« 歯医者へ行きました | Main | 足利史跡巡り »

2009.10.01

それは言えない

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。でも明日からまた雨の予報みたいです。
今度の土曜日が娘の学校の運動会なのですけれど、どうなるのかな~?
翌日予定があるので、きちんと土曜日のうちに終わらせてほしいのだけれど・・・。
でなければ、どうせインフル騒動とかで練習もきちんとできてないのだから、来週末にするとか・・・してくれないかな~。


先週末は、
久しぶりに歴史の勉強をしてきました。
まぁ・・私の楽しみは勉強以上にその後の飲み会にあったりするのですが・・・・。
この飲み会もまた、私には大変有意義な場でして、いつもいつもいろんな刺激を受けて帰ってくるのです。
そして今回、某歴史資料に関して、ずーーーーーーーーーっと気になりつつも、もしかして触れてはいけない事かも知れないと思って口に出すのがはばかられていた事を、酔った勢いでついに聞いてしまいました。
ああ、「酔った勢い」って、なんてステキな言葉なんでしょう!!
たとえ私がその場でわけのわからない自分語りをしていても、それはすべて「酔った勢い」ですから。大人の対応としては、
すべて水に流す。または忘却する。というのが正しいあり方ですから。
もしくは、私以上にわけのわからない行動を取る。とかね。私的にはこっち推奨。
まぁそれはともかく、
酔った勢いで思い切って周りの方たちにこの気がかりを打ち明けまして、
そして胸の支えの取れるお話を聞くことができ、大満足でありました。
でもやっぱりネットではちょっと書きづらいので、何を聞いて何を言って頂いたかは、ヒ・ミ・ツ。


話が変わるようですが、私の中ではきちんと繋がっています。
別に歴史だけのことではありませんが、本来冷静に公平に判断しなければならない学問の世界でも、どうしても主観が入ってきたりしますよね。それはもう、人間なら仕方のない事ですし、それがまったくないってのもどーかしてると思います。
私なんか勉強の底が浅いので、自分の価値観にバリバリ縛られてたりして、けっこうジレンマだったりするのですけれど、いろんな人と出会っていくと、すごく勉強してるな~と思う人でもその辺は私とそんなに変わらなかったりする事に気付いたりします。
かつて衝撃を受けたのが、学部できちんと勉強していた方が、
「これは江戸時代の人が書いてる事だから正しい」という論理の展開をなさって、まぁ・・南北朝時代の話なので、確かに平成の時代から見ればかなり近い時代には違いないですが、今私達に明治の世の中が正しく理解できているか。と言われればそんなことはまったくないわけですし。その考え方はいくらなんでもおかしいだろ。と思ったのですけれど、本人は真剣にそう信じているのですよね。
もっともこの人は、「地元の人が言ってるから正しい」とかも言っていたので、研究者として何かが決定的に欠けているのかも知れません。
と思っていましたら、似たような事を言う人は他にもいるそうで・・・こういう考え方をする人って実はけっこういるのでしょうか?そういう人にとっては、すべてがおばーちゃんに聞く戦争体験と同じレベルなのでしょうか。ある意味とてもグローバルな心の持ち主とも言えますが、あまり見習いたくないと思ってしまうのは私の心が荒んでいるからでしょうか。
「昔の人」じゃなくても、「○○先生が言ってたから」と信じてる人はかなりいそうですね。
その「○○先生」がどういう方かってゆーのも大切な所かもしれませんが、○○先生だって、おそらく当時を生きていたわけではないと思いますので、まるっきり正しい事を言われているはずはないですよね。
そういう事では学問って、疑うことから始まったりもするのですね。疑うことも大切です。疑ってるだけでは、ただのヤな奴ですけど。
あと・・これは余談になりますが、
学問や文化というのは、いろんな人がしてきた事、考えてきた事の積み重ねだ。ということを、やはり念頭に置いておかなければいけないのではないか。と思ったりします。


ところで、ここから本当に話が変わりますが、
今「ヤングキング」で「ワイルド7トリビュート」という連載企画をやっておりまして、
「ワイルド7」は、私が生まれて初めて
「マンガってすごい!!」と思った作品なのです。
まぁこの作品も続とか新とか色々出ていますのに、私は最初のシリーズしかきちんと読んだことがないといういい加減なファンなのですが、他の作家さんが「ワイルド7」を描くというのがおもしろそうでしたので、買ったことのない雑誌でしたが、読んでみることにしました。
「ヤングキング」自体自分的にすげー違和感がある。とか、
それはさておき、「トリビュート」ですが、
これってなんのための企画なの?
というのが正直な感想です。
ネットでの評判は概ね良好なようですが、私はすでに「なんだかな~?」です。
って、まだ2作目なので、これからどうなるのかわかりませんけれど、次回の小林まことの予告とか見ても、なんかビミョーな感じ・・・。
なんと言いますか、執筆予定の作家さんを見れば確かにベテランばかりで「なるほど」って感じの方達なのですけれど、「これって○○○○○○してませんか?」って聞きたくなってしまう(今のところってことで)。
筋金入りのファンな方は、作品のよさを丁寧に汲み上げて下さったりもしているのですけれど、それってかなり○○してませんか?つかもしかして、○○○ってませんか?
いやだって、どう考えても あっ


÷÷÷÷÷ そのまましばらくお待ち下さい ÷÷÷÷÷


あっそー言えば、よしながふみの「大奥」5巻が出ましたね。


★★★今日読んでいる本★★★

|

« 歯医者へ行きました | Main | 足利史跡巡り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/46344265

Listed below are links to weblogs that reference それは言えない:

« 歯医者へ行きました | Main | 足利史跡巡り »