« 柏木さんは悪くありません | Main | (六年後の)死なぬ子が一人いる »

2010.06.07

日帰りバス旅行

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
前回ですけれど、「マンガ日本史」の表紙を見て、娘が
「あっペリーだ!」と言うので、「ペリーなんて知ってるんだ~」と言いましたら。
「知ってるよ。ぜよぜよの人が言ってた」


・・・・・・・・・・・・・・坂本龍馬・・・・・・・?
ところで、何年か前にうちの近所の駅前に坂本龍馬の銅像が建てられたのですが、未だにそれが私の目に留まった事がありません。
最近は、実は私の知らない駅前広場とかあるのか?と疑っていたのですが、夫が、私も何度か通っている場所に確かにある。と言っているので、やはり秘密の駅前広場はないようです。
おかしい・・・・。
3cmくらいの物なの?
駅と言えば、ハンドルネームに、やっぱ近所の駅名を付けている方がいたので、
あらご近所~と思っていたら、全然話がかみ合わなくて、「おかしい」と思ったら、
アニメだか小説だかのキャラクター名でした。
なんじゃそりゃ。


さて、昨日も大変よいお天気で、
私は家族と一緒に、町内会のバス日帰り旅行に参加してきました。
まず最初に、これは書かねばなるまい。
観光バスのガイドさんのしゃべりが・・・・なんか変で、かなりイラついた。
最後の方はさすがに慣れましたけれど、大丈夫なのか?
例えば、
「徳川初代将軍は家康ですが、綱吉は犬公方と呼ばれていました」
みたいな感じ。
なんかそれって関係あるんですか!!?
つか、オチ間違えてませんか!?
みたいな・・・・。
しかし先日夫が参加した研修旅行だかのガイドさんは、もっとひどかったそうなので、
なんの慰めにもなりませんが、最近の若いガイドさんってこんな感じなの??こういうのが今時はフツーなの?
でも、旅行自体は、
初めての参加で、半分はお付き合いみたいなものだったのですが、これが意外にも楽しかった。
他の参加者がほとんど知らない方達でも、それなりに楽しくおしゃべりもできましたし、観光もよかったです。
行きましたのは、千葉の銚子にあります犬吠埼。
先日行った鹿島神宮が割と近いのですが、千葉のこの辺りへ行ったのは初めてです。
銚子駅でバスから銚子電鉄に乗り換えて、灯台のある犬吠へ向かいました。なかなか味のある鉄道ですね。なんだかね、すごくのどかでいい感じです。
Rimg0003

http://www.choshi-dentetsu.jp/
↑にて、運転席からの動画が見られます。
犬吠駅からはまたバスで(つても、2分くらい)犬吠埼の灯台へ。
昨日は本当によいお天気で、風もなくて気持ちよかったです。
Rimg0009

時間がさすがにタイトだったので、あまりゆっくりはできなかったのですが、灯台の周りの遊歩道を歩いたり海岸へ下りても楽しいだろうな。と思います。


灯台の後は、食事とお土産タイム。
で、その後銚子漁港を通りながらヒゲタ醤油工場へ。
しかし残念ながら、休日のため工場見学は出来ず、説明映画と史料室を見て終わりでありました。
実は前日に、娘の同級生のおかあさんと、「工場見学楽しみだよね~」とか話していた。つかこのおかあさんは
「工場見学があるから申し込んだんだ~」と言っていたのであった。


私は旅行の最後に行くことになっていた、香取市の水郷佐原水生植物園が一番の楽しみでした。
写真で見て、菖蒲がすごくきれいでしたので。
Rimg0014

しかしこちらも、ちょっと残念なことに三分咲きでした。
見頃は6月中旬くらいまでと聞いていたので、時期的にはいい時だな。と思っていたのですが、やはり寒い日が続いたりしているせいなのでしょうか?
でも私は満開に咲いてるより、これくらいの咲き具合でもけっこう好きだな~。もう少し咲いててもいいですけれど、割と満足。
この佐原の観光に、「加藤洲十二橋めぐり」というのがあります。
小さな船に乗って水郷の水路を巡るのです。昔はそうやって家と家の間、田んぼなどを行き来していたそうです。
今回はできなかったのですが、これにすごく興味が湧きまして、ぜひまた来て巡ってみたいなと思いました。
銚子もですけれど、名前だけは馴染みがありましたが、来たことがなくてイメージもなくて。今回来てみてすごくきれいな所で、大変気に入りました。
またゆっくりと観光に来たいです。


と言うわけで、土曜日も学校の用事があってずっと出かけたりしていましたので、休んだ気のしない週末でしたが、それなりに充実した楽しい週末でありました。


★★★今日読んでいる本★★★
「新田義貞」峰岸純夫/吉川弘文館人物叢書

|

« 柏木さんは悪くありません | Main | (六年後の)死なぬ子が一人いる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/48566861

Listed below are links to weblogs that reference 日帰りバス旅行:

« 柏木さんは悪くありません | Main | (六年後の)死なぬ子が一人いる »