« まいる | Main | こんな日々 »

2008.01.28

団体様子供付

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。・・・と書いていたら曇ってきました。
週末、保育園のお友達のお父さんが企画した、スキーツアーに参加して参りました。
斑尾のサンパティックスキー場とゆー所で、私は初めて行くスキー場でした。
先週書いたように、外反母趾が痛くて心配していましたが、靴を替えたりサポーターを使ったりしたおかげか、ずいぶん楽になり、スキー中も全然気になりませんでした。


スキーの参加者は、保育園のお友達と、お父さんのお店の常連さん達で、参加人数25人。
40人乗りのバスでゆったり行けましたけれど、やっぱ長時間の車での移動は疲れますね。
和田くんは「バスツアーはもうこりごり」と言っていますが、私は、それほどではないかな?
前に、似たようなメンバーで日光へ行ったのですが、その時は電車で、それに比べると、他の乗客に気を遣わなくていい分やっぱ気楽でした。
私は体の辛さより、そっちの楽さがありがたかったです。
もうほんと、小学校低学年の無軌道っつーのは・・・娘一人の相手でさえキュウキュウしているのに、人数が増えれば増えるだけ倍々でパワーアップって感じで、子供を見る目が増える分楽かと言うと、全然そんなことないですね。
帰りの支度をする頃には、大人達はかなりキリキリしておりました。
とゆー私も、かなりキリキリきてしまいました。
んで、そのどさくさに娘のスキーズボンがなくなりました。とほほ・・・。
私と夫が荷物の整理をしている間に、スキーをしなかったおかーさん達にお風呂へ連れて行ってもらったのですけれど、どーゆーわけだか、着ていた下着などは持って帰ってきたのに、ズボンだけ忘れてきてるんだよな~。なぜ大物を忘れるかな~。
後から私もお風呂へ行ったのですけれど、行ってみたら既にいなくて。どこへ行っちゃったの!?と探し回ったら、お友達家族とゲーセンに入っていて、その頃には私にもかなり余裕がなくなっていたので、
「勝手にフラフラしてんじゃなーーーーいっっ!!」
と・・・・。娘の荷物をチェックするどころじゃなかったのですよ。とほ~・・・・。
で、こーゆーのって、その時はまったく気付かないのに、どーゆーわけだか、帰りのバスの中で、しかも、もうかなり東京に近い所に来て、ふと
「そー言えば、娘のスキーズボンをしまった覚えがない・・」とか浮かぶんですよね。
すぐにホテルに連絡はしたのですけれど、今の時点でまだ、「あった」とゆー連絡がないので、出てこない気がします。高い物ではないけれど、今シーズン買ったばかりで、まだ2回しか使ってないからな~。まだこれからスキーの予定もあるのにな~。あ~あ。


さて、肝心のスキーの方は、
小さなスキー場なので、ガンガン滑りたい人には、かなり物足りないと思いますが、子供の練習にはいい感じのゲレンデでした。
この時期雪質もよいし、タラタラ滑りたい私も、けっこうよい感じに楽しく滑れました。
ただ、小さいだけに施設が整っていないので、子連れと言っても、あんまり小さな子供連れだと辛いかもしれません。今回小学校1年生がメインだったのですが、これより小さな子供も一緒に楽しむとなると、キッズエリアやレストハウスがないのは厳しいですし、雪遊びができる場所もありません。
1日目はアーリーチェックインで、朝7時に部屋へ入れて貰えたのはとても助かったのですが、チェックアウト後はいる場所がなくて、スキーをやらない人たちは、ちょっと困っていました。
子供達は、1日目はスキーは初めてとゆー子だけがスキースクールに入って、うちの子も含め、何度か滑っている子供は頑固にスクールを拒否していたのですが、お互いの滑りを見てライバル心が芽生えたのか、2日目にはみんなでスクールに入りました。
「お友達と一緒に」というのもよかったようで、かなり楽しそうでした。


全体的には、けっこうのんびりできて、仕事の疲れとかなければ・・・かなりよかったのではないかと思います。
子供達がもう少し自分のことは自分で、できるようになれば、さらに楽になるしな~。
今回、私もですけれど、子供と添い寝していて、結局ほとんどのお母さんたちは飲み会に参加できなかったのでした。これだって旅行の楽しみなのにね~。
んで、おかーさん達はもっと体力を付けねば!ってことで、
今更ながらビリーに入隊するそうです。


★★★今日読んでいる本★★★
「非常民の民俗文化―生活民俗と差別昔話」
赤松啓介/ちくま学芸文庫
おもしろい。
まだ半分も読んでいませんが。
最近ではかなりポピュラーな昔話「ネズミの嫁入り」が、戦前はまったく知られていなかったとは、ちょっと驚きでした。水子の話とか、「へ~~」って感じ。
他の本も読んでみたい。

|

« まいる | Main | こんな日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/17871958

Listed below are links to weblogs that reference 団体様子供付:

« まいる | Main | こんな日々 »