« August 2008 | Main | October 2008 »

2008.09.29

いろいろ衰えているな~

みなさんこんにちは。
今日は雨です。ちょっと寒いです。
早く長袖の用意と、掛け布団の用意をしなければ。です。


土曜日は、娘の通う小学校の運動会でした。
週始めの長期予報では雨っぽい予報だったので、「延期になったらイヤだな~」と思っていたのですが、カンカン照りでもなく、よい感じの秋の天気で、毎年こーだったらどんなに楽だろうと思いましたよ。


しかし、私は今、これまでの人生において、最悪とも言える健康状態です。
まぁこの程度で最悪なのですから、ぜいたくな健康体とも言えるのかもしれませんが・・・精神的にもそろそろかなりへばってきております。
とにかく咳が止まらなくて・・・咳ってとにかく体力奪われるので、それでまずバテてしまうし。
まず夫に「肺炎なんじゃない?」と言われて、ちょっと他の心配と合わせて、ずどーーんと落ち込まされて・・。
職場の年下の上司に、「肺炎じゃないかとか言われちゃって~」と話したら
「あっそうかも知れないね」と言われて、さらにもうひとつの心配についても、夫と同じ、ごもっともな意見を言われて、さらに落ち込んでしまったのでした。
まったく君らはね~・・なんでそんなわかりきった正しい事しか言えないのだね!?
気休めでも少しは慰めてみようとは思わないのか?え~ん。


でも、病院へは行きましたよ。運動会の合間を縫って。
耳鼻咽喉科ではなんか原因不明みたいに言われてたので、今度は呼吸器科もある内科へ。
「肺炎ではないですか?」と聞いたら、「1ヶ月も肺炎の症状が続いてたら、もっと大変なことになってますよ」と言われました。まぁ健康診断の時からゲホゲホしてて、そこでは胸のレントゲンでも何も言われなかったし、熱も出ないので、私もそれはないと思ってはいたのですけれど。
んで、一応咳止めとかもらったのですが、楽な咳になったかな?ってくらいでまだ止まっていません。
しかもなんか副作用っぽいのが出てて、すげーダルイです。
だるくなるかもとは言われていたのですが、本気でだるくて、これも辛いです。薬止めた方がいいのかな~?
でも、ここまで咳を引っ張って、これで少しでも楽になるなら・・・と思うと、もう少しがまんして飲み続けた方がいいよな~とも思うし・・・う~ん・・・。


昨日は、久し振りに映画のDVDを観ました。
3年くらい前に日本では公開されていたフランス映画「ルパン」。
子供とレンタル屋へ行って、「ナイトミュージアム」とどっちにしよーかな~と思って、こっちにしたのですけれど、かなり大人な作品でした。
私はミステリーは好きなので、それなりにひととおりは読んでいるのですけれど、「ルパン」のシリーズはまったく読んだ事がないのですよ。
で、映画を観たわけですが、なんかとんでもない話でした。
原作ファンの方のサイトを見ましたら、シリーズのいろんなエピソードを取り入れて、けっこううまくまとめた作品に仕上がっているそうですが、知らない私から見たら、
なんだ、こいつら?
って感じがありました。
でも、原作を読んでみたいって気になったので、おもしろい作品だったと言えるでしょう。


ちなみに、娘は最近「花より男子」のアニメを借りたがって・・・
第1話を前に一緒に見て、声の演技のあんまりな下手っぷりに、途中で見るのを止めさせた事があるのですが、その後娘は一人で見て、続きを借りたがるんですよね。その度に私は渋るのですが、たま~に借りちゃうこともあって・・っつて、昨日やっと3巻目を借りたのですけれど、やっぱり言語中枢を破壊されるんじゃないかっつーくらい下手でした。
昨日は、私もなんとなく一緒に見てしまったのですが、ストーリーもなんだかな~・・・・。見るたびにヒロインが陰湿っつーか「それ犯罪」っつーよーなイジメに遭っているのは、なんなんでしょ?
昨日の分でまだ17話だか18話くらいまでで、ウィキで調べたら40話くらいあるみたいなんですけれど、娘はまだ見続ける気でいるのだろうか・・・・。
脳を破壊される前に止めさせたいです。


とにかく私は早く健康を取り戻したいです。
明日は健康診断で引っかかった件で、病院へ行きたい。
行けるといいな~・・・。
なんかね、気持ちに余裕がなくなっているのがわかって、それがすごくイヤ。


★★★今日読んでいる本★★★
「わたしの普段着」吉村昭/新潮文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.09.25

それでも舟は行く

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
週末に子供の運動会があるのですが、週末は天気悪そうです。
去年の運動会も悪かったです。
毎年悪いそうです。
そんなに悪いなら、時期を変えるとかしないのかね?


お風呂場の換気扇の風切り音が、
1週間ほど前から、なんだかうるさいような気がして。
前に住んでいた古いマンションは、強い風が吹くと換気扇が逆回転してこんな音がしていたので、
台風が近くて風が強いから?とかちょっと思っていたのですが、構造も違うし、それはないか。と思って、フィルターやパネルを掃除したら、風切り音だけじゃなく、何か引っかかるようなシャンシャンいう音がするようになってしまいました~。
なので、修理を呼びました。
ファンのモーターが摩耗していたと言われて、取り換えたんだかどーしたんだかわかりませんが、直りました。
直ったのですが、無料でした。
「今回何もしてませんから」と言われたのですけれど、保証期間過ぎてるはずだし、出張費とかも当然かかると思っていたので、かなり拍子抜けでした。
まだ新品から3年くらいしか使っていない機械だったので、「それくらいで消耗する物なんですか?」と聞いたら
「なんとも言えません」と言われてしまった・・・・。
くそ~・・何をしたのか見ていればよかった。
何もしてないのか?
まぁ直ったからいいんですけど。
実は気が付く前から調子は悪かったかも・・・と思うほど、動作音が静かになりました。って、いや、「うるさい」と思うようになる前どれくらいの音がしていたか、まったく思い出せないのですが、ほんと静かなので。


修理が終わったので取扱説明書をしまおうとして、初めて気付いたのですが、保証書の縁取りが、
なぜか柊の葉っぱと実のイラストでした。クリスマス・・・・。


2週間前に受けた定期健康診断の結果が、今日届きました。
生まれて初めて「要治療」とゆーのが付いてしまいました。ショック・・・・。
あまりに見慣れない結果だったので、最初よく理解できませんでした。
診断書の頭の方にさ、「ABC・・」で総合評価みたいのが出てるんですけどね、いつも私は「B」なんですよ。体格とか視力で付けられちゃうんですけれど。
それが一気に「F」。間に3つも段階があるっつーの。「再検査」もすっ飛ばしてますよ。
なんかね、病気だったみたいです。
まぁ2週間も放っておかれたくらいなので、緊急性はほとんどないわけですが(でもほんとーは早く教えた方がいいんじゃないかな~?)、びっくりですよ。
ネットでどーゆー病気なのか調べたら、わりとフツーに保菌してて、体が弱ると出てくるそうです。
あ~・・健康診断の時もかなり弱ってたもんな~・・・。今も弱ってますけど。
とほほ。
けっこう自覚症状で気付く人が多いみたいですけれど、今のところ自覚症状はまったくなし。
治せと言われたので治しますけどね。いや、治るのならね。
医者に行けるのは来週だ。


実はこんな体調でも、先日友達と飲んでて、
その時に3回も「もっと太らなきゃダメだよ~」と言われた。
しかし健康に太るのは難しいんだよ。
しかし今は、不健康に痩せているのか・・・・。
とほほ。
バランスのよい体っつーのは難しいですな。あ~あ・・・・。
本当に、健康に気を付けないといけないお年頃になったのだな~と。しみじみ。


★★★今日読んでいる本★★★
「足利ノ尊氏」中村直勝/東京堂出版「論集足利尊氏」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.24

ビミョーなネタの気になる話

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
先日なんとなくしている会話で、私が
「桂小五郎って人がいて・・・」と言ったら、娘に
「こたろうでしょ」と訂正されてしまいました。
って・・・・・「銀魂」!!


間瀬元朗原作で、 映画公開も迫っているコミック「イキガミ」が、星新一の「生活維持省」のパクリではないか?
と星氏の遺族の方が、ちょっと騒いじゃってるそうですね。
しかも、追加情報によると、星新一も海外の作品をヒントに書いたのではないか?とゆーよーな話も出てきているそーで、んで、「イキガミ」も、「生活維持省」よりこの海外の作品に似てるんじゃないか?とかなんとか・・。
私は「生活維持省」は子供の頃読んでいて、「イキガミ」は最初の1・2話くらい読んだ事があるのですが、
言われるまでまったく気付きませんでした。海外のはまったく知りません。
んで、「イキガミ」が「生活維持省」に似ているかとゆーと、私は、
なんかビミョー。と思いましたです。
とゆーか、こーゆー設定って、けっこう思い付く人っているんじゃないかな~と・・・・。
ビミョーな著作権の問題と言えば、ただいま係争中の、松本零士と槇原敬之のあれがありますけれど、
私がけっこう気になったのは、佐藤マコト原作の、これも映画化までされたコミック「サトラレ」。
この作品、私は雑誌で1話からずっと読んでいたのですけれど、最初読んだ時に
「これ、ふくやまけいこの逆テレパスじゃん?」と思ったのですよね。
誰も指摘しなかったのかな?
まぁこれも、けっこうありそうなネタな気もするので、そこに乗っけるストーリーが大切で、アイデアでどうこう言うほどの物でもないのか。
でも、ふくやまけいこ好きなので、「サトラレ」のアイデアが誉められているのを見たりすると、ちょっとむかついたのでありました。
しかし、そーゆーなんかビミョーな話ってけっこうありそうですね。
そー言えば、ありがちなモチーフを使ったために盗作疑惑をかけられる話が、矢野健太郎(絵が嫌い。どーでもいいが、似たような絵なのに、山本夜羽の絵は嫌いじゃないんだよな~。不思議)の「ネコじゃないモン!」にもあったな~。って、古っ!!


ところで、あれはどーなったの?と、時々気になるのが、
数年前、某有名ミステリーが某人気探偵マンガにトリックをパクられた。と、騒がれた事件。
当時この推理作家が雑誌で、「トリックにも著作権を」とか言っていたのですけれど。どーなったのかな?
これ、私はマンガの方は全然知らないのですけれど、小説の方は読んでいました。
で、これって、実は私、この作品を読んでる途中で、
「こういう事じゃん」と・・・・謎が解けちゃったんですよ。
それは別に、たいしたトリックじゃなかったとか、私に推理力があったとかゆーわけではなく、子供の頃読んだ本に同じトリックが出ていたのですよね・・・・。道具は違ったけど。
なので、なんかその、トリックをと言うなら、それは昔からあった物なので、この作者が自分の作品をもって「トリックに著作権を」と言うことなのかな~と、思うのでした。
その辺が、どーなったのか・・・その後を知らないのですが。結局うやむやに終わったのではないかな~。


私が今までに見たパクリ作品で、すげーな。と思ったのは、
ちょっとマイナーなホラー系マンガ雑誌にマイナーな作家が描いていた作品で、ビミョーどころか・・・そのまんまと言ってもいいくらい、森脇真末味の「僕の電話 きみの午後」を真似した作品でした。
あれはどーだったのだろう?パクッた作家も、掲載された雑誌もマイナーだったから気付かれなかったのだろうか?
森脇真末味も、知る人ぞ知るって感じですし・・・。そーゆーことではかなりビミョーな事件だったかも。


何年か前に、夏の高校野球を見ていて頭に浮かんだ
「夏草や兵どもが夢の跡」を、自分で思い付いた句だと思って、朝日新聞の俳句投稿欄に送っちゃった主婦の話もあったな~。
なんか、そーゆー事も、実はけっこうありそう。
しかし、ここまですごいと、誰も盗作だとは思わないのだろうな。


★★★今日読んでいる本★★★
「足利ノ尊氏」中村直勝/東京堂出版「論集足利尊氏」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.22

雨の江の島

みなさんこんにちは。
今日も雨です。
実は、先週の台風・・・「日曜日までこの辺にいてくれないかな~」と思っていました。
でも、さっさと温帯低気圧に変わって消えてしまい、けっこうがっかりしました。


なぜかと言いますと、
この日曜日、東京シティサイクリングとゆー自転車のイベントに、何ヶ月も前から家族3人でエントリーしていたのですが、結局体調はよくならないし、他の理由もあって、参加したくなかったのでした。
でも、けっこう高い参加費も払っちゃっていたので、気軽に「行きたくない」とも言えず、
天気が悪ければすっぱり「行かない」選択ができるのにな~と思っていたのです。
まぁ結局、やっぱり無理はしたくないってことで、行かなかったのですが、
昨日は昨日でお昼近くからすごい雨で、参加した人たちは大変だったようなので、私としては、行かなくて正解でした。
が、結果的に私もずぶ濡れになりました。
天網恢々疎にして漏らさず!?悪い事を願ってはいけませんね。とほほ。


久し振りに家族揃っての休日に、サイクリングへ行かないことにしたので、代わりにどこかへ行くか?とゆー事になりまして、
和田くんの希望で、江の島へ行く事になりました。
江の島は、以前サイクリングで行った事があるのですが、その時はハーバーの方しか見なかったので、今回は反対側へ行きました。
でさぁ・・朝けっこう蒸し暑かったので、もう全然、磯遊びくらいできるつもりでいたのですけれど、湘南モノレールで江ノ島駅へ着いたところから、雨。
シュクの通りと呼ばれる江島神社へ向かう坂道を歩いているうちに土砂降り。
夕方には雨と思っていたので、傘は持っていたのですが、ほとんど役に立ちません。
Enosima1

取りあえず、和田くんの今回の目的だった児玉神社へ。
もちろん土砂降り。
Kojima_2

児玉神社は、日露戦争で満州軍総参謀長を務めた児玉源太郎を祀った神社で、勝運に御利益があるそうです。
そー言えば、娘が江島神社で引いたおみくじにも、勝運を呼ぶ軍配のお守りが入っていました。
今、勝負のしどころか?・・・・って何の?


江島神社のそれぞれのお宮もぜひ参拝したかったのですが、とてもそんな余裕はなく、エスカーを乗り継いで、とりあえず頂上を目指しました。
雨天のため展望灯台も一部閉鎖。
穴蔵好きの私は、江の島岩屋だけでも行きたかったので、サムエル・コッキング苑、稚児ヶ淵を横目で見ながら島の反対側へ下りました。


こんな天気で洞窟に入れるのかな~とも思ったのですが、
意外と観光客もいて、釣り人もけっこう出ていて、まったく問題ありませんでした。
富士の朝霧高原の麓に「人穴」という洞窟があって、私はけっこう好きで時々行くのですが、
その洞窟が江ノ島まで続いているという伝説があって、「ここに繋がってるってことか知らん?」などと話しながら入ってみたら、そのとおりで、岩屋の奥に、人穴に続いていると言われる穴もありました。
ちなみに、富士の人穴は、源頼家が和田平太・仁田忠綱に調べさせたという伝説や、身禄という僧が幕府に抗議して、ここで即神仏になったという話があります。
人穴の名前の由来は、古代の人が生活していた跡が見つかったからと聞いています。
どーでもいい事ですが、グラハム・ハンコックの「神々の指紋」に人穴の話が出てくるのですが、村野守美にコミカライズされた作品に描かれている人穴の様子が、あまりに秘境で笑ってしまいます。
江の島岩屋に話を戻すと、
小さいながらもきれいに整備されていて、途中ろうそくで照らしながら歩く所などもあり、洞窟ウォッチャーの私にも楽しめました。七福神や蛇の石像などにも時代を感じることができます。
Enosima2


岩屋道の入口で帰りがけに昼食を取り、娘は磯遊びで濡らす事を想定して持ってきていた服に着替え、ちょうど雨雲が切れた所でショートカットの裏参道を通って、お土産物屋が並ぶ通りまで戻ってきました。
とにかく土砂降りのせいで、何をしに来たんだ!?ってなくらいわけのわからない江の島観光でした。
でもこーゆー、どこへ行って何をする。とかきちんと決めずにフラフラするのって好きで、けっこう楽しかったです。
しかし、これ以上体調を崩さないように・・と思って、サイクリングを止めて。ちょっとトレッキングくらいなら、リハビリにもいいかな?と思って行った所でずぶ濡れになって・・・まったく、呪われているのか!?ってなくらいです。


帰りの電車の中で、体も冷えてしまって、
「温泉に行きたい~」とかブツブツ言っていたのですけれど、後で観光ガイドを見たら、「江の島温泉えのすぱ」って大きな温泉センターが、島に渡った所にあったのね・・・・。
まぁ・・今回こんな感じになってしまったので、次はそのつもりでゆっくり行こうっと。


★★★今日読んでいる本★★★
「足利ノ尊氏」中村直勝/東京堂出版「論集足利尊氏」より

| | TrackBack (1)

2008.09.18

秋の怪談

みなさんこんにちは。
今日はなんとなく雨です。
娘のお弁当に箸を入れるのを忘れました。なんか平気で手づかみで食べていそうで恐いです。


「太平百物語」という本に出てくるお話。
京都の仏具屋が丁稚を遣いに出したところ、帰り道で肩に何かが乗ったような気がして、帰ってきた裏口で突然笑い出した。
主人がどうしたのか尋ねると、丁稚は
「自分は因幡薬師に住む狐だが、昨日寝ているところを驚かす者があって、恨みに思っていたらこの丁稚が通りかかったので、こいつかと思い取り憑いた。ところがこれが間違いだと気付いたので、それがおかしくて笑っているのだ」
と言った。


江戸時代、元禄文化華やかなりし頃の日本橋辺りでのお話。
気持ちのよい天気で、大勢の人たちが大路を行き交っていた。
そんな中に、ちょいと粋な女がしゃなりしゃなりと歩いてきた。するとその女、
芝居絵が掛かっている小屋の前まで来ると、首がするすると伸びた。
周りの人は呆れて、騒ぐ者もいたが、女は気がつかない様子で、おもしろそうに絵を眺めており、
しばらくするとまたその首がするすると元に戻り、何事もなかったかのように、そのまま行ってしまった。
このお話は、子供の頃母に聞いたのですけれど、その後本でも読んだ記憶があります。


これも母から聞いた話。
ある屋敷に化け物が出るという噂があり、夜にもなるとその近くにさえ誰も近寄ろうとしなかった。
ある浪人が、住む所もなく、そんな家があるのなら、自分がそこで暮らしてみようとやってきた。
昼はなんということもなく過ごし、日が暮れ、
廊下に何やら気配がすると思う間に、すらりとした女が入ってきた。
女は趣味のよい着物をすっきりと着こなし、髪もきれいに結い上げていたが、どうしたことかその顔には目も鼻も口もない。
さてはこれが噂の化け物か。と見ていると、
女は部屋の掃除を始め、それが済むと男の食事なども作り、甲斐甲斐しくしていたが、一通りの事をすると布団を出して横になって眠ってしまった。
夜明け近くになると、女は起き上がり、鏡の前で髪などをきれいに整えて、そのままふいと出て行った。
次の夜もその次の夜も、女はやってきて、部屋の掃除をし食事を作り、横になって髪を直して帰って行く。
そうして何日かが過ぎ、男はこの女に感謝する気持ちを持つようになった。
いつものように仕事を終えた女が布団に横になる。その顔を見ていると、目も鼻も口もなく、起きているのか寝ているのかもわからない。男は自分に絵心がある事を思い出し、持ち歩いている矢立を取り出した。
夜明け近くになり、いつものように起き上がり、鏡の前に座り、それをのぞき込んだ女は、
「きゃーーーーっ!化け物ーーーーー!!」
叫ぶなりその姿は消え、それきり二度と現れなかった。


さて、話は変わります。
ぬらりひょんという妖怪がいます。
鳥山石燕の「画図百鬼夜行」にはその姿が描かれていますが、説明が付いていません。
千葉幹夫氏の「全国妖怪辞典」には、備讃瀬戸の海坊主としてぬらりひょんを紹介していますが、石燕の「ぬらりひょん」(「画図百鬼夜行」には「ぬうりひょん」と表記)とは関係なさそうです。
おそらく、みなさんがご存知のぬらりひょんは、最近の映画でもお馴染みの「妖怪の総大将」と言われている、石燕が描いた妖怪ではないでしょうか?
ではなぜ石燕は自分の絵にそう説明しなかったのでしょう?
実は、ぬらりひょんが「妖怪の総大将」だと言う話は、大正から昭和にかけて活躍した、藤沢衛彦という学者が最初に紹介したと言われています。
そして、それを水木しげるが採用し、水木しげるの作品がヒットすることによって、この話が一般的になったようです。
藤沢衛彦は、民族学においてかなりの数の著作を持ち、その世界ではそこそこ有名な学者なのですが、恐ろしいことに、その研究のほとんどを
思いつき
で書いているらしいのです。
ちなみに私は、この人の「図説日本民俗学全集」全8巻を持っているのですが、この全集は現在、研究書として
ほとんど役に立たない。
と言われています。
            かっこいいな~。藤沢先生。
            つか、ガッデム。ですね。


妖怪の大将っつったら、山ン本五郎左衛門だよね~。


★★★今日読んでいる本★★★
「足利ノ尊氏」中村直勝/東京堂出版「論集足利尊氏」より

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.09.16

この連休

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
すっかり体調が崩れまくって、いろんな事がちょっとイヤになっているのですが、今日は少し咳も収まっています。でも微熱があるのだなぁ。
このまま回復してくれる事を切に願うよ。
体力と共に気力も著しく低下してしまって・・・・何をするにもかったるいとゆーのが、大変困りますね。


しかし、日曜日、娘の希望に応えて、また上野動物園へ行ってしまいました。
前回午後から思い立って行った、とゆー事もあって、娘としては今ひとつだったようで、
まぁね、近いわけだし、この前よりは、天候も少し涼しくなっていたし、イケるかなって感じだったので、行ってきました。
前回のように、気分が悪くなったりはしませんでしたが、後半ほとんどベンチに座って、娘が一人で見て回るのを待っていました。んで、「あ~生ビールが~」とか思いつつも、めっちゃくちゃ眠たくて、飲んだら寝ちゃいそうだったのでがまんしました。
あまり一緒にいられなくて、娘の方は、これでよかったのか・・わかりませんけれど、まぁ2週も続けて行ったのだから、納得してくれないと困ります。


その前の日ですが、土曜日の夜。
小学校で映画上映会があって、行ってきました。
上映作品は、手塚治虫の「マリンエクスプレス」とゆーアニメ。私は知らなかったのですが、和田くんに
24時間テレビで初めて放映されたアニメだと言われました。※後で調べたら2作目でした。
手塚作品のスターシステムって、有名ですけれど、私、シリーズ物ではあまり気にならないのですけれど、スペシャル番組になるとちょっと鼻に付いて、あまり好きじゃないんですよね。
ってゆーか、「アダム」とか呼ばれてても、「アトムなのに~」と余計な事が気になってしまって・・・・ダメなのでした。
1979年の作品だそーで・・ちょっと話が難しかったのか、途中退屈している子もいたようです。
キャラクターデザインが坂口尚とあって、ちょっとびっくり。手塚プロ出身なのは知っていましたが、30年前はこーゆー仕事をしていたのですね。
いや、私が坂口尚の作品を初めて読んだのって、「12色物語」をリアルタイムでだったのですけれど、それだってかなり「昔」って感じなので、24時間TVがそれ以前からやっていたとゆーのが・・・なんとなく感覚に合わなかったのでした。
あ~でも、年代で見れば、自分もすでにそれなりの年だったのね~。
そして、手塚治虫も坂口尚も、もういないのね~。


って、ああ、また年を感じるような話をしてしまったーーーーっ!!!
もうしばらくこーゆー手の話は、しないようにしたいと思います!封印!
そして、元気になった暁には、体力作りに力を注ぐ事を誓うよ。とりあえず、今よりはがんばるよ。
マジで。


★★★今日読んでいる本★★★
「金魚屋古書店 7」芳崎せいむ/小学館 IKKI COMIX
私はちょっとそろそろ飽きてきて・・・。買わないでいたら和田くんが買ってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.12

食べたい物を食べたい

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
先日定期健康診断があったのですが、体重がけっこう減っていてびっくりしました。
体調が悪かったせいかな~とも思ったのですが、もしかして、夫のダイエットで、朝食を控えめにしてるせいかもしれない。
咳はまだ抜けません。疲れました。とほほ。
病院の咳止めが効いているのかいないのかわからなくて、のど飴をなめても、ほとんど効果なしって感じで、母に勧められて、今日は咳が出始めたら龍角散を飲むようにしていたら、ちょっといい感じです。
さすが佐竹のお殿様のために造られた薬だ!


よく一緒に仕事をしている年下の上司から
「具合、なかなかよくなりませんね」と言われて、
「咳が抜けなくて・・・。
今は治ったんですけれど、先週は手に湿疹が出たりして。
ストレスみたいです」
と言ったら
「じゅんこさんて、落ち着いてて、幸せそうなのに、
ストレスなんてあるんですか!?」
と・・・・びっくりされてしまって・・・。
いや、フツーにありますよ。子供もまだまだ手のかかるお年頃だし。とりあえず、
「ありますよ~。
隣の○○さんは恐いし・・・」と言ったら
「わかる!私も恐い!」と言われて、その後しばらく二人で○○さんが恐い話で盛り上がってしまいました。
そうなんだ。やっぱり恐いと思うんだ~。よかった。私だけじゃなくて。
と、そんな事で嬉しくなってしまう私も、誉められた性格じゃありませんが。
まぁ○○さんも、別に性格がどうとかゆーことではなく、単にぶっきらぼうだったりするだけなのですけれど、
やっぱり挨拶くらいフツーにして~~。


午前中外出だったので、昼食用に、東京駅で駅弁を買ってきました。
お肉が食べたかったので、とんかつとどちらにしようか悩んで、牛肉弁当とゆーのを買いました。
買った後でちょっと気になって原材料を見たら、
「牛肉煮(米国産)」とありました。
それって、つまり加工肉を輸入してきたってことっすか?
ご家庭用にも敢えてアメリカ産の文字は避けているし、コンビニではその手の物は買わないようにしているのですけれど、こんな所でアメリカ産。しかも加工品。う~ん・・・。
職場で「どうでしょうね~」と話したら、
「こんなご時世に、もう何を心配してもムダって気がする」というのが概ねのご意見でした。
でもやっぱりなんとなくイヤな感じもするので、ついに夫に電話しちゃいましたよ。すまん。
夫は一も二もなく
「絶対に食べない」
まぁね、多分に気持ちの問題って感じではありますが、「なんかな~」と思いながら食べて、その後も「なんかな~」と思い続けるのもイヤだしね。
結局捨ててしまいましたよ。高かったのに~。高かったからここまで悩んだんですけど~。
ごめんなさい。


んで、ネットを見ておりましたら、アサヒビールが出している焼酎が、例の「事故米」がらみで自主回収とか。
「かのか」
飲んでたよ。
いや、我が家は実はこーゆーのは買わないのですが、お友達同士で集まった時に誰かが持ってきて、余った物をうちが引き受けたんだよね~・・・。
で、一人で飲む時とか、あまり味にこだわらないので、飲んでたんですよね。
会社のホームページでは、一応まぁ大丈夫とは言っていますけれど、やっぱりなんかヤな感じですね。
あっでも、自主回収は「芋」だけで「麦」には使ってないって書いてるけど、パッケージを見ると、うちにあったのは「麦」だったかも。


いろんなご意見があって、神経質になり過ぎるのもいかがなものかとは思いますが、
こんな事でおいしくご飯が食べられなかったり、おいしくお酒がいただけないなんて、とほほ~。ですね。
今日、残っている春巻きの皮を使い切っちゃおうと思っているのですけれど、
大丈夫だろうな?春巻きの皮。


★★★今日読んでいる本★★★
なし。
読もうと思っていた本を、家に忘れてきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.09

グダグダする

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
って、もうさすがにいい加減にして欲しい・・・・この暑さ・・・。
夏は好きな季節なのですが、ちょっとなんか、もう勘弁してって感じ・・・・・。
体調もよくならないし、このまま倒れそう。倒れたい。
でも倒れないんだよな~。倒れても困るし。
明日定期健康診断があるのですけれど、健康診断ってけっこう疲れるしめんどくさいし、テンションが低い時に受けたくないよ~。年を取ると、具合が悪くなるから健康診断は受けないって人もいるよね。
今そんな気分ですよ。


風邪のような症状が治らない話は何度か書いていますが、
ほんと咳が止まらない。とほほ。どーかな?って時には、一応病院でもらった咳止めを飲んでいるのですが、効いているのいないのか・・・よくわからないです。
暑さの上にこの咳で、ほんと辛いです。つか、咳をしてなくても、頭が重いような喉が腫れているような何かいや~な感じがあって、イヤ。
こんなのが続けば、戸川京子もそりゃ死にたくなるわ。と、ちょっと思いました。


日曜日、午後になって娘が
「こんなにいい天気だと、どこか行きたいな~」と言うので、上野動物園へ行ってきました。
夫もなんか、元々予定に入っていたんだか知りませんが、突然撮影会へ行ってしまったので。
家を出る時は体調の方も平気だったのですけれど、動物園に着く頃から少し怪しくなってきて、子供がまず行きたいと言った、「なかよし広場」に着いた時には、けっこう頭が重くなっておりました。まぁそれだけっちゃぁそれだけなんですけれど、色々めんどくさい気分になって、子供は勝手に山羊を追いかけて遊んでいるので、椅子に座っておりましたら、
娘の肩に手を掛けたりして馴れ馴れしくしている少年がいるので、隣へ行って
「誰?どこの子?」と声を掛けたら、娘と同じクラスで、以前同じ空手道場にも通っていた子でした。いや、まさかこんな所で知り合いに会う事は想定していなかったので・・・。
娘に「○○ちゃんじゃんっ!」と言われても、全然頭の回路が繋がらず、ぼーっとしてしまったワ。きっとなんか変な恐いオバサンだったと思う。すまん。
体調は、その後は虫類館に行ったら治りました。空調が効いていたおかげだと思います。ありがとう、日本じゃない所から来てくれた生き物たち。ストップ!ツボカビ病!
知り合いと言えば、帰りに園内のモノレールに乗ろうと思って列に並んでいたら、後ろにいた人が、よく行く焼鳥屋のマスターに似ていて、娘が絶対にそうだ。と言うのですけれど、え~そんなわけないじゃん。こんな時間に動物園にいたら、お店開けられないじゃん。とゆー話をしながら帰って、
じゃぁ夕飯はその焼鳥屋で食べよう。とお店へ行ったら、臨時休業してました。
まさか・・ほんとにマスターだったのか?


さて、実は、ここ1週間くらい・・とゆーかもう少し前からなのですが、
なんか異汗性湿疹とか主婦湿疹とか言われてるのっぽいんですけれど、手の平や指の間にポチポチと水疱が出るのですね。私のは右手だけで、気にしなければ気にならない程度の痒さなのですけれど、まぁそういうのが、先週はずっと毎朝出て、「イヤだな~」と思っていたのですが、昨日今日と出ていません。
その代わり、皮がカサカサポロポロ剥がれ落ちてきます。脱皮か!?っつーくらい剥けることもあるそうですが、私のは範囲も狭いので、そこまでではありません。
ストレスから起きることもあるそーなので、
それだよ!それっ!!
と思いましたよ。咳も。この原因不明さは、それだよ!
もうね、真剣に酒を控える事に取り組まねば、と思っていたのですけれど・・・・。つか、そういう問題じゃなく、酒は控えた方がいいよな。とほほ。
何にせよ、少しずつでもよくなってくれないと困ります。
早くよくなって欲しいな~。


★★★今日読んでいる本★★★
なし。
DSで数独しようと思ったら、電池が切れた。とほほ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.03

疲れてるんだろうなぁ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。つか、なんだこの蒸し暑さは!


なんかね~・・この気持ち悪い程の暑さで、
体調の悪さが、暑さのせいなのか、風邪のせいなのか、よくわからないです。
なんかね~、首筋とか背中がダルイし。
ここ2~3日、咳も出るようになってしまって、今日も病院へ行ってきたのですけれど、そんなに喉とかが荒れているわけでもなくて、原因がよくわからないのでした。は~・・。
ここ数年、春先にこんなような症状がよく出るのですけれど、
アレルギーかも。と言われて、一応検査もしたのですけれど、これと言う結果も出ないんですよね~。
もしかして、ストレス?
夏の疲れもあるし、ここんとか、なんか変な感じに疲れが溜まっているのですよね。


ちょっと愚痴ですが、
最近、職場の後輩が
恐い。
入ってきた時から、どちらかと言えば恐い人なのですけれど、最近特に・・・・
もしかして、私の仕事のテンションが下がりまくっているせいで、そう感じているだけか?とも思ったのですが、やっぱりそれだけではない気がします。
何かイヤな事でもあったのでしょうか?ドキドキ。
あまり「恐くてヤな感じ~」と思っていると、気を呑まれそうなので、考えないようにとは思うのですけれどね~。ちょっと気になりますよ。
気になるので、せめて挨拶くらいフツーにしてほしいな~。


私のお仕事とゆーのは、なんだかいろんな事をする怪しい事務所の・・・有り体に言えば「秘書」とゆー
ちょっと愛想が多目に必要な事務員なのですけれど、
お客様が来て、応接室に案内して、お茶を出して、とかするのですけれど、
ここ数ヶ月、どーしたわけだか、案内しているお客様に見失われてしてまう・・・・・。なぜ?
お年寄りもいるので、スタスタ歩きすぎるか?と思い、気にするようにしているのですけれど、今日もまた見失われてしまった・・・。ちっとも広い所じゃないのに。つか、廊下も1回しか曲がらないのに、振り向いたら客は別の部屋に入っていた。う~む・・・・。
前はこんな事なかったんだけれどな~。どうしてだろう?
何かに呼ばれているのか?あんたら。


あ~・・早く体調治して、
やりたい事がいっぱいあるのですよ。
つか、やらなくちゃならない事もいっぱいあるのですよ。
ぐっすり眠りたい・・・・・。
ビール飲みたい。


★★★今日読んでいる本★★★
「源威集」 加地宏江・校注/東洋文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.01

リアルフラガールに会いに

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
最近、毎晩すごい豪雨ですね!
昨日一昨日と、私の地元では駅前のお祭だったのですが、一昨日帰りがけに降られて、和田くんの携帯電話が壊れました。
お祭の方は、お友達も露店を出していて、この雨でどうかと思ったのですが、それなりに忙しかったようで、人出の方は問題なかったようです。
とゆー私は、旅行で風邪をこじらせたようで、昨日は家で寝ていました。
ほんと夏風邪は治りにくいと言いますが、未だによくなる気配なし。です。とほほ。


Hawaii3先週は、木曜日から土曜日まで、福島のスパリゾートハワイアンズへ行っていました。
映画「フラガール」でも名前の上がった、「常磐ハワイアンセンター」です。
私たちは、子供が産まれてから行くようになったのですが、毎年のように行っているのですよね。
なのでこの辺の話は、何度も書いているのですけれど、
ほんと飽きません。
小さな子供連れだし、東京からの送迎バスがある事と、施設の中ですべて済ませられるというのは、かなりの魅力です。
プール施設の中に畳のフロアがあって、赤ん坊を連れて行った時にすごく便利でよかったのですが、最近改装があって、その場所がショップになってしまっていて、ちょっとがっかりでした。が、代わりにアトラクションの部屋がひとつ、フラットな休憩室になっていました。
やっぱりこういう場所があるとすごく便利です。
去年は行かなかったので、今年は2泊にして、ホテルもちょっといい方に泊まりました。お料理がおいしい。
Hawaii1

前にもこのホテルに泊まった事はあるのですが、子供は忘れているようで、夕食のバイキングで、デザートの6種類のシャーベットと(なぜか)綿あめに、目が輝いちゃって、「天国みたいだね~」とか言うのが・・・お安い天国でよかったね~。ですけれど、こんな事でも喜んでもらえれば、連れてきたかいもあったというものです。


そしてフラショーですが、
ファイヤーダンスが派手になって、時間も増えていました。
今回、出演者のファンっぽい人がけっこう目について、ちょっとビックリ。
前からいたのかも知れませんけれど、今まで気が付きませんでした。
で、和田くんも調子に乗って、前から気になっていたケンさんと一緒に写真を撮って喜んでおりました。が、ケンさんはそろそろ定年だとかで、こちらも、「えええーーー!?」って感じでした。やっぱ定年退職ってあるんだ~・・・。
そう言えば、ショーをやっている時、見た覚えのない若い人がいるよね~と話していたのですけれど、そういう事なのか?
Hawaii2

そうか~・・・。辞めちゃう前に、もう一度くらい見に来たいな~。
フラの方も、腰のくびれたオネーサンがいっぱいいましたよ~。
こちらの方も、和田くんが、「前あそこにいた人がいない・・。あの人は新人だ」とか
どれだけメンバーを覚えてるんだよ。いったい。


今回、かなりプールで遊んで、温泉の方にあまり行かなかったのですが、プールエクササイズに参加したり、オイルマッサージをしてもらったり、たっぷり堪能させていただきました。
お天気もよくて、曇っているつもりで外に出たら、すごい日射しだったりで、
ビミョーな雨女と言われている娘も、雨女の名を返上しておりました。
でも、やっぱり夜は雷雨だったのですよね。


★★★今日読んでいる本★★★
「源威集」 加地宏江・校注/東洋文庫

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« August 2008 | Main | October 2008 »