« 敵を知り 己を知らば | Main | 記憶の中の白い空間 »

2008.04.23

必要なのは頭脳ではなく声の大きさ・・・とゆーセリフがあったね

みなさんこんにちは。
今日はよいお天気ですね。でも明日は雨のようです。
先週ひいた風邪がなかなか良くなりません。
病院へは行きました。
しかし思い出してみると、結局医者にはどこが悪いのか言われていません。
つか、椅子に座った途端、「風邪はいつからひいてるの?」と聞かれました。それでいいのか?医者?
薬はもらいましたけど。
寝込んじゃう程悪いわけでもないあたりがイヤらしいです。咳が出始めると止まりません。腹筋を鍛えるのにも飽きてきました。咳をし過ぎて首も痛いです。
薬を飲めば、咳は少し治まるのですが、なんだか頭がぼわ~んとして気持ちが悪いです。


先週末、娘の保育園のお友達がお泊まりに来て、土曜日に「日本科学未来館」へ行ってきました。
実は前にこのお友達と一緒に行ったことがあるのですけれど、その翌日この子がインフルエンザに罹っていた事が判明。ちょっとぼ~っとしてるな~とは思っていたのですが、普段からちょっとぼ~っとしてる子で、「花粉症」と聞いてもいたので、そうなのかと思っていました。
そしたら、その時の事を覚えていて、「前に行った時具合が悪くて、あまり楽しめなかったから、もう一度行きたい」と言われたのです。
娘の音楽教室が終わってから行ったので、時間が少し遅かったのですが、「東京都科学技術週間」の特別行事とゆーのをやっていて、実験体験とかもあって、お土産もいっぱいもらえて楽しかったです。
しかし一番最初にライドカムへ行ったら、参加形式が変わっていて、ここですっごく時間を潰されてしまいました。子供たちめちゃくちゃダレるし。こういう形にした未来館の趣旨はよくわかるのですが、せめて整理券を配って待ち時間を短くするとかして欲しいな~と思いました。まぁこういうやり方にして、まだ日も浅いので、今後の改善に期待します。
で、特別行事の展示などを残りの時間で見て回りました。
ほとんどの体験展示の受付は終わってしまっていたのですが、スライムを貰ったり、木炭電池を作ったりしました。
金ナノコロイドを作るとゆー実験の所で、娘が、スタッフに「質問してもいい?」とか聞いていて、
おおっ何か興味を持ってるよ!とちょっと嬉しくなりました。
しかし、最初「金ナノコロイド」と言うのが、「禁断のコロイド」と聞こえて、なんのことかと思いましたヨ。


さて、子供達のことをもう少し書こうかと思っていたのですが、疲れてきたので、
今話題の光市母子殺人事件に触れた話を少し。
最近は、犯罪加害者の人権がどーとかな取り上げられ方が増えているせいなのか、弁護士が叩かれる話題をけっこう目にします。
司法関係者が知り合いに多いので(と白々しく書いてみる)、そういう話を聞くとやはり胸が痛みます。
某人気サイトでは、弁護士は「プロの詐欺師」とか書かれてるし。
なんか、世間では、弁護士って、依頼者の利益を守るためなら平気で嘘を吐く人間だと思われてるんですかね。つか、それが弁護士の仕事だと思われてるんですかね?ふ~ん。
まぁどう思われているかは置いておいて、
今回の裁判で弁護団のやっている事は、やっぱかなり変ですよ。
こーゆー叩かれ方をしている弁護士を、「仕事だから仕方ない・・・」と好意的に捉えようとしている方もいらっしゃいますが、それも誤解です。
あれ、とてもきちんとした仕事ではないと思います。あれが弁護士の当たり前な仕事の仕方だと思われたら、まともな弁護士がかわいそうです。
他の方へのコメントでも書いたのですけれど、あの弁護団が何をしたいのか、私にはまったくわかりません。「元少年」の利益を守ろうとしているのかさえ疑問です。
今回の判決が妥当かについて述べるのは控えますが、上告とか、もう止めればいいのにと思います。


この判決にからめて、裁判員制度の話がチラホラあるのですが、
けっこう量刑判断への不安があるとゆー話が多くて、実のところ私はちょっとホッとしております。
正直・・・私は死刑に反対はしません。
が、第三者が短絡的に極刑を求める姿勢はとても支持できません。
そういうことで、「怖いな」と思ったのは、
幼い子が犠牲になったことで、この光市の事件と並べて語られることもある、福岡県海の中道で起きた飲酒運手事故の裁判の時。(これも弁護士叩きがけっこうありました。光市の弁護団に対するのとは、また違った思いがありますが、話が戻ってしまうのでここでは書きません)
こちらについても、判決が妥当であったかは、ニュース以上の情報が私にはありませんし、控えますが、このニュースに対するネット上での書き込みを読んでいて怖いと思ったのは、加害者の一連の行動を責めるのはわかるのですが、本来分けて考えるべきことまで含めて、刑を求めている人がかなり目についたことです。
こんな状況で裁判員制度を始めていいのかと、この時はめちゃくちゃ不安になりました。
そういう事で、今回、凶悪犯罪に対して死刑を妥当だと思う人でも、自分から死刑を求めるのには躊躇するんだ~と、その点についてだけですけれど、なんとなくホッとしてしまったのであります。


なんか疲れた・・・・。
早くゆっくり眠れる体になりたいです。とほ~。


★★★今日読んでいる本★★★
「パスワード春夏秋冬(上)」松原秀行/講談社青い鳥文庫
また娘が借りてきた・・・。また上下巻物・・・・。
どーせなら自分で読めよ・・・。

|

« 敵を知り 己を知らば | Main | 記憶の中の白い空間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/40949196

Listed below are links to weblogs that reference 必要なのは頭脳ではなく声の大きさ・・・とゆーセリフがあったね:

« 敵を知り 己を知らば | Main | 記憶の中の白い空間 »