« February 2008 | Main | April 2008 »

2008.03.31

花冷え

みなさんこんにちは。
今日は昨日からの雨が、まだ続いております。
週末はお花見日和でしたね。つか、この週末逃したら、今年の花はもうないよとゆーギリギリのお花見日和でありました。
みなさんお花見はしましたか?
私は、今日職場の花見です。
もう散ってるとゆー噂もありますが、そーゆー融通は通じないので、寒い中行って参ります。


個人的な花見には、昨日行って参りました。
鎌倉です。
和田くんのお友達が企画した写真撮影会だったのですけど。よいタイミングでした。
北鎌倉で待ち合わせて、円覚寺から源氏山公園を廻って鶴岡八幡宮まで歩きました。

Kamakura3301

余裕を持って廻れたので、いい感じでした。
桜を見に来た人達で、鎌倉中すごい人出でしたけれど・・・・。鎌倉には何度も来ていますが、こんなに人がいるのを見たのを初めてかもしれません。
桜以外のお花も・・・桃や椿がとてもきれいで、目の保養ができました。

Kamakura3302

今回娘はスキー合宿中だったので、私も気楽に参加できました。
つか子供いたら参加できませんでしたね。
ず~っと歩いていました。
Kamakura3303私は特に写真には興味がないので、久し振りの鎌倉を観光する気持ちで、着物で参加しました。しかし、毎年のように、桜の帯を締めようと思っているうちに本物の桜の季節になってしまうのは、残念なことでございます。今年も、そろそろ桜の帯で着物を着ようと思っているうちに、咲いてしまいました。
雨が降るという天気予報だったので、濡れてもいいように化繊の着物を選びました。
源氏山公園へ行くというので、どういうルートで行くのかによっては、着物は厳しいかな~と思ったのですが、のんびりと行くようなお話だったので、まぁ平気だろうと・・・一応ど~うしても大変な所に行ってしまったらの時用に、尻っぱしょれるように、襷紐を持って行きましたヨ。使う羽目にならなくてよかった。
結局化粧坂から源氏山公園を通って寿福寺に出る、着物にはちょっと微妙なコースだったのですけれど、山歩きは割と慣れているし、やはり低い山なので、特に大変とゆーこともなく歩くことができました。なによりも、雨が降る前で助かりました。


小町通りで遅いお昼を食べているうちに雨が降り出し、鶴岡八幡宮を歩いているうちに本降りになりました。
小さな傘を差して若宮大路の桜並木を見ながら、最後は甘味処で暖まって、帰路についたのでした。
もう少し暖かい時期に、またフラフラと歩いてみたいですね。


★★★今日読んでいる本★★★
「黒祀の島」小野不由美/新潮文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.25

中の人が好きなので

みなさんこんにちは。
ひと雨ごとに暖かく。今日はよいお天気ですね。
昨日、仕事をしていたら、娘から泣き声で電話が架かってきて、
まぁそういう事は時々あるのですけれど、
まぁ毎回焦るわけで、今回もめちゃくちゃ焦って
「どーしたのっ!?」と聞いたら、
家のドアを開けようとして、傘立てをひっくり返して、ドアの前はひどい事になってるし、ぶつかってアザはできるしで、
「もうすごくイヤになっちゃった」そうです。
こういう時は、ほんとに私も娘に申し訳なくて、妙にオロオロしちゃったりするのですけれど、どーしようもないし。外に出て働いている人達の話を聞けば、子供からの泣きながらの電話にオロオロするのは、もうみんな同じなので、そういう事も全て受け入れて、子供と一緒に成長していくしかないのです。


ここひと月くらい、ちょっと鬱気味です。
気分がなんとなく落ち込んでいるとゆーのではなく・・つか、まぁそうなんですけれど、なんつーか、もっと本格的な鬱っぽいっつーか・・・なりそーっぽいっつーか・・
実は、今までに何度かひどい状態になったことがあるのですが、ここ数年そーゆーことはなくて・・・・。それが、このひと月くらいの感じが、そのひどい時の状態にちょっと似てるのですね。
いや、ほんとーにひどくなったらこんなンではもちろんないのですけれど。
まぁ、春だから・・・なのかも・・・。
家族には迷惑かけてるっぽいですけど、とりあえず、ひどい支障は出ていないので、
このまま小康状態で乗り切ればいい・・・・かな・・・。たぶん。


飲んで、和田くんと馬鹿話をしているうちに、
ケムール人を見るとゆー話になって、
TVから録画したふるーいビデオがあったはずなので、探したのですが、ありませんでした。実家に置きっぱなしだったようです。(後で思い出した、CATVから録画したHDがあったのですが、整理していないので、どれがケムール人の回だかわからんです。しかもめんどくさくなって、途中で録画するの止めたし)
その代わり、「緊急指令10-4・10-10」のビデオを見つけたので観ることになりました。
このビデオは、妹の友人が、ビデオだかLDだかをダビングしてくれた物なのですが、怪獣同盟(って今でもあるのでしょうか?)にも入っていたマニアなその友人は、学生時代に高速道路上で変死しおって、つまりこのビデオは彼の遺品なのだな~。
それはともかく、観ました。
何度観てもよいですね。色々と。
今回、気になることはすぐに調べなければ気の済まない和田くんと一緒に観たおかげで、チーフ役の水木襄が自殺していることや、設定23歳なのに(手持ちの怪獣百科に載っておりました)、当時水木さんが既に30代で、毛利教授役の黒沢年男より年上だったとか、いらんと言えばいらん知識が増えました。
ところで、この頃の特撮番組の主題歌って、けっこうかっこよくて好きなのに、カラオケで歌うと、かなりつまらなくなってしまうのはなぜなのでしょう。この「10-4・10-10」とか「魔人ハンターミツルギ」とか「トリプルファイター」とか・・・主題歌、かなり好きなのですけれど、1度歌ってみてがっくり。
もう少し後の番組になるとけっこうイけるんだけどな~。
何が足りないのだろう?
・・・・・気合い?
気合いか!!?


それはともかく、
牧れいは時代を超えた美しさだな~。とか
昔は三郎くんが好きだったのに、今見ると一平くんがかわいいと思っちゃうのは、私がばばぁになったからか?とか。
そーゆー事をしたら、30年後に土壌汚染が問題になるだろう。とか
楽しめました。
しかし娘には、ちょっと怖かったようです。私がリアルタイムで見ていたのは、娘の年より小さい頃だったけれど、怖かった記憶ってないな~。怖いのか~。
「怪奇大作戦」のビデオももらってるので、次はそれを観よう~っと。
ちなみに、「ウルトラマン」の録画は一片も持っていない!


★★★今日読んでいる本★★★
「パスワード魔法都市―パソコン通信探偵団事件ノート〈10〉」
松原秀行 /講談社青い鳥文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.17

遊ぶために生きている

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
先週末から急に暖かくなり、半袖姿の人も見かけます。
うちはまだ衣替えをしていないのですが、急いでしなければ。です。
娘は暑かろうが寒かろうが、気に入った物を着てしまうので、その辺速やかに対応せねば。なのです。


娘と、一度東京ディズニーシーのホテルミラコスタに泊まりたいね~とゆー話をしていて、夏休みに行こうか?という計画を立てていたのですが、泊まりたいランクの部屋はすでに満室。少し譲歩しても満室。9月の週末も満室。
すげーなディズニーリゾート。
予約開始と同時に予約を入れられないと、とても泊まれそうにありませんね。
娘は、来年こそは、と思っているようですが、母はなんだか夏休みは無理っぽい気になっております。
しかし、ディズニーホテル、さすがの殿様商売で、なかなかステキな宿泊料を取るのですが、食事なし、駐車場料金別、ホテル内プール使用料別(水着レンタルなし。販売有り)。なのですってよっ。奥さまっ。
それでも泊まりたくなっちまう奴は大勢いるんだけどな。
うちもだ!
・・・・とほほ。


先週末の土曜日、横浜市都築区にある「大塚・歳勝土遺跡公園」へ行ってきました。
Ume
娘の国語の教科書に載っているお話に、「土間」とゆー言葉出てきたのですが、「どーゆーの?」と聞かれて、言葉で伝えきれなかったので、実物を見に行こうということになり。調べたところ、この公園内にある民家園が、うちから比較的近くてよさそーだったので、娘の興味が失せないうちに行ってきました。
娘の従兄弟達が横浜市内に住んでいるので、この子達も誘って、一緒に行きました。同じ教科書を使っているというので、ちょうどよかったかもしれません。
前日に雨が降っていたのでどうかと思いましたが、お天気もよくて、歩くと汗ばむほどの暑さになりました。
まず、遺跡公園にある復元された竪穴式住居を見に行きました。
中に入れるようになっていて、子供達は走り回って、何が嬉しいのか、建物から出たり入ったりして大喜びでした。放っておくといつまでもそこから動きそうにもなかったので、声をかけて、民家園へ移動です。
遺跡公園の近くにあった、旧長沢家を移築したという建物で、土間の他に、板の間になっている広間と畳敷きの二部屋と、少し狭い板の間が二部屋あり、江戸時代には名主などを務めた家だったそうです。
Doma
井戸は外にあるのですが、土間と広間の間に、現代のシンクのような流しがあって、どういう仕組みで使っていたかはわかりませんでしたが、外から水が流れてくるような形になっていて、私はそういう物を見たことがなかったので不思議でした。あっ元々は近くに川でもあったのか知らん?


公園内に、ターザンロープと小さな滑り台のある遊具スペースがあり、娘はこの日初めて一人でロープに飛び乗れるようになって、それが嬉しかったのか、猿のようにターザンロープで滑りまくっておりました。
さて、ここでも子供達は、放っておくといつまでも遊んでいそうだったのですが、そろそろ私のお腹が空いてきてしまったので、「アイスでも食べにいこー」と言うと効果てきめんで、サッサと駅まで戻ってこられました。


しかし、ここ数日、どうも疲れが溜まっていて、たった半日子供に付き合っただけなのですが、私の方はかなりグダグダになってしまい、自分から言い出したおでかけですが、「やれやれ」とゆー感じで、帰り道はちょっと辛かったのです。
子供に付き合うのも楽じゃないね。
やれやれ。どっこいしょ。


★★★今日読んでいる本★★★
「忘れられた日本人」宮本常一/岩波文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.10

風は吹いているか

みなさんこんにちは。
今朝の東京は雨でした。
63年前には火の雨が降っておりました。
昨日、近所のママ友たちと、ビリーの2回目をしてきました。
「前の回をもう一度する?」とか言っていたのですけれど、2枚目の方が「楽」と言う人がいたので2枚目に進みました。
が、2枚目の方がきつかった・・・私には。
ビリーのせいかどうかわかりませんが、背中と腰が痛くて、通勤電車の中で気持ち悪くなってしまいましたよ。
でも、前の時も、あんまり肩と腕の運動をがんばりすぎちゃうと、かえって痛くならないかな~と・・以前ダンベル体操で傷めたことのある私は心配したのですが、それはなかったので、この運動ももっと頻繁にやっていれば、筋力もついて健康な体になれるのかも。
いや、きちんとやれば・・・。


んで、ビリーの後はおしゃべり会になるわけですが、今回子育ての話に終始しておりました。
おしゃべり会の会場になったお宅は、今産休でお休みしている方の家だったのですが、着いてすぐに「日経ビジネス」最新号を出してきて、「この特集読んだ?」と聞かれたのは、もしかして、職場復帰のことで何か言いたい事があったのか?と今朝ふと思ってしまいました。
いや、その時は、じっくり雑誌を読んでいられるような雰囲気ではなかったし・・・。つって今頃思い出しても仕方なんですけどね。すみませんでした。ちょっと読んでおきます。
まぁ子育てについても、取り留めなく話しているのですけれど、2年生への進級の話から中学の話になって、中高一貫校の話とか・・・。私は私立の学校に馴染みがなくて、中学受験とゆーのにどーも抵抗があるのですけれど、中高一貫校にこだわる人が
「多感な時期に受験で大変な思いをさせたくない」とゆーという話には、なるほどな~と思いました。
ただ、昨日集まっていた人達は、みんな女の子を持つおかーさん達だったのですが、
「女の子だから」とゆー雰囲気で話が展開されていて、なんとなく・・・なんとな~く心に引っかかってしまったのでした。みんな仕事に疲れてるのかな~・・・。
んで、今日、よく読みに行っているブログの方が、ちょうど今年娘さんの高校受験があって、今それについて親としての反省を書かれているのですが、やっぱ娘さんがすごくキリキリしたとゆー事を書いていて、そーゆー時期に受験をさせないとゆーのもありだろうと書いてあるのを読んで、更に、なるほどな~と思うのでした。
ただ、この方のブログを読んでいて、どーもよくわからない事も多くて、やっぱ最近の受験制度って、もう自分達の時代とシステムも感覚も違い過ぎちゃってて、まいるな~と思うのです。
受験については、自分のがものすごくいい加減だったので、娘の受験のためにどこまで親身になれるか・・・受験制度をきちんと理解できるのか・・・・たいへん不安です。


ある最近の事件に関連して、今日興味深いデータを見つけ、色々想う所がありました。
が、とりあえずデータを見て、データとは関係ない事を書く。
ひとつ、この1年の間に経験した、大変不愉快な出来事を思い出さされたのですが、
子供になんでもかんでも責任をかぶせて、お前のせいだと言いたがる人が、なんでこんなにいるのだろうと。
いやらしいのは、そう言う人達が、自分の幸運を自分の努力の成果だと思い込んでいたり、
そう言う人達が子供時代、そんなにしっかりしていたのかと言えば、単に、今大人であるのに責任を取れない(取りたくない)自分を、免責してもらうための責任転嫁をしたいようにしか見えなかったりすること。
もうひとつ、世間で騒がれている事件について、騒がれている内に、誰が被害者で誰が加害者なのかがわからなくなること。
もちろん、ほんとーにわからなくなっているとゆーわけではなく、責められるべきから目が逸れてしまったり、本当の被害者が無視されたり責められたり・・・・。そのまま事件について議論が為されていくことの多いこと。
陪審員制度だって始まっちゃいそーだとゆーのに、そんな事にさえも冷静になれない人達が選ばれてしまったら、めちゃくちゃ怖いです。


女が女だというだけで、辛い目に遭うこともまだまだ多い世の中で、
でも、私はやはり、いつまでも女の子でいることがよいとは思えないし、それは現実的に無理だし。
せめて君に、よい風が吹くように、私たちは願うことしかできません。


★★★今日読んでいる本★★★
「恐怖の都・ロンドン 」スティーブ・ジョーンズ /ちくま文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.07

それぞれの場所

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


以前職場にいたバツイチの後輩が、近々再婚するそうです。
この彼女、人を学歴や実家の財力で見るような所があって、変な娘だな~と思うこともたびたびだったのですが、今度のお相手は、いわゆる「よい家柄」でも「一流大学出身」でもない方だそうで、変われば変わるモンだ、と思いましたのことよ。某○○○大学出身の前夫がさんざんだったようなので、学習したのか。
そー言えば、私が結婚して数年、まだ子供を持っていない頃、
「信じられな~い。結婚したらすぐにでも子供がいて当たり前じゃないですか~」
と言われて、ムッとしたのですけれど、その後彼女が結婚して、結局数年間の結婚生活で子供を持つことはなく、それについて時々に応じて色々おっしゃっていましたが、離婚後は
「こんな世の中で子供を産むなんて、子供がかわいそう」と言っておりました。やれやれ。
今度の結婚は、落ち着いてるといいね。


ものすごく遅ればせながらですが、
AERAの「ママカースト」の話を読みました。
なんか、去年の秋に、こーゆーネタでTVドラマがあったそうですね。まるっきり知りませんでしたよ。
この「ママカースト」もそうですし、「公園デビュー」とか「お受験」とか、子供を育てていると、なんか怖い噂を色々聞くのですけれど、これって、マジなところ、ほんとにそんなに色んな所で起きてる問題なんですか?けっこう疑っているんですけれど。
子供がいるんで、やっぱ気になるじゃないですか。
しかし、「公園デビュー」も「お受験」もまったく実感なく来てしまいましたよ。まぁこの辺、子供が保育園に行っている時点でほとんど関係ないのかもしれませんが、私の周りの人達からも聞いたことないし、公園へ行って意地悪されたこともないしな~。
「ママカースト」については、もうまるっきりわからないです。作ってないか?とさえ思えるのですけれど。
「AERA」だし。
まぁね、こーゆーいやらしい世界がまるっきりないとは思いませんけれど。「カースト」ってゆーのがまたイヤな言い方で、生活環境や価値観の違いで、合う合わないなんてーのは、どこにいたって当然フツーにあるってのに、何言ってんの?なんですけど・・・。
例に上げられているひとつひとつも、さっぱり意味がわからんでした。
「いろんな人がいるよね」って程度にしか思えん。
まぁそれこそいろんな人がいるので、こーゆー「カースト制度」の中で、本気でキリキリしている方もいらっしゃるのでしょう。たぶん。


押切蓮介の単行本、4冊同時発売しました。
「でろでろ(12)」「ゆうやみ特攻隊(2)」「ミスミソウ(1)」「プピポー!(1)」
なんかいつの間にか、押切蓮介もずいぶん売れるようになりましたね。
あんまりドカドカ量産して、クオリティーが下がらないか、ちょっと心配。でも、いろんなタイプの作品を並行して描いてるような作家さんて、1本に長く集中して描いてる人より安定している気がします。
「ミスミソウ」は内容紹介に引っかかって、店の棚に戻してしまいました。う~ん・・・読んだ人の話でも、かなりきついみたいなんですけど・・・。
でも買う。とりあえず。


★★★今日読んでいる本★★★
「恐怖の都・ロンドン 」スティーブ・ジョーンズ /ちくま文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.05

奇跡は信じない

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日は夜突然雨が降ってきて、洗濯物を干しっぱなしだったので、焦りました。
日射しが春めいてきたのに追いついて、やっと空気が少し暖かくなってきたようです。
そろそろ寒いのにも疲れてきたので、このまま春らしくなってくれると嬉しいです。
寒さにばかりでなく、なんとなく疲れております。
なんとなくね~・・・気分も下降気味であります。仕事もやけに忙しいし。は~・・・のんびりしたいな~。


娘が、今「少女革命ウテナ」を見まくっております。
何度目だ?
まぁ何度でもいいのですけれど、そろそろエッチシーンが気になるお年頃のようで。つか、そーゆー行動やセリフが不可解なようで、いちいち聞いてくるので困ります。
まぁエッチかどうか以前に、高取英にインスパイアされた作品だけあって、抽象的な描写が多すぎて、いちいち私に聞くので、鬱陶しくて、とうとう
「作った奴に聞け!」と怒鳴ってしまいました。
小学1年生には、雰囲気を楽しむとゆーのは、まだ難しいのか。
難しいんでしょうね。
それはさて置き、「ウテナ」いいですね~。
思春期にさしかかったお嬢さん方に見てもらいたいアニメ。
クライマックスの落とし方とラストの持ち上げ方が、めっちゃくちゃ好きです。いいです。芸術です。
どんな所がよいか、書けば色々書けるのですが、私の下手な文章で語るより、一見にしかずで、作品を観てもらうのが一番よいです。
作品のテーマは
友情の大切さと現実の厳しさと、自立?
秋本治も一時期はまっていたそーで・・・ウテナの奥深さと、秋本治どれだけ許容範囲広いんだ。


日曜日、一日中一緒に遊んだ娘の友達が、月曜日インフルエンザ判明で、学校を休んでいるそうな。
一応娘が去年の10月にかかったA型だそうなので、まぁ・・うちは平気かな?とは思っているのですが、いち早く予防接種を受けた和田くんは、効力切れかも。
なんて連絡を受けていたら、娘が公文の後にいつもお邪魔している家の子も、熱を出してお休みだそうです。こちらは一応「風邪で」と言っていますけれど、そうなのか?
と疑っていたら、その子達と同じ学校に通っているお友達がもう一人、インフルでお休みとゆーお話・・・と聞いていたら、その小学校の1年生30人中10人が病欠だと・・・。インフルか?インフルエンザ流行か?
学級閉鎖って、生徒数の何割からでしたっけ?
先週は、横浜で、タミフルが効かないインフルエンザが流行っているとゆーニュースがあったし。
あうあう~。


今、新型インフルエンザパンデミックに興味があって、ちょこちょこと、そーゆー関係の情報が出ているサイトを覗いているのですけれど、先日大幸薬品が作成したパンデミック時の社内対応マニュアルを頂いて、これを読んでいるとかなり怖くなります。
家族の「死亡時」の対応とか、「絶対にあきらめず、・・・・しましょう」とか書いてあるのを読むと、ゾワゾワします。
ウィルスの毒性の強さも怖い~・・・。聞いた話によると、インフルエンザって、抵抗力のある若者の方が重篤化するとゆーのですけれど。マジ?
実は私、今までにインフルエンザって罹ったことないのです。予防接種も、幼稚園と小学生時代に学校で実施されていたもの以来(私が子供の頃は、そーゆーことをしていたのです)、去年初めて受けたくらいで・・・。
一番いいのはもちろん、罹らないようにすることなのですけれど、予防措置が・・・そんな強毒性のウィルスに対して、個人でどこまでできるか自信がないです。
予防接種と頻繁なうがい手洗い。あと外出時のマスク着用くらいはよいですけれど・・ああでも、この辺、子供にまでは徹底できないと思う~。
学校が頼りにならないのは、去年のインフルエンザの時にわかってしまったし。とほほ。
書いてなかったかもしれないので、書きますけれど、
娘の学校で流行っていたのがちょうど学芸会シーズンで、インフルエンザに罹って休んでいた子に、「せっかくがんばって練習してきたのだから、熱が下がったら登校して」って連絡してるんですよ~。
この危機感のなさ!
まぁなんかね、厚生労働省自体に、めちゃくちゃ危機感ないそうですけど。
しかしな~仕事だって、自分が罹るか、よほど感染が拡大した時点でないと、休めないと思うし。
なんかね、そういういろんな事を考えると、一番幸せなのは、
医療体制が崩壊していない流行の初期に感染して発症しちゃうこと
のような気がしてきますヨ。
まぁ色々、考えて準備しておこうと思います。


★★★今日読んでいる本★★★
「恐怖の都・ロンドン 」スティーブ・ジョーンズ /ちくま文庫
友人から借りていた本を忘れておりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »