« 考えてみれば、迷惑な兄弟だな | Main | 梅雨が終われば »

2010.07.10

その頃の直義

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


このページだけ見てもわけがわからないので、ご興味とお時間のある方は、右サイドにあります『おすすめサイト』から『日本中世史を楽しむ♪』をご覧下さい。


で、鎌倉でみんなが変な頭になってる頃

Photo_2

細川定禅とか今川範国がやいのやいの言ってたエピソードとちょっと被ります。
二階堂道本とは、またびみょーなキャラを出してきましたね。先生。
しかし・・・直義の執事をしていたという事以外に、どういう人だか全然知らないんですよね。わたし・・・orz
んで実際のとこ、いつくらいから執事をやっていたのでしょう。なんとなく1338年以降なつもりでいました。
イメージもなんとなくおじいちゃんでいました。
あっでも上記定禅や範国なども、こういう話だけ読むとすごい年配なイメージになってしまうのですけれど、この時点でたぶん40歳超えてないですしね。


以前「ラジオドラマにしたら誰に声を当てて欲しいか」って話を書いて、尊氏は「(建武年間で)関智一」と書いたら、某SNSで「もっと貫禄があって、(中略)大木民夫や大塚周夫では?」と言われて、
そりゃないだろっ!と思ったものですが、あまり知らない人物については亡くなった年齢でイメージするのか、歴史上の人物って、総じてイメージがおっさん化しがちかも。


そう言えば先日夫と話してて、戦前くらいまでは日本人の平均寿命も40いくつだった。って言われて、「戦争してたからじゃないの?」っつったら、「それと関係なく」って言われた。
確認はしてないですけれど、本当だとしたら、100年しないうちに寿命が倍、ってけっこうすごくないですか?価値観とか時間の感覚とか、全然違って来そう。


★★★今日読んでいる本★★★
まだ読んでない。たぶんあの本の続きを読みます。

|

« 考えてみれば、迷惑な兄弟だな | Main | 梅雨が終われば »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/48838495

Listed below are links to weblogs that reference その頃の直義:

« 考えてみれば、迷惑な兄弟だな | Main | 梅雨が終われば »