« 心に棚を作れ! | Main | 団体様子供付 »

2008.01.23

まいる

みんさんこんにちは。
今日は雪が降っております。。
もう雪が降ってもワクワクしませんね。寒いです。
この前の日曜日、今シーズン初めてのスキーへ行ってきました。
越後湯沢へ日帰りです。
夫と娘は、娘の振り替え休日を利用して、月曜日までスキー場にいました。
私は夫の車で駅まで送ってもらって、新幹線で東京まで帰ってきたのですが、片道1時間半くらいなんですね。
車だと3時間くらいかかってしまうのに、意外な近さに感動です。
しかし、帰りは指定席でと思っていたら満席だったので、奮発してグリーン券を買ったら、自由席にも空きがチラホラとあって、ちょっと損した気分でした。チェッ。どうせグリーン車に乗るんだったら、3時間くらい乗っていたかったです。


先週から右足の外反母趾が痛み出して、ちょっと鬱です。とほ~・・・。
この外反母趾は、結婚前からあって、
気が付いた当初やはり痛かったのですが、割とすぐに痛みは引いて、その後10年以上も特に痛むことがなかったので放っておいたのですが、ここへ来て悪化したようです。
放っておいたと言っても、まったく気にしていなかったわけではなく、
気が付いて以降は、ハイヒールをやめて、なるべく幅の広い靴を履くようにして、脚の指も折りに触れて広げるようにしていたのですが、その程度の気の遣い方では効果がなかったとゆーことなのかな~。
あっ一応最初の頃病院へも行ったのですけれど、今思えば藪、だったのだな~。なんか納得できないとゆーか、めんどくさそうな事を言われて、それきり行かなかったのでした。
外反母趾は基本的に保存療法だとは知っていたのですが、具体的にどういう事をしたらいいのか・・・少し真剣に改善を考えようと、ネットで調べてみました。
が、よくわからんです。
「どうしたらいいのか?」っつー質問はけっこう出てくるのですが、その回答は結局伝聞だったり、宣伝に近かったりで、実際の経験者の言葉がないのですよね(あってもクリニックのサイトとか)。まぁそんなものかな~とゆー感じです。
なんとなく、いよいよ悪化したら「手術しかない」と思っていたのですが、手術も一時的な効果しかないみたいですね。もちろん出来ればしたくはないものですが、やっぱね、あまりひどくなれば、そーゆー方法も視野に入れて考えねばとは思っていたので、「それでも治らない」と聞くと、ちょっとがっかりです。
まぁちょろちょろといろんなサイトの記事などを読んで、「へ~」と思うことも多かったので、そーゆーのはおもしろいです。
足先を締め付けるからなるとゆーものではなく、体質とか歩き方からなることが多いそうで、なりやすい足の形とゆーのも私に当てはまるので、そーゆー事を、もっと早く知っていればな~と。思ったりもしました。
しかし、ひたすら自分の努力で進行を止めるしかないようで、とりあえず足(脚じゃなくてね)の筋肉を鍛えてみるのはなんかよさそうなので、その辺から試してみようかと思います。
んで、筋肉は徐々に鍛えるとして、とりあえずのために、外反母趾用のサポーターと、サンダルを買ってまいりました。
サポーターは前から知っていたのですが、「ちょっと高い」と・・数年前に思って、それ切り忘れておりました。
それから、職場にいる間、せめてパンプスを脱げるようにと、ナースサンダルでも買おうと思っていたら、近所のスーパーで、外反母趾用サンダルとゆー物を売っているのを見つけ、早速買ってしまいました。今専用サンダルなんてあるんですね。


買って帰って、早速サポーターを使ってみました。
まぁ感動するほどのことはありませんけれど、なる程、母趾の屈折が心持ちなくなりました。
こーやって矯正するのね。って、どーせ変形した骨は元にはもどらないので、どの程度の効果があるのか、ゆるゆると見守りたいものです。10年間くらいかけて。
サンダルは、説明には、履いている時足指の変形が目立たない。と書いてありましたが、目立たなくなかったです。
あっでも、やっぱ足がけっこう楽。つか、圧迫感が意外と気持ちいい。でも、長時間履いているとちょっと疲れるかな・・・・?これもしばらく様子見です。
ついでに、外反母趾になりにくい歩き方とゆーのがあったので、意識して歩くように練習中です。
足裏全体を地面に付けるように意識するのですが、けり出す時に、なぜか手の指を広げてしまいます。なんかギクシャクしております。慣れてくれば自然な感じになるかな~?
さらに研究の余地ありです。
この週末もスキーへ行くので、サポーターとかすれば、もう少し痛みが改善されるかと期待していたのですが、そんなに上手くはいかないか。はぁ~~ぁ・・。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

|

« 心に棚を作れ! | Main | 団体様子供付 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/17773494

Listed below are links to weblogs that reference まいる:

« 心に棚を作れ! | Main | 団体様子供付 »