« 色のない話 | Main | 夢見る頃を過ぎても »

2010.09.22

久し振りに観ました

Ca390246みなさんこんばんは。
今日もよいお天気ですね。
夕方から雨の予報でしたが、今のところ東京はまだよいお天気です。
本日は中秋。さっきまで娘と二人お月見しながらご飯食べてました。
電線の多い東京ですが、うちの周りは特に電線が目立つ!
道が狭いくせに世帯数はそれなりにあるしね。


サイト「Cryptomerian」さんで『南北朝遺文』の話題が出ていて、
あ~そうか~・・そういうのも読んでみたいな~と思っているのですが、たぶん手に入れても読めない・・・。読みたいと思う前に勉強しろ。と自分にツッこむ。
涼しくなってきたので『細川三将略伝』の続きを取りあえず読もう。
って、こんな短い物もまだ読めないんだよ・・・orz
ってゆーか、せめて論文読もう。論文。少なくとも現代語だから。たぶん。


書こう書こうと思いながら、タイミングを外しているうちに忘れてしまっていたのですが、今日思い出したので書いておきます。
『サマーウォーズ』をやっと観ました。って義務教育夏休み期間中の話ですが・・・。
夫がレンタルしてくれて、ゆっくり観られる機会を狙ってずっと寝かせてしまって、結局今監督の訃報の翌日に家族で観ました。
思っていた以上におもしろかったです。
いや・・・・正直に言って、もうさ、私もいい年なもんで、いかにも今時っぽいのはやっぱちょっと受け付けないと言いますか・・・・。で、なんか紹介とか読んでると、この作品も割と「今時」っぽい感じが強くしまして・・・。
マッドハウス作品はけっこう好きなんですけれど。それでも。
でもよかったです。
で、どうしたわけか、娘がすごくこの作品を気に入ったようで、しきりに
「おもしろかったね~。よかったね~」と言うんですよね。日が経ってもまだ言う。
なので、「どういう所がよかった?」と聞きましたら。
「男の人達が馬鹿な事ばかりするトコ」
・・・・・・・
日を置いて、まだ「おもしろかったね~」と言っているので、改めてもう一度聞いてみました。
「どこが一番おもしろかった?」
「男の人達が馬鹿な事するトコ」
私は、やっぱクライマックスでかなりグッと来たので、
「お母さんはあの『私のアバターを使って下さい』って所がよかったな~」と、ちょっとその辺しつこく繰り返し言っておきました。
ってゆーか、娘よ。どういう感動のしかただ。


映画と言えば、『カラフル』。観たいです。けどもう今週いっぱいで終わっちゃうのね。
まぁ元々映画館へは行く気ないので、DVDが出るのを待つつもりなのですけれど。
あらすじ読んで、主人公が誰とかはすぐにわかっちゃうんですけれど、感想読んでたらその感想だけでなんか泣きそうになりました。
これは、ツボにはまりそうな気がします。
そればかり言うのもなんですが、クレしんの『戦国』もかなり来たし。
私自身が元々アニメ好きなので、偏った感はあるのですが、なんか「最近の映画ってアニメ?」って気がしてしまいます。
義務教育夏休み期間中、割と映画のDVD見ていたのですけれど、全体的に今ひとつでした。もしかして「いい」映画を観なかったのかもしれませんが、
『パコ』とか、なんつーか、「あーあーそうね」って感じ。
『アバター』とかも、映像のための映画?って感じで・・・。
なんだろ?実写映画の映像がそういうお試し的な所へ来てて、ドラマはまた別の機会に~って感じ?
でも活動写真に感動できる程、動画から遠く離れた所にはいないんだよね。既に。
そういう意味では、アニメは最初からすべて作り物の画なので、そういう所に勝負を持ってこない強さがあるのではないかな~。
もう少しCGがこなれて来ると、また何かあるのかも知れません。


★★★今日読んでいる本★★★
「【新装版】中世の女の一生」保立道久/洋泉社

|

« 色のない話 | Main | 夢見る頃を過ぎても »

Comments

ご無沙汰しております。
「サマーウォーズ」うちでも今年の夏休みにDVD借りて観ました。

この映画では、従来の描き方だと孤独に敵に立ち向かう情報処理系スキルに長けた主人公の立場を完全に逆転させ、主人公と血縁(正確には違いますが)で結束した親戚一同がともに一丸となって敵に立ち向かうというストーリーになっています。地域社会の親戚がすごく心強い仲間なんですね。

また、おばあちゃんのキャラクターに代表されるのですが、冷静な損得で勝ち負けを考えるのではなく、正しいと思うことを最後まで諦めずにやりぬくという姿勢もポイントです。

理屈ぬきで一緒に行動する仲間も、実社会での行動を支える正しい信念も、大事なものだと思っているからこの映画に共感するのかもしれません。

Posted by: 青亜堂 | 2010.09.24 at 22:55

>青亜堂さん
おおっお久しぶりです!
ほんとすごく久し振りですが、いかがお過ごしでしたか?

私の方は、たま~に某怪談系の方たちと会ったりもしてはいるのですが、最近は日本史関係の活動が増えていて、怪談は今ひとつになっちゃってます(^_^;)ゝ

『サマーウォーズ』いいですよね。
展開も楽しいし。
>正しいと思うことを最後まで諦めずにやりぬくという姿勢

一時期こういうのって「ださっ」って風潮ありましたよね?
でもやっぱこういう気持ちはなくして欲しくないと思いますので、こういう作品が受けるのは嬉しいですね。

Posted by: じゅんこ | 2010.09.25 at 05:40

ほんとに久しぶりですね。のん太さんもお元気そうでなにより。
私は気ままにネットサーフィンする傍ら、たまにこのHPにも立ち寄らせて頂いてます。

サマーウォーズは家族で安心して観られる映画ですね。この映画のストーリーには「斜に構える姿勢」や「諦め」がありません。全力投球で物事に当たる姿には、本当は誰でもこうありたいと思うのではないかな。

私は怪談の方は一時期アマゾンの書評を書いていたのですが、仕事で夜遅く帰ることが多くなり、継続出来なくなってしまいました。根気の無さが露呈したようです。
昨今は怪談ライブも花盛りで、昔なら喜んで参加していたところなのですが、これまた大人の事情で見送っております。

のん太さんの日本史のように高尚ではありませんが、最近は築地で買い物にはまってます。仲卸もそれぞれ特徴があって面白いですし、こんな食材はこんなに味が良かったのかと驚くことも多いです。食事が美味しいというのは、とても大事なことだと改めて思います。

"正しいと思うことを最後まで諦めずにやりぬくという姿勢"という考え方も大事ですし、家族や生活の基盤を充実させるというのも最近良く考えることですね。

Posted by: 青亜堂 | 2010.09.25 at 12:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/49528477

Listed below are links to weblogs that reference 久し振りに観ました:

« 色のない話 | Main | 夢見る頃を過ぎても »