« June 2010 | Main | August 2010 »

2010.07.30

真夏の小さな話

みなさんこんにちは。
今日は雨降りかと思っていたら、すっかりよいお天気ですね。
雨が降って、さすがに涼しくなったな~と思ったのですが、今めっちゃ蒸し暑い!!
蒸し暑くて髪の毛がうっとおしいのに、家にヘアクリップを忘れてきてしまったので、ゼムクリップで髪の毛を留めて仕事してました。
んで昼間そのまま外出してきちゃった・・・・・・orz
しかも激烈に眠くて、窓口の順番待ってる間に爆睡しちゃいました。気が付いたら30分くらい経っていた。


旅行から帰ってから、まだなんとなく社会復帰できてない・・・と思っているうちに週末です。
やばい・・このままずるずるとだらしない生活が続いてしまう。でも早起きだけは得意。年寄りだからね。
昨日の朝、ラジオ体操へ行ったのですが(雨が降っててもスタンプだけは押してくれる)、私がスタンプを押してもらって帰った後、
「今来たのは大人なのか子供なのか」との議論が持ち上がっていた。と係でその場にいた知り合いから知らされました。
・・・・・いくらなんでも見りゃわかるだろ・・・・
それとも、70近いジジイ達にとっては、10代も40代も変わりがないというのか!?
いや、それにしても、成人女性と小学生の間には、逆走不能の長い道があるだろうよ。
      ってゆーか・・・・体型だけ見られてるのか?
知り合いは、真相は語らず「子供」にカウントしといたそーです。なにか間違ってる。
そして昨日は、娘の昼ご飯を用意するのを忘れて出勤しちまいました。
昼前に娘から職場に電話があって、
「ご飯がない」と言われた・・・・・。
申し訳ない。孤食ってだけでも淋しいのに、小学生にコンビニ弁当を勧めてしまった・・・。いや、開いててよかった!
その後娘は自分でお米を炊いて適当にある物を食べたそうです。
ああっ成長したな~~!!親が災害時帰宅困難者になってもしばらくは一人でなんとか生活できるね。
でも、暇だという理由で電話してくるのは止めろ。
って、感じでなんかぼ~っとしてます。
あっ私信ですが、先生へ。
例のイラストはきちんと描いておりますので、しばしお待ちを。


そしてpixiv用の作品も来週中には完成させたいものでありますよ。梅雨の前から書いてるのに。夏のネタなのに。夏が終わってしまう。
それよりも、某コミュニティが・・・とうとう今月書き込みできそうにありません。月に一度も更新しないのって初めてなので、なんか悲しい・・・。
ネタはもちろんあるのですが、まとめる時間がないっつーか、気力がないっつーか~。ぼ~っとしてる間に書いちゃえばいいのですけれど、なんかできないんだよね~。まぁ暑さのせいってことでご勘弁を。
とほほ。
しかし、Sさんが雑談を書き込んで下さったので、大変救われましたよ。コミュニティの流れ的にも私の気持ち的にも!本当にありがとうございます。
論文がんばって下さい!
私もなんかがんばるよ!


★★★今日読んでいる本★★★
『地獄を二度も見た天皇 光厳院』飯倉晴武/吉川弘文館

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.28

夏休み

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。そして相変わらず暑いです。


実は昨日まで旅行へ行っていました。
久し振りにスパリゾートハワイアンズに二泊。2年ぶりくらい?
なんかちょっと様子が変わってる気がしました。っつかもしかして夏休み期間に行くのって初めてかもしれません。
チェックインの時「なんでこんなに混んでる!?」とちょっと驚くレベルで、考えてみれば、今までこういう時期は避けてましたね。
今回は「(娘の)誕生日会やるのめんどくさ~い」とか、そういう諸事情のからみで夏休みに行く事になったのでしたが、やっぱできれば長期休暇時期は避けるのがよいね。宿泊料高いし・・・。
あとね・・・・
なんかもう、娘と同じペースで遊ぶのきっついわ・・・・。

Rimg03072_2

一人っ子なんで、こういう家族だけの旅行の時って、ちょっと気を遣っちゃうんですよね。「一緒に遊んであげなきゃ!」みたいな。
夫の方が実際の年齢も気持ちも若いし、体力もあるはずなんで、任せちゃってもいいのかな~と思うこともあるのですけれど、どういう刷り込みなのか、なんかね、そういう事させちゃいけない気になっちゃうんですよね・・・。なんか悪いコトしてるような気になって落ち着かないのです。とほほ。
あ~でも、そういうのも、こんなに人が多くなくて、こんなに暑くない時期だったら、もう少し楽だったのかも。
というわけで、本日かなり体力削られています。


Rimg02992今回ショーを見るために指定席券を取ってみました。っつてもこの夏から始まったサービスみたいです。
前回行った時は、2階のテーブル席がをそんな感じの扱いでしたけれど、今回のは舞台真ん前の席でかなり見応えがありました。
しかし1人800円というのはビミョーな金額・・・。昼の部は使える時間も長いしショーもいくつかあるので、荷物置いておけることを考えると割といいかも。ソフトドリンクが付いてて、フラガールと一緒に写真が撮れます。
ただ、今回ファイアーナイフダンスのケンさんがとうとう出てなくて、聞いたら最近はもうほとんど出演しないそうです。前回の時に「そろそろ引退」という話をしていたので、写真がまだ飾ってあるのを見て「あれ?まだ出てるの?」と思ったくらいだったので、まぁそれは仕方ありませんね。プロフィール見たら、72年から出てるって。けっこう芸歴長い。お疲れ様です。
Rimg02572代わりに、今回初めて見る子がいました。去年の夏くらいからいるのかな?ジン・レオンというらしい。
かわいいけど、まだ「若いっ!細いっ!」って感じで、一緒に出てたケインの大胸筋が!小牧さん(『艶漢』)なら叫んで血ィ吐くレベルなのに比べると、ちょっと物足りない・・・。
で、ケンさんがいなくなってしまうと、もしかしてこのメンバー全員20代?いや、もしかして新人は10代?
なわけで、ケインの筋肉にやたら感動してたのですが、技術はやっぱアレックスに一日の長があるかな~。って思ったりもして、このメンバーもこれからが楽しみですね。


しかし夫が、そろそろ飽きてきたかな~という事を言っていて、
私は、まだこれからも機会があれば行きたいとは思うのですけれど、確かにね、こんなに流行る前を知ってると、やっぱその頃とは何か違う気がして、そんな所がちょっと淋しかったりはします。
まぁ子供が喜んでるうちはまだまだ行くんだろうな。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.23

シリーズ終了

みなさんこんにちは。
今日もうっとおしいくらいよいお天気ですね。
今朝はどうしたわけか、あんなに毎朝ゴリゴリと部屋への侵入を試みていた亀が静かで、「死んだか!?」とちょっと焦りましたが元気でした。
亀の遊び用に置いたブロックの上で、元気にジタバタしていたので、「下りられなくなってるのか?」と思って見てたら、私の姿に気付いてさっさと下りてきたので、なんとなくジタバタしてみせてただけだったようです。もしかしたらクロールの練習だったかもしれません。


それにしても暑いですね。
昨日も大勢の方が熱中症に倒れたようです。みなさんも体力を過信せず、お気を付け下さい。


細川先生のブログにて連載中でしたシリーズが、一応最終回を迎えました。
ちょっと遅くなりましたが、カットを置いておかせて頂きます。
これを機に拙ブログへお運び下さった方もいらしたようで、大変ありがたいことであります。
以前からご覧いただいています皆様にも、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

第18話
Photo

群像ドラマって子供の頃から好きで、歴史のおもしろさの中にいろんな人達の思いとか、そういう物があって、そういういろんな人のことを汲み上げて行きたいものだと思うのですが、自分の事でさえ精一杯な一介の主婦にはなかなか難しいことでありますね。
上杉重能とか、描いてみたいです。まぁまた別の機会もあるかと思いますので。


第20話
Photo_5

相変わらず直冬の年齢設定が幼いです。すみません。
この時の話は以前「まとめ」の方にちょっとだけ書いたのですが、お産はスムーズにいったのに、直義は熱があって産所に充てられていた吉良邸へは行けなかったようです。
なんかね、そういう間の悪さみたいなのが直義らしいな~・・・・と、ちょっと思います。
しばらくは仕事にも出られなかったようなのですが、赤子にでれでれしてたための欠勤でもよい。
ところで、如意丸が生まれた時って、直義が引き取ってた尊氏の娘がまだ生きてますね!数え5歳。
年回り的にも光王8歳、女子5歳、如意丸1歳。っていい感じですよね!直義さんちの幸せな時期って感じ。そういうあったかい時間があったと思うとすごく嬉しいです。
    その後はあれだけどね・・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
『楠木正成のすべて』佐藤和彦・編/新人物往来社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.21

夏、来た!

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
連休中に東京も梅雨明けしました。もういきなり猛暑!!って感じです。
いやもうすごいお天気ですけれど、やっぱ夏はなんかワクワクしますね。
娘の小学校も、今日から夏休みですよ。
小学生もちょっと大きくなってくると、行動半径が広くなって活動も色々と活発になってくるので、低学年の頃よりも心配事が増える気がします。
注意事項の再確認をしなければな~。
しかし、目下の夏の心配事は、亀が網戸を開けて勝手に部屋の中に入ってくることです。
お前は夏の間は外で飼うことになってるんだから、勝手に部屋に入ってくるのではない!なぜ部屋に入りたがる。
もう毎日毎日、朝気が付くと部屋の中にいる。
鞄の上に乗ってたんで、「そこはダメでしょ。下りなさい」と言ったら
「あっ違いました?」って顔して、ノソノソ下りてきた。


娘の浴衣は無事週末に縫い終わりました。
予定を半日オーバーして、日曜日の午前中に縫い上がりました。
ひと仕事終わって、せっかくの連休でしたが、夫は用事があって出かけてしまうというので、私は娘と二人で瀬田温泉「山河の湯」へ久しぶりに行って来ましたよ。
この日は天気がよかったし、風も爽やかですごく気持ちよかったです。
ここの外のお風呂が、水着着用ですけれど、広いしお酒を飲めるってのがいいんですよね~。お勧め。


で、月曜日がお祭本番でした。
お昼過ぎから娘はお囃子に入って・・・これ、初めてだったので、どんな感じでやるのかまったくわからないまま集合時間に神楽殿へ行ったら、夕方までずっと入れ替わりで演奏してました。
一応レベルの同じような子達でグループを組んで、何曲かやったら別のグループが演奏って感じで・・・・。他のグループがやっている時は縁日を見たり好きにできるので、子供達もそんなに負担を感じないようです。
しかし、そういう祭りな先輩たちに構われたり、屋台のおっちゃんと話をしている姿を見てると、中学くらいになると「ちぇーす」とか挨拶をするお嬢ちゃんになりそうで、ちょっとドキドキしちゃうよ。おかーさんは。
Dsc_5438_r夕方から高校生以上のメンバーと変わったので、いったん家に帰って浴衣に着替えました。
前の日記にも書きましたが、脇縫いに無理矢理な部分があったりしたので、バランスとか・・・どうかな~と心配だったのですが、心配したほどの事もなく上手に着る事ができました。
せっかくなので帯も兵児帯ではなく・・・・と言ったところで子供用の半幅がないので、これも私が以前縫った物を文庫に結んでみました。娘が3歳くらいの時にフツーの着物用に作ったので、やはり無理があった・・・・。けれどなんとか形にはなりました。
まぁなんとかなるもんです。
ただ、思っていたよりおはしょりが出なくて、せっかく脇がいっぱい余っているのに、じきに着られなくなりそうです。ちぇっ。


夫も私も浴衣を着たのですが、去年「短すぎる!」と思った夫の浴衣の丈が、今年はあまり気になりませんでした。
腹が引っ込んだのか・・・・?
着方が少しうまくなったのかも。
それとは話がちょっと違いますが、最近の浴衣の着方って、一時期より丈を短めに着てる人が多い気がします。
私は短めに着るのが好きなので、「おっいいじゃん?」と思うのですが、ですが
自分自身はだな、これが、短く着るのが似合わなくなっている事に気付いた今日この頃でありますよ。あっこんな事にも年齢が関係あるのね。とほほ。


★★★今日読んでいる本★★★
『楠木正成のすべて』佐藤和彦・編/新人物往来社

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010.07.19

君は今まっすぐ立てているか?

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
梅雨が明けて、すっかり夏!ですね。
夏は一番好きな季節なのですが、いつの間にやら乗り越えるのが大変な季節になっておりましたよ。
とほほ。
浴衣が無事仕上がりましたので、昨日は娘と二人で瀨田温泉へ行ってきました~。ひゃっほ~い!
んで、普段はピアレッテで娘を勝手に遊ばせといて、ベンチで本を読んだりしてるのですけれど、昨日は我ながらどういう精神状態だったのか、一緒に鬼ごっこしたり巨大ブロック積んだり、砂場で型抜きやったり・・・変なテンションで遊んだためか、今朝大変ダルいことになっておりました。
でも、温泉はお天気もよかったので、すっごく気持ちよかったです。外のお風呂が、入りながらお酒飲めるし、広くてお勧め。


>私信
では、16話は「ぬるい!」ってことで、よろしくお願いします。
17話目は以下にて「マダオ」ってことで!

Photo_4

安部龍太郎の書く直義はちょっとマダオっぽいですよね。
でも嫌いじゃないですよ。
山岡荘八のは「勘弁して・・・」って感じで、当時今以上に心が狭かったのでソッコーで処分してしまったのですが・・・。でも最近、「割と好き」と書いている感想をいくつか読んだので、「どうだったかな~」と、ちょっと読み直してみたい気にもなっています。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.15

日本の夏!が来る

みなさんこんにちは。
今日はいいお天気なのかな?
つーかさぁ・・・なんでうちが洗濯しない日ばかり晴れるの?ってゆーか、なんで洗濯したい日が雨ばかりなの?
嫌がらせ?呪い?
はっ!もしやまたもや、宇宙の大いなる意思!?
大いなる意思!我が家に地味に経済的ダメージを与えようとしてる!!?なんのために!?
くそーーーっ!許せん大いなる意思!!やることがセコいんだよ!!

     でもだからといって思い切った行動に出るのはやめてね。


日曜日までは予定通りに気持ちよく進んでいました娘の浴衣作りですが、
やはりと言いますか、躓きました。
予定では、火曜日までに衽が付いているはずだったのに。余った脇の処理がきれいにいかなくて、丸一日悩んでしまった・・・。
大人と同じ見積に囚われてすっかり忘れていたのですけれど、ちゃるさんに「肩あげ・・・」と言われ、
なるほど、多めに見積を取ってそういう事をする手があったな。と目から鱗が落ちました。
が、結果的には結局肩上げは取らずに続けています。まぁ最大の理由はめんどくさいから・・・・。なのですが。
取りあえず他の解決方法を見つけましたので、身幅を取り直すことなくその方法で脇縫い代の始末は無事終了。衽付けまで出来ましたので、できれば今日のうちに衽の始末をして、襟に取りかかりたいものです。


出来上がりましたら写真をUPしますが、浴衣の柄は、紺地に赤や黄色の花が大きく染めてある昔からよく見かける感じの物です。
淡い色合いのかわいい反物もいっぱいあったのですけれど、娘が「これがいい」と言って選びました。
私が初めて縫った浴衣は、高校時代に自分用をなのですが、反物は母が買い置きしていた物で、娘が今回選んだ物に似た雰囲気でした。当時もありがちな感じで、なんとなく「ダサッ」と思って、あまり好きではありませんでした。って今でも普段に着たりしてます。そして今でも別に好きじゃない。
なので、娘がこういう柄を選んで、「えっ?いいの?こっちの方がきれいじゃん」と念を押してしまいました。
最近は、吊しの浴衣を着てる子がやはり多いようなのですが、子供の物はピンクや水色のかなり明るい色の物がほとんどですよね。だからかえってこういうのが娘の目に新鮮に映ったのかもしれません。


この連休にある地元のお祭で、4月から始めた和太鼓を叩かせてもらえるようで。習い始めた時は、夏祭りには間に合わないと言われていたのですが、娘もがんばったようで、先輩たちと一緒に出してもらえることになりました。
まぁ浴衣は着ないので関係ないのですが、楽しみにしてくれているようなので、娘ががんばった分お母さんもちょっとだけがんばるよ。


というわけで、今週は娘の浴衣を縫う日本のお母さんをやってて、他の時間がなかなか取れないのですが、遅ればせながら12話目です。

Photo_2

正直半分寝ながら描いてて、今朝とんでもない誤字があるのを見つけたので、セリフ削りました。まぁあってもなくてもいいようなコトしか書いてないから。
吉野へはまだ行った事がなくて、どういう所だかさっぱりわかりません。その上寝ながら描いたので、色々と変な所があったらごめんなさい。ご指摘いただければ直すかもしれません。
でも「絵が変」という意見はとりあえず胸にしまっといて下さい。
やっぱ置鮎ウサミミファンとしては、大仏も土産に欲しいと思ったのですがめんどくさいのでやめました。せんとくんを出すのはしつこそうなのでやめました。
ってゆーかそこまで行くと、吉野土産なのか奈良土産なのかはっきりしませんね。

尊氏だったらどんなヘンテコなイヤゲ物でも喜んで受け取っちゃいそう。と思っていましたら、14話目が八朔ネタでした。


★★★今日読んでいる本★★★
友人に借りた例の本の続き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.12

梅雨が終われば

みなさんこんにちは。
今日もまた蒸し暑いですね。
ここんとこ、休日にも朝からの用事が多くて、なんかまとまった時間と気持ちの余裕がなくて、今年はとうとう梅酒も漬けませんでしたよ。
今は朝寝できる日を待ちわびています。
んで、昨日は妹からの出動要請をぶっちして、少し寝ていられるかな~と思っていたら、娘のサークル活動の開始時間がいつもより2時間も早かった・・・・。
で、お弁当を作ろうと起きたのですけれど、BBQをやるので必要なかった・・・。


去年まで着ていた娘の浴衣が小さくなったので、今年は新調します。
って、ひと月くらい前に「そろそろ作り始めなければ」と、娘と一緒に反物を選びに行ったのですが、やっと、
一昨日から縫い始めました。
今度の連休が地元のお祭りなので、もうマジ作り始めないと間に合わないんで・・。
一昨日はほぼ1日出歩いていたのであまり進まなかったのですが、昨日は予定してた所まで終わったので嬉しい。
以前にも書きましたが、しるし付けと裁断が終われば、気持ち的に8割終わってる。
で、基本的にはひたすら真っ直ぐ縫っていけばいいので、始めてしまえばよほど時間が取れなくならない限り、他の仕事しながらでも1週間もあればできるんですよね。
幸田文の自伝的小説に、やっつけ仕事でひと晩で縫う話が出てきますけれど、慣れてる人でそんなに丁寧に作る必要がないなら、それくらいでもできちゃうんだろうな。
去年夫の浴衣を縫った時は、1ヶ月もかかってしまって大変だったのですけれど、あれはほぼ完成って所で、丈が合ってない事に気付いて、ほぼ最初からやり直しになってしまったから。
採寸の仕方を間違えて・・というか、体型に合わせた測り方を知らなかったのでした。その後読んだ近藤ようこの本に体型による縫い方の話が出てて、「先にこっちを読んでいれば・・・」と思ったものですよ。
女物は、そう言った点では、おはしょりがある分だけ気を遣わなくていいから楽です。よほどギリギリの長さに作らなければ、10cmくらいの違いは楽に対応できますね。
あと、今回楽になったのは、
去年実家のご近所さんから頂いた着物の中に、その方が縫った浴衣が何枚かあったのですね。人が作った物を見せて頂くと、色々と気付く所が多いです。
見せてもらってよかったな~。と一番思ったのは、縫い目。・・・・こんなもんでいいんだ・・・ってのが・・。


ただ、今縫いながら気になっているのは、10歳くらいってのが、ちょうど子供と大人の境目って感じで(着物の縫い方的にね)、どっちで作るかな~ってのが・・・。まぁ毎年作るわけではないので、先を考えて大人と同じにしました。が、そうするとけっこう脇とか余るんですね。ってゆーか計算通りに見積もったら、すっっごく細くなってしまったので、かなり水増ししました。
なので、出来上がってみたら大きすぎ・・・ってことにならなければいいのですけれど・・・。


さて第10話です。土曜日に「週末は描かない」宣言をしたのですが、ちょっと時間ができたので描けました。
それにしても、先生ペース早っ!!

Photo_3


★★★今日読んでいる本★★★
『夢中問答集』講談社学術文庫

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2010.07.10

その頃の直義

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


このページだけ見てもわけがわからないので、ご興味とお時間のある方は、右サイドにあります『おすすめサイト』から『日本中世史を楽しむ♪』をご覧下さい。


で、鎌倉でみんなが変な頭になってる頃

Photo_2

細川定禅とか今川範国がやいのやいの言ってたエピソードとちょっと被ります。
二階堂道本とは、またびみょーなキャラを出してきましたね。先生。
しかし・・・直義の執事をしていたという事以外に、どういう人だか全然知らないんですよね。わたし・・・orz
んで実際のとこ、いつくらいから執事をやっていたのでしょう。なんとなく1338年以降なつもりでいました。
イメージもなんとなくおじいちゃんでいました。
あっでも上記定禅や範国なども、こういう話だけ読むとすごい年配なイメージになってしまうのですけれど、この時点でたぶん40歳超えてないですしね。


以前「ラジオドラマにしたら誰に声を当てて欲しいか」って話を書いて、尊氏は「(建武年間で)関智一」と書いたら、某SNSで「もっと貫禄があって、(中略)大木民夫や大塚周夫では?」と言われて、
そりゃないだろっ!と思ったものですが、あまり知らない人物については亡くなった年齢でイメージするのか、歴史上の人物って、総じてイメージがおっさん化しがちかも。


そう言えば先日夫と話してて、戦前くらいまでは日本人の平均寿命も40いくつだった。って言われて、「戦争してたからじゃないの?」っつったら、「それと関係なく」って言われた。
確認はしてないですけれど、本当だとしたら、100年しないうちに寿命が倍、ってけっこうすごくないですか?価値観とか時間の感覚とか、全然違って来そう。


★★★今日読んでいる本★★★
まだ読んでない。たぶんあの本の続きを読みます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.08

考えてみれば、迷惑な兄弟だな

みなさんこんにちは。
今日はよいお天気ですね。
なんだか久しぶりに太陽を見た気がします。
昨日は七夕飾りを作り直して飾りましたが、朝見たらやっぱり半分くらい流されてましたよ。今年はけっこう強い雨が毎日のように降りますね。
娘の短冊に・・・「家族みんなが災いにあいませんように」と。
・・・・なんかニュアンスが・・・・。祟りとかが日常的にある世界のようだね。


『室町幕府開創期のあれやこれや』第7話目

Photo_3

尊氏がいっそすっぱり一気に坊主頭になってたら、こんな騒ぎにはならなかったような気がします。それとも別の騒ぎになるのかな~?
髪が伸びるまで大変だったでしょうね。
それにしても、助けにこられた方は、これを見て唖然としなかったのでしょうか。
直義とか、なんか自分のせいのような気になって居たたまれなくなってそう。
そう言えば、尊氏は多々良浜でも、直義が「死を覚悟した」っつたらそれ聞いてがんばっちゃってましたね。


「おすすめサイト」に先生のブログを追加させていただきました。


★★★今日読んでいる★★★
まだ例の本を読み終わらないです。
寝る前に読もうとすると、3行くらいで眠ってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.07

梅雨の晴れ間

みなさんこんにちは。
今日もはっきりしない天気です。こうはっきりしないと洗濯物を外に干していいのかどーするか悩みます。
今日は七夕ですが、夜の空はどうなのでしょうね。
一昨日の笹飾りは、昨日と今朝の雨で見事にすっかり流されてしまいました。もうびっくりするくらいきれいに無くなってて、あ然としました。
仕事から帰ったらまた作り直します。


今日は朝からなんとなく不愉快な事が続きました。
○○さんと昨日食事をしてきたという話を職場の人がしてて、
なに、あの人今そんな事言ってるの?私に言った事と違うじゃん。で
まぁ言う事が変わるのは時間も経てば仕方ないと思うし、私もどこで誰に考えなしな事を言ってるかわからないので、いいのだけど、
それ言われた時、私はちょっと傷付いたので、「○○さんもかわいそうですよね」と同意を求められて、なんかザワザワした。
だって私には、これを選んだ自分は偉いって感じで威張ってたし。つか逆の事やった私を見下した言い方してたもん。つか「親としてどーよ」な事言われたし。
だからそんな事でちっともかわいそうだと思えないのよ。私は。
そう言いたかったけれど、波風が立ちそうなのでとりあえず黙った。


もひとつ別の不愉快な事。
質問されたから答えたら、
は~・・・やれやれ・・
って態度を取られた。
なに?それ。自分が期待してた答えが返ってこないのが気に食わないわけだ?
んで、気は進まないけど、やって欲しい人がいるみたいだから、じゃぁちょっとだけやるよ。って・・・・・そんなに嫌々やられるとこっちも不愉快なんだけど。つかそんな中途半端にやられても正直気持ち悪いし。やって欲しくないよ。
最初から他人の意見を聞く気がないなら聞かなきゃいいのに。
それが数日前の話。
で、また今朝似たような質問をされた。
なんだよ。結局やりたいのか?やりたいならきっぱりすっぱりやりゃーいいじゃん。
ホントにイヤなら金輪際その事に触れるな。ちなみに金輪際ってのは人間界の最下端だっ!世界の終わりってことだ!
うわ~・・もうそのグズグズさ加減もめちゃくちゃ気持ち悪い。
私はもう答えたくない。から答えない。


と、まぁ梅雨にぴったりのぐだぐだじめじめなお話でしたね。


『おねがいマイメロディ』のテーマ曲全集を、今更ながら買いました。
『おれはウサミミ仮面』も入ってて嬉しかったです。なかなか王道なヒーローソング。かっこいい。でも歌ってる内容嘘だろ。史上もっともやる気のないヒーロー。nice
とりあえず、置鮎LOVE。
夫と娘から別々に
「どの主題歌が一番好き?」と聞かれて、
私は、『くるくるシャッフル』の『コイ・クル』が好きだな。
主題歌はみんな耳に残る曲で、どれも聴くとしばらく頭の中でグルグルしがちなのですけれど、こうやってまとめて聴くと、『コイ・クル』が一番いいです。
かわいい。このシリーズの歌ってどれもかわいくて元気が出る感じでいいですね。


ちょっと今日はテンションも低いので、早く家に帰ってゆっくりしたいです。
ところで、職場の机の足下に、酒瓶と缶ビールがずらっと並んでるのを早くどうにかしたいです。


★★★今日読んでいる本★★★
電車で読むのにちょっと困る本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.06

「乾」は任せた

みなさんこんばんは。
相変わらず蒸し暑いですね。夏の盛りもまだなのに、既に夏バテっぽい感じです。
昨日、七夕の準備をしました。
今の所に越してきてから、なぜか七夕の日にはベランダに出て夕飯を食べるのが恒例化しています(別に七夕だけにやってるわけではないのですが)。明日の七夕も、娘はそれが楽しみのようです。
ってベランダ・・・かなり狭い・・・。
今年は車庫に机出そうかな~。でもこんなに蒸し暑いと、外で食べるのもなんか気が引けます。


ネタ物第6話です。

Photo_3

夫に
「古すぎてわからない・・・」と言われました。
えっ!?古い?『下妻』!!
ロココと婆娑羅と、なんか通じる所あるし~、いいと思ったのですけれど。
それにやっぱケンカ屋。特攻服ならこれでしょう!
いや・・・わからなかったらごめんなさい・・・。
でもそろそろ寝ます。


★★★今日読んでいる本★★★
電車の中で読むのに困る本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.04

知らないおじさんたちが恐かった

みなさんおはようございます。
今日は、車を処分した車庫の片付けとか、その車のパーツのせいで開かなくなった納戸の引出をどうしようかとか、
そういう事をしなくちゃいけないんです。


つか先生、元弘・・原稿は進んでますか?
昨日はありがとうございました。
護良!土牢!否定して下さってありがとう!
あっいや、ありがとうは、別にそこだけに限ってません。


で、ネタ物です。前回のその後。(ああ・・・朝っぱらから、ちっとも爽やかじゃないことを・・・)

Photo_2

直冬の年齢設定ちょっと間違い。
そしてしつこいですが、置鮎さんの軽めの声で・・・・


★★★今日読んでいる本★★★
友人から借りた、朝っぱらからちっとも爽やかじゃない本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.02

シリーズ化?

みなさんおはようございます。


例によって、わからない方にはまったくわからない遠隔物です。ごめんなさい。
知りたい方は、細川先生の『日本中世史を楽しむ』を(以下略)

Photo_2

貞和元年の頃だと、直冬って15歳くらい?もう少し大きいか。
直義と師直も仲良しな時期があるとおもしろいですね。
で、登子ちゃんと尊氏は、直冬のことがなくても、なんか緊張感ありそう。
登子ちゃんって時行のこととかどう考えていたんでしょうね?
足利さんちを見て「源氏源氏って、うざっ!」とか思わなかったのでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.07.01

さよならランカ

みなさんこんにちは。
今日の天気予報は晴れでしたが、あまり晴れてません。


自宅の車を処分しました。
夫の趣味が車いじりだった時期があって、そっち関係ではそれなりに活発に活動していましたので、「自動車を処分する」と言いましたら、私の職場でも「えーー!?何ごと!?」って感じの反応でした。
夫の趣味が自動車から自転車に移ってからすでに久しく、子供の年齢が上がるにつれて、公共交通機関での移動が増えていまして、子供自身もフツーに自転車をこげるようになったので、自動車の出動回数は最盛期に比べて嘘のように減っていたのです。
都会で自動車を持つということは、小さな子供がいるならまだしも、それこそ車いじりが趣味でもない限り、メリットがないと言われているくらいですし、ちょうど保険の切替時期に故障もあったりしたので、思い切って処分することに決めました。


子供が生まれる少し前に買い換えてから、ほんとうに・・・かなりお世話になった車ですので、無くなってしまったのが少し淋しくはあります。
というところに、よく見に行っているブログにちょうど、「都会で自動車を持つということ」について書かれていました。このブログを書いている方も私と同じ地域に住んでいて、子供の年も近いので、色々と参考になる話が多いです。
この方の家でも「何度か「車を止めようか」という話に」なっていて、「あれ(※カーシェアリング)を使ってみてもいいかなとも思う」とのことで、まったくうちと同じ状況。
ちなみにうちは、カーシェアリング契約しちゃいました。
自動車の必要性や持つメリットは、人それぞれだと思いますので、それぞれの生活に合わせて考えればいいので、それについて私が語れる事はありません。
しかし、この方のブログに引用されていた、「(※都会でも)車無しの生活ってかなり厳しい。」という方の日記のこれには驚きました。
「東京じゃ5分、10分歩くのがザラ。凄い暑い日とか寒い日とか雨の日とかみんな我慢して外歩いてる(後略)」
ええええーーーーっ!!??
5分や10分歩くのって、「我慢して」やるような事なの!?
そう言えば以前、「私の実家は最寄り駅から徒歩15分くらいで、路線バスはない」という話をしましたら、「それは大変だね!」と驚かれた事があって、「え?」と思った事があったのですが、これは世間の多数を占める人の反応なのでしょうか?
5分を我慢して歩く人にしてみれば、当然の反応だとは思いますが。毎日片道15分ばかり歩くのって、そんなにキツい??
徒歩5分の所へ行くのにも車を使うのが普通?南アフリカ?


交通事情というか移動手段に対する印象って、けっこう地域差があるかも。
話は変わるようですが、夫が買っている某自転車マンガに、時々
自転車乗り=貧乏
って感じで馬鹿にされるエピソードが出てくるのですが(「なんであの人自転車乗ってるの?」母親がすまして「貧乏なんでしょ」って感じのパターン)、私はこれにすごく違和感があるんですよね。
車運転してて自転車が走ってるのを見かけて、
車の買えない人なんだな~とフツー思わないよ。
自転車通勤してる人がいたら
運動不足解消?とは思っても、
交通費節約してるのね。とは思わないし。
物語の舞台がけっこうアップダウンのある土地のようなので、そういう所での自転車の不便さ。っていうか、自動車の便利さからそういう事になるのかな?


上記の「我慢して外歩いてる」って人も、「車無しの生活」とは書いているけれど、なんか出張で時々都心へ出てくる時の話っぽいな~と思いましたよ。
まぁどこに住んでいようと、
健康のために、5分とは言わず、毎日せめて30分くらいは歩いた方がいいですよ。


★★★今日読んでいる本★★★
『楠木正成のすべて』佐藤和彦・編/新人物往来社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »