« 悩んでるんだよ | Main | 夏祭り »

2009.07.14

秘湯を訪ねて

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
相変わらず何かバタバタしております。
で、おかーさんには頭の痛い夏休みがそろそろやってきますヨ。


そんな夏休みを目前にしながら、
温泉旅行へ行って来ました。
少し前に日記にも「行きたい」と書きました、湯西川温泉です。
ここしばらくの間、温泉へ行きたくて行きたくて。だったのですが、ここが秘湯だと聞いて益々温泉熱が上がりました。
壇ノ浦で破れた平家の残党が北陸路を落ち延び、たどり着いのが始まりと言われているそうです。


今回は、と・に・か・く
温泉!!
ということで、旅館以外の行き先をまったく決めずに行きました。
んで、その旅館ですが、
なにしろ湯西川温泉の存在を知ったのさえほんのひと月ほど前なわけで、
日光市で一括りにされている観光協会のサイトを見て、よさそうな所を選びました。
とにかく温泉なので、お風呂がよくて、サービスが行き届いてそうな所。とゆーので、
本家伴久萬久旅館を選びました。(ところでここ、伴久萬久って重ねないとダメなの?)
本館の建物がですね。すごくステキです。
いろいろ建て増してそうですけれど、すごく趣があって、その雰囲気だけでゆったりできました。
ただ、ちょっと周りのお部屋の音が聞こえてしまうのが・・・。私は明け方に、隣の部屋の早起きじじい達の話し声で眠れなくなってしまったので、それがちょっと残念。
あと、大浴場の浴室の階段が、小さい子とかお年寄りにはちょっときつくないかな~?なんでああいう造りになっているのだろう??
お風呂は、家族風呂がよかったです。別料金が少し高いと感じるかもしれませんが、利用時間45分というのは嬉しいです。お風呂でお酒が飲めるのにも感激しました。
私たちは、3時にチェックインしてお部屋に案内して頂いて、ソッコーで、この家族風呂とマッサージを予約しましたよ!いや、これがあるとないとで、旅の明暗くっきり分かれますから。むしろ今回の旅は「これだけ」と言っても過言ではない。
あとは、館内や旅館の近所を散策して過ごしました。


そして夕飯。
Dsc_7365囲炉裏会席というのがありまして、囲炉裏で魚や肉を焼いて頂くのですね。鮎の塩焼きがめちゃくちゃおいしかったです。
しかし、ここへ来てビールしか飲まない夫。なぜ!?ちょっとがっかり。
夕食の部屋がかずら橋を渡った川の対岸で、それもステキでした。
川もすごくきれいですし、ほんと落ち着いたよい所です。
夕食の後は、
この時期七夕のイベントで「竹の宵祭」というのをやっていまして、それぞれの家の前に竹のランプを灯して、週末には平家琵琶の演奏があるというお話でしたので、出かけてみました。
琵琶の演奏は初めて聴いたのですが、なかなか迫力がありますね。
壇ノ浦の、「浪のしたにも都のさぶらうぞ」とゆーあの場面でした。


翌日も朝からお風呂に入って・・・ご飯を食べて・・
旅館のロビーでまったりしてからの出発という感じ・・・。
宿を出て、まず近所にある「平家の里」という民家園というか・・まぁ、なんかそんな感じの公園へ。
出てきた夫婦連れが、「入園料が高い」とぼやいていましたけれど、私はけっこう楽しめました。
あっそうそう、以前お友達の日記に奈良の白い鹿のお話があったのですが、ここには白い鹿の剥製が飾ってありました。インドネシアの神様も飾ってあったけど。
そしてその後は、ここへ行きました。
平家狩人村
思えば、湯西川を知るきっかけがこれでした。
噂ではなんだかすごくおどろおどろしてる感じでしたけれど、特にそんなこたぁなかったです。
まぁ・・・変と言えばかなり変な所だとは思いますが。
Dsc_7765

私がすげーーっと思ったのは、展示している
毛皮と剥製の数
あれはですね、一見の価値があるかどうかは別ですが、とにかくすごいです!
あっそうか、骨とか皮とかホルマリン漬けとかにダークな物を感じることもありますね。絶対ダメって人も多いですよね。
でも、展示品もきれいだったし、トイレも掃除されてたし、一時期よりはずいぶん整備がされているようで・・・係員のおじちゃんも感じがよくて、サブカル的な割には明るい所でありました。


湯西川は、今ダムの建設中で、なんか道路とかすごい事になっていました。
交通の便とかよくなるのでしょうけれど、鄙びた温泉地を求めて訪れた部外者には、逆に寂しさもあるかな・・・・。
ダム自体は平成23年完成予定。


Dsc_7421
(伴久旅館のかずら橋)


★★★今日読んでいる本★★★
「百年の孤独」G・ガルシア・マルケス/新潮社
以前読んだ時にはえらく退屈だったのですが、今読むとおもしろい!
私の何が変わったのだろう?
でも内容はほとんど忘れてました。
夫がしきりに「ブエンディーア大佐」という意味がやっとわかったよ。
って、読んだんだよ。私も。

|

« 悩んでるんだよ | Main | 夏祭り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/45631034

Listed below are links to weblogs that reference 秘湯を訪ねて:

» キャンペーン 旅行 [キャンペーン 旅行]
キャンペーン 旅行と題して、キャンペーンで旅行が当たるサイトなどを特集の他、キャンペーンを利用して旅行に行くなどの情報を紹介しています☆ [Read More]

Tracked on 2009.07.17 at 19:25

« 悩んでるんだよ | Main | 夏祭り »