« サンディクローズがやって来る | Main | あけましておめでとうございます »

2007.12.27

今更ながらクリスマス

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日は職場の忘年会でした。
おいしい中華のお店でした。紹興酒飲みました。ワインは合いませんでした。
娘が空手の納会に出ていたので、帰り道で電話をしたら、まだ道場にいました。
宴もたけなわの道場に寄って、ハブ酒を飲みました。高麗人参臭かったです。
これで年末のバタバタは取りあえず終了。
やっと、かろうじてフツーのペースが戻って参ります。たぶん。
まだ年賀状が、まったくもってできてません。まいったね。


Xmas

おとといのクリスマスの夕食です。
夫が仕事で遅くなったので、娘と二人で食べました。
チキンもケーキも貰い物でございます。あっでもチキンを焼いたのは私ですよ。
ケーキの飾り付けを、皿のチョイスから娘がしてくれて、写真の画像がよくありませんが、けっこうきちんと出来あがってて、ちょっと感動しました。


時間は遡りますが、
24日のお話。
車のタイヤをスタッドレスに替えるため、栃木県足利市にあるお店まで行ってきました。
先日「あしかがよろしく」とかなんとか騒いでいて、もちろんあの足利氏とこの足利市は深い関係あるのですが、今回行ったのはまったくの偶然です。
で、せっかく足利まで行ったのですから、足利ファンとしましては、鑁阿寺へ行くのがお約束。
なのですが、私は既に何度か行ったことがあるので、今回は行かずに、
渡良瀬川を渡ったお隣、群馬県太田市にある曹源寺へ行くことにしました。
なぜここに行くことにしたかと言いますと、
このお寺にある、「さざえ堂」を前々から娘に見せておきたかったからなのでした。
さざえ堂・・堂の内側に螺旋状に巡らされた階段を上り下りすれば、同じ道を通らずに100体の観音様を拝みながら、100札所を巡ったと同じ功徳が得られるとゆー、ありがたい造りになっているのでございます。
そしてこの太田市曹源寺のさざえ堂が、日本で一番大きなさざえ堂なのであります。
って、実は、私の母の実家の旦那寺なのでした。
この曹源寺は新田氏縁のお寺で、んで、母の実家ってのは、新田氏に縁のある家柄だったりして。なので、どーでもいい話ではありますが、母の実家の家紋は一つ引両なのです。
そして夫ンちの家紋は二つ引両だったりします。
ってことは、今や私ンちの家紋だもんね~。わーいわーい。


そのようなわけで、
取りあえずお寺の近所に住む親戚の家に挨拶に行くと、
4時までだと思っていた拝観時間が3時までだと教えられ、
しかも、行っても住職がいたりいなかったりだと聞いたので、挨拶もそこそこにお寺の方へ行ってみることにしました。

Sogen3

昔から淋しいお寺だとは思っていましたが、からっ風の季節にはその淋しさもひとしおであります。
幸いにも住職もおられ、拝観することができました。

Sogen2

私は子供の頃数回登ったことがあって、中はもっと暗い印象があったのですが、意外と明るくて、こんなだったかしら?と、ちょっと拍子抜け。
でもいろんな意味で、なんだか懐かしかったです。
こーゆー木造建築が残っていて、中を歩き回れるとゆーのは貴重な体験かも知れません。
壁とか階段の隙間が、なかなか・・・・。
ビミョーに俗っぽい所も、なんつーか怪しくておもしろいです。
まぁわざわざこのために行くとゆー程ではないかもしれませんが、一度見ておいても損はないかと思います。


拝観後親戚の家にもう一度顔を出し、
なぜだか和田くんが館林の「茂林寺」へ行くとゆーので、館林へ向かいました。
「茂林寺」は分福茶釜のお寺です。
が、茂林寺へ着いた時点で、周りはけっこう暗くなっており、娘も車の中で爆睡。
とゆーことでここでの観光は断念し、茂林寺の近くにあったうどん屋さんに入りました。
なんか昼ご飯のタイミングが合わなくて、
お菓子で食いつないで、やっと食事にありついたとゆー感じでした。
館林っていえば、やっぱ「うどん」って感じですけど、このお店のはうどんに絹の粉を入れてるとかなんとか、ちょっと変わり種でありました。
おいしかったです。
会計の所で繭玉を売っていて、なんだか懐かしくていくつか買ってしまいました。
太田の親戚の家の近所でも、私が子供の頃は蚕を育てていて、広い桑畑があって、お蚕棚の建物の周りはすごく消毒薬臭かったことを覚えています。
うどん屋さんが、かりんとゆずをくれて、思いがけないおみやげです。
今年はゆずがどこでも大量に取れたそうで、ゆず味噌を作ろうかな~。


帰り道で妹家族の家に寄り、クリスマスパーティ。
やっと24日がクリスマスイブっぽくなりましたとさ。
やれやれ


★★★今日読んでいる本★★★
「異形の王権」(イメージ・リーディング叢書)網野善彦/平凡社

|

« サンディクローズがやって来る | Main | あけましておめでとうございます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/17485250

Listed below are links to weblogs that reference 今更ながらクリスマス:

« サンディクローズがやって来る | Main | あけましておめでとうございます »