« また虫の涌きやすい季節が・・ | Main | 日本の歴史 »

2008.06.23

ちょっと暇

みなさんこんにちは。
今日はこれから雨が降ってくるそうです。
やっと本格的な梅雨って感じになってきましたね。
今朝、明け方あたりから娘が、お腹が痛いとグズグズ言い出して、
しかし、娘がグズグズ言うのはよくあることなので、特に心配もしないでいたのですが、朝食前にゲボりまして、学校休んでます。
しかし私は、今職場の後輩が海外旅行へ行ってたりで、簡単には休みが取れず、とりあえず、午前中は夫が会社を休み、私は午後から休んでおります。
病院で、「たぶんウイルス性の胃腸炎」と言われたのですが、実は今回に限って私は、
昨日食べた韓国のりを疑っているのであった・・・。
ご近所さんのおみやげでもらったのですけれど。韓国のり好きなのですけれど、なんかね、ちょっと油が古くなってるような気がしたのですよ。
まぁわからんですが、やっぱ怪しいと思った物は、もったいないと思っても避けた方が無難ですね。


気持ちがあるうちに、
と思って、井沢元彦の「逆説の日本史<7>太平記と南北朝の謎」を買いました。あっ読んでます。
実は井沢元彦氏、あまり好きじゃないのですが、先日も書いたように、万が一この10年くらいの間に史料が発見されてて、新説にショックを受けたらどーしよーと・・・いやもうほんと冗談ではなく思っていますが、やっぱそれでは先へ進めない!と思い、肝試し気分で読みました。
まぁ・・・・おもしろかったです。スラスラ読めてしまいました。
しかし、なんつーの?
「はぁ・・・まぁ、そーですね」って感じ。
引用や例の挙げ方等さすがの博覧強記ですが、「逆説の」と冠する程の物は感じられません。
私もかなり目が曇っているので、公正な判断のつきかねる部分がありますが(とほほ)、梅原猛の影響を強く受け、明石散人を支持しているとゆー話に、すげー納得。
amazonの評に、「一言で評価するなら「初級応用」」と書いている人がいて、なる程と思いました。
日本史に興味を持つとっかかりとしては、こーゆーのもありかな?とは思いますが、これから勉強を始めるとゆー人の入門書としては疑問。まぁ、ここをとっかかりに(足がかりではありません)、他の方の本も読んでいければよいのではないでしょうか?
隆慶一郎と柘植久慶が好きな夫に勧めておきました。
こーゆーのを読むと、もう日本史は解釈し尽くされているのかな~と思ってしまいます。で、まぁそれでホッとしたりしてるわけですが!わたしは。
そんなわけで、私のピンポイントな興味は「まぁそうですね」って感じでかわされちまったのですが、
なんつーか・・・色々気になる本でありますな。
歴史に興味がわくって意味ではなく・・・・。


娘のクラスの子が連絡ノートを届けに来てくれました。
男の子3人で来てくれたのですが、ノートを持ってた子が娘に会う気満々で、おかしかったです。
午後になってちょっと高い熱が出てしまい、これじゃぁ明日も学校休むしかなさそうだな~・・・。
仕事休めないんだよな~・・・。は~・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「日本の歴史 9 南北朝の動乱」佐藤進一/中公文庫
リハビリ。
しかし私も、もっといろんな本を読まないとな~。
「南方熊楠全集」もな!

|

« また虫の涌きやすい季節が・・ | Main | 日本の歴史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/41609917

Listed below are links to weblogs that reference ちょっと暇:

« また虫の涌きやすい季節が・・ | Main | 日本の歴史 »