« 脳が煮えてるようです | Main | 今日は東へ、明日は西へ »

2010.08.21

とり急ぎ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気のようですね。
2~3日前から少し涼しくなったようですが、それでもまだまだ暑いです。
こういう時は特に疲れが出て、体調を崩しやすいので、みなさんお気を付け下さい。
って、私だよ!毎年秋の始めに体調崩すのは!


遅くなりましたが、ネタ絵UPします。
Photo

「トリビア」って、観た事ないんですけど・・・・もうやってませんよね?
師直って、成績はなぜだかいいけど、ムカつく生徒って感じですよね。
そして全然関係ありませんが、家族が、直義さまのことを
「三白眼の人」と言うのはどうにかしてほしい・・・・。
それは私がそう描いてるだけで、直義さまは三白眼じゃありません。
いや、会ったことないから知らないけど。
知らないと言えば、たま~に
「足利直義ってイケメンだったんですよね?」と聞かれる事がありますが、会ったことないので、知りません。
「さぁ~・・・」としか答えられない。
あまつさえ、「イケメンだから好き」とか、わけのわからん事を言う人がいますが、止めなされ。
直義イケメン説は、米倉先生というより、河村恵利の影響な気がします。


来週は、忙しいような忙しくないような週になりそうです。
つか、そんなに忙しくはないと思うのですが、あまり家にいられないかも・・・。とほほ。
最近ちょっと、引き籠もりになりたいくらいなのに・・・。


pixivに、マンガじゃない新作UPします。
できれば滝夜叉さんに見て欲しい。


んじゃま、今日もちょっとこれから出かけてきます。


★★★今日読んでいる本★★★
まだなし。

|

« 脳が煮えてるようです | Main | 今日は東へ、明日は西へ »

Comments

まだまだ、がんがん暑さが続きますね・・・
お互い気をつけませう。

『陸奥守じゃなかった頃』拝見しました。
あれ?マンガじゃない新作って↑でいいのですよね?
顕氏の天然っぽいバカっぷり正直好きです。
直義と師直に髭が無いのですが・・・
髭フェチの私としては、是非!!

『細川三将略伝』のお勉強は進んでますか?
今、さんしょうって変換したら三床って出たよ。
相変わらずヘンなコトを一瞬で妄想しちまった・・・
これもきっと暑さのせいってコトで。

Posted by: 滝夜叉 | 2010.08.23 at 15:06

>滝夜叉さん
早速ありがとうございます。

実は・・・
小説書いちゃいました(^_^;)ゝ。
pixivが最近小説の投稿も受け付けるようになって・・・
『赤毛のアン』読んでたら、なんか自分にも書けそうな気がしてきて・・・。

滝夜叉さんに勧めて頂いたので、
メールで送って論評をもらおうかな~と思ったのですが、ダメ出しされたら挫けそうだったので、先にUPしちゃいました(^^;;)。

作品の説明のトコにも書いたのですが、長くなる予定で、まだ全然終わらないのですが。
よろしければ、ご覧下さい。
「作品」の中の「小説」ってトコをクリックすると出てくると思います。


『細川三将』の勉強は頓挫しちゃってます(^_^;)。
もう少し涼しくなったら、心を落ち着けて再開したいと思いますm(_ _;)m

Posted by: じゅんこ | 2010.08.23 at 17:47

>『赤毛のアン』
じゃあ、心の友ダイアナって私のコト呼んでね・・・・
赤毛のアンに触発されたのか。凄いです。
確かアンが、大学生の頃だったか教師になった頃だったか、ギル以外に好きな人が出来ちゃうんですよ。
結構イケメンで洒落ていたので、ギルが単なる田舎モノに読者には感じられてくるわけ。
で、結局良い子のアンは最終的にギルを選んじゃうんだけど。
この作者は、大人の恋愛をしたコトないんじゃないかって思った私の少女時代でした。

じゅんこさんの小説、素晴らしいです!
自分に酔わずに自分の世界を表現するという基本が良いです。
それと“話し言葉”を一定にした(現代調にするのか、標準語でするのか、方言を入れるのか)ため文章に安定感が出て、リズムが損なわれることが無いです。
最後に読者の頭の中で、情景が浮かぶように過剰にならないくらいの文章での映像化もされていて、巧いな~
あなた、何者?

「直冬嫌いっ」って言ってたのに、こうきたかって。
多分、直冬を通して直義への想いを書いていくんですネ?
そしてジャンルは、“やや腐”なんですね。

続きを楽しみにしていますので、体調を崩さない程度に進めてください。
お待ちしてます。

Posted by: 滝夜叉 | 2010.08.24 at 20:18

  追而書
コメント長くしてしまい、ゴメンナサイ。
えっと『アン』のシリーズは、10冊程出ていて女子は割りとハマリ易いと思うのですが・・・
こればっか読むと女の頭が弱くなるシロモノだと。
一貫して夢見る夢子ですからね~
児童文学だからOKなのかもしれませんけど。
松本侑子訳で新しいアンが出ていますね。
そちらは、アンの中に文学的パロディを超たくさん見つけた新しいアンだそーです。

同時代の作家で、英国のE・M・フォースター『眺めのいい部屋』
同じく英国のサマセット・モーム『女ごころ』
のヒロイン達の方が、大人の女性として共感できるんじゃないかしら?
つーか、充分在り得る感じです。
両作家とも同性愛者ですが・・・

少女を騙すな!くたばれモンゴメリって、もうくたばってますが(笑)
また文学談義が出来るのを楽しみにしています。

Posted by: 滝夜叉 | 2010.08.24 at 21:36

>滝夜叉さん
過分なお褒めの言葉ありがとうございます。
照れると言うか・・緊張しますね・・・(^_^;)
いい気になっちゃいそうで、やばいです。
謙虚に行きます。

『赤毛のアン』は・・まぁぼ~っと読んでいるのですが、「小説って、こういう文章でいいのね・・」と思いまして・・
「簡単」という事ではなく。
小説って、最近ほとんど読まなくなってしまっているのですが、やはり色々と得る物もありますね。ご紹介頂いた作品もぜひ読んでみたいと思います。


>自分に酔わずに自分の世界を表現する
そう言っていただけて嬉しいです。
実はマンガを発表する時よりずっと恥ずかしかったです(^^;;)。
もっと具体的に自分が表現されてしまう気がして。その辺ごまかしが利かないって感じで。
別コメで滝夜叉さんが書かれていましたが、
「公開H」言い得て妙。

作品は、一ヶ月に1話くらいのペースで発表して行きたいと思っています。
テンションを保つのがちょっと大変かな~と思っていますので(^^;)、その辺波があるとは思いますが、よろしくお願いします。

Posted by: じゅんこ | 2010.08.25 at 06:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/49205837

Listed below are links to weblogs that reference とり急ぎ:

« 脳が煮えてるようです | Main | 今日は東へ、明日は西へ »