« November 2008 | Main | January 2009 »

2008.12.31

ゆく年くる年

みなさんこんばんは。
今日も明日も東京はよいお天気です。


今年も残すところあと数時間!
自宅にてすっかり酔っぱらいです!
NHKの紅白歌合戦を、10年振りくらいで見てしまいました!
でもきちんと覚えているのは12年くらい前、大晦日高熱を発し目も開けられない状態の時に
なんかやってたな~ってくらいです。
しかし、某幸田さんとか、あんなに叩かれてたのに、年末にはきちんとNHKに出演できるのですね。人心とは移ろい易いものですな~。
んで、今日も実のところきちんと見ていたのはポニョまでです。
ポニョと言えば、宮崎駿。
わたくしめは、ナウシカの頃からこの人は絶対マザコンだと言っていたのですが、
「え~ロリでしょ?」と言われ続け25年くらい。
なんか少し前のNHKの番組で、やっぱりすげーマザコンだとゆー話をしていたそうですね。
ふ~ん。私は頭はあまりよろしくなくても人を見る目はけっこうあるんですよ~だ。


で、ポニョの後「2001年宇宙の旅」残り1時間を観ていました。
懐かしーーー!HAL怖い!
デイジーデイジー。
その後「学校の怪談」を見ようとゆー話になっていたのですが、娘が勘違いしていたことが判明し、見ないことになってしまいました。娘はどうやら高橋葉介の「学校怪談」がアニメになっていると思ったようです。んなわけないだろ!
野村宏伸を久しぶりに見たかったんだけどな~。
「メイン・テーマ」はなんか棒読み?って思ったけれど、朝ドラ「凛凛と」のお兄ちゃんはかっこよかったな~。あのドラマは田中実もよかったし荻野目ちゃんもよかった。


あ~酔っぱらいは、もう今時の歌う人はさっぱりわからず、懐かし話になってしまいます。


今夜の東京の冷え込みは激しいそうですが、あと数時間後には権現さまへ行く予定に、とりあえずなっています。あう~・・・・・。
壊れたPCは、結局なんとなく壊れたまま年を越します。


それでは皆様
よいお年をお迎え下さい
来年もよろしくおねがいします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.29

この1年を振り返ると

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし寒いです。じっとしているとシンシンと寒さが身に沁みます。
今回の年越しをどうするか・・・
娘が前回と同じく横浜中華街を希望したのですが、大晦日もめちゃくちゃ寒いそうなので、今回は止めることにして・・・本来なら氏神様の鹿島さんへ行くべきなのかもしれませんが、権現様へ行く予定。
駅前のポスターを見たら、奉納の矢を射るとか書いてあったので、ちょっと見てみたく・・・・。
だって権現様自体はすっごく社域が狭くて、やるとしたら道路上でに違いないのですけれど、神社の前の道路は狭くて曲がりくねっているのです。
我が家の予想としては、神社の通りから1本隣の道でやる。それが道交法的に許されるのか知りませんが・・・。
そして、その通りには怖いおにーさん方が集う所があったりするのですが。


いよいよ年末ですが、仕事納めから大晦日までの余裕があるので、なんだかとてもゆったりしております。
お向かいの家から早朝から餅つきの音が聞こえてきています。早く着替えておかねば、餅を配りに来る~。


この1年・・つか半年、なんか体の不調を気にしまくっていました。
実は12月に入ってからも、めまいはするし奥歯は痛むし、足の筋は突っ張るし・・・・で、なんか困ったことになっていたのです。例年にないアカギレにも苦しめられてるしね。とほほ。
で、予定通り27日の土曜日は、朝寝をしましたよ。もーだらだらだらだらと。
そーしましたら、やっぱり少し回復しました。んで、昨日はすっごく久しぶりにマッサージにも行きました。
頭がクリアになりました。奥歯が痛いのも治りました。あ~幸せ・・・・。
でもまだまだって感じなので、年明けにも行きたいな~。って、そう言いながらいつも半年後とかになってしまうのですが・・・・。
夫がスポーツジムに通い出して、減量に成功したりしてるのに反比例して、私の健康は損なわれて行ってる気がするな~。なぜだ?
いやもう、最近は娘にまで「運動しろ」と言われてます。
んで、覚えてくるいろんなストレッチを教えてくれるのですが、なかなか気持ちがついて行かない母。ここにあり。
来年は、体を動かす母になりたいと思います。


書こう書こうと思いながら忘れていましたが、
近所にある、おばちゃんが一人でやっていたお好み焼き屋さんが閉店になってしまい寂しいです。
「病気療養のため」だとか・・・・。小鉢をサービスしてくれたり、子供に折り紙くれたり、安くてアットホームで好きだったのですけれど、残念です。
んで、最後までお店の名前知らなかったな~と思って閉店の張り紙を見たら、署名が
「お好み焼き屋さん」でした。
そうだったのか・・・・。


来年は、まじできちんと運動したいですな。
もちろん、やっと始めた勉強ももっとしたいのですよ。でもやっぱり基本は体なので・・・。
またサイクリングとかいっぱい行けるようになりたいよね。
って、こんな事が書きたかったのかな~?
あっ年賀状書かなきゃ。


★★★今日読んでいる本★★★
まだ今日は本を読んでません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.24

今夜世界中のすべての眠りが穏やかでありますように

みなさんこんにちは。
今日はちょっと曇りです。洗濯物が乾きません。
って、なんかしょっちゅう洗濯物の心配をしているよな~。


年の瀬も押し迫って、
我が家の壊れたPCも、和田くんの地道な活動により徐々に回復しつつあります。
よかったよかった。
年賀状のための住所録もすべてこれに入っているので、このまま年を越してしまったら、大変困った事になるところでした。
で、今日はクリスマスイヴですね。
昔はもう少し楽しみだったような気がしますが、結婚して子供が産まれてからは、
クリスマスから新年までが1週間しかないとゆーのがーーーー!!許せん!!
一応さぁ、家族でささやかながらクリスマスっぽいことをしよーと思って、今朝も夕飯の下ごしらえとかしちゃうしさぁ。家族はケンタッキーだろうがマクドナルドだろうが文句は言わないと思うのですが、「大変」だと思いながらやってしまう自分がなんだかな~・・・・。


さて、わたくしめは、僭越ながら、
某歴史上の人物に関するコミュニティとゆーものの管理人なんてゆーことをしているのですが、歴史が好きかとゆーと、まぁ好きではありますが特別に言うほどにはそーゆーことでもなく、ひたすらその人物が好きってだけなのです。
コミュニティを作る直前にもなにかグダグダ言っていたように思うのですが、
子供の手が少しばかり離れてくれたおかげで、10年間近く凍結させていた思いを解放することができて、そーゆー事をしているのですね。
しかし、
もうね、もうですね、
もっのすごく楽しいです!
図書館などにも、まぁ相変わらずなかなか好きなようには行けませんが、それでも前もって予定を立てれば1日籠もっていても許されるし、いつの間にかインターネットなどとゆーものも普及しまくって、
もうもう、なんでこんなにいろんな資料がお手軽に手に入るの!?
図書館も、いろいろ揃えておいてくれて。データベースも整えておいてくれて。
私のためにーーーー!ありがとーーーー!!
って感じです。
コミュニティを運営する上で、一番の心配はいつかネタが尽きてしまうのではないかということなので、かなり自分的に書き込みをセーブしているのですが、
でもでも調べれば調べるほどいろんな疑問が与えられて、
マジ三日三晩語っても尽きない思いがあったのですが、今や三日三晩では語り尽くせません!
常に世界は謎に満ちていて、解けない謎が私の知識なのですね。
神様ありがとー


その一方で、愚痴ですが、
某E沢信者とか、ご先祖自慢な方々とかも、目に付くようにはなったのですが、
そーゆーのはとりあえず無視する方向で。願わくば私のコミュニティに現れませんように。
クリスマス前夜に、神様にお願いであります。


★★★今日読んでいる本★★★
「毎日かあさん⑤ 黒潮家族編」西原理恵子/毎日新聞社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.16

毒熊のいる12月

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
うう・・・例によって週末飲んだくれて・・・昨日は職場の忘年会で飲んだくれて・・・・
酒が抜けない・・・。頭がくらくらする~。
二日酔いってやつです。
二日酔いなんてなったことなかったのに、ここんとこめっきり回復が遅くなってしまいました。やれやれ。
今週はもう飲まない。なるべく。


あ~もうなんか、日々ど~ってこともなく、
なんか週末毎に飲んだくれな日記を書くばかりなり~。


世間はクリスマス一色ですね。
と取って付けたよーに言ってみます。二日酔いなのでちょっとすさんでいます。
クリスマスイベントの一環で、
土曜日は、娘と二人でクッキーのアイシング教室へ行ってきました。飲んだくれとは思えない、なんかちょっとセレブな響きがあるでしょ?
って、TVのアニマックスで募集しているのを娘が見つけて、応募したいというので、やってみたらなんか当たっちゃったんですよね。
場所は自由が丘。自由が丘にある「スイーツフォレスト」とかゆー・・・・なんかキラキラした所で行われたのですよ。自由が丘なんて、乗り換えでしか使ったことありませんでした。下りてみたら、駅前は別におしゃれでもなんでもなかったですけどね。
Cookie1アイシング教室は意外と楽しかったです。
「スケアクロウマン」というTVアニメのキャラクタークッキーを一人2枚もらって、用意してもらった色とりどりのアイシングで絵を描いていくのです。
娘はこういうのが好きなので、すっごく気合い入れて描いていました。
小さな絞り袋を使って描いたのですが、細い線はそれでは描けないので、切った袋の先を使って描いているのですよ。そんなに丁寧にやっていてはいつまでかかるんだ。と思いましたけれど、一応時間内にできあがりました。
今ビニール袋に入れてうちのクリスマスツリーに飾ってあります。Cookie2
隣の席には、小学3年生くらいのお兄ちゃんと、幼稚園の弟さんがいたのですけれど、弟さんの方が途中できれいに描く事を諦めて、すべての色を塗りたくり始め、すさまじい色のクッキーができあがっておりました。
みんなで「毒熊・・・・」と呼んでいましたが、それもまたそれでよい。
たぶん。


教室で残ったアイシングをいただいてきて、
翌日、保育園のお友達とのクリスマス会をうちでしましたので、その時に子供達でクッキーを焼いて飾り付けをしました。
ここでも毒熊を作っている子がいましたよ。


この日はこの日で、ママ友たちと、
お互いの仕事の話とか健康の話で、色々と盛り上がっておもしろいお話もありましたが、
今書く元気がないのでまた後日。


★★★今日読んでいる本★★★
「増補 花押を読む」佐藤進一/平凡社ライブラリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.10

超ストレス時代

みなさんこんにちは。
今日もよい天気ですね。
なんか・・天気悪くなるような事を言われたので、今日は洗濯しないで来たのですが、ほんとに悪くなるの?
ガセ?


朝、仕事に出る前に家事を一通り済ませて来るのですが、
最近部屋の混沌状態がひどいです。
なんかな~・・・最近夫があまり家事をしてくれないし・・・
その割には、なんだよ~。脱いだ服をソファーやベッドヘッドにほっぽっておかないで欲しい。
せめてズボンのベルトくらい抜いておけないのか?
読み終わった本は、どうしてもそこに放置しておかなければいけないのか?
これを動かすと、封じられた何かが出てきて恐いことでも起きるのか?
朝の忙しい時間に、そーゆー物を片付けさせられるとマジ鬱になってきますよ。
片付けないとゆー選択肢もないわけではないのですけれど、それもイヤなんだよ。
誰かが「結局家事って気になる人がやる事になる」とゆー話をしていましたけれど、そーだよな~。そしてなんかストレス溜めてくんだよ。
仕事が忙しいのはわかるのですけれど、ほんの少しの事なんだから!って事も多いのがイヤ。
は~・・・毒吐きです。


そー言えばさぁ・・
私には、どこに出しても恥ずかしい兄がいるのですけれど、
そして、なんか留守がちな母がいるのですけれど、
んで、私がまだ実家にいた頃、
母がいなくなると、なんでだかトーゼンのようにわたくしが家事をなさるのです。
ある時なんでだったか理由は忘れましたが、このどこに出しても恥ずかしい兄とケンカをしまして、兄が
「どーせお前は自分の方が偉いと思ってるんだろ!」と言いまして
その時は迫力に負けて、「そんな事は思ってない」と答えてしまったのですが
思ってるに決まってるだろ!!あほっ!
同じように働いてて(その頃私は、労働基準法無視しまくりな書籍編集の仕事をしておった)、さらに家事労働に従事してて、「なんで実家に生活費入れなきゃいけないんだよ」っつって、親と真剣にケンカできるようなパラサイトな公務員より偉くないわけないだろ!
思い出したので、ついでに書いておきます。


イヤ・・・今日の本題は、
先日の餃子パーティの時に出た、クラスの子の話とゆーか、私立小学校へ転校しちゃったお友達の話にしようと思っているのですが。
なんで私立の小学校へ子供を入れたいのか?ってことなのですけれど。
その日集まっていた人達は、当然皆さん同じ公立小学校へ子供を通わせている方達ですので、どーしても私立へ入れたいとゆーのはよくわからないのですよ。中学校まである割と評判のよい私立幼稚園から入ってきた子もいるのですよね。
うちは、もう最初から私立小学校なんて選択肢になくて・・・小学校は近くに通うのが一番いいと思っておりますので。よーーーーっぽど何かすごい魅力でもない限り、学区域外の学校へ通わせるとゆーのからして反対なのですけれど(でも、娘が通っている小学校は、実はちょっと人気があって、区域外から来ている子もいるのでありました。そう思えば、近所に住んでてラッキーだったのか?)。
転校して行っちゃったお友達は、もちろん娘と同じ小学2年生なのですけれど、通学時間が2時間ですと!
朝、6時前には家を出るので起床は4時半・・・って、ネタ持ってきた人やけに詳しい!!
しかし往復4時間か~・・・・いつ遊ぶんだろう?電車の中で何してるんだろ?
どうしてそんな遠くへ通わせるんだろ?とその場で聞いたら、
「中学受験のためじゃない?」とのこと。その学校は大学まであるのですけれど、他の中学への合格率が高いんだって。なんじゃそりゃ。
やっぱり授業内容とかはすごく進んでいるのだそうです。学年の始めに、その学年で習う事はすべてできてて当然で、じゃぁ何を習うのかと言えば、上の学年の事を前倒しでやっていくのだそうです。
は~・・・・まぁなんつーか・・勉強熱心な事は非難しませんけれど、それだけのために高い授業料払って電車の中に毎日4時間?
正直言ってしまえば、バカバカしいです。
まぁ授業内容だけではないのだと思いたいですけれど・・・子供にそんなに無理させるほど、得る物があるんですかね?
そー言えば、小学校でのイベントがあって土曜日に出掛けたのですけれど、来ていた3年生くらいの女の子達が話している事が耳に入ってきて、
彼女たちが何を話していたかと言いますと、どれだけ習い事をしているか。とゆー話なのですよ。
「月曜日は○○、火曜日は何もなくて。水曜日は○○で木曜日は・・・」で、「お休みは火曜日だけーーー」と。
すげーな今時の小学生は。


よく最近の若い人達はストレスに弱い。とか聞きますし、確かになって感じることもありますけれど(あっこの間コメントで書かれたんだ)、
私の身近な小学生たちを見る限りでは、な~んか子供の頃から変なストレスを受けているような気がしますよ。
うちの子も含めて。なんだか、自分達がしてきたのとは違うがまんを随分させられてる感じがします。


この転校して行ったお友達の話を持ち出したおかーさんは、こーゆーのはとにかく許せないらしくて、
「私だったら、絶対に親を恨む!」と力説していましたけれど(酔っぱらいだったから?)、
小さな頃からそーゆーもんだと思って過ごしていたら、けっこう慣れちゃうのかもな~とも思います。でもやはり子供の頃のストレスの影響って、大人になってから変なふーに出てくるような気もします。
そんな子供達がどうなって行くのかは、あと何年かしないとわかりません。


今日は本当は、地域での育児とか雇用問題についても書こうと思っていたのですが、愚痴が長くなっちまったので書けませんでした。
終わり


★★★今日読んでいる本★★★
「増補 花押を読む」佐藤進一/平凡社ライブラリー

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2008.12.08

飲んだくれの日曜日

みなさんこんにちは。
今日はかなり冷え込んでいますね。


昨日は午後から小学校のお友達の家で、餃子パーティーでした。
そこんチのおとーさんが仕切って、4家族で餃子を大量に作って食べました。おいしかったです。
私はまためちゃくちゃ酔っぱらって、人んチだってーのに、ソファーでガーガー寝ちまいましたよ。
家にやっと帰り着いて、床に倒れて「もうダメだ!!」としつこく何度も叫んでいたような気がします。
つか、帰り道で、キャンディーズの「ハートのエースが出てこない」を中途半端に歌いまくっていたような気がします。
今日はまぁすっかり復活しておりますが、夜中にけっこう寝苦しくて・・・二日酔いになったらどーしよーと、ちょっと心配でしたよ。
しかし、娘の友達んチって、どーしてイベントを日曜日に行いたがる人が多いのでありましょう?土曜日にしてくれれば、心置きなく酔えるのにーーーーっ。
たぶん、子供の習い事の関係とかなんだろうな。土曜日に習い事やってる子、多いから。


見てみたい資料が区内のちょっと大きな図書館にあると知って、昨日の午前中はその図書館へ行ってきました。
「読みたい」じゃなくて、「見てみたい」ね。
私が学生時代にコピーで集めた資料や史料って、コピー取りっぱなしで出典を書いてない物が多いのですよ。なんで書かなかったのか、ほんと過去に戻って昔の自分を責めたいッスよ。
あっそれで・・・最近読んだ本で紹介されていた資料の中に、「もしかしてこれは、私が昔コピーした本かも・・」とゆーのがありまして、それを確かめたかったのです。って、出典を書いてない資料はもちろん1冊なんてかわいいもんじゃありませんけれど。でもまぁ少しでもわかればってことで・・。
結果は、全然違う本でしたけれど。図書館の倉庫から出してもらったその本もおもしろかったので、新しい物を知る事ができたとゆーことで、よしです。
他に、買うほどではないけれど見てみたいとゆー物を何冊かチェックさせてもらって、
ついでに、「SFマガジン」があったので、今年の5月号に掲載された
第3回日本SF評論賞受賞作品、宮野由梨香「阿修羅王は、なぜ少女か 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』の構造」
を、前から気になっていたので読んできました。
光瀬龍は、たぶんこれ一作しか読んだ事がないと思うのですが、この評論はおもしろかったです。
ファンというわけでもない私は、何度か版を変えて出版される中で、2回内容に変更があったということはもちろん知らなくて、じゃぁ私が読んだのはどのバージョンなのだろうと・・そんなことも思い出せないのですが、文庫本のカバーイラストから、おそらく宮野さんが「旧版」と呼んでいる、一番読まれたと言われている版であると思われます。宮野さんはこれが「一番好き」だと書かれていますが、一応の完成版と言われている「新版」もちょっと読んでみたくなりました。
これから読むかもしれない方のために、多くは書けませんが、この評論を読んでから本編を読むと、ずいぶん印象が変わるかと思います。


12月もそろそろ上旬が過ぎそうで、年末のあれこれをしなければならなくて気持ちが焦りますね~。
先日ここに書いた娘の正月用着物にも、いよいよ取りかからねばと思い、見積をしようとしたのですけれど、サイズを表に書き入れながら、あんまり反物がステキで、数年で着られなくなってしまう子供用にはもったいなくなってきてしまいました。
できるだけ大きくなってからも着られるように裁断しておきたくて、今すごく悩んでいます。
でも、反物のサイズ自体はどうしても子供用なので、今の年齢に合わせた物を作った方が幸せかな~・・・。
って、そんな事に悩んでいたら、更に日が過ぎてしまうよ~。


★★★今日読んでいる本★★★
「増補 花押を読む」佐藤進一/平凡社ライブラリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.05

あの名作をもう一度

みなさんこんにちは。
天気予報どおり雨が降り出しました。
朝はかなり暖かかったのですが、夜は寒くなると聞いたので防寒をしてきました。
九州出張へ言っている人使いの荒い上司から、福岡は雪が降っていると電話がありました。
今日は人使いの荒い上司がいなくて、恐い後輩もお休みなので、仕事の比重は重くなりましたがのびのびしております。


「地球が静止する日」が、キアヌ・リーブスでリメイクされて近日公開ですね。
これ、1951年版を、むか~しTVの深夜放送で観たことがあるのですけれど、金星人がいい男で!私の印象にはそればかりが残ってしまっております。あと、歩いてた人達がストップモーションになるとこね。
とほほ。


職場の最寄り駅で、DVDの映画ソフトを安売りしていたので買ってしまいました。
1枚380円、5枚1000円。
3枚まではすぐに決まったのですけれど、こーゆー時どうせなら5枚買うじゃないですか?残りの2枚がなかなか決まらなくて、かなり悩んでしまいました。
買ったのは
「ボー・ジェスト」
もともとこのワゴン販売に引き寄せられたのは、このタイトルを目にしたからなのです。
ドナルド・オコナーがゲイリー・クーパー演じるボーの子供時代を演じていて、昔TVで放映したものを録画していたのですが、そのビデオテープがなんでだか録画後すぐになくなってしまい(1度は観ましたけれど)、今でも実家に帰ると時々探していたのですよ~。
しかし目的が、冒頭ちょっとしか出てこないオコナーだし・・・。でも200円ならいいや~。で今回手に入れることができました。
オコナーかわいいッス!「トイズ」(これもすでに古い!)のじじい役もおかしくてかわいかったですけれど、ずっとかわいい人だよな~。
関係ありませんが、先日レンタルで観た「ナイトミュージアム」にミッキー・ルーニーが出ていて驚きましたよ。
それよりは少し関係がありますが、昔朝日新聞の日曜版で古い映画の話を連載記事でやっていて、
その中に、西部劇映画のシューティング指導をしていた人の話があって、ハリウッドで一番の早撃ちはゲイリー・クーパーだったとゆー話をしていました。

「スイング・ホテル」
フレッド・アステアが出ている作品で、まだ観たことがなかったので購入。

「地上最大のショウ」
ストーリーは他愛なかった気がするのですが、娘と一緒に観ようと思って購入。
それと、若い頃のチャールトン・ヘストンが好きなんですよ~。
なんかね~・・段々変な人になってっちゃった感じがあって、かなり残念なのですけれど、昔はほんとーーっにかっこよかったんですよね~。
娘にこの映画をお勧めするのに、
まず、娘が好きなサーカスが出てくる!空中ブランコとか猛獣使いとか出てきて楽しい!
チャールトン・ヘストンがかっこいい!
そして、古い映画だけれど
「テクニカラーなんだよ!」
っつったら、「・・・・他になんのカラーがあるの?」と冷たく言われてしまいました。
・・・・・・・・コダック・・・・?


さて、ここまではサッサと決まったのですが、限られたラインナップの中からあと2作に悩みました。
で、決めたのが
「私を野球へ連れてって」
まだ観たことがなかったので。
これと「錨を上げて」「踊る大紐育」の3作品は、ジーン・ケリーとフランク・シナトラが共演しているミュージカルです。
シナトラはやっぱいい声してると思う。なんだったか忘れましたけれど、1950年代の映像だと思うのですが、「オールマン・リバー」を歌っているのを見て、すごくよくて感激した覚えがあります。
それを聞いて意識しだしたのではなかったかな?
シナトラの出演映画は、ミュージカル以外は「ここより永遠に」しか見たことがないのですが、どの作品もなんとなく垢抜けない感じがかわいいですよね。

それと「レベッカ」
これがもう最後まで悩みました。
マンダレイの美しさは印象に残っているのですけれど、それだけなので・・・。
ヒッチコックですけれど、よくよく考えてみると、ストーリーがハーレクインロマンスですね。


以上・・買った中で、日本語吹き替え版が、家族で見ようと思っている「地上最大のショウ」と「私を野球へ連れてって」なのですが、パッケージの声優の名前がさっぱりわからんです。
以前行きつけの飲み屋で、こういう廉価版のDVD映画ソフトを作っているとゆー人の話をチラッと聞いたのですが、この人自身の本業は映像関係だそうですけれど、コスト削減のため声を当てることもあると言っておりました~。ひどい時は一人で何役もやるとか・・・。
そりゃ、この値段で納屋悟朗は期待しておりませんが・・。
さすがに主役級はプロの声優さんなのでしょうけれど、ちょっと見るのがドキドキしますね。


★★★今日読んでいる本★★★
「太平記の群像-軍記物語の虚構と真実-」森茂暁/角川選書
まだ読んでいます。
思っていた以上におもしろいです。
でも自分が収集した文書の数をいちいち上げてるのが、正直ウザイ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.01

読書三昧

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
先週末の土曜日・・なんでだか、めっちゃくちゃ眠くて眠くてマジで倒れそうでした。
しかし、午前中は町内会の清掃ボランティア
午後は娘の公文の保護者面談が中途半端な時間にあって、結局夜まで眠れませんでした。
とほほ。
清掃ボランティアは娘と一緒に参加したのですが、個人的に来ている(つか連れてこられている)子供はうちの娘だけでした。
でも、来ていた少年野球チームに知っている子も何人かいたのでよかったです。
保護者面談は、今回聞きたい事がいくつかあって、こんなボ~ッとしてて大丈夫かな~と・・ほんと不安になるくらい眠かったんですけれど・・・一応大丈夫でありました。先生との話も、とりあえず納得できるものでしたので安心しました。
この日は他に、娘のインフルエンザ予防接種と歯科検診もしてしまいました。時間のある時っつーことで・・・。
予防接種・・診察室に入って、医者がワクチンを準備している隙に逃げおった・・・。なので、医者と看護師が見ている前で、頭を思い切りはたいてしまったよ。


日曜日はなんとか復活。
午前中にクリスマスの飾り付けなどをして、午後はお友達の合唱コンサートへ行きました。
んで、夜は久し振りに家族で居酒屋へ・・
帰り道、なんだか知りませんが、娘がず~っと空手の型をやりながら歩いておって、大変危ない人のようでした。ミニスカでパンツ見えてるし・・・・。
しかし、意外と技に切れとスピードがあって、ちょっとビックリしましたよ。ここひと月あまり、体調が悪くてほとんど稽古に出ていなかったので心配していたのですが、まぁなんとかやって行けてはいるのかな?
「それだけできるなら、昇級試験受けてもいいんじゃない?」と言ったら、
師範は受けてもいいと言っているのだけれど、組み手に自信がないからイヤと言っておりました。
まぁ本人がやる気ないならやっても仕方ないですわね~。


さて、
あれもやりたいこれもやらなければは相変わらずなのですが、
気持ちばかり焦って、焦りすぎて結局ダラダラ過ごしているような感じで、きちんとした本も読まずに、マンガを読み耽っておりました。
「群青学舎1」「荒川アンダーザブリッジ8」「夏目友人帳4」「蟲師10」「岳8」「アオバ自転車店6」「麻酔科医ハナ1」
まぁ・・半分は夫が買った物です。

「群青学舎1」入江亜季(ビームコミックス)
前から気になっていて、いかにも同人誌から出た人って雰囲気なんですけれど(違ってたらごめんなさい)、読んだら絶対気に入ってしまうとゆー気がして、ず~~~~っと手を出さないようにしていました。が、ついに読んでしまいました。
やっぱりいかにも同人誌作家っぽくて(違っていたらごめんなさい)、絵とかストーリーは「こーゆーのいくらでもありそう・・」とゆーアレなんですけど、作者が楽しんで描いてるって感じがすごくして、好感が持てます。予想通り私のツボにはまってしまいました。なんとゆーか、いかにもなんですけれど、それが心地よい。
今3巻まで出てるんでしたっけ?出版のペースが遅いから、まぁ・・いいか。

「蟲師10」漆原友紀(アフタヌーンKC)
んで、新たに揃え始めてしまう作品があれば、終わる作品もあって、一応バランスは取れているのだな~。
最終巻でした。
って、実は、そろそろ私の嫌いな「続けようと思えばいくらでも続けられてしまう」作品になってしまうのか!?という危惧があったのですが、きちんと終わってくれました。しかも、私的ボーダーの10巻です。
全然今回の巻に関係ないのですが、この作品って、かなり以前に一度、「終わり~」とゆー話がありませんでしたっけ?人気が出ちゃったから終われなくなっていた。とかなかったのかな?
やっぱ潮時とゆーのはあるので、いい作品にはきちんとその辺をわきまえて締めてほしいですね。

「荒川アンダーザブリッジ8」中村光(ヤングガンガンコミックス)
評判がよかったので1巻を買って、「なんか今いち~」と思っていたのですが、家族が「おもしろい」とゆーので買い続けていました。私的にはジワジワとおもしろくなってきた。とゆー感じです。
娘が大好きで、7巻が出た直後から「8巻はまだ出てないの~」と・・・もうすげーうぜーって感じでしょっちゅう聞いてくるので、何度怒ったことか・・・。
今回のカバーがあまりにすごくて、見ていたのですが、夫に言われるまで気付きませんでした。
本屋で娘に「まだ出てないの~?」と聞かれて、「出てないよ!」と思い切り答えていました。
伏線引きまくっていますけれど、どうなるのかな~?
続きが楽しみかってゆーと、まぁ別にどうでもいいっちゃいいのですけれど、読めば笑えます。

「夏目友人帳4」緑川ゆき(花とゆめCOMICS)
6巻まで出ているのですが、先日本屋で「お試し版」みたいなのを読んで買い始めました。なんで買ったのか・・我がことながらよくわからんです。
私的には「町でうわさの天狗の子」とイメージがかぶる。いえ、こっちは持ってないんですけれど・・・。こっちはこっちで、ちょっと「買おうかな~」と迷ったことがあるし。
んで、やっぱ娘が気に入って、「続きは~」と聞かれるのですが、夫は「古本屋で揃えろ」と言っている。この巻はきちんと一般書店で買いましたよ。
んで、「古本屋で買え」と言った夫は読んで泣いたらしいです。私もちょっとウルッと来たので、そーゆー話をしていたら娘が「なんで泣くの?」と聞きよる。
まぁなぁ・・小学2年生に「せつない」なんつー気持ちはわからんのかもしれませんが、じゃぁ何がよくて読んでいるのだろう?

ここからは、夫が買ってきた作品です。
「岳8」石塚 真一(ビッグコミックス)
今までとちょっと変わった雰囲気の話が多かった気がします。
なんつーか、「事件」がなかった。
山岳救助隊員たちの、仕事に対する姿勢とゆーか考えに焦点を当てた話が続いていました。
もうひとつは、けっこう気軽な登山者の話が多かったような・・・・。このマンガだけを読んでいると、しょっちゅう事故が起きて大変な事になっているので、そのギャップがちょっと怖い。
いや、私の職場に来ていたお客さんでも一人、ファミリータイプの登山道で転落して亡くなっているので、実際絶対安全な山はないのでしょうけれど。

「アオバ自転車店6」宮尾岳(ヤングキングコミックス)
こっちもちょっと雰囲気が変わった。
とゆーのは、私ではなく夫が言っておりました。
言われてみれば確かに、ちょっと説教臭い話が多かったです。道交法改正の影響ですかね?
ヒバリちゃんの話が、かなり無理矢理な気がして残念。お礼ったってもいきなりそこまで考えるかね?

「麻酔科医ハナ1」なかお白亜(アクションコミックス)
ストーリーは正直どーでもいい感じでした。
最近流行りの・・・つっちゃー悪いですが・・・流行りのバックグラウンド物。
近年問題になっている医者不足の中で、医者の中でも報われない(らしい)麻酔科医の仕事内容などを詳しく描いているので、そーゆー裏話的な所はおもしろいです。
が、やっぱ漫画作品としてどーかとなると、どーでもいい感じでした。


以上、
感想っつーか、雑感。


★★★今日読んでいる本★★★
南北朝関係調べ物中。
その辺の本をチマチマと色々と。
おかげで通勤バッグがめちゃくちゃ重い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »