« September 2009 | Main | November 2009 »

2009.10.30

知ることができる幸せ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


歴史の勉強を少しなりともして・・・、所詮自分は「キャラ萌え」だな~と、思い知らされたりするのですが、
まぁそれはそれ。
で、その「キャラ」の事をもっと知りたいと思って勉強していると、けっこう宗教的なお話が出てきて、最近そこで引っかかる事が多いです。やはり価値観の大きな部分を占めていたのだろうと思うので、きちんと知りたいとは思うのですが、かなり難しいです。
昔の人の価値観を、今やそれを知ろうとしても、せいぜい紙面に残されている事から伺う事しかできませんが、
その人は過去に確かに存在して活動していて、その周りにもいろんな事が存在して、誰かが言った言葉とかお天気とか食べた物とか、そんな周りを取り囲む全てのことからいろんな影響を受けてその人になったのに、私が知ることのできるのは、ほんのちょっとでしかなくて、それは少し淋しいのですけれど、
だからせめてその残っているほんのちょっとでもきちんと知りたいのですけれど、そのほんのちょっとが、実はすごく膨大だというのは、目眩がする程絶望的な気分になったりもします。
でもそれは、嬉しいありがたい事ですね。


そんな事を、宗教の事とかどう勉強するかな~とか、思いながらネットを見ていましたら、立川流の話が出ていまた。こういう黒い世界も基本的には好きなので、そのうち調べてみたいな~と思ったりもするのですが、弾圧されて途絶えちゃって、本とかも焼かれちゃったりして、今ほとんど史料がないそうですね。
まぁちょっと何かやり過ぎて嫌われちゃったって事なんですかね。
でも、周りから見れば許し難い事でも、それに価値を見つけて拠り所にしていた人も大勢いるのでしょうし、どんな人達がそういう世界に生きていたのかとか、興味深いことですので、何も残されていないというのは、大変残念なことです。
私もこの世界の事はまったく詳しくないのですけれど、かすかに伝え聞くことによれば、弟子達に厳しい所とかかなりまじめな印象もあって、文章が巧みな方が多いとか、悪い話ばかりではありませんよね。
ちょっと談志のカリスマ性に頼りすぎているのが怖い気もしますが。そんなに問題視しなければならないようなことなのでしょうか?
なんで内田春菊が入ってるのかとか、ちょっとわけわかりませんけれど。
芸事の世界ははみ出してる所があった方がおもしろい気がしますので、それはそれでいいのではないでしょうか。


えっ?私は落語はやっぱり古典がいいですね。


★★★今日読んでいる本★★★
斜め読み乱読中

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.10.27

せつなくて 苦しくて

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日は急にものすごく寒くなったと思ったのに、今日は暑いくらいです。
娘のクラスがとうとうインフルエンザにより学級閉鎖です。
でも娘は今のところ元気で、家に一人でいてものすごく退屈しているようです。私だったら3日間も1人で何も予定なく過ごせるなんて、すごく嬉しいのですけれど、子供って一人で暇を潰せないのだね~。
代わってやりたい。じゃなくて代わって欲しい。


今年の3月頃から、月に一度史料講読の講座に参加させていただいています。
講師の先生が開いているブログに一目惚れして、しば~らく悩んでいたのですけれど、思い切って申し込んでみました。
いやいや・・・もう毎回・・・これまで古文書というのは読む物ではなく眺める物でしかなかった私としましては、必死で読んでるというか、読んでないと言うか・・・・
あんまり読めないと先生がヒントをくれるのですが、
「竹にあるのは?」
「・・・・・・・・節・・・?」
「そうっ。じゃぁこれは?」
「竹の節!!」
「竹っ!いらないっ!!」
字数を3倍してどうする。シャア専用か?
人体の話してるのに、生えてるのか?竹!
頭悪すぎです。
そんな私を不憫に思われたわけでもないでしょうが、今回の講座では「足利直義下知状」を取り上げて下さいました。
すっごく感激です。しかし一方ですごいプレッシャー・・・・。
やりましたのは、あの、知る人ぞ知る「貞和5年の花押」のある物です。花押というのはサインみたいな物、と言えばよいでしょうか。
しかし私的には貞和5年のこの2ヶ月半くらいの間は直義の黒歴史。
直義の花押というのは、置かれた立場による変化が顕著に表れていて大変おもしろい物のようですが、私はこの花押の話をされると、いつもなにかとても恥ずかしくなります。
あっでもそんな所にすぐに気持ちが出てしまうなんて、ちょっとかわいいかも~。
「貞和5年の花押」についての詳しい話は、そのうち他のところにでも書こうと思いますので、なんのことやらわからない方にはとりあえずごめんなさい。


さて、この下知状は、裁許状という、裁判の判決を書いた物でしたので、単純な内容で素直に読めるかと思いきや
読めない・・・・。
字がどうというより、どこで切ったらいいのかわからない。これは他の方もちょっと苦労されていたようです。
直義の出す裁許は公平で妥当な物だった。というのはよく聞く話なのですが、それは他の人が出した物と比べたりしてそう言われているわけですよね?そういう事からその性格を読み取ったりもできるわけですよね。
それってすっごくすごくいいな~。
しかし好きな人の文章でさえこんなに苦労して読んでいるのに、さらに内容について検討するためには他の人の物も読まなければきちんとした勉強にならないとは・・・。
研究家の方が調べて下さった物を元に、その辺の手を抜けるというのは大変ありがたい事であります(抜いてちゃ全然きちんと勉強できてないんですけど・・・)。
あ~でもやはり自分で読みたいよね~。
で、書いてある事からその思いまで読み取れるようになりたいもんですよ。
って、あ~そんな日が訪れる事を、想像するだけでドキドキしてきた!


他にも何か書きたかったような気がするのですが、
なんかうわごとをほざきだしたようなので、そろそろ風呂入って寝ます。
ではでは。


★★★今日読んでいる本★★★
「日本の歴史9 南北朝の動乱(改版)」佐藤進一/中公文庫
見失いそうになったら原点へ還る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.20

いつまでもマンガ好き

みなさんこんにちは。
今日はやや曇り・・のような気がします。
って、朝はいい天気。と思っていたのですが、その後外へ出たら既に暗かったし。


足利直義について、ネットで大変興味深いお話を読みまして、
某コミュニティで紹介させてもらおうかな~と思いつつも、まぁまずは裏を取らない事にはと思い、私の少ない情報源を当たりながらも、よくわからず・・・。しかし手持ちの情報と興味を持った話をじっくり読んでいるうちに、
もしかして、これ・・・このサイトを書いてる人の勘違いじゃない??
という思いがフツフツと・・・。
いや、挙げてある史料をまだ読んでいない(つか見つからない)ので、なんとも判断は付かないのですが、それでもなんか勘違いくさいような・・・。
しかし、これが本当だとしたら私的には色々と楽しいので、また折りを見て調べて行きたいと思います。
しかし、今大きな図書館で調べたい事が他にもあるのに、もう何ヶ月も図書館へ行けない状態継続中です。夏休みが終われば楽になれると思っていたのに、秋は秋でなんちゅーイベントの多さ!!
そして、人が書いてる事を「勘違いでは・・」とかエラソーに書いてますけれど、勘違いな事なら負けずにいっぱいやっていそうなので、何か気付いた方はこっそり教えて下さい。
こっそりじゃなくてもいいですけど、新聞広告とかだと、ほぼ読まないので伝わらないと思います。TVCMも同様。


先日書いた「ワイルド7」トリビュート、今回は小林まことさんでした。って、出たの1週間前ですけどね。
まぁ小林まことは手堅くうまいとは思いましたが、やっぱ「これですか・・・」って感じでした。で、もっと色々書こうかと思ったのですが、1週間経っちゃったし、もう、コアな人だけ喜んでおけばいいんじゃない?って気分になっちゃってます。
話は変わって、
10月6日創刊された朝日新聞出版の「週刊マンガ日本史」。
子供に歴史への興味を持たせるため。という言い訳の下に定期購読を申し込んでいます。で、昨日2巻目が届きました。
やっぱマンガ好きな娘は楽しみにしているようで、創刊号が届いて以来、私への届け物があると「歴史のマンガ?」と聞いてくるので、ある部分については思惑通りになっていると言えましょう。
しかし、たぶん興味があるのは「マンガ」部分であって、「歴史」はどーでもいいって感じな気がします。毎週マンガが届くってゆーのが楽しみ。とゆーか・・・。
そして私はどうなのか・・と言いますと、
まず、「すごくマンガだな~」と。「すごい」じゃなくて、いかにも「マンガです!」ってノリにちょっと唖然(あっここに書いてる事はすべて創刊号も含めての感想です)。紙屋さんが「卑弥呼」の感想を書かれていますが、まぁそんな感じです(藤原卑弥呼に対する感想が絶ミョー。泣ける)。
うちの娘がまだ小学校の小さい方の学年でよかったって感じ。
んで、私が今の時点ですごく気になっているのは、サブキャラが未来を幻視するのは
デフォ?
それならそれで大変おかしいので、ぜひデフォでお願いします。んで、やっぱこう来たら「足利尊氏」(13号)でそれをするのは直義様?
                   それはやだな~・・・・・。
それとも高師直か?
あっあと、CGテラテラはやっぱ馴染まんな~・・・・。


漫画ネタで引っ張ります。
押切蓮介が、またここンところ単行本を続けて出していますネ。
今私のいち押しの作家。すごく応援してます。
ってゆーかやっぱ不思議な才能のある人だと、私は思います。その辺をもっと評価されていいんじゃないかな~。
あっ押してるって言えば、既に日記に書いたかも知れませんが、
谷口敬さんがデビュー30周年記念に、最初で最後の自費出版を出されるそうで。
ところが、通販はしてくれないそうで・・・・知り合い配布で残った物を11月のコミティアに出されるそうで・・・・
やっぱそれに行かないと手に入れられないのでしょうねェ・・・・・。
私的にはすごく素適な作品を描かれる人なのですけれど(これは以前確かに書いたように記憶しているのですが、私、ご本人も持っていないという、プリントゴッコ入りの単行本持ってます)、一般的な評価がわからなくて・・・。やっぱファンとしては朝いちで行くくらいでないとダメでしょうか?あうあう・・・。
あっ今すごく素適な作品と書きましたが、泣ける系の話ではまったくもってありませんので、そういうのを期待する方にはまったくもって勧めません。でも今イラストを見て、私はやっぱあまりの素晴らしさに泣けそうになった。


★★★今日読んでいる本★★★
週末の予習を少し・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.14

足利史跡巡り

みなさんこんにちは。
今日は曇りですね。


先日親不知のことを書きましたが、同時に知覚過敏がひどくなってしまい、こちらの治療をしました。
ところが、いろいろして頂いたのですがさっぱり治らず。なんだか段々症状がひどくなっているような気もして・・・・
なんと言いますか、地味~な痛さで・・気のせいのようでもあるけれど、確実に消耗するって感じで・・・。イヤなんですよね。
でも、きちんと治すのには時間が掛かるみたいだし、そのうち痛みに慣れて気にならなくなるとゆー話もあるので、しばらくの間はこの痛みと付き合うしかないのか・・・と
そんな話を妹にしてましたら、「なんか、そういうのに効くっていう歯磨き粉があるじゃない?」と言われ、藁にもすがる思いで買ってきて、使い始めました。ら、
翌朝その「地味~な痛み」がないんですよ!なんかね、すごくすっきりしちゃいました。
1回使っただけで効くの!?という疑問もあるので、歯医者の治療の効果が出たのかも知れないし、なんとなく始めたウォーキングの効果が出てきたのかも知れないし、もしかしたら痛みに慣れてきたのかも知れません。
また明日はどうなっているかわかりませんけれど、このままでいてくれる事を切に願う!


先週末、足利市で
樺崎寺跡シンポジウム「日本中世史に足利氏が残したもの」が行われ、1日目だけ参加してきました(2日目は家庭の事情により不参加)。
1日だけでしたが、シンポジウムの講演はとてもおもしろくて勉強になりました。つかやっぱ墓の話とか、好きです。骨が出たとかいう話になると、自分でハッとするのがわかるヨ。
シンポジウムが始まるまでに午前中の時間が空いていたので、一緒に行った友達に足利観光にも連れて行ってもらいました。
私も何度か足利へは行っていますが、正直中心街ばかりうろうろしているという感じで、あまりきちんと史跡を回ることがありませんでした。
今回は樺崎寺のシンポジウムでしたので、やはり樺崎寺跡くらいは見ておきたいと思っていたのですが、
智光寺跡→法玄寺→法楽寺→吉祥寺→光得寺→樺崎寺跡→清源寺
と、足利市北部の足利氏縁の場所を色々と案内していただきました。
いや、もう・・・基本的な事もかなりわかっていなくて、色々教えていただきながら、めちゃくちゃ恥ずかしかったのですが、石造物の見方とかとてもおもしろかったです。ありがとうございます。
史跡へ行っても、ただ「あ~ここがあの場所なのね・・」という見方しかしてこなかったのですが、見るべきポイントは色々とあるのだな~というのが、すごくタメになったと思います。これからはそういう事も気にしつつ観光するよう心がけたいです。
そして樺崎寺跡、私はかなり気に入りました。
ただ、今回光得寺に移されている石塔群をすごく見たかったのですけれど、修復のために撤去されていて見られなかったのが残念でした。
まぁまた行く時の楽しみがあると思って・・。次に行く時には遺跡の発掘や整備ももっと進んでいるのだろうと思いますし、楽しみにしていたいと思います。


隣町の太田市に親戚が住んでいますので、私は家族と一緒にそのお宅に前泊したのですが、私が足利観光をしている間に、家族は新田の曹源寺や新田神社へ行ったそうです。
シンポジウム後、予定がある友達とは会場で別れ、私は家族と待ち合わせていた足利駅へ向かいました。
土地勘がないので、案内に書いてあったバスを使おうとしたのですが、これが1時間半に1本・・・・、流しのタクシーは影も見えず・・・。
まぁ1kmくらいの距離なので歩いても大した事はなかったのですけれど、この後に行こうと思っていた商工会議所は、めんどくさくなったので行きませんでした。
が、駅へ来る前に家族がお土産を買いに寄った店が商工会議所の真ん前だったとか・・・・・。シンポジウム会場からの距離は同じくらいだったんで、そっちで待ち合わせればよかったヨ。とほほ。


ところで、北関東自動車道のあれはどういうことなのでしょうね?
あれってかなりひどい事になってるのではないでしょうか?って言っても、もう元には戻せませんけれど。
そう言えば、泊まった家の親戚が、最近雨が降ると家の前の川がすごい勢いで溢れて・・・住んでいる家は少し高い所に建っているのでまだ大丈夫なのだけれど、低い所にある古い建物が床上浸水してしまうので取り壊したい。という話をしていました。
やはり山の治水が悪くなっているのではないか知らん?


★★★今日読んでいる本★★★
「いろはうた―日本語史へのいざない」小松英雄/講談社学術文庫
ところどころとても面白い。
のだが、ほとんど理解できない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.01

それは言えない

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。でも明日からまた雨の予報みたいです。
今度の土曜日が娘の学校の運動会なのですけれど、どうなるのかな~?
翌日予定があるので、きちんと土曜日のうちに終わらせてほしいのだけれど・・・。
でなければ、どうせインフル騒動とかで練習もきちんとできてないのだから、来週末にするとか・・・してくれないかな~。


先週末は、
久しぶりに歴史の勉強をしてきました。
まぁ・・私の楽しみは勉強以上にその後の飲み会にあったりするのですが・・・・。
この飲み会もまた、私には大変有意義な場でして、いつもいつもいろんな刺激を受けて帰ってくるのです。
そして今回、某歴史資料に関して、ずーーーーーーーーーっと気になりつつも、もしかして触れてはいけない事かも知れないと思って口に出すのがはばかられていた事を、酔った勢いでついに聞いてしまいました。
ああ、「酔った勢い」って、なんてステキな言葉なんでしょう!!
たとえ私がその場でわけのわからない自分語りをしていても、それはすべて「酔った勢い」ですから。大人の対応としては、
すべて水に流す。または忘却する。というのが正しいあり方ですから。
もしくは、私以上にわけのわからない行動を取る。とかね。私的にはこっち推奨。
まぁそれはともかく、
酔った勢いで思い切って周りの方たちにこの気がかりを打ち明けまして、
そして胸の支えの取れるお話を聞くことができ、大満足でありました。
でもやっぱりネットではちょっと書きづらいので、何を聞いて何を言って頂いたかは、ヒ・ミ・ツ。


話が変わるようですが、私の中ではきちんと繋がっています。
別に歴史だけのことではありませんが、本来冷静に公平に判断しなければならない学問の世界でも、どうしても主観が入ってきたりしますよね。それはもう、人間なら仕方のない事ですし、それがまったくないってのもどーかしてると思います。
私なんか勉強の底が浅いので、自分の価値観にバリバリ縛られてたりして、けっこうジレンマだったりするのですけれど、いろんな人と出会っていくと、すごく勉強してるな~と思う人でもその辺は私とそんなに変わらなかったりする事に気付いたりします。
かつて衝撃を受けたのが、学部できちんと勉強していた方が、
「これは江戸時代の人が書いてる事だから正しい」という論理の展開をなさって、まぁ・・南北朝時代の話なので、確かに平成の時代から見ればかなり近い時代には違いないですが、今私達に明治の世の中が正しく理解できているか。と言われればそんなことはまったくないわけですし。その考え方はいくらなんでもおかしいだろ。と思ったのですけれど、本人は真剣にそう信じているのですよね。
もっともこの人は、「地元の人が言ってるから正しい」とかも言っていたので、研究者として何かが決定的に欠けているのかも知れません。
と思っていましたら、似たような事を言う人は他にもいるそうで・・・こういう考え方をする人って実はけっこういるのでしょうか?そういう人にとっては、すべてがおばーちゃんに聞く戦争体験と同じレベルなのでしょうか。ある意味とてもグローバルな心の持ち主とも言えますが、あまり見習いたくないと思ってしまうのは私の心が荒んでいるからでしょうか。
「昔の人」じゃなくても、「○○先生が言ってたから」と信じてる人はかなりいそうですね。
その「○○先生」がどういう方かってゆーのも大切な所かもしれませんが、○○先生だって、おそらく当時を生きていたわけではないと思いますので、まるっきり正しい事を言われているはずはないですよね。
そういう事では学問って、疑うことから始まったりもするのですね。疑うことも大切です。疑ってるだけでは、ただのヤな奴ですけど。
あと・・これは余談になりますが、
学問や文化というのは、いろんな人がしてきた事、考えてきた事の積み重ねだ。ということを、やはり念頭に置いておかなければいけないのではないか。と思ったりします。


ところで、ここから本当に話が変わりますが、
今「ヤングキング」で「ワイルド7トリビュート」という連載企画をやっておりまして、
「ワイルド7」は、私が生まれて初めて
「マンガってすごい!!」と思った作品なのです。
まぁこの作品も続とか新とか色々出ていますのに、私は最初のシリーズしかきちんと読んだことがないといういい加減なファンなのですが、他の作家さんが「ワイルド7」を描くというのがおもしろそうでしたので、買ったことのない雑誌でしたが、読んでみることにしました。
「ヤングキング」自体自分的にすげー違和感がある。とか、
それはさておき、「トリビュート」ですが、
これってなんのための企画なの?
というのが正直な感想です。
ネットでの評判は概ね良好なようですが、私はすでに「なんだかな~?」です。
って、まだ2作目なので、これからどうなるのかわかりませんけれど、次回の小林まことの予告とか見ても、なんかビミョーな感じ・・・。
なんと言いますか、執筆予定の作家さんを見れば確かにベテランばかりで「なるほど」って感じの方達なのですけれど、「これって○○○○○○してませんか?」って聞きたくなってしまう(今のところってことで)。
筋金入りのファンな方は、作品のよさを丁寧に汲み上げて下さったりもしているのですけれど、それってかなり○○してませんか?つかもしかして、○○○ってませんか?
いやだって、どう考えても あっ


÷÷÷÷÷ そのまましばらくお待ち下さい ÷÷÷÷÷


あっそー言えば、よしながふみの「大奥」5巻が出ましたね。


★★★今日読んでいる本★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »