« おかーさんだって胃が痛い | Main | 読書三昧 »

2008.11.25

ヘンリー・ダーガーの、その王国の

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。夜から雨でしたが・・・
で、それを知っていて、娘に洗濯物を取り込むように電話しておきながら、職場に傘を置いてきて帰り道で雨にふられました。とほほ。


最近、
勉強ってゆーのは結局は自己満足なことなのだな~とつくづく思っております。
ってゆーか、自己満足できないような勉強ってダメじゃんって感じ?
でもまぁ自己満足だけでもダメですけど。
ってなんかさっぱりわけわかんない事を書いていますが・・・。


んで、さらに全然関係ないような事を書くのですが。
しかし私の中では繋がっている所があるのですが。
先日夫と、「好きな事を仕事にする」という話をしていて、それはどーゆーことなのか?と。
きちんとした言葉は忘れましたが、マンガ家の石森章太郎がそんなような話を書いていまして(って、前にもここで書いたかな?)、
「好きな事を仕事にする」ってゆーのは、「仕事にするほど好き」とは違うっつーか・・・
なんかもっと突き抜けた物がないと仕事にはできない。みたいな。
つまり、石森氏はマンガが好きで好きでマンガ家になったのだけれど、仕事で好きなマンガを描くとゆーのは、その「好き」を犠牲にして描かなくちゃならないとゆー話。
そういう矛盾を受け入れられなければプロになれない。とゆーよーな話だったのですけれど、
なるほどな~と、その時はとても思いました。
今はどうでしょう?そういう気持ちには憧れますけれど、妥協点が低い人もいっぱい知っているので、よくわからんです。


で、勉強に話をちょっとだけ戻します。
私は某コミュニティとゆーものをやっていまして、自己満足の延長で始めたものなのですが。まぁすごく好きな事があって、自分としてはライフワーク?みたいな感じになっている事なので、大した事をしているわけではまったくありませんがちょっとだけ形にしてみたかったのです。
そんなわけで、今までに自分が調べてきたことなどを小出しにしているのですけれど、これってやっぱちょっと恥ずかしいですよね。
恥ずかしいと思いながらも語らずにいられないのがさらに恥ずかしいのですけれどっ!!
コミュニティは、「作れば?」と家族に勧めてもらっていたのをずっと「イヤ」と言っていて、酔った勢いでやっと作ったとゆー話を前にちょっと書いたのですが、好きで調べた事を人前に曝すことは、恥ずかしいとゆー以外にもちょっとイヤな思い出っつーの?があって、そんな事も引っかかっていました。


昔の知り合いに、マンガの同人誌を創っている方がいまして、その人も私と同じ歴史上の人物が好きってゆーので、別の知り合いから紹介されたのですけれど、その人がね、色々質問して下さるわけですよ。
私も同好の人ってゆーのがまず珍しくて嬉しくて、聞かれればその話ができるだけで楽しくて、
その頃はメールじゃなくてFAX通信で、夜中とかにその人物の周辺に関する質問が、FAXでピロピロ送られて来るのですね。私もいちいち返事を書いてFAXで送ってたわけです。
んで、その方の同人誌ができて、特に親しいわけでもないので、「本が出来たよ~」と連絡があるわけでもなく、ある日コミケとかで見かけて出ていることに気付くわけです。で一応買ってみたわけですよ。
登場人物紹介みたいなのがありまして。それでまぁ、書いてあるわけです。私がFAXで送った事が。
私が教えたことなんて、詳しく本を読めば書いてある事がほとんどなので、目くじらを立てるような事ではないのですけれど、なんつーか・・・。
ここから先は愚痴ですが、
それって一応、私がそれなりの時間とか費用とかかけて集めてきた情報なわけなのよね。授業皆勤して最前列でノート取ってました。って感じなわけですよ。つかさらにそれを、夜なべしてわかりやすく整理して清書してあげちゃいましたってくらいなのよ。
なので少しばかり不愉快でありましたので、
なんでね、一言「ご教示頂きました」とか、「ありがとね~」とか、そーゆー事をチラッと書いておくとかしないのか・・・と。つか出した本に書かないまでも、一言そーゆー事を私になぜ言ってくれないのかと。伝えましたらば、それきり今日に至るまで音沙汰がございません。
それ以来、ちょっと考えてしまう所があるのです。
誤解のないように言えば、別に書くのは構わないのですよ。さっきも書きましたけれど、私が教えたことなどはきちんと勉強していればわかることがほとんどなので。それをいかにも「自分で勉強しました~」みたいな感じでページの埋め草にして売っちゃうとゆー行為が「おいっ!」ってことなのです。
つか、ホントーにオメーそれが好きなのか!?って。


でも一方で、そんな些細な事でケチくさくイライラする自分もイヤなのです。
自分で勉強した事は、勉強できたとゆーことだけで満足するべきなのですよね。ホントーは。
作品にしちゃった資料はことごとく処分したとゆー吉村昭とか、それが求道者の本来あるべき姿ですよ。
・・・・私には絶対できねー・・・・。
つかそもそも求道してないから。その道は遠すぎる。


★★★今日読んでいる本★★★
「太平記の群像-軍記物語の虚構と真実-」森茂暁/角川選書
休日中に読むとか言っておいて、まだ6分の1しか読んでません。

|

« おかーさんだって胃が痛い | Main | 読書三昧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/43214260

Listed below are links to weblogs that reference ヘンリー・ダーガーの、その王国の:

« おかーさんだって胃が痛い | Main | 読書三昧 »