« コートがない! | Main | 夏バテなのだろうか? »

2007.08.15

語るということ。書くということ。幽霊のこととか

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
私は、すでに夏バテ気味ですよ。
先週は、マジできつかったです。
そして、週末のBBQやら遊園地やらでとどめを刺された気がしますが、仕事があるので、ゾンビのように復活しました。すごいよな~。奉公人ってのは。
でも、めちゃくちゃ眠いです。あまりに眠くて気持ち悪いです。


地球温暖化と言われても、「ああ、なんかそんなような気もするね~」ってくらいにしか感じていなかったのですが(ナショナルジオグラフィックの写真とかは別にして、実感としてね)、ここ数日の暑さは、さすがに異常な気がします。
以前、ブログにも書きましたが、お台場の建物群が東京の風を止めているとゆー話を聞いたことがあるのですが、品川駅の新しいビル群も同じことを言われているそうですね。
何にせよ、海沿いに大きなビルをボコボコ建てるのは、よくないような気がします。
せっかく海が近くにあるのに、海から離れるような気もしますし。
はっ!それとも、
もしかしてあのビルたちは、東京を高波から守ろうとしているのか!?
って、いつ高波が来るのか知りませんが。


高波で思い出したのですが、
やっぱ夏なんで、怪談ネタなんぞも書きたいのですが、もうさっぱり、そっちの方のアンテナが錆び付いちゃって、何も引っかかってきません。
他の人が書いている事に対しても、「おっ。これは・・・」と思うことはあるのですが、コメントを書こうと思っているうちに、今更私が言うこともないか。って気になってしまい、何も書けません。
あ~もうほんとに、スレ切っちゃった気がします。くぅ~・・・。
そー言えば、知り合いの吉村さんが、お父様のお話でそれっぽい事を書いていらっしゃいました。
内田百閒の亡くなったお父さんが帰ってくる話を思い出しました。
やはり私は、怪談はこーゆーのがよいな~と思います。そして、変な言い方ではありますが、幽霊とゆーのは、本来こーゆーモノなのではないかと思いますし、こーゆー話に触れると、やはりそーゆー存在はあるのかも、と思えて来るのです。
久し振りに(怖いとゆー意味ではなく)ゾクゾクする話でしたが、もう雑誌にも掲載されてるようなので、9月に久々に怪談の集まりがあるのですが、そこでは話せないのだろうな~。改めて本人から直接聞くとゆーのも・・なんか、野次馬的な感覚では気が引けますしね。
最近は、こーゆー話を、「いい」と話せる人も周りに減ってしまい、淋しい限りでございます。


あっ話がかなり逸れております。
何を高波で思い出したのかと言いますと、田中貢太郎の「月光の下」はよかったな~とゆー事。
これは三陸沖地震の津波の話で(以前、明治の方と書いたのですが、改めて年表を見ると、昭和の方かも・・)、何も起きないと言ってもいいくらい淡々としているのですが、うちのじーちゃんが体験した話。と言っても通じそうな、リアリティと言いますか・・・質感があります。昭和三陸沖地震の後、タクシーのシートを濡らす幽霊の噂が流行ったとゆー話があるのですが、実際に起きた事件からネタを拾ってくることも多かった貢太郎ですし、こんな怪談も耳にしたのかも知れません。
実際に起きた事件からと言えば、岡本綺堂の「木曾の旅人」などは有名過ぎちゃって、いろんな所で使い回されていて、あと何十年かしたら、元は新聞に掲載された記事で、岡本綺堂が小説化した、なんて事は誰も知らなくなってしまうのかもしれません。
そー言えば、メディアファクトリー版の「新耳袋」の何夜目かに、何十年も昔に民話として採取されて、割と有名な研究書にも載っている話が、○○さんの体験談として紹介されていて、あらあらと思ったことがあるのですが、今日、置きっぱなしになっていた「エレンディラ」を持って家を出て、電車の中で後書きを読んでいましたら、40年くらい前の話で、当事者もまだ生きているのに、その事件が既に民話として語られている。とゆー話が紹介されていて、そういう事もあるのだなぁと思ったのでした。
ただし、当事者にとっては、単純な事件に過ぎない事が、語り継がれている話には、神話的な脚色がなされていて、その点を指摘すると、それは当事者の方が忘れてしまったのだろうと・・・経験の記憶の方が否定されてしまったとゆー、おもしろい事になっているのです。
さらについでの話を書きますが、
柳田国男の「山の人生」に紹介されている、子殺しの話は、一方的な無理心中でしかなかった事件に、柳田が、実際にはなかった子供の言葉などを入れたことによって、印象的な「物語」に仕上がっているとゆー話を読んだことがあります。


語り継がれるストーリーとゆーのは、珍しい事実ではなく、物語られるお話なのですね。


★★★今日読んでいる本★★★
「エレンディラ」G・ガルシア・マルケス/ちくま文庫
先日、20年くらい前にTVから落としたビデオを、すっごく久々に観ちゃいました。
編集が下手で字幕が読めなかった。

|

« コートがない! | Main | 夏バテなのだろうか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/16095883

Listed below are links to weblogs that reference 語るということ。書くということ。幽霊のこととか:

« コートがない! | Main | 夏バテなのだろうか? »