってしまったり、来月も鎌倉へハイキングへ行く予定なので、ちょうどよいと思えばちょうどよかったです。
先日、お友達も足に合った靴を作った話を書いていましたが、私もこの時サイズをきちんと測ってもらいました。
そーしたら、今履いてるのより、やっぱ1cmくらい小さいんですよ。このサイズ履いてたのって、学生時代の最初の頃までだった。
これがなんと娘と同じサイズ。身長はまだまだ全然違うのに。
ちなみに、自分の足に合った大きさの靴を元々履いていたのは娘だけでした。子供の靴は買う度に大きさを測ってみるけれど、大人になっちゃうと、履いた感じだけで、なかなかいちいちは測らないもんね。
で、私はオーダーメイドはしませんが、中敷きでちょっと矯正してもらいました。今履いている靴にも入れてもらったのですけれど、そーしたら靴が緩く感じる・・・。
今度靴を買う時は、この中敷きを入れてみながら買わなきゃダメですね。
そー言えば、私が小学校高学年の頃に、
成人の8割だかは足に合ってない靴を履いてて、なにかしら足のトラブルを抱えている。って話を読んだ覚えがあるのですけれど、こーゆーのってあまり改善されていないのかも。


さて、ここしばらく夜のウォーキングもやらなくなってしまっていたのですけれど、季節も涼しくて気持ちよくなったので、ちょっとまた歩くようにするかな~。


★★★今日読んでいる本★★★
『戦争の日本史8 南北朝の動乱』森茂暁/吉川弘文館

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.01

そーゆーこと

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
肩こりがひどい・・・・。
マッサージへ行こうかな~と思っていたら、夜急用が入ってしまった。
明日は妹の子供達の面倒を見に行かねばならない。朝早い。
気候が涼しくなって、暑かった時より(って打ったら最初に「土岐頼」って出たよ。何かの呪い?)よく眠れるようで、朝起きるのが逆に辛い・・・。


先日は、ちょっとイヤな感じの日記を書いてしまってすみません。
ってゆーか、日記本文より某SNSでのレスで変な事を書いてしまった・・・ような気がします。
曖昧にしようとして、かなり歯切れ悪いし、よくない誤解を与えてしまった人がいるかも・・・・。
直前に某所で憤慨していた事もあったので、その事だと思った方がいたら申し訳ない。そっちは関係ないです。
個別にメールで言い訳をしようかとも思ったのですが、相手が気に留めてなかったらそれもおかしな話になってしまうので、ここでちょっとだけ補足・・つか言い訳。
えっと、ちょっとですね、歴史の勉強とか創作活動とかに関連する事で、モチベーションが一気に下がるような事がありまして・・・。家族には「それって嫌がらせなんじゃない?」と言われるような事だったのですけれど、
私はそこまでは思っていないのですが、かなりやる気がなくなっちゃった事は確かで・・・そーゆー時に書いたのがあの日記でした。
でも今はけっこう復活してます。でも何か対策を取っておかないと、また絶対ダメになりそう。
あっちもこっちも自信のない事だらけで・・そーゆー所を突かれると、ほんと情けなく狼狽えてしまって・・・orz
グダグダしてすみませんでした。
不惑もとうに超えたのに、惑ってばかりです。っていうか、そういう年だから迷うのかも・・・・。


取りあえず書いておきたかった事は以上で終わり。
なので、以下どーでもいい事だけど、ちょっと残しておきたい事を。

「エンジュ キリコ」という女優が出てくるマンガ作品が、あるんですよね。
ひとつは水記利古さんの古い作品『交雑酔夢少年』で、もうひとつは割と新しい作品で、もんでんあきこさんの『女衒夜話』。女優の名前の漢字表記が一緒だったかは忘れました。
先日たまたま古本屋で、もんでんさんの作品を読んで知ったのですけれど。
両方とも、芸名に生い立ちが隠されているのですけれど、もちろん全然違う謂われ。発表年代も全然違うし、まったくの偶然で同じ名前なのだと思うのですが、ちょっと不思議だったので書いておきます。
なにか有名な作品に出てきたり、まさか実在の人物?ってことはないですよね?


photoshopをバージョンアップしました。
って、夫が夫のためにしたのですけれど、私も恩恵にあずかれる。
しかし、何が新しくなったのかわからない・・・・orz
あっ画面が黒くなりましたよ!
消しゴムまで黒い!
あっアイコンをクリックしたら、知らない言葉がいくつか出てきました。
これが新しいコトか~~。
知らないから使わないけどね。
ひとつだけ、「おっこれはいい!」と見つけた機能がありました。しかしよくよく見ると、前のバージョンでも見た覚えのある画面でしたよ。
ってくらい使いこなせてません!
夫がガイドブックを買うそうなので、私もせめて、どーゆー機能があるのかくらいは目を通しておこうと思います。
使うのはそれからだっ!!
とほほ。
ちょっと作風とかにも、新しい事を試してみたいな~。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »