« February 2010 | Main | April 2010 »

2010.03.25

花を咲かそう

みなさんこんにちは。
今日もまた雨です。最近雨降り多いですよね?
しかも寒いです。
今週末、久々に着物を着て出かけようと考えているので、週末は暖かくなるといいな~。
少し移動時間が長い&その後飲み会参加予定
なので、なるべく身軽なかっこうで行きたい。
桜も咲き始めているので、桜の帯を締めたいのですが、着物の方が決まらない。
着物のおしゃれのひとつに「季節の先取り」があるのですが、毎年桜が間に合わない。
気が付けば桜を取り入れられる時期を過ぎてしまって・・・もう何年も桜の帯を締められず・・・・だったので、今のこの、少し咲いてきた。というタイミングはすごくいいんですね。
なので今年はちょっとがんばるよ。


さて、今日は「通信簿」の日です。
2週間くらい前に、担任の先生に「今学期はどうしちゃったんですか?」と言われたくらい、娘のテストの点数はひどかったようなので、今学期の評価には期待もなく、
「どうしちゃった」理由もまぁ、なんとなくわかってるっちゃーわかっているので、それはあまり気にしてなかったのですけれど(でもこのままでいいわけでもないな・・)、先週持って帰ってきた「1年間の思い出」みたいな文集を見て、ちょいと動揺しちゃいました。
ちょっと我が目を疑うというか・・・・。
言葉では説明しにくいのですが、まぁ他の子達の作品に比べて、
明らかに浮いてる(悪い方に)
のは確かですね。これは確かに「どうしちゃったんですか?」って感じだ。
でも、そういうのの方がいい思い出になったりするんだよね。
と、職場の先輩に慰められました。
とほほ。


そんな娘と、娘のお友達と3人で、この前の日曜日には「日本科学未来館」へ行って来ました。
天気がよくて暖かかったので、お昼は未来館前の芝生でお弁当食べました。
連休だったせいなのか?今回もまた前回以上の盛況でしたよ。未来館。
それともここ数ヶ月で、科学への興味が世間で盛り上がっていたりするのでしょうか?
私たちは、今やっている企画展「お化け屋敷で科学する!2 ~恐怖の実験~」が目的でした。
まぁ・・解説部分は知ってるような事ばかりでしたが、子供にアピールできていればいいんですよね。ってお友達は「世界一美しい死体 ロザリア・ロンバルド」をガン見してましたけど。
この企画展の順路の最初が「お化け屋敷」で、私はお化け屋敷はかなり苦手なんですけれど、どうせ子供向けだから。と思い入りました。もちろん子供達も一緒に。
結局子供達は途中で逃げましたが、私は最後まできちんと見ましたよ。でなきゃぁなんか意味がないような気がして・・・。
お金かけた学園祭って感じですけれど、それなりに怖かったです(装置の操作はさすがよく考えてるな~と思いました)。
で、出た後に、解説とかおどかし装置のネタばらしとかあるし、私にも「何があった?」と娘はしつこく聞いてきて、
「もう怖くない!もう1回行く!」と言って再度入ったのですが、やっぱり途中で逃げてきましたよ。
わかってても怖いものは怖いんだよね。雰囲気とかね。
娘は開催中にもう1度チャレンジする!と言っているけれど、ダメだろうな。たぶん。


以下、個人的な備忘録
1月29日の日記のコメントでかのんさんが教えてくれた、竹沢タカ子のブログをザッと読んで、
竹沢タカ子って、情報化社会に対して思う所があったのかな?
代表作の『ボイルスタウンの狼男』は、リアルタイムで途中まで読んでいたのですけれど、そういう話だとは全然気付きませんでした。
で、そう思って考えると、『かっぱ』という作品も深読みすればそんな話だったかも・・・。
そんなにいろんな作品を読んだことがないのですが、
『潮風の~』のシリーズや『プリズナー』が印象に残ってて、マイノリティーというか、疎外されるギリギリの所にいる人達の話を書く作家さん。というイメージがあった。『かっぱ』もそうだと思っていました(いや、まぁそうなのかも・・)。


★★★今日読んでいる本★★★
「土星マンション 5」岩岡ヒサエ/IKKI COMIX
私が買い始めたのですけれど、途中あまりのだるさに買うの止めたら、夫が続きを買ってくる。
でも5巻でちょっといい感じに話が動き始めました。
このままがんばれ。
「ヨコハマ買い出し紀行」がこのパターンで、結局途中から最後まで夫が買い続けてくれたけれど、だるいまま終わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.18

子供時間

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし、一昨日は汗ばむほどの暑さだと思っていたのに、昨日今日はまた冷え込んでいます。


さて、先週末も土日の寒暖の差がけっこうありましたが、気温の下がった日曜日、私と娘は保育園のお友達に誘われて、江ノ島水族館へ行って来ました。
って、水族館、その前の日曜日も行ってたね。
江ノ島水族館へは初めて行ったのですが、展示にも工夫があるっておもしろかったですが、なによりも「相模の海ゾーン」の大水槽が素晴らしいです。連れが娘だけだったら、水槽の前で好きなだけぼ~っとしていたかった。

Ca390226001

Ca390224

Ca390227001

お昼を食べて、午後は海岸へ出ました。
風もなくて、なかなかよい日和でありました。
で、うちのバカ娘はやってくれました。
お約束の波ザッパーン!です。
その上何を思ったのか、そのまま砂に埋まりおって、自然の摂理により服をドロドロにしておりました。
なんでさぁ、こんなにバカなの?こいつ。春の海、冷たいんだよ。なんで水遊びする気になる?だいたいこれじゃぁ電車にも乗れないっつの。
私が西原理恵子ならここで、「もう一度海で洗われてこーーーい!」とか言えますけれど、残念ながら私は、極めて平凡な主婦なんですよ。めんどくさい事は全力で回避したいし、他人の目も気にしまくるんですよ。
仕方がないので、土産物屋でバスタオルを買って、服脱がせて、それ巻いてなんとか服っぽくして帰りましたよ。
娘が今現在小学3年生で、こんなに喜ばしく思えたことはありません。


さてこの日、ママ友から今時の学校お勉強事情などを聞かされて、なんとなく鬱な気分になったりもしたので、その辺のやけにややこしい話を書こうと思ったのですが、
私自身、よく理解できてないし、結局独りよがりな「今時の○○批判」にしかならないので、止めときます。
聞いたその日は、なんかショックで「うわ~・・どうしよ~!」って感じでしたけれど、時間が経ったら
「まぁなるようになるんじゃね?」という気分になってきた。
早い話が、今時子供を公立の中学校なんかへ入れちゃったら、その後の勉強やら学校選びやら大変な苦労が待ってるよ。って話だった(のだと思う)のですけれど、しょーがないよな。うちは取りあえず地元の中学校へ子供を入れたいご家庭なんだから・・・・。
しかし、小学校も4年生になると、中学受験組は本格的な活動に入るので、ますますこの手の話を聞かされるようになるのかも知れない。で、やっぱ聞かされれば気にはなるわけだな。
私たちだって、何が何でも受験はしない!と思っているわけではないので、余計に揺れちゃうのですけれど、
とりあえず、何のための勉強なのか、学校なのかを忘れないようにはしたいですね。


とまとめようとしてたら、
うちのバカ娘が、夜中に起き出して菓子を食ってた事が判明し、
お母さん大激怒。
お前は二口女か!っつーの!
学問する前に、その辺の行儀とか、そーゆー事をきちんとしろ!


★★★今日読んでいる本★★★
最近電車に乗ると眠くなる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.03.15

夢のまにま・に

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。
ああ、もう月曜日が来てしまいましたよ・・・。
なんで、休日ってこんなに早く過ぎてしまうのかな~。土曜日の朝には、まだいっぱい時間があるような気がしていたのに。


週末は、細々といろんな事がありました。
あっそうそう、『マンガ日本史』の全員プレゼントが来ましたよ。
実は応募葉書を出し忘れてて、締め切り半月くらい過ぎてから出したんですよね。
ダメ元で出しましたけど、貰えて嬉しいです。
イラストは「卑弥呼・聖徳太子」「足利尊氏・武田信玄」「勝海舟・ひめゆり」の3種類でした。
尊氏があって、嬉しい!ふくやまけいこさんもあって嬉しい。
あと、注文していた『コミックストーリー わたしたちの古典14 太平記』が来ました。
作画が千明初美さんだと聞いて興味を持って。私が小学生の頃『りぼん』でけっこう読んだ作家さんで、絵は明るくてかわいいんですけれど、小学生の私は、読むたびになんか暗~い気分になっておりましたよ。すっきりしない話が多かった。
で『太平記』。尊氏・直義いっぱい出てきて、やっぱ嬉しい。なるほど千明さんの絵だな。です。が、
瞳が~~・・・!口元が~~!体中かきむしりたくなりました。


さて、土曜日、
娘の希望により『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』を観てきました。
私がドラえもんの映画を劇場で観るのって、もしかしたら初めてかも。TVのは娘に付き合って時々見てます。
変わった時いろいろ言われた声優陣ですけれど、私は別にイヤじゃないな~。
長くやってると色々あると思うし、今やってる声優さんもいい感じですよ。ドラミちゃんの声だけは、レギュラーに近い役なのに、なぜここだけ違和感がって感じでちょっと不思議ですが・・・(タレント声優がどうということではなく。「ノンタン」はけっこういいと思ってます)。
で、今回の映画ですが、
正直言って、これで30周年記念ですか?
う~む・・・・なんつーか・・・とりあえず脚本、なんとかならなかったのか・・・・。
子供向けだからいいの?確かに前の席に座ってた子とか大喜びだったしな~。しかし今までにも子供向けの映画はいくつか見てますけど、ここまで思った事はなかったわ。
それとも、『映画ドラえもん』っていつもこんな感じなのかな?
物語を盛り上げるための矛盾なんてどーでもいいんですけれど、そーじゃない、なんかね、いちいちいい加減さが気になってしまいました。
テンポはいいので、それなりに楽しく見ていられるのですけれど・・・・。類型的なパターンのつなぎ合わせにしても、もう少し丁寧につぎはぎできないのか。


以下小さなつぶやき・・・

そー言えば、今アニマックスで『マイメロディ』やってるんですね。
今朝気付きましたよ。月末から同じ時間に『くるくるシャッフル!』が入るみたいなので、そしたら録画するかな~。

某コミュニティのメンバーがここひと月ばかりで減り続けておるよ。とほほ。減ってるの見るとちょっと淋しい。
営業努力はしているようなしていないような・・・ですけれど。どう努力すればいいのか、最近迷走気味。

今ちょっとやってみたい事がいくつかあって、地味に(地道にではない)計画中。
ひとつについては、近日中にはなにかしら形になると思います。
もうひとつについては、準備がちょっとめんどくさいので、いつになるかわからない。でも夏までにはなんとかしたいものです。ってゆーかそれまでに始められないようなら、もうやらない方がいいような気がするし・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「武王の門 上」北方謙三/新潮文庫
まだ読んでる・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.03.11

暗がりの読書

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


前の日記で置鮎言ってたら、「マイメロディ」が見たくなってしまい、ネットで動画を探しては見ております。
やっぱ、「マイメロ」さいこー!!
つか、さいてー・・・。
で、見てたらDVD揃えたくなってしまった。でもこれ、シリーズ4まで?けっこう出てますよね。今から揃えるのちょっと辛いかも・・・とか家族と話してたら、夫が
「こういう話してるとピューロランド行きたくなるよね」
・・・・いや、私は別に・・・。
そう言えば夫は、私が買ってきた日本刀の本を読みながら、
「こういうの読むと、刀鍛冶になりたくなるよね」
とも言っていたなぁ。
「ね」と言われても・・・・なりたくねーよ。別に。
好きですけどね。サンリオピューロランドは。
娘がもっと小さな頃、一時期続けて行ってたのですけれど、うちからちょっと遠いんですよね。


本日仕事がなぜかめちゃくちゃ暇でした。
今日やった仕事っぽい事って、問い合わせメールの返事書きと資料のコピーだけじゃん。
暇な時間に青空文庫で久生十蘭を読みまくってしまった。
今まで本屋の立ち読み程度で、まともに読んだことなかったのですけれど、おもしろいですね。十蘭。こういう文章好き。
10代から20代にかけて、この手のジャンルにはまってけっこう読んでいたのですけれど、なんでこの人は読んでなかったのかな~。しかし、今手軽に読めちゃうんだからすごいですね。
で、十蘭を読んでいるうちに、小栗虫太郞の「黒死館殺人事件」をふと読みたくなりました。
この作品、ずいぶん昔に1度読んだことがあるのですけれど、実は、全然おもしろくなかった記憶があるんですよね・・・・。なんか読むのが大変だった。
日本ミステリー三大奇書で、「虚無への供物」は好きだし「ドグラ・マグラ」もおもしろく読んだのですけれど、「黒死館」は全然入り込めなかったんですよ。
なんかね、余計な話でぐだぐだぐだぐだしてた印象が・・・。オカルトは好きなんだけどな~。
もう一度チャレンジしてみたい気が、今するのですけれど、誰かにおもしろさを解説して欲しい気もします。


あっwiki見たら、余計な話でぐだぐだってわざとなの?わざとなんだ?
あっそうなんだ。そういう小説だったんだ。全然知りませんでしたよ。
は~・・・だったらなんつーか、それはそれで作品としてはおもしろいかもね。
そういうつもりでやっぱもう一度読んでみようかな。


★★★今日読んでいる本★★★
そんなわけで、
久生十蘭の短編などをいろいろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.08

妄想ラジオドラマ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日は、やっと今シーズン初のスキーへ行ってきました。
私はともかく、夫の仕事と子供関係のあれこれが忙しくて、今シーズンはもう全然行けなくて、このままでは1度も行かずにシーズンが終わってしまうって感じだったので、ちょっと無理矢理日帰りで行ってしまいました。
越後湯沢で、行きは快調に行けたのですが、帰り、ひっさびさのすごい渋滞にはまってしまいました。
あんな悪い天気だったのに、けっこうみんな出かけるんですね。って、やっぱそういうシーズンだからですね。
帰りの車の中で、後半気分もダウナー気味でかなり暇でもあったので、
自分の太平記キャラに声優を当てる
という妄想を巡らせていました。
最初は一人で考えていたのですが、行き詰まってかえって疲れてきたので、車を運転している夫を巻き込みました。


以下、私たちが考えた「私設定の太平記キャラ」(ごめん・・)の声を当ててもらいたい声優さん。
ちなみに、私はまずほとんどTVを見ません。TVアニメをまともに見てたのは10年くらい前まで。
なので、最近の声優さんを知りません。ベテランの声優さんが今どういう声になってるのかもよくわかっていません。
あしからず~。
あっあと、夫は私がどんな絵を描くのかもどういう設定を持ってるのかもほとんど知りません(ってゆーかこの辺、誰も知らないと言った方が正解に近い)。南北朝時代の事もほとんど知りません。
以下敬称略。つか、かなり偉そうに語っていますがごめんなさい。最初に謝っておきます。
建武の頃で、基本二枚目声ってことで!


足利尊氏=関智一(保留)。正統派二枚目声でオケ。なのですごく悩む・・・・。草尾毅?と思ったのですが、草尾さんでは優しすぎるネ。関俊彦とか森川智之とか・・・・正統派にちょっとひねた感じが入ってる人がよい。
足利直義=置鮎龍太郎。ガチで。
高師直=子安武人
ここまでの時点で、夫は取り敢えず知ってる声優さんの名前を出しまくるので、ダメが出まくった。
すごく悩んだのが
佐々木道誉=小川真司。池田秀一という案が出て、「あっいいじゃん」と思ったのですが、小川さんの方がビミョーなやらしっぽい感じ(世間一般にはそれを色気と言うのか?)が出せそうな気がする。小杉十郎太案もあり。
この辺りで、南北朝時代に、まずどんな人がいるのか知らない夫から、お題を出せ。と言われたので、わかり易そうな人ってことで、
新田義貞=神谷明。いい人なんだけど、ちょっとイケてない感じで。
楠木正成=家弓家正(保留)。ぜんっ然違う!私のキャラじゃない!
私のはもっと優男って感じなの。もう故塩沢兼人にやってほしいくらい。でも夫は、正成っつったら家弓だ!と譲らん。
後醍醐天皇=小林清志。ここにも十郎太案あり。キングオブ何か画策してそうなおじ、十郎太。
他にどういう人がいるの?と聞かれたので、
細川兄弟とか~・・と言ったら、「誰?それ?」と言われたので、また一人で考えた。
細川顕氏=藤原啓治(保留)。竹村拓とか浮かんだのですけど、確か引退してますよね?
って所でタイムアップ。
護良親王とかも考えたのですけれど、まとまりませんでした。
夫が途中、「この人ではギャラが・・・」とか「この人が出ると打ち切りになるというジンクスが・・」とか言っておるが、
妄想にギャラは発生しないし、打ち切りは永遠に出ないので、心配無用。


楽しかったので、そのうち他のキャラも考えてみようっと。
夫に「で、山ちゃんは誰をやるの?」と聞かれた。
えっ?山寺宏一の起用は考えていないのですけれど・・・・。そんなに山ちゃんに出て欲しい?
じゃぁスペシャルゲストってことで。
二枚目声も聞きたいところですが、やっぱ「さすが山ちゃん!!」って感じの役がいいよね。
スペシャルだよね。さすが。だよね。
ってことで
          馬?とか?
尊氏の乗馬=山寺宏一
とか?


★★★今日読んでいる本★★★
「武王の門 上」北方謙三/新潮文庫
「SARU」五十嵐大介/小学館IKKICOMIX

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.06

傘を修理してみました。

みなさんこんにちは。
今日は雨降りです。また寒いです。
久し振りに予定のない休日だったので昼寝してました。
でも寝足りない。寝足りないけれど、これ以上眠れない。


先日の強風が吹いた日、娘が折りたたみ傘を壊して帰ってきました。
すごいショックだったようで、携帯電話の受信記録が大変な事になっていたのですけれど、私は全然気付かず・・・。えてしてこういう時に限って電話が取れなかったりするんですよね。申し訳ない。
結局夫の方に電話が繋がったそうで・・・つか、私は家に帰ってから気付いたのであった・・・。
まぁ怪我がなくてよかったよ。傘も骨が歪んだ程度に見えたので、直しておいてあげるよ。と、翌日広げてみたら、間接部の輪がちぎれてました。
実はこの傘、この日で使用回数2度目でした。つまりまともに使ったのって1回だけ。
しかも、ずっと安い物を使わせていたのですけれど、すぐに調子が悪くなるので2度程買い換えていて。だったら少しいい物を長く使わせた方がいいと思い、子供用にしては高価だと思いながらも買った物だったんですよね。


なので、修理して使いたいと思ったのですが、最近傘の修理屋って見かけませんよね?
少し前までは、職場に時々、傘修理のおじちゃんが来てたりしてたんですけれど、最近見かけないし。
合い鍵を作ってくれる所や、鞄修理のお店でやってくれる所もあるようですが、近所にはなさそうだし。折りたたみ傘となると、さらにやってくれるお店は少ないようです。
う~ん・・どうしよう。
そういえば、先日読んだマンガ(「監察医朝顔」香川まさひと/原作、木村 直巳/作画、マンサンコミックス)に、傘修理の道具が100円ショップで売ってるって書いてあったような・・・
で、ネットで調べましたら「傘修理キット」という物があるじゃありませんか!
直らなかったらどうせ捨てるしかないので、ダメモトでこれを使って自分で修理してみる事にしました。
修理する部分によって使う部品が違うのですが、100円ショップ物には、どんな部品が入っているかわかりませんでした。
500円前後でいろんな部品がセットになっている物も売っているのですが、メーカーによっては、やはり今回必要な部品が入っていないセットもあるようです。
ネットでいろいろ見ておりましたら、傘修理に必要なハトメを東急ハンズで買ったという話を書いている方のブログがありましたので、これは、他の部品もバラで売っているのではないか?と、夫に会社帰りに行ってもらいましたら、ありました!

Kasa1

左が輪がちぎれた部分。右が今回買った部品。3個セットでハトメも付いて115円でした。
「やったーーー!」
と夫と二人で早速修理開始。
なのですが・・・傘の骨が意外と太い・・・。
本来なら部品の爪部分を折り込んで傘の骨に絡めるようにするのですが、折り込めない。
サイズがある。というのはネットにも書いてあったのですが、骨が細いかも。とは考えたのですが、逆は考えてなかったんですね。とほほ。(ちなみに行ったハンズには、ひとつのサイズしかなかったそうで)
それと、この爪が可動部に当たってしまうことが判明。しかしこちらは、皮の張り方などで調節すればなんとかなるかな?ということで、思い切って壊れた部分を切断。

Kasa2_3

画像がわかりにくいですが修理部品を付けた間接部分。
爪は折り込めなかったので、ペンチで骨ごと潰すようにして抱き込みましたが、意外としっかりと付ける事ができました。
心配した可動部分への当たりもありませんでした。
他にも骨の歪みとか細かくあるのですが、大きなよじれだけ直して終了。
って正直、歪みを直すのはけっこう難しくて・・というか、無理にやると今度はそこが折れそうだったので止めました。
長々と書きましたが、作業で一番時間と手間が掛かったのは、修理のために剥がした皮を張り直す事で、骨接ぎだけなら10分掛からないくらいでした。折りたたみ傘だったので、少し面倒だったというのがありますし、場所によっては、皮は剥がさなくてもできると思います。


娘も、
「気に入って買ったのに・・・」とずいぶん落ち込んでいたのですが、せっかく買った物を捨てる事なく使い続ける事ができそうです。
たかが傘1本のことですが、修理できて本当によかったです。


★★★今日読んでいる本★★★
なし。

| | TrackBack (0)

2010.03.05

業務連絡とか覚え書とか

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
このブログを検索して来て下さった方の検索フレーズに、時々すっごくコアな言葉とかあって、マイナーな所で同じ事に興味のある方が訪問してくれている。というのはとても嬉しいことで、ありがたい事でありますね。
どんな言葉から辿ってきて下さるのか、見るの楽しいです。
しかし、本日のフレーズランキング・・・・茶ぁ吹きそうになりました。
検索して下さった方ごめんなさい・・・ご期待に添えなくて・・・・・。


そんなわけで、最近某直義ブログから来て下さる方もいらっしゃるようですので、カテゴリーに「歴史」を追加してみました。ざっと、それっぽい日記をすくい上げたので、全然違う話題が混じっているかもしれませんが、悪しからず。徐々に読み直して、整理していきます。
「科学」のカテゴリーも作ろうかと思ったのですが、抽出するのが大変そうだったので、とりあえず止めときます。


「サイチョコ」4巻の「ロウニンメカ!!」がツボにはまった~!
「ロウニンメカ」自己紹介の写真に使いたい。
ながいけんの「好きなキャラは足利尊氏」も好きだけど。これいい!
足利尊氏の、
「名前は知ってるんだけれど、何やった人だっけ?」って感じがいいんだろうな~。何がいいって?
いや、その、この、ビミョーな感じのギャグに・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「武王の門 上」北方謙三/新潮文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.01

あと何度、ゆく春を送るのか。と雪の日に思って欲しい

みなさんこんにちは。
今日はまた曇りです。先週暖かいと思っていたら、また週末からめっちゃくちゃ寒くて、体調を崩す人も多そうですね。
みなさま、お体ご自愛下さいませ。
で、先週金曜日は某足利様のご命日だったわけですが、
スカッと忘れてました。昨日まで忘れてました。
って正直なところ、毎年忘れてて、当日思い出した事が、まずない。
まぁね~・・・この方の亡くなった日も、26日が確実っぽく言われてますが、
実は25日の夜だったんじゃねーの?って話もありますので、
もうね、いいよ。いつだって。
何々記念日じゃないんだから。いちいち思い出さなくていいのよ。
と、ついさっきまで、
今日が自分の親の誕生日だって事を忘れてた私が、やや切れ気味にお伝えしております。
いや・・・一応、「好きだ」と言い続けている手前(親の話ではありません。念のため)、忘れてて恥ずかしいです。
でも、たぶん来年も忘れる・・・・。
でも自分が死ぬ時にも想ってる。と思う。


そんなわけで、日々の雑事に追われまくっている私は、
26日は仕事を休んで、娘の保護者会へ行ったり病院へ行ったりしておりました。
昨年末にはあんな事もありましたので、ちょっと緊張しました。保護者会。でもまぁ、何も問題なかった。たぶん。


そして土曜日は、久々の史料講読講座でありました。
いつも大変おもしろく参加させて頂いている上に、今回、参加者の方々からも論文とかレジュメとかお借りしまして、本当に大感謝です。
まだ読み始めたばかりなのですが、貸して頂いた論文、私的にけっこう衝撃的な話とか書いてありまして(え~?本当ですか~?な感じもありますが)、でもすごくおもしろいです。ってゆーか、内容がどうということではないのですが、「こういう風な話聞きたかった」って感じ。ってどんな感じだよ。と我ながら思ったりもしますが。えっと、
内容とかテーマは取り敢えず、私にはまだ手の回らない事なので置いておくのですが、
なんでこーゆー事になっちゃったの?って感じの事が、あ~なるほどそういう流れがあったんですか。と、なんか物語の裏側的なおもしろさがあります。(あくまでも、私がそう感じたということで・・)
で、そういう半端にかじった所から、すげー主婦の井戸端会議的に書き散らしたくなったりもするのですが、きちんとしたお話を聞かせて頂けば頂く程、読ませて頂けば頂く程、書く事ができなくなるのですね。
いやもう、ネタ的に、
「こんなお話があるんですよ」でいっか~。とは思うのですが、なんだかね、
それこそ、誰にともなく「馬鹿でゴメン」って感じですよね。
でもそんな事思ってると、一生何も書けなくなってしまいそうなので、腹ぁくくって馬鹿も曝していきますので、まぁ何かとお許しを。


で、講座の方ですが、
今回「摂津親秀譲状」という物を途中まで読ませて頂いたのですが、
家に帰ってからふと、
これって、こういう文書をまとめた本とかないのですかね?
ほら、なんか「有名人の遺言状」みたいな本があったように思うのですが、ああいう感じで。
下世話な興味で、誰それさんチの家庭の事情みたいなのが垣間見えるおもしろさもあるのですが、これって定型文に近い物があるじゃないですか?そうすると、私のような初心者は、その辺からくせ字とかくずし字とかのパターンを見つけたい・・・と、ふと、ふと思った次第であります。
そして、飲み会・・・
相変わらず酔っぱらいですみません。
声でかくてすみません。
でもきっと次回も酔っぱらいで、声でかいです。某さんの結婚記念日も覚えてます。すみません。


日曜日は、保育園のお友達たちと水族館へ行きました。
イルカショーではぐれたのをよい事に、別の所で寝てました。
いやもうめちゃくちゃ眠くて・・・気絶しそうでした。
もう酔っぱらい控えます。生まれてから37回くらい思ってます。
あと、45回くらいは思う予定です。
まぁ何かと、ご迷惑おかけします。


★★★今日読んでいる本★★★
本は読んでませんでした。
阪田先生の論文読んでました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »