« 玉虫のお導き | Main | 着物語り »

2009.08.14

富士山

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかしやっぱり蒸し暑い。
お盆休み期間ですけれど、今朝通勤のために駅へ行ってみましたら、ホームからすごい人数が上がって来てて、ギョッとしました。
あれか?あれのせいか?
でも、お子様も多かったので、あれだけじゃなく、お台場目当ての方達もか?
ほんと、何事かと思いましたけれど、なにか特別なイベントでもやってるのか?あれ以外に。


さて、昨日書きましたように、富士宮へ行って来ました。

Fuji

今回は、土曜日が夫の夜勤明けだったので、夕方出発の夜到着。
昼間は東名高速道路が渋滞してたようですが、この時間にはすっかり解消していましたので、スイスイ行く事ができました。
ところで、富士宮の家に着いて思ったのですが、
全然涼しくないんですよね。
この家は少し山の方に登った所にあって、この季節でも夜はけっこう涼しくて、明け方には寒いくらいだったりしたはずなのですが、今年は全然涼しくなくて、明け方になってもそれ程気温が下がった感じがありませんでした。
やはり温暖化の影響?つか、暑い東京を逃れて来たつもりだったのに、涼しくないって・・・。
ちょっとがっかりだったのですが、日曜日に行った観光地が思いの外よかったので、行った甲斐がありました。
まず、「富士山こどもの国」
県営・・なのかな?1999年開園ということなので、割と新しい公園で、今回初めて行きました。
もっと早く行っていればよかった~。と思うくらいよかったです。
裾野ICの近くというイメージだけで、なんかもっと遠いように思っていたのですけれど、地図で見ると、富士から行くのとそんなに変わらないみたいですね。

Child

園内はすごく広くてきちんと整備もされているし、遊具も揃っていてほんとよかったです。かなり広い水遊び場があって、カヌーとかも1回10分で無料貸し出しなんですよ。
今夏休みイベントもやっているので、入場料は比較的安いし、お勧めです。


適当なところで切り上げて富士サファリパークへ行こうかと思っていたのですが、結局閉園時間まで過ごしまして、サファリパークは午後6時からのナイトサファリで入ることにしました。
夜の方が動物も活動的だからいいかな?と。
で、こどもの国からサファリパークへ行く途中に、「頼朝の井戸」という看板を発見。
車をUターンしてもらい見に行ったのですが、ハイキングコースの入り口っぽい所にチェーンが張ってあって、よくわからなかったので「まぁいいや」と離れたのですが、そこから見えていた四阿の中に井戸があったようです。
サファリパークは思った以上に混んでいて、午後5時半の受付開始くらいに並んだ私たちが入園する時には園内バスのチケットはほぼ売り切れと言われ・・私たちは最初からマイカーの予定でしたが、バスも楽しそう・・機会があれば乗ってみたいです。ウォーキングサファリもやってみたい。
7時くらいまでお土産屋さんを見たり、軽食を食べたりしてまったりしてからサファリゾーンへ行きました。
私は結婚前に友達と1度だけ来たことがあるのですが、もうすっかり様子も忘れていましたし夜は始めてでしたので、けっこうワクワクしました。
草食動物ゾーンでは柵もなくて、けっこう動物が車の間を横切って行くのですが、
キリンが道路の真ん中を歩いてきた時には、「えっ?ホントに?」って、ちょっと最初信じられなくて、かなり興奮しましたよ。
Giraffe


翌日は、母からの電話で起こされ、
何かと思ったら「台風が来て、東京はすごい大雨だから早く帰ってこい」とのこと。
富士宮もその時にはけっこう降っていて、高速道路が動いている内に早く帰ろうという事になったのですが、朝食を食べたり、帰る用意をしている内に雨は上がって時々陽が射すくらいのお天気になってしまいました。
で、ど~しようか~。まだ平気かな~って感じになってしまい、結局富士宮へ来るたびに寄っている温泉センターへ行くことにしてしまいました。
ここでものんきにまったり過ごしましたが、結局家に帰り着くまで雨にも渋滞にも遭わずに済んだのはラッキーでした。


そしたらその翌日の朝、あの地震で・・・・
大変驚いたのであります。


★★★今日読んでいる本★★★
「ナイチンゲールの沈黙」海堂尊/宝島社

|

« 玉虫のお導き | Main | 着物語り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/45923364

Listed below are links to weblogs that reference 富士山:

« 玉虫のお導き | Main | 着物語り »