« 遊ぶために生きている | Main | 花冷え »

2008.03.25

中の人が好きなので

みなさんこんにちは。
ひと雨ごとに暖かく。今日はよいお天気ですね。
昨日、仕事をしていたら、娘から泣き声で電話が架かってきて、
まぁそういう事は時々あるのですけれど、
まぁ毎回焦るわけで、今回もめちゃくちゃ焦って
「どーしたのっ!?」と聞いたら、
家のドアを開けようとして、傘立てをひっくり返して、ドアの前はひどい事になってるし、ぶつかってアザはできるしで、
「もうすごくイヤになっちゃった」そうです。
こういう時は、ほんとに私も娘に申し訳なくて、妙にオロオロしちゃったりするのですけれど、どーしようもないし。外に出て働いている人達の話を聞けば、子供からの泣きながらの電話にオロオロするのは、もうみんな同じなので、そういう事も全て受け入れて、子供と一緒に成長していくしかないのです。


ここひと月くらい、ちょっと鬱気味です。
気分がなんとなく落ち込んでいるとゆーのではなく・・つか、まぁそうなんですけれど、なんつーか、もっと本格的な鬱っぽいっつーか・・・なりそーっぽいっつーか・・
実は、今までに何度かひどい状態になったことがあるのですが、ここ数年そーゆーことはなくて・・・・。それが、このひと月くらいの感じが、そのひどい時の状態にちょっと似てるのですね。
いや、ほんとーにひどくなったらこんなンではもちろんないのですけれど。
まぁ、春だから・・・なのかも・・・。
家族には迷惑かけてるっぽいですけど、とりあえず、ひどい支障は出ていないので、
このまま小康状態で乗り切ればいい・・・・かな・・・。たぶん。


飲んで、和田くんと馬鹿話をしているうちに、
ケムール人を見るとゆー話になって、
TVから録画したふるーいビデオがあったはずなので、探したのですが、ありませんでした。実家に置きっぱなしだったようです。(後で思い出した、CATVから録画したHDがあったのですが、整理していないので、どれがケムール人の回だかわからんです。しかもめんどくさくなって、途中で録画するの止めたし)
その代わり、「緊急指令10-4・10-10」のビデオを見つけたので観ることになりました。
このビデオは、妹の友人が、ビデオだかLDだかをダビングしてくれた物なのですが、怪獣同盟(って今でもあるのでしょうか?)にも入っていたマニアなその友人は、学生時代に高速道路上で変死しおって、つまりこのビデオは彼の遺品なのだな~。
それはともかく、観ました。
何度観てもよいですね。色々と。
今回、気になることはすぐに調べなければ気の済まない和田くんと一緒に観たおかげで、チーフ役の水木襄が自殺していることや、設定23歳なのに(手持ちの怪獣百科に載っておりました)、当時水木さんが既に30代で、毛利教授役の黒沢年男より年上だったとか、いらんと言えばいらん知識が増えました。
ところで、この頃の特撮番組の主題歌って、けっこうかっこよくて好きなのに、カラオケで歌うと、かなりつまらなくなってしまうのはなぜなのでしょう。この「10-4・10-10」とか「魔人ハンターミツルギ」とか「トリプルファイター」とか・・・主題歌、かなり好きなのですけれど、1度歌ってみてがっくり。
もう少し後の番組になるとけっこうイけるんだけどな~。
何が足りないのだろう?
・・・・・気合い?
気合いか!!?


それはともかく、
牧れいは時代を超えた美しさだな~。とか
昔は三郎くんが好きだったのに、今見ると一平くんがかわいいと思っちゃうのは、私がばばぁになったからか?とか。
そーゆー事をしたら、30年後に土壌汚染が問題になるだろう。とか
楽しめました。
しかし娘には、ちょっと怖かったようです。私がリアルタイムで見ていたのは、娘の年より小さい頃だったけれど、怖かった記憶ってないな~。怖いのか~。
「怪奇大作戦」のビデオももらってるので、次はそれを観よう~っと。
ちなみに、「ウルトラマン」の録画は一片も持っていない!


★★★今日読んでいる本★★★
「パスワード魔法都市―パソコン通信探偵団事件ノート〈10〉」
松原秀行 /講談社青い鳥文庫

|

« 遊ぶために生きている | Main | 花冷え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/40557271

Listed below are links to weblogs that reference 中の人が好きなので:

« 遊ぶために生きている | Main | 花冷え »