« October 2008 | Main | December 2008 »

2008.11.25

ヘンリー・ダーガーの、その王国の

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。夜から雨でしたが・・・
で、それを知っていて、娘に洗濯物を取り込むように電話しておきながら、職場に傘を置いてきて帰り道で雨にふられました。とほほ。


最近、
勉強ってゆーのは結局は自己満足なことなのだな~とつくづく思っております。
ってゆーか、自己満足できないような勉強ってダメじゃんって感じ?
でもまぁ自己満足だけでもダメですけど。
ってなんかさっぱりわけわかんない事を書いていますが・・・。


んで、さらに全然関係ないような事を書くのですが。
しかし私の中では繋がっている所があるのですが。
先日夫と、「好きな事を仕事にする」という話をしていて、それはどーゆーことなのか?と。
きちんとした言葉は忘れましたが、マンガ家の石森章太郎がそんなような話を書いていまして(って、前にもここで書いたかな?)、
「好きな事を仕事にする」ってゆーのは、「仕事にするほど好き」とは違うっつーか・・・
なんかもっと突き抜けた物がないと仕事にはできない。みたいな。
つまり、石森氏はマンガが好きで好きでマンガ家になったのだけれど、仕事で好きなマンガを描くとゆーのは、その「好き」を犠牲にして描かなくちゃならないとゆー話。
そういう矛盾を受け入れられなければプロになれない。とゆーよーな話だったのですけれど、
なるほどな~と、その時はとても思いました。
今はどうでしょう?そういう気持ちには憧れますけれど、妥協点が低い人もいっぱい知っているので、よくわからんです。


で、勉強に話をちょっとだけ戻します。
私は某コミュニティとゆーものをやっていまして、自己満足の延長で始めたものなのですが。まぁすごく好きな事があって、自分としてはライフワーク?みたいな感じになっている事なので、大した事をしているわけではまったくありませんがちょっとだけ形にしてみたかったのです。
そんなわけで、今までに自分が調べてきたことなどを小出しにしているのですけれど、これってやっぱちょっと恥ずかしいですよね。
恥ずかしいと思いながらも語らずにいられないのがさらに恥ずかしいのですけれどっ!!
コミュニティは、「作れば?」と家族に勧めてもらっていたのをずっと「イヤ」と言っていて、酔った勢いでやっと作ったとゆー話を前にちょっと書いたのですが、好きで調べた事を人前に曝すことは、恥ずかしいとゆー以外にもちょっとイヤな思い出っつーの?があって、そんな事も引っかかっていました。


昔の知り合いに、マンガの同人誌を創っている方がいまして、その人も私と同じ歴史上の人物が好きってゆーので、別の知り合いから紹介されたのですけれど、その人がね、色々質問して下さるわけですよ。
私も同好の人ってゆーのがまず珍しくて嬉しくて、聞かれればその話ができるだけで楽しくて、
その頃はメールじゃなくてFAX通信で、夜中とかにその人物の周辺に関する質問が、FAXでピロピロ送られて来るのですね。私もいちいち返事を書いてFAXで送ってたわけです。
んで、その方の同人誌ができて、特に親しいわけでもないので、「本が出来たよ~」と連絡があるわけでもなく、ある日コミケとかで見かけて出ていることに気付くわけです。で一応買ってみたわけですよ。
登場人物紹介みたいなのがありまして。それでまぁ、書いてあるわけです。私がFAXで送った事が。
私が教えたことなんて、詳しく本を読めば書いてある事がほとんどなので、目くじらを立てるような事ではないのですけれど、なんつーか・・・。
ここから先は愚痴ですが、
それって一応、私がそれなりの時間とか費用とかかけて集めてきた情報なわけなのよね。授業皆勤して最前列でノート取ってました。って感じなわけですよ。つかさらにそれを、夜なべしてわかりやすく整理して清書してあげちゃいましたってくらいなのよ。
なので少しばかり不愉快でありましたので、
なんでね、一言「ご教示頂きました」とか、「ありがとね~」とか、そーゆー事をチラッと書いておくとかしないのか・・・と。つか出した本に書かないまでも、一言そーゆー事を私になぜ言ってくれないのかと。伝えましたらば、それきり今日に至るまで音沙汰がございません。
それ以来、ちょっと考えてしまう所があるのです。
誤解のないように言えば、別に書くのは構わないのですよ。さっきも書きましたけれど、私が教えたことなどはきちんと勉強していればわかることがほとんどなので。それをいかにも「自分で勉強しました~」みたいな感じでページの埋め草にして売っちゃうとゆー行為が「おいっ!」ってことなのです。
つか、ホントーにオメーそれが好きなのか!?って。


でも一方で、そんな些細な事でケチくさくイライラする自分もイヤなのです。
自分で勉強した事は、勉強できたとゆーことだけで満足するべきなのですよね。ホントーは。
作品にしちゃった資料はことごとく処分したとゆー吉村昭とか、それが求道者の本来あるべき姿ですよ。
・・・・私には絶対できねー・・・・。
つかそもそも求道してないから。その道は遠すぎる。


★★★今日読んでいる本★★★
「太平記の群像-軍記物語の虚構と真実-」森茂暁/角川選書
休日中に読むとか言っておいて、まだ6分の1しか読んでません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.19

おかーさんだって胃が痛い

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
ここしばらく、空気が乾燥しているのか肌がカサカサで・・・保湿クリームを使ってもよくならなくてかなりイヤだったのですけれど、思い出して手持ちの角質落としを使ったらけっこうカサカサが取れました。
前にやった時は、1度洗い流せばさっぱりしたのですけれど、今回何度やってもカサカサが出てきて顔がなくなるかと思いましたよ。
週に2回くらいの使用がよいと書いてあるのですけれど、やっぱ続けて使っちゃよくないですよね。


昨日は、小学校の保護者勉強会でAED講習があったので受けてきました。
AEDの使い方はわかりましたが、心臓マッサージが・・・実際の人間相手にやるのはけっこう勇気がいるかもしれないと思いました。いや、もう、これやらなきゃ死ぬ!と思えばできるのかもしれませんが。
この講習会のために、1日仕事を休んだので、午後は近所の病院でインフルエンザの予防接種を受けてきました。
本当は娘と一緒に受けるはずだったのですが、娘はまた具合が悪くて、一昨日からまたまた吐いてるのですよ。は~・・・。なので、予防接種の代わりに病気の診察でした。
なんかね・・・やっと治ったと思っていたらまたなので、ちょっと私は凹んでいますよ。
もしかして精神的なもの?とゆーのも疑っているのですが、やっぱどうやらそういう風邪が流行りまくっているようではあるのですよね。同じクラスの子も昨日「吐き気がする」と言って学校を休んでいたり、病院にも「もう3週間近くお腹の調子がおかしい」とゆー子が来ていました。
医者も、これだけ流行っていると、何度も似たような症状のウィルスにやられることはあると言ってたんで、まぁそれを信じることにしときます。
もうさぁ・・子供だからなんですけど、ちっとも自分で治す努力をしてくれなくて、そのわりに習い事へ行く時になると弱々しい声出しちゃったりして。そーゆーのがね~・・・・
さっきまでフツーにTVとか見てたのが、急にしおしおっとされると、こめかみの辺りがピキッ!となる気がします。は~~・・・ぁぁ
もちろん具合が悪いのは心配なんですけれど。心配故に、なんかもっと・・・何かすることがあるだろオメーッて感じなんですよね。あうあう・・・・。
今月空手の稽古参加ほぼ全滅。とほほ。


先日言っていた反物を買ってきました。
Kiji2

この写真ではわからないですが、こーゆー柄が川の流れで染められています。
色は紺。帯は何色を合わせるかな~。銀とかよさそうなのですけれど、ないし~。
早く作り始めなければです。一番めんどくさいのが印付けなんですけれど、今週末にできるといいです。
今週末、妹ンちの家族と一緒に遊びに行く予定なので、その前に終わらせてしまいたい。

Kiji1

そしてこれが自分の単衣用に数年前に購入した布。カーテンが出来そうな生地です。つか実際そうなのかも。
こっちはまぁまだしばらくはこのまま置いておきます。


★★★今日読んでいる本★★★
「日本の中世国家」佐藤 進一/岩波現代文庫
そろそろきちんとしたお勉強もしなければと思い読み始めました。
が、難しい・・・・・。ので
「夏目友人帳 2」緑川ゆき/花とゆめCOMICS
佐藤先生ごめんなさい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.11.16

できることをやってみた

みなさんこんにちは。
今日はどんよりと暗い曇りでした。
地域のイベントへ行く予定だったのですが、この天気で中止になりました。
昨日は娘の学校の親子スポーツ教室とかゆーイベントでした。
教育TVの「からだであそぼ」の監修をしているとゆー先生が来て、今時の子供の健康問題についての講習と体操を習いました。
折りに触れここでも書いているように、わたくしマジで体鈍っていますので!
体操部分は毎週やってほしいくらいでありますよ。
講習は、色々と大変ためになりました。私が若い頃にもこういう問題は言われていましたが、結局そこから何も改善されず、どんどこ悪くなってるようなお話がありました。
う~む・・・・どうなってしまうのだ。ニッポン。


今日は、先週言っていた「できるのにできない」ことをやりました。
まず刺繍。
終わらせました!
娘のティッシュ&ハンカチケースになりました。
出来上がりがかわいくて好きだけれど、めんどくさいターキーノットと出来上がりがかわいくて刺している時も楽しいスタンプワークでリスを刺しました。
で、何で引っかかっていたかと言いますと、縁取りのバックステッチ・・・・つまんないっつーか・・・糸継ぎが嫌いなのであります。
娘のお正月用着物の反物も見に行きました。
行ってみるものですね。何度かお世話になっている町の呉服屋さんへ行って、子供用のウールと言ったら、色々出してくれて。実のところ私は、子供用のウールって絣とかマットな感じのプリントしかないかと思っておりましたら、すっげーステキな染めがあって、娘もそれが気に入ったというのでそれに決めました。が、
持ち合わせがなかったので、まだ買っていません~。一応これっと言って、近い内に行きますってことでお願いしてきました。


それに合わせて、娘の着物の整理をしました。
Kkimono1_3買う予定のウールが、アンサンブルにするには長さが足りないのですが、数年前に購入した銘仙の羽織が、あんまりステキなので買ったのですけれど、その時は娘にはまだ大き過ぎだったのがそろそろちょうどいいので、色味が正反対なのですけれど、合わせ方でなんとかなるかな?って感じなので、とりあえずこれで。
他に、3年くらい前に買った銘仙があるのを発見。この冬着て最後かな?ってサイズです。上げを下ろしたらかなりシワが・・・・霧を吹いて掛けて置いたのですが、直らないので後日アイロンかけをせねば・・・・。
アイロンは当て布の上から霧を吹いて、押しつけないようにかけます。
Kkimono2_2ついでに、七五三の時の晴れ着が・・・姪っ子の七五三に貸したら、袖が豪快に外れて返ってきたので、これを直しました。古い物なので、袖がほつれたのも糸が弱っていたのが原因だと思います。
もうこのサイズで晴れ着を着る機会はないかとも思うのですが、とりあえず着られるようにしておきます。
本当は丸洗いに出したいのですけれど、もう裏地もかなり傷んでいるので、メンテナンスをするとしたら仕立て直しになってしまうのでした。でも生地の感じが高度経済成長期頃っぽい気がするので、どの程度手を掛けて取っておくべきかがビミョーで、とりあえず・・・娘が着る分にはこのままでいいやってことで。
柄はすごく気に入っているのですけれどね。


メリンスの長襦袢も出してきてチェック。
ひよこじゃなくてにわとりでした。
写真ではわかりづらいのですが、一面の梅にこの色で、ものすごく「春!」って感じなのですよ~。
Kkimono3_2

んで、見ていたらやっぱり自分で着たくなったので、掛け接ぎを再開しました。一応今回は待ち針を留めっぱなしにしていた分を直しましたが、まだ2カ所ほど大きな直しがあるので・・・まぁでも春までに直ればいいかな?
メリンスって苦手な人もいるようですが、私はこの独特な蛍光色になんだか捨てがたい魅力を感じるのですよね。楽しい雰囲気だし。
ついでに、やっぱり娘の着物に直そうかと思いつつ放置してあった着物・・・花園神社だか東郷神社の骨董市で買ってきた綿だか絹だかよくわからない幾何学模様のピンクの着物がありまして、それも広げてみました。
で、見ているうちに、そんなにいくつも娘の着物があっても着ないよな~と思って、とりあえずそのまま取っておくことにしました。実のところ、私が着るにはもうそろそろかわいらし過ぎちゃうかな~とも思うのですが、まぁ娘がもう少し大きくなった時に直してもいいかってことで。


実質1日のお休みで、これだけできればよろしいです。
あと、前から頼まれていた、夫と娘のズボンの裾直しとか雑巾縫いとかもしたし~。
やれやれでしたけれど、「やらなくちゃ」と気になっていた事が少し片付いたので、少しだけすっきりしました。
残った仕事はまた後日。とゆーことで。
この週末は終了です。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.14

できるのにできない

みんさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
最近仕事が少し忙しいです。
ず~~~・・・・・っと、長いこと、かなり暇な時期を過ごしていましたので、このまま仕事の勘を失ってダメダメなまま終わるのかと思っていましたが、そうでもなかったようです。
まぁ今後どうなるか知りませんが。
やっぱ仕事はなぁ、適度に忙しいくらいの方が落ち着きますね。


夏の暑さにバテた~と思っているうちに、なんだか世間はすっかり冬のようです。
去年の今頃は、編み物だとか刺繍だとか裁縫だとかをしていたような気がするのですが、なんか今年はほとんどそういった事をしていません。やる気はあるのですけれど、
もう少しまとまった時間のある時に
と思っていたら、いつの間にかこんな時期に・・・・。
こういう事って、結局心の余裕の問題な気がします。
忙しくても、趣味に時間をかけられる時はかけられるんですよね。は~・・。


今途中で止まっている刺繍がひとつ。たぶん去年の秋くらいから止まっている・・・。恐ろしいですね。
小さな物なのですが、ちょっと「めんどくさい」と思ったら、そのままスピードダウンして止まってしまいました。あとほんのちょっとで出来上がる、始めればたぶん1日かからずに出来上がる程度なのに。
そのほんのちょっとがなぜ終わらせられないのだろうな~。


数年前に、ひよこ模様のメリンスの長襦袢がかわいくて、アンティークで手に入れました。
メリンスのアンティークというのは、ほとんど虫喰いにやられていると思った方がよいのですが、これも例外ではなくポツポツと小さな物から大きな物まで、無数の穴が見られます。
自分で着るつもりで穴の掛け接ぎをしていたのですが、途中で飽きて、まち針を付けたまま放ってあります。
最近は、ちょっともうどうしようかな~と思って、娘の帯に直しちゃおうかな~と思っています。
それと、やっぱり数年前、自分の普段用の着物にしたくて、ステキな木綿の洋裁生地を買ったのですが、未だにまったく手つかず。ああもったいない。
単衣にするつもりで用意したのだけれど、ひよこの長襦袢を帯にするなら、剥いだ裏地を使って袷にするかな~。ちょっとそうゆーのにもチャレンジしてみたいし。
はっ!そー言えば、今はミシンが家にあるのだから、この生地ならミシンで縫えるじゃん。楽々じゃん。
着物は、娘の正月用にウールも用意したいのですよね・・・。
娘はあんまりはっきりした色より、白っぽい色の方が似合うと思うので、そういう生地がいいのですけれど、なさそうですね。それ以前にウールがなさそうです。
明日近所の呉服屋を少し覗いてみるかな・・。私も新しい足袋を買おう買おうと思いながら、時間ばかりが経過中ですので。


この前実家の片付けで古い毛糸が少し出てきたので、これも編みたいのですよね。
前に編んだ夫のベストも、ゴム編みの所が緩んでしまったので編み直したい。


この週末は、ちょっとその辺を・・・
中途半端にやりかけの物をどうするか、少し整理して考えるかな。
考える時間があれば、
ですけれど。あうう~。


★★★今日読んでいる本★★★
「9・11生死を分けた102分
  崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言」ジム・ドワイヤー、ケヴィン・フリン/文藝春秋

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.11.12

だんだん

みなさんこんにちは。
今日は冷たい雨です。
マジ冷たい・・・・。


職場に娘から電話がありました。
今日はおばあちゃんが来てくれる日なのに、何事!?と思いましたら、
約束の時間におばあちゃんは来ておらず・・・
それはまぁよいのですけれど、お友達姉妹と下校途中、1年生の妹が転んで前歯をぶつけてグラグラしてしまったので、歯医者へ行かなければいけないのだけれど、お友達姉妹だけでは行けないと言うので一緒に行っていいか・・・と、なんかよくわかんないけれど、そーゆー事を申しております。
行く気満々の娘に、子供だけで行くのはよくないので、おばあちゃんが来たら一緒に行ってもらいなさい。と伝え、おばあちゃんに連絡。その旨伝え、時間を見て再度家へ電話。
保険証のこととか、細々確認して、いってらっしゃい。
この姉妹のお母様もお勤めで、しかも接客業なので勤務中連絡が取れないんだよね~。


なんて書いておりましたら、おばあちゃんから電話
「前に行った病院に行ったら、休みなんだよね~」
って、前に行った?今どこに行ってるの?ったら、小児科だよそこは!!!
つかばばあーーーーーっ話聞けーーーーーっ!
歯だっつっただろーーー!
娘もーーー、友達の行きつけの病院へ行くっつってただろがーーーっ!話通じてるのか?友達とーーーーっ!!
一応娘の掛かり付け医へ連れて行くように言いましたが・・・・。


なんかな~・・・しまったな~。
大人がいると思って迂闊でした・・・・。こんな事なら学校へ連絡するのであった・・・・。
小さな子供のそばに大人がいられない時間が長いと、こういうことはほんと心配なわけですよ。
保育園の時はまだよかったのですけれど、小学生にもなれば、低学年でも一人でちょっと遊びに行っちゃうとか何かやらかしてしまうのもパワーが違うし。
私の娘は、かなり些細な事でもすぐに電話してくるのですけれど(お菓子を食べていいかとか、ちょっと手を付いた所が赤くなってるとか)、電話が架かってくると毎度すっごくドキドキするわけですよ。
ですから、私がどーしよーもない時に娘が困っているなら、近くにいる他人に助けてもらいたいし、私もよそのおうちの子でもできるだけ助けてあげたいと思うのですよね。
まぁ今回近くにいたのが、話を聞かないばばあだったってのがまた混乱を招いてはおりますが、
それでもいてくれてよかったですよ。サンキュー。


さて、先程また娘から電話がありまして、
お友達の妹さんは、口の中を少し切っているだけで、歯は問題なかったとのこと。
よかったです。
これから先、かなり大きくなっても、きっと子供の事は心配し続けるのだと思います。
でもね、世の中の親の心配とは別の所で、子供達もきちんと強くなっているのだと信じていますので、
ちょっとずつお互いにね、強くなりましょう。


★★★今日読んでいる本★★★
「9・11生死を分けた102分
  崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言」ジム・ドワイヤー、ケヴィン・フリン/文藝春秋

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.10

時間貧乏

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。
冷え込みが加速して、いきなり真冬の寒さです。
でも、聞くところによるとこの週末はまた少し暖かくなるそうですね。
娘は、お腹の方は治ったようなのですが、喉の痛みがなかなか取れなくて・・・って、もうひと月以上ですよ。つかそろそろ2ヵ月くらい経つんじゃないか?
子供故に治そうとする努力もないので、なんかね~・・もうこっちがイヤな気分になってきます。そんな中で、
暑いの寒いのと、もう勘弁して欲しいです。


とか言いながら、昨日は午後から「日本科学未来館」へ行ってしまいました。
前日に娘が突然「久し振りに行きたいな~」と言うので、特に予定もなかったので、軽く「いいよ~」と言ってしまったのですけれど。
まぁ娘が行きたいとゆーのは、ロボットコーナーのゲームがやりたいって事なんですけれどね。
でも、行けば勝手に遊んでいてくれるし、遊びながら学ぶっつーか・・・まだうちの娘は学ぶって程のことはないのですけれど、自分が遊んでいる展示物を通して、科学のおもしろさを感じてくれるのもよい事だと思いますので、せっかくいい所にあるのだし、行きたいとゆーなら連れて行きたいと思っています。
親としては「大江戸温泉物語」へも行きたいのですが・・・最近ビンボーだし、まぁ日曜日に未来館の後では長居もできないので、今回はパス。
「友の会」に入っているので、常設展は無料なのですが、昨日は企画展も見たいと珍しく娘が言うので、久し振りに企画展も見ました。
今やっているのは
「アマゾニア展 生命(いのち)の森、アマゾンの危機と未来」
私が気に入ったのは、昆虫標本とジャングルの様子を流している映像。
ただ、説明が少なくて、雰囲気を味わうに止まってしまった気がします。娘も最初は「すごいすごい」と喜んでいましたが、15分で飽きました。
映像は本当にきれいで、DVDが売っていたら買おうかな~と思ったのですが、販売はしていませんでした。残念。
それと、「メディアラボ」の八谷和彦さんの作品展示 「魔法かもしれない」が楽しかったです。
やっぱり何かを考えるには、好奇心を喚起させるって大切。
しかしここで、いかに夫が私の話を聞いていないかがわかったよ。
夫「八谷和彦って聞いたことあるな~。何してる人だっけ?」
私「ポストペット作った人だってよ」
夫「なんだったかな~。クリエーターだよね~」
私「ポストペット作った人だって」
夫「え~と・・・あっ!ポストペット作った人だ」
馬鹿者。


半日、しかも帰りもいつものように閉館ギリギリまではいなかったのですけれど、けっこう疲れました。
やっぱりなんとなく疲れが溜まっているのかも知れません。


話はまったく変わりますが、ある日の私がとったコピー代金。
Copy

見事に「226円」。しかも2回目はご丁寧に1枚コピー漏れされてこの結果。
クーデターかよ。


★★★今日読んでいる本★★★
「9・11生死を分けた102分
  崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言」ジム・ドワイヤー、ケヴィン・フリン/文藝春秋

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.11.06

また鬱陶しい話です

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし我が家は今ブルーな空気に覆われております。


話は昨日の朝に遡りますが、
起きた途端、腹も痛くないっちゅーにものすごい下痢。
でもどこも痛くもないので、そのまま仕事へ。
とにかく職場が寒い。他の人も寒いと言っていたのだけれど、その内慣れてくるでしょって雰囲気で、ジャケットを着たまま仕事。
しかし昼近くなってもさっぱり暖かくなりません。
やっと部屋に暖房を入れましたが、やっぱり暖かくならない・・・。
なんか節々が痛くなってきちゃったので、カイロを腰に貼って仕事。でもなんか寒気。
早く暖まってくれないかな~なんて思っていたら、夫から
娘が「学校で吐いて、まだ具合が悪そうだから、迎えに行く」という電話。
え~なんだろうねぇ。なんか私も具合悪いんだよね~とか言いながら、
昼休み、食欲がまったく出なくて、やっとの思いでヨーグルトだけ食べて・・・
さすがにこれは体調がおかしいのでは?
と思っているうちに、どんどん体が痛くなってきたので、早退。


いやはや、帰り道でも、途中で倒れるんじゃないかってくらいダルくて。でもなんとか家に帰り着いたら
夫も「なんか体が痛くて、すごくダルいんだよね」
なんと!!?
しかし私の方も、もう何もかまっていられないくらいダルくてダルくて、ベッドに横になって、時々覚醒すれど何かしようという気も起きず、断続的に今朝までず~っと眠っておりました。
が、その間あいだに娘がやっぱ気持ち悪がったりするので、一緒にトイレへ行ったり添い寝したりで、それはそれで辛かったです。
今朝になって、私は少し体調もよくなったのですが、聞いたら夫も夜中に何度か吐いていたらしい。
んで、娘は朝になっても、ウガウガ気持ち悪がって騒いでて、歩行もままならぬ有様でした。


なんだろうな~。
こんな家族そろってダウンって、初めてかも。
ちょっと疑ったのは、一昨日の豆乳鍋・・の豆乳が、もしかして古かったかも・・・。いや、そろそろ片付けなくちゃな~ってタイミングで使ったので。
それにしては、ちょっと症状の出方が遅い気もするので、違うかな~。


娘は医者へ連れて行って(これがまた全然歩けなくて・・夫と私で交代で負ぶって行った。しかも近所のいつも行く医者が休みだった)、またちょっと吐いたけれど、薬も飲んで少し食欲も戻ってきて、少し元気になりました。


あ~なんか今年は病気の当たり年かも。
これ以上ひどい病気には当たらず、よい年末年始を迎えられるといいな~。


★★★今日読んでいる本★★★
そんなわけで、ナシ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.11.04

先週の終わり今週の始まり

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
たまには休日中に更新しようかと思っていたのですが、ダメでした。


秋の連休、みなさまは楽しく過ごされたでしょうか?
3連休の初日、
私はお隣さんチの屋上でBBQ。庭でなく屋上というのが都会の事情・・それでも自宅でBBQできるっていいよな~。
天気予報通りだと、「ちょっと寒い?」のかと思っていたらものごっつう暑くて、UVカットできたのか~!?とそれがちょっとばかり気がかりです。とほ~。
そしてまた酔っぱらい。
今回は昼間から飲んでいたので、二日酔いはなしっ!
しかし、コップが空くとビールを勧められる攻撃に合い、けっこうヘロヘロで途中から自宅で寝ておりました。
爆沈!
寝ている間にすべて終わった・・・・・


んで、お隣さんのお孫さんが、我が家の娘と同じ学年で、BBQの後うちに来て娘としていた会話・・
お隣さん「血の中には何が入ってるかわかる~?」
娘っこ「鉄とか~、ミクロンとか~」
なんだよ!ミクロンって!!?なんか惜しい感があるけど、ちっとも惜しくないぞ、娘!


2日目
休肝日。
午後和田くんと品川歴史館へ特別展「東京湾と品川-よみがえる中世の港町-」 を観に行きました。
今回意外と人がいて、へ~って感じ。
11月3日に茶室を公開してお茶会をすると書いてあったので行きたかったのですが、予定があったので断念しました。残念。
特別展の展示数は多くないので、サッと終わるかと思っていたのですが、けっこう時間がかかってしまいました。
うちの近所の寺が鎌倉時代開山と年表にあって、ちょっとびっくりでした。
つか、この辺一帯寺がめちゃくちゃ多くて・・・ずっと宿場の関係かと思っていたら、その前から多かったのですね。
そー言えば、東海道というのも古代からあった道を整備しなおしただけって話だし。その頃から拓けていたってことですね。


3日目
保育園のママ友たちと昼間っから飲み会・・・ほんとーはここにも何度か書いているビリーをやる予定だったのですけれど、この日やったのは飛び入りで「やってみたい」と言った夫だけ・・・。ははは・・。
夏の間入院している人がいたり、体調が悪かったりでけっこう久し振りの集まりだったのですけれど、いろんな愚痴とか学校の事とか言い合って楽しゅうございました。
クリスマス会の予定も立てたし。やっぱこーゆー集まりがあると発散しますね。
すでに通う学校も変わってしまったりしているのですが、末永くお付き合いいただいきたいです。


んで、昨日の夜になって娘が、先週担任の先生とトラブルがあったと言い出し、んで、その授業をどーしたらいいかわからないとグズグズ言っておりました。
そーゆーことはもっと早く言えよ~・・・・。
まぁ家に帰ってくる頃には忘れちゃって、その授業が明日あるってんで思い出したんだな~とは簡単に想像がつきますが。
友達同士も難しいけれど、先生相手も難しいね~。
子供の話だけだと、なんかよくわからない事も多くて・・・思い込みや思い違いもあるだろうし、話もなんかあやふやなので、一応先生には手紙を書いて、どーゆーことなのか説明してくれるよう頼みました。今日はその回答待ち。
その回答次第で考えますけれど、明日たまたま保護者個人面談があるので、その時にきちんと話をする予定です。
夫は相変わらず、どうせ娘がいい加減に先生の話を聞いていたんだろう。くらいに思っているようですが、もう少し自分の娘を信じろよ~。
担任はやる気のあるまじめな若い方なのですが、ちょっとなぁキチキチしてるっつーか、余裕がないとゆーか・・・。
今回のようなトラブルも、もう少し落ち着いて子供の話を聞いてくれていたら、なかったんじゃないかと思うのですよね。
ささいな事・・と言えばそうなのですけれど、それに納得できない娘がおりますので、取りあえず親は付き合うしかないよなぁ。
この先そんな事はいくらでもあって、その度に子供はつまずくのかもしれませんけれど、
どこまで親が付き合いきれるのかもわかりませんけれど。
何にせよ、回答待ちです。


★★★今日読んでいる本★★★
「足利尊氏のすべて」櫻井彦 外編さん/新人物往来社

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »