« 時間の行方、記憶の在処 | Main | 失礼しました »

2009.12.20

仲良きことは美しき哉

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
子供関係でかなりイヤな事があって、一昨日の夜はよく眠れませんでした。
まぁ・・翌朝その相手から電話があって、解きたい誤解は解けたようなので、とりあえずよかったです。
が、その件を横で聞いてただけの人から、なんか悪意のこめられたメールが来て、消耗した。
なんで事情のわからない事について、そこまで人のことを悪く決めつけた話ができるかな~。
やれやれ。
そんな寝不足で精神的にもなんかよくない状態で、妹の子を預かって、うちの娘も連れて、クリスマス前のポケモンセンターへ行ってしまったせいか、昨日の夜は夕飯食べてていきなりガクリときてしまいました。ヘロヘロ・・・。
とほほ・・・。


話を変えますが、
少し前に、創作系で南北朝をやってる方のサイトを見まくっている話を書きましたが、他人が描いているのを見ると、自分もめちゃくちゃ絵が描きたくなって、
で、最近イラストをちょろちょろと描いています。
そんな事より他にやる事はいくらでもあるだろう。って気もものすごくするのですが、まぁ基本的に、今やりたい事をやるという事で・・・またいつ飽きるかわからないし・・・。
そんなわけで、直近では細川さんチのご兄弟のイラストを新たにアップさせて頂きました。
前にも書きましたが、細川和氏とか顕氏とか、割と好きなのです。
その辺の細川さんのお話は、もう少しきちんと勉強が進んだら、某コミュなり某まとめブログなりに書きたいのですが、(顕氏の事は以前少し書きましたが)まだ勉強途中で、とてもきちんとした物が書ける状態ではありません。が、
その辺のきちんとしてない辺りを、今日は書き散らしてみたいと思います。
はっきり言って妄想書き捨てですので、そーゆー戯言には付き合ってられないって人は読まないで下さいませ。


私が細川氏を意識したのは、吉川英治の「私本太平記」が始めなのですが、正直言って、小説の中でどんな活躍をしていたのか、
まったく覚えていません。つか活躍なんてしてたのかも今ちょっと疑っているのですが
・・・・・活躍してましたっけ?
それはともかく、私は「弓とり」顕氏が好きなのですが、やっぱセットで覚えた和氏も好きで・・・なんかいつどーやって死んだかもはっきりしない人なのですが、
これから足利やりますよ!!
って盛り上がってる時に亡くなっちゃってるんですよね。
そういうのがですね、なんと言いますか、もちろんご本人には色々苦労とか大変な辛い事とかあったのかもしれませんが、私的に、

いい時に人生の幕を閉じたよね。って感じ。
幸せな記憶と言いますか・・・
いい思い出しかない(もちろん私の個人的な見解で)。みたいでいい。
好きになるポイントそこかいっ!ってのもあれですが、まぁ私の南北朝時代は、直義さま中心に廻っているので。そゆこと。
でもそれだけじゃぁさすがに申し訳ないので、もう少し惹かれる所を書かせて頂きます。
和氏は、足利政権下では直義の下で働くことになりまして、尊氏の側近として活躍する弟の頼春や軍事活動を主にしていた従兄弟の顕氏とは好対照だったりするのですが、じゃぁ軍事的な事は苦手だったのか、と言いますとそうでもないようなのですね。
中先代の乱の辺りで、戦功があった話がいくつか残っています。
でも文官になってしまう。
その辺の事情を想像するわけです。
(一応言っておきますが、以下私の妄想入ってます)
ひとつは、やっぱこの時期に亡くなってる事について・・。享年47歳というのが通説のようですので、特別若いわけではありませんが、ぽっくり逝っちゃう年でもない。でも、亡くなる数年前には隠居生活に入ってしまっているのですよ。しかも子供たちはみんなまだ家を継げる程の年ではないのに。
やっぱこれは体を壊してたんじゃないか・・と。いつからかは知りませんが、やっぱ京都へ戻ってきたあたりから?で、療養生活。
病弱な家長・・・。しかも本気出せば強いんだけど、病弱なおにいちゃん。
(念を押しますが、この辺私の妄想です)
ちょっとよろしくないですか?
ちなみに、「難太平記」には、和氏が当時の記録(らしき物)を書いてる話が出ているのですが、それがどんな物なのかは現在わかっておりません。
  誰か発見してーーーー!!


ご参考までに細川さんちのご兄弟は、
公頼系・・和氏・頼春・師氏
頼貞系・・顕氏・直俊・定禅・皇海(直俊と定禅は建武年間に死んだらしい)
ちなみに和氏の息子の清氏は、従兄弟の頼之に討たれて亡くなってます。
もしかしたら、清氏とか、和氏が長生きしてればこんなことにはならなかったかもしれませんけど、それ以前に兄弟の対立とかあったかも知れないので、この辺はなんとも・・。
でも、和氏は少なくとも足利さんちの対立とか従兄弟との対立とか、そーゆーのは見てないわけで、そんな和氏さん目線(もちろん私の偏った妄想の産物)でこの時代に思いを馳せると、ちょっと幸せなんです。


★★★今日読んでいる本★★★
眠い・・・

|

« 時間の行方、記憶の在処 | Main | 失礼しました »

Comments

こんにちは、四ツ塚雪です。
こちらでは、はじめまして。
じゅんこさんの描かれたイラストを拝見させて頂きました。細川兄弟のイラストの、笑い声が聞こえてきそうな雰囲気が、私は好きです!
ブランクがあると書かれていたのに、こんなに描けるなんて凄いです…!
でも逆にブランクがあるからこそ、手の赴くまま、楽しく描かれていらっしゃるのかなとも思います。
私も一度、ペンを置いたことがあります。でも結局、描かずにはいられなくて、また描き始めましたから。
描きたい時が、描き時だと思いますので、これからもどしどし描いて下さい!(笑)
また遊びに来ます!

Posted by: 四ツ塚雪 | 2009.12.23 at 15:40

>四ツ塚様

いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
イラストもお褒め頂き光栄です。

四ツ塚さんのブログ、ステキなイラストとためになるお話が多くて、いつも楽しみに読んでいます。

こちらのブログは、基本、自分話ばかりですが(^^;)、ちょこちょこと南北朝のことなども書きますので、ぜひまた遊びにいらして下さい。

Posted by: じゅんこ | 2009.12.23 at 20:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/47054244

Listed below are links to weblogs that reference 仲良きことは美しき哉:

« 時間の行方、記憶の在処 | Main | 失礼しました »