« 過去への扉を開ける時 | Main | 侵略者 »

2010.01.29

蹲踞の縁に謙虚な神様がいること

みなさんこんにちは。
今日はややよいお天気ですね。
にゃんか・・ここ最近、自分の行動に自信がない・・・。
知らず知らず変な事をしてるような気がする・・・・。
その、変な事をしちゃってる感じがちょっとだけ、以前ひどい鬱になった時に似ているのですけれど、似てるけど全然違うっちゃ違うので、違うと思います。
まぁ有り体に言えば、「疲れてる」のか?やっぱ疲れているのだろうか?
んで、実は先週末少し軌道修正を試みようとしたのですが、見事に失敗しました。つか、軌道修正どころかむしろ悪化させたっぽい。
人は一人で生きてるわけではないのね。って事を痛感。一人で出来る事ってほんとすごく限られているのですね。あ~あ。


娘に
「おかーさんよりいろんな事を知ってる人がいて、悔しいんだよ」と言ったら
「勉強したら?」とさくっと言われた。
そんな正論を聞きたいわけじゃないんだよ。
くそっ女のくせに女心がわかってないなぁ!!


最近マイミクさんの日記でいくつか、
なんと言うか・・・「色々余裕がないね」って話が出てて、
私は私なりに、なんとなくその原因というか理由というか、に思い当たる事があったりして気になっているので、その辺を書いてみようかな?とも思ったのですが、
軽々しくどうこうとは書けないので、
ちょっとだけ思った事を書くと、えっと、
なんかですね、唯一絶対神のように君臨する価値観みたいなものがあって、昔から普遍的に存在しているのだけれど、それが今すごい力を持ってるっぽい。
もちろん私もそれに捕らえられてて、それで苦しくなっているのではないかと・・。そういう人が多い気がする。
なんでそれがそんな力を持ってしまったのか、なんでそんなにそういう人が増えたのかってゆーと、情報をお手軽に大量に手に入れる事ができるようになったためってのはあると思う。
で、かなり間をすっとばして、取りあえず言いたい事だけ書くと、
上を見て妬みすぎるのもやめとけって感じだけれど、下を見て慰めにするのも止めなよって思うんですよね。
今ある事に感謝するのはよい事ですけれど、当たり前であるべき事に後ろめたさを感じたり、過大に感謝しなければならないってのは、結局いろんな事のレベルを全体的に下げる事にしかならないと思うのだけれど。
私は仕事ばかりじゃなく、子育てが気になるので一緒に書いちゃいますけれど、
仕事がある事も、子供を持つ事も、特殊なことではないはずなんだけど、すごいぜいたくな事のように言われることがあります。
ぜいたくしてるんだから、それに対してきついとかつらいなんて、口が裂けても言えない。わがままでごめんなさい。って感じ。
好きで選んだ道でも大変なもんは大変なんだけどねぇ。ロボットじゃないんだから。
辛い事を辛いってもっときちんと言えるようになればいいのに。と思う。
この辺も、もっと書きたい事はあるのですが、グダグダになるのでこれくらいで。

ふと、昔(かなり昔。まだインターネットとかなかったし、パソコン通信はあったかも知れないけど、知ってる人が稀だったくらいの時代)、竹沢タカ子のマンガで、
CATVが普及して、個人の孤立化(と思想の統制)が進んでいく話があったな~と思い出した。題名忘れた。何か元ネタがあったのだろうか?
ところで憲法25条ってなんだ?


★★★今日読んでいる本★★★
「トニーたけざきのガンダム漫画 III」角川書店
電車の中で読んでて、スポーツ新聞のエロい記事読んでるオヤジと似たような挙動だったと思う。

|

« 過去への扉を開ける時 | Main | 侵略者 »

Comments

CATVではないと思うけれど、これですか
ttp://sprucesoul.blog50.fc2.com/blog-category-12.html

Posted by: かのん | 2010.03.23 at 18:10

>かのん様
情報ありがとうございます。

これは竹沢さんのブログですか!

時々著者名で検索していたのに、ブログをなさっているとは、全然気付きませんでした(--;)。
リンク先は「ボイルスタウン」ですね。
単行本は2巻まで持っていましたが、
記憶にないので、これは単行本に載らなかった分かな?

日記に書いた作品は短編で、これとは違う作品なのですが、確かにここでも「通信網の普及」について語られていますね(私が読んだ部分からは気付けませんでしたが、これにもそういうテーマがあったのか~)。

Posted by: じゅんこ | 2010.03.24 at 23:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/47419753

Listed below are links to weblogs that reference 蹲踞の縁に謙虚な神様がいること:

« 過去への扉を開ける時 | Main | 侵略者 »