« 雨が降ったから・・ | Main | 生まれて最初のプレゼント »

2009.05.20

黒い羊は染まらない

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
最近、午後眠くて眠くて眠くて・・・・・
めっちゃくちゃ眠くて気持ち悪くなるくらい眠いです・・・・。


ゆうべ娘から突然、
「私の名前って、どうしてこの名前にしたんだっけ?」と聞かれ、
「どんな逆境にも負けない人になって欲しいからだよ」と答えましたら
「他にはどんな名前がいいかな~って考えた?」
「他には考えなかった」
「えっ?でも何か他にもあったよね?」
「全っ然、考えなかった」
「・・・・・・・・・・。私さぁ、他の名前もいいな~って思う時あるんだよね」
「へ~、どうして?」
「だってさぁ、同じ名前の子がいないんだよね・・・」
「えええええっ!!!??」


他の名前がいい理由も「えっ?」だったのですが、同じ名前の子がいない。というのには驚きだ!!
娘は「~子」という名前でこそありませんが、比較的平凡な名前だと思うんですよね~。
「いない」というのは明らかに娘の認識不足だと思うのですけれど、娘としては、自分の名前は
なんかちょっと変わった名前
と感じるのでしょうかね?
難読でもDQNでもないし。割と昔からある名前・・だけど別に古臭いわけでもない・・・はずなのですけれど・・・。おかしいなぁ。
あっそー言えば、娘のおともだちで、命名の理由のひとつに「あまりない名前にした」というのを言っていたおかあさんがいたのですけれど、字は色々ですけれど、ここ数年割と聞くような名前なんですよね。
とゆーふーに、「個性的な名前に」という風潮はやはり最近あるようなのですけれど、個性を追求したつもりが、みんなが同じように考えたためにありがちになってしまうのか?
私の友人も、子供に付けた名前を「ちょっと変わった名前」と言っていたのですが、この子が生まれた翌年「人気のある名前」に入ってたよ。
こーゆーのって不思議ですね。シンクロニシティ?
じゃなくて、たぶんどこかにさりげなくキーワードが落ちてたんだろうな。


と、書いていたら、ちょうどネットニュースで、「子供に個性的な名前を付ける親が増えている」という話が出ておりました。
ううむ・・・正直私、「個性」ってよくわからんので、あんまり「個性的に。個性的に」と言われてもそこに何を求めているのかさっぱりわからんのです。
しかし、子供の名前に個性を求めて、「光宙」(ぴかちゅう)などと付けてしまう方がいるわけですね。
生まれたての赤子には小動物のようなかわいさがあるかもしれませんけれど、
高校生くらいの汗臭いガキに
50がらみの髭面のオヤジに
ピカチュウッ!
そんな形態をとっちゃったら、友達のサトシも戸惑いを隠せないだろうに。


★★★今日読んでいる本★★★
「討論 鎌倉末期政治史」日本史史料研究会第一回研究報告会成果刊行物
報告者:秋山哲雄・細川重男
司会者:三浦龍昭・関口崇史

|

« 雨が降ったから・・ | Main | 生まれて最初のプレゼント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/45071586

Listed below are links to weblogs that reference 黒い羊は染まらない:

« 雨が降ったから・・ | Main | 生まれて最初のプレゼント »