« 月曜日は憂鬱 | Main | 原点 »

2008.07.09

お医者様でも草津の湯でも

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。これから雨が降ってくるのでしょうか?
ヒガシヘルマンリクガメのコレオ(推定3歳オス)を久しぶりにベランダに出しているのですが、暑いようならこのまま夜も出しておこうかな~と思っているのですが・・・・。
一昨日の七夕・・・結局、やはり当日にとゆーことで、夕食後娘と一緒に飾り付けをしました。ちょっと雲の切れ目も見えたので、お願い事も届いたかな?
ところで娘、「お母さんが離婚しませんように」などと書くのではありません。離婚てのは一人ではできないのですから、書くなら「お父さんとお母さんが」でしょ。


そしてまた、娘が男の子に殴られて来ました。学童保育(みたいな所)で。
ここしばらくそーゆー事はなかったのにな~。
今回は、別の女の子を殴っている男の子がいて、止めに入って顔面をやられてしまったらしい。ので、名誉の負傷なんすかね・・・。しかしな~・・・・お前も女子なのだよ。
相手の子は初めて聞く名前でしたが、娘の話によれば、しょっちゅうその女の子を叩いたり蹴ったりしているそうなのですよね。愛情表現?・・・・にしてはやりすぎだよな~。
んで、昨日は何も言っていなかったのに、今朝になって、殴られた目の周りが痛いとゆーので、念のため病院へ行ってきました。気になって擦ったのか、少し炎症を起こしているけれど、まったく問題なし。と言われて一安心。
が、私たちが病院へ行っている間に、担任が学童保育(みたいな所)に確認を取ったらしいのですけれど、話がさぁ、うちの娘がケンカしてたって事になっていて、ちょっと待ってよ。でした。きちんとサァうちには、学童保育(みたいな所)から連絡の手紙で、娘がケンカを止めに入ってとなってるのに、どこでそーなるの?
去年さんざんそーゆー話で、担任の覚えもめでたいので、ちょっとその辺しっかりしておいて欲しいです。
なんかもうそーゆー子だと、思われてしまっているのですかね。とほほ。
あ~も~・・・しかしなぁ・・・「困っている人を見ても放っておけ」とも言えず、娘には「気を付けてね」としか言えないのでありました。って何を気を付ければいいのだろう・・・・?あうう~・・・・。


さて、今足利某に思いを馳せつつ、なんとなくですが、サイトなどなどを徘徊していまして、
そんな事をしていて気付いたのですが、足利直冬に興味があるとゆー方がそれなりの数いて、これはちょっとビックリです(いや、私的に意外とゆーことで。ネットの普及もあって、いろんな方の考えが聞けるようになったとゆーことなのですね)。
簡単にこの人の事を説明すれば、尊氏の子でありながら、妾腹であったため冷遇されていたのを、直義が養子(猶子)にしていた人。です。そのため直義に恩を感じていたのか、その死後も尊氏と対立を続けていました。
その辺の悲劇性が興味を引くのでしょうか?
いや・・だって、戦歴などはそれなりに出てくるのですけれど、人と態を表すようなエピソードを知らないので。いや、これも私が知らないだけなのかもですけれど。
八幡宮で、「子が親に逆らって勝てるわけネーだろ」って託宣を受けて、やる気なくしちゃったってゆー話くらい・・・ではないの?何もないから、かえって面白いのかな。
したら、何年か前に、吉川弘文館の人物叢書のシリーズで「足利直冬」が出ていました。
しかし、なんか、企画から出版まで40年かかったとかゆー話が・・・・。まぁ何にしても、よく没にならずに出版に漕ぎ着けたとゆー事を評価したいです。つか、このシリーズのラインナップって、どーゆーコンセプトに基づく企画なのでしょうか・・・マニアックとゆーかなんつーか、よくわからん。
でも、どんな事が書かれているのか、やっぱすごく気になったので、買ってしまいました。ははは。


そんな流れで、色々思いつくまま検索しておりまして、とてもおもしろいブログを見つけまして、昨日今日と大興奮で過去ログを読みまくっております。その事も書こうかと思ったのですが、また取り留めもなく長くなってしまいましたので、その辺りのことはまたの機会に。
ただ、足利直義についてはかなり厳しい事を書かれておりまして、そーゆー事では、大変心臓に悪いブログであります。


ここしばらく、娘が「ゲゲゲの鬼太郎」(5作目のやつ)にはまっていて、DVDをレンタルで借りて来るのですが、鬼太郎の声が名探偵コナンで、確かにコナンの声なのですけれど、抑えめの発声にちょいと艶がありまして、あら、高山みなみもけっこういいじゃない?と思った次第であります。


★★★今日読んでいる本★★★
本じゃないけど・・・
昔、某S大学史学科にいらした某A女史が書かれた
大変偏った足利直義論(卒論だったのでしょうか?)
しかし、これを頂いた当時はその偏りっぷりに「おいおい」とも思ったものですが、
今冷静に読めば、なかなかためになる部分もありまして、見直しました。
いや、私もかなり偏りまくっておりましたので。って今もか?今もか!?

|

« 月曜日は憂鬱 | Main | 原点 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/41772422

Listed below are links to weblogs that reference お医者様でも草津の湯でも:

« 月曜日は憂鬱 | Main | 原点 »