« June 2007 | Main | August 2007 »

2007.07.31

夏の屈託

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし東京の梅雨はいつ明けるのでしょう?


娘が夏休みに入っても、仕事はフツーにあるし、娘も毎日学校へ行くし・・なのですが、やっぱりなんとなく夏休みっぽい気分になっています。
娘は、
「夏休みって、もっと家でのんびりできるものだと思っていた」とブーブー言っていますが、ダラダラされるよりずっとよいです。
それでも、授業がない分、なんかけじめが付かない日々を送っている気がするし。それなりに、夏休みの雰囲気で過ごしていると思います。
あっしかし、今日で朝のラジオ体操終わり。
なんで、この辺のラジオ体操って、7月いっぱいで終わりなのでしょう?私が子供の頃からそうでした(私は生まれた時からず~~っと、この辺に住んでいるのであります)。
出欠カードの8月まである、あの日付はどこで有効なのでしょうか?
夏休み中やってくれると、早起きの習慣が付いてありがたいんだけどな~。ボランティアの人とかも大変だから?かな?
夏休み行事のボランティアと言えば、先週末、町内会の、とゆーか、区の地域センターの企画で、川遊び&バーベキューとゆーのに、家族で参加して来ました。保育園のお友達も大勢来ていて、そこからお誘いがあったのですけど。
近所のおばさま方が、ボランティアで幹事をして下さるのですよ。参加者90名近いイベントなのですが、遊びの内容からバスの手配まで色々と。
すごいな~と思いますですよ。自分が同じ年頃になって、同じ事ができる自信がありません。
あっ、そのBBQの幹事の方と、ラジオ体操の世話役、同じ人がいました。


ここ2~3年、GW頃になると右腕が痛くなるのですが、今年は痛くならず・・と言っても、なんとなくだましだましっぽい感じではあったのですけれど。身内の鍼灸師とかからアドバイスされて、少し・・・すこ~し、肩とか腕の運動もしたりしていたので、ちょっとずつ効果が出てきたのかな~と思っていたのですが、ここへ来て、また痛くなってしまいました。とほほ。
何が辛いって、痛い所があると、何をするにも気持ちが引けてしまうとゆー事。
この症状が出るようになって、ポタリングも全然積極的にやる気がしなくなったし・・・って、まぁ自転車を長時間こいでると、悪くなるってゆーのもわかってるんで、ってのもあります。
んでね、若い頃から筋肉がないってのがあって、年を取ってさらに筋力衰えまくって、等々あって、ほんと最近、何をやるにも
「だる~~~・・・・」
みたいなのが抜けないのですが、どーゆーわけだか、ここ数日、山歩きがしたくてたまらないのです。
山へ行きたい。歩きたい。
元々トレッキングは好きなのですよ。子供がお腹にいる時も歩いたし。
なのですが、子供が生まれてからは全然行ってなくて(あっ嘘。娘が0歳児の時、夫が娘を背負って、スノートレッキングの軽いやつ、しました)。娘が中学生にでもなれば一緒に行けるのにな~。なんて思ったりしつつも、最近は、そんなこんなでやる気がなくて、娘が中学生になる前に体力がなくなっちゃうよ。などと、もう冗談じゃなく、心配しておりますよ。
なのですが、
ここ数日、山へ行きたい気分が盛り上がりまくっております。
とりあえず、東京芝愛宕山(標高約26m)の階段でも登ってくるかな!


もひとつ、最近くったくしている事
簡単に謝っちゃいけないな
あうあう~。
少し前に、なんかめんどくさかったりして、日和ってつい、謝罪の言葉を出してしまったんだけど、
考えてみれば、ちっとも謝るような事ではない。つか実のところ、全然自分が悪かったとは思ってなかった。
仕事の事でもないし~。そんなんで誰に嫌われたところで別にどうって事もないはずなのに、ついつい謝っちゃったんだよな~。やっぱ一番の理由は、なんとなく日和ったってことなんだな~。まぁほんとにかなりもうめんどくさかったのだけれど。
なんだけど、日和ったからどうって事もないんだよな~。
つー事で、安易に謝った事に対する悔いだけが残ってしまったのであった。
これからは、もう少し自分の心に正直に行動するようにしよう。


★★★今日読んでいる本★★★
「アルケミスト―夢を旅した少年」パウロ コエーリョ/角川書店
読み始めてかなり経ってから、
スピリチュアルな方々に評判がよい、と知って、
一瞬腰が引けた。けど読んでよかった。
そーゆー言い方をするなら、
今の私に必要な物語だったのだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.25

猫のひたいで雀が踊る

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
週末は参議院選挙です。
今年の夏休みは、実に10年振りくらいに海外へ行くのですが、選挙の前に外貨を用意するか、後にするか、ちょっと悩んでいます。ってもまぁはした金なんだけどさぁ。
それはともかく、入れたくない政党はいっぱいあるけど、入れたい所がない。
無所属の人ってのも、以前は入れる事もあったのだけれど、最近はまったく入れる気がしないです。つか、無所属って時点で、私的には避けてしまうのでした。
消極的な消去法。

最近、日記を書くのもかったるく・・
先週末伺ったお友達の家で、娘さんから、今時は「ネット声優」とゆーものが存在するとゆー話を聞いて、昔取った杵柄のある私としましては、ちょっとばかりそのことについて書いてみようかな~などと思ったりもしたのですが、
過去の栄光自慢?って感じになってしまい(しかもしょぼい栄光)、かなりみっともないんで、やっぱ止めました。
でも最近、脳に傷でもあるのか!?ってくらい滑舌が甘かったりする事があって、自分的に少々悲しいので、声出す練習を、ちょっとしてみたい・・
と、昨日駅前のカルチャーセンターの講座に、ボイストレーニングとゆーものがあるのを見て、思いました。
こんな所でもやってるのね。


それは置いておいて、先週末、お友達のお宅に娘共々お邪魔して、子猫を見せていただきました。
見るだけですが。
動物が苦手な娘は、猫を見ると「シィッ!」と言うのがデフォルトになっていて、このお宅でも最初は逃げ回っていたのですが、帰り道では
「猫も飼ってみるとかわいいねぇ」などとのたまっておりました。
昨日も、「うちでは猫、飼えないんだよね?」と言っておりました。
飼えないんだよな~・・・。
嫌いではないのだけれど、苦手なんですよ。動物は。
リクガメ1匹でいっぱいです。
あとはですね・・・・実は、うち・・家具に凝る家なのです。
あんな狭いごちゃごちゃした部屋で、なんの家具だ、と恥ずかしいのですが。ベッドなんて、ダブルマットですゼ。旦那。主婦の敵ッスよ。
まぁそんなわけで、ソファーに爪でも立てられた日には、
卒倒します。
とゆー事を娘に話して納得してもらった。
「だからうちは、ビンボーなんだねェ」
と言われました。
はい、そのとおりなんで、そーゆー事で4649。


★★★今日読んでいる本★★★
「イブニング No.16」講談社
とは関係ないですが、お友達から、「「超」怖い話」をいっぱい借りて、久々に読んでおりました。
しかし、やっぱ私、加藤一さんって、ちょっとな~・・なんかな~・・です。
水木しげるのむか~しのマンガ(「墓場の鬼太郎」シリーズだったのかな~?)で、売れない漫画家が原稿にダメ出しされて・・
編集者が「これ本当の話じゃないでしょ」みたいな事を言うのに対し、漫画家が「マンガはみんな嘘じゃないですか」って答えて、「そういう事じゃないんだよ」って言われるシーン
・・・を思い出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.19

あの頃の占いFAN

みなさんこんにちは。
なんか急に涼しいです。
去年の秋から編み始めた娘のカーディガンがやっと出来(3シーズン用。本体は少し前に出来ていたのですが、飾りが延々と付けられなかったのです。んで、実ンとこ、まだ付けきれず)、娘は今日それを羽織って行きました。
そこまで寒くはないと思うのだが・・・。


慢性的に疲労しております。
ついでに、我が職場は、7月の中旬から交替で夏休みを取れるのですが、今週は後輩がず~っとおりません。
後輩・・・先月一人辞めてるんで、後輩は今一人しかいません。つか、事務職員が私を入れて3人しかいないんで、一人休むと二人体制。めちゃくちゃ忙しいです。
プライベート・・つか、家庭にも影響出てて、かなりまずいです。
やれやれ。


先日、マッサージへ行きました。
こういう所に来ると読む、ある女性週刊誌に、「○○の母」とゆーありがちな呼び名の女性占い師のコーナーがあって、毎回読んでしまうのですが、毎回、全然占ってないのが、大変興味深いです。
もう、フッツーの人生相談。相談者に、ひたすら常識的なアドバイスをしているだけ。
すっげータメになる!たぶん。
肩書きには、「霊能者」と書いてあるのが、また笑えるのですが、やっぱこーゆー肩書きが大切なのでしょうかね?「○○で長年、近所の人達のよき相談相手になってきたおばちゃん」ってだけじゃダメなのね。
そー言えば、私、ず~っと前、会社の友人と一緒に、飯田橋の母とゆー人の所へ占ってもらいに行ったことがあります。
新宿の母とか、上野の父とかゆー人達もいたな~。占い師って、なんでそう呼ばれるようになるんだろう??
んで、飯田橋の母ですが、場末をもっと端っこにしたような居酒屋のママで、一応、お酒とおつまみを頼んで、ついでに占ってもらうってことになっていて、込みで1500円くらいでした。
私が行った頃は、もう占いで評判のお店で、お酒の方がおまけって感じだったのですが、占いはかなりいい加減な感じでした。
何占いだったかも忘れちゃいましたけど。お店のお客さんの相談に乗っている内に評判になっちゃった、ちょっと占いができるおばちゃんってことだったのかな?
最近は知りませんが、私が20代の頃って、けっこうな占いブームで、
占い学校なども色々あったのです。んで、主婦とかが行って、占い師になるとかあったようです。
私の昔の友人にもタロットの占い師がいて、雑誌の占いコーナーも持っていたのですが、最後に話をした時には、占い学校の講師をやっていました。


20代の頃、若かったとゆーのもありますが、職を転々としていた時期などもあって、一時期占い師に見てもらう事にはまっていました。
よく言われたのが、
「大器晩成」
いい言葉だな~。「大器晩成」
誰にでも使えますね。
あと、
「結婚は普通」
よく言われました。結婚運なんか聞いてなくても言われました。
「普通」・・・。いい言葉だな~。どーでもいいとも言えるが。
最初の転職で悩んでいた時、有楽町駅の近くに出ていた占い師に言われた事
「先祖霊が関わっています。ここではこれ以上の事はできないので、
よい所を紹介するので、そこへ来て下さい」
占いの見料3000円(1件当たりの相場でした。今でもそれくらい?)。紹介料5万円。
ソッコーで断りました。
新宿で一緒に飲んでいた妹が、一度占い師に見てもらいたいと言い出し、
うろついていればすぐに見つかるだろうと思い、新宿の街を歩いたのですが、その夜はなぜか全然見つからず、
やっと見つけた、なんとか銀行の前に箱を出していた占い師。
すぐ隣で某宗教団体の人がキムチ売ってました。
近づく勇気はありませんでした。


今でも、占いって、それなりの需要があるのでしょうかね?
あの頃TVで占い師がやっていた事を、今霊能者(スピリチュアルカウンセラーとか?とか?)と呼ばれる人達がやっているような気がします。
まぁ、20代の当時から、真剣に占いを信じていたかと言えば、あまり信じてもいなかったのですが・・・・
自分で気が付かない何かを言葉にしてもらえれば、などとゆー危ない事は考えていたりもしたのですが、慢性疲労状態の最近では、そんなフワフワした事は考えていられなかったりするのです。
私もいいおばさんになっちまって、占いのテクニックもそれなりにわかってきたりしちゃったり。
テクニック・・っつーか気持ちがないから、私にはできませんが、はずれない占いとゆーのがある事も知ってしまったり。
ところがね、このはずれない占い、どーしてはずれないかわかる?(つか、よく当たる占いってのは、どうしてよく当たるかわかる?)
と娘が5歳の時に試しに聞いたら
「○○だから?」
とズバリ正解を答えるんですよ。
うわ~・・・幼児って、ほんとあなどれないです。
っつーのに、年を経るごとにだまされ易くなって行く人間。恐い恐い。
占いも、娯楽のうちは楽しいけど、あまり真剣になるのは要注意。
ご利用は計画的にね。


★★★今日読んでいる本★★★
数独やってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.09

小さな字を入れるな

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
休日の事は休日の間に書いてしまいたいと思っているのですが、いつも後回しになってしまうな~。
あまり、家でパソコンをいじりたくないというのもありますけれど。


学校の(中略)とか(後略)、夫と話をしていて、正論で感情論を抑えようとされたため、それでケンカになりました。
人間がそんなもんで納得できてれば、世の中の犯罪のほとんどは起きないっつーの!
怪しげな宗教みたいなのが、こんなに流行ったりしないっつーの!
自分が正しいと思える事だけをいつもやっていられれば、こんなに悩まないっつーの!!
まぁこのケンカは、昔の人がいい事を言ってくれたおかげで、とりあえず終わったのでよろしい。長年の生活の知恵。これからは、何かあったら格言を思い出すようにしよう。
それにつけても、ネットでの会話というのは難しいですねぇ。
私は、電話でさえ、相手の表情が見えなくてイヤなくらいなので、言葉のニュアンスさえも伝わらない文字だけの会話とゆーのは、ほんとイライラします。
きちんと説明しようとすればする程、自分の本来の考えから外れて行くような気がする事も多々あって、よくみんな平気でやり取りしてるな~と思います。
ほんとにやり取りできてるのかな~。
あっどーでもいいですけど、日記はもともと一方通行前提で書いていますので、悪しからず。


以上の話と以下の話も、私の頭の中では全て繋がりがあるのですが、
保育士をやっている知り合いが、保育以外の仕事があまりに大変で睡眠障害になっちゃって~とゆー話と、
友人の会社にいるケロちゃんの話を聞いて、
ますます深いため息を吐くのでした。
最近私が住んでいる区でも、今まで役所がやっていた仕事まで現場でやらなければならなくなって大変。とゆー話があるのですが、保育の質の向上が求められている一方で、職場環境はますます悪化させられているとゆーのはどーいう矛盾ですかね?
ケロちゃんとゆーのは、私は知らなかったのですが、怒られてもケロッとしていて、注意された事が学習できない人のことをゆーのだそうです。
そういう人達が我が子の見本になる日が来るのかと思うと、ほんと鬱。どうか反面教師として、よいお手本になって下さい。


そして思い出すのが、昔読んだ星新一の小説です。
人類の平均を計算し、平均的な受け答えをする機械を作った男の話。
この機械が爆発的なヒットを飛ばし、世界中に普及したのだけれど、実はこの機械は、本当の平均より少し下のレベルを表すように設定されていて、男が気が付いた時には、「ああ」とか「うん」とかゆー受け答えしかできない「平均」になっていた。
とゆーストーリー。
(改めて読み直していないので、こんなような話だったよな~とゆーことで。題も覚えてないし)


さて、ここから話はコロッと変わり
一昨日は、娘の小学校のイベントで、流し素麺をしてきました。
子供達は1時間ほど校庭の池の清掃をし、大人達は素麺の準備を行いました。
お天気が、土曜日はあまりよくなくて、雨がポツリとすることもあったのですが、中止にならなくてよかったです。
5年ほど続いている企画だそうですが、素麺を流す樋は、保護者代表の方が、知り合いの竹林から切り出してきた物を、近くの児童センターに預かってもらっているのだそうです。学校って、ほんといろんな方がいますね。
しかし、今回カセットコンロ数台でお湯を沸かして素麺を茹でたのですが、火力が弱くて、大きな鍋のお湯がなかなか沸かなくて大変でした。
途中からガソリンバーナーを持ってきてくれた方がいて、なんとか始める事ができました。
で、この方に、「キャンプするんですか?」と聞いたら、
「いや、アウトドア」
「BBQとか?」
「アウトドア」
・・・・・・・・アウトドア・・・・
バーナーを使う、「アウトドア」とゆー遊びが、あるのでしょうか?
ちょっと危なそうな遊びですね。ほんといろんな方がいます。
そして、小学生も高学年になると、ほんっと生意気。特に男子。
やれやれでござるよ。
しかし、考えてみれば、小学校のイベントに参加して、ワイワイ楽しんでるってゆーのは、まだまだ素直ってことですよね。楽しかった事を覚えていて、大人になった時に、親の苦労を知るがよい。


先週は、なんかあまり家の事ができなかったので、今週はきちんとしようと思いますよ。
たぶん。


★★★今日読んでいる本★★★
「今昔物語」福永武彦・訳/筑摩書房

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.07.05

女ってやつはヨゥ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
職場に着いてから、コレオ(ヘルマンリクガメ雄推定2歳半・・・って時々書いとかないと、なんの事やらわからなくなりそうなんで)を外に出してくればよかったと、気付きました。ここ数日雨続きだったのに。しまったなぁ。


明日は友人と食事の予定。わーいわーい。
って、愚痴を言いたくて、予定してもらいました。
最近すっごく会話に飢えている自覚があります。やばいです。
とりあえず、会話はいろんな人としてるのですが、気の置けない人と会う機会がめっちゃくちゃ減っているのだろうなぁ。
和田くんが気を遣って、アドバイスらしき事を言ってくれるのですが、人付き合いにあまりストレスのなさそうな和田くんの言うことは、そういうのが割と苦手。最後はもうどうでもいいよ。となってしまう私には、あまり役に立ちそうにないです。ごめん。
心遣いに感謝はしているよ。


しかし、明日言いたい愚痴も、その事から派生した事が大部分なある悩み・・・・
約一ヶ月、髪の毛が不自由な人になるんじゃないかと思うほど、考え込んでいた事が、今週の始めに、とうとう絶えきれない事態になって、迷惑も顧みず、別の人にメールしちゃった。
いや、それはそれでかなり覚悟を決めて送ったのですけど。
結果的にはとりあえずよかったので、さっさと相談していればここまでにはならなかったような気もしますが、それはまぁ状況を考えれば言い出せないのは仕方なかった気がするので、自然の成り行きです。
しかし、全然解決はしていないどころか、もしかしたら、さらに悪化させる可能性もあるとゆーことで、
明日は予定通り、愚痴ります!
年金問題ではないので!安心して下さい!


話はまるっきり変わりますが、
昨日ちょっと時間があったので、本屋に寄ったら、押切蓮介の6日に同時発売予定のうちの1冊が、既に置いてありました。他のはありませんでした。
この人の作品もすごく好きかってゆーとビミョーなのですが、ピンポイントでツボを突いてくるので、出ていると聞くと買ってしまいます。
フライングで出ていたのは、「おばけのおやつ」(太田出版)とゆー短編作品集。
どこが「おばけのおやつ」だ?とゆー疑問は、強制的に頭の隅へ追いやって。東京の心霊スポット巡りの話がよかったです。すげー心霊スポット巡りがしたくなります!お勧め!
    って、誰にだよ。
ついでに(とゆーのもかなり失礼ですが)、最近気になっている中村光の「荒川アンダーザブリッジ」の1巻を買いました。
今「モーニング2」で連載中の「聖☆おにいさん」が割とおもしろいのですけれど、絵が、なんか違う・・・。
いや、別にいいんですけど。
この人の特徴である、ビミョーなおもしろさは同じでしたから。
しかし、まぁ、それが正に中村光の中村光たる所以のようですが、ほんとーーーーーっにビミョーですね!
何か気になるのだけれど、おもしろいかはよくわからない・・・
あっもとへ
おもしろいかはよくわからないけれど、何か気になります。


★★★今日読んでいる本★★★
「今昔物語」福永武彦・訳/筑摩書房
読むの遅いです。
一話毎に、作者の感想みたいなのがあるのですけど、
現代でも通じる事が多くて、おもしろいですね。
突っ込みどころはそこかいっ!てのもありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.02

プールへ行ったりもしてました

みなさんこんにちは。
今日は雨降りですね。梅雨だし。
蒸し暑さも、これが日本だと思えば、かなりがまんできるのでした。
そー言えば、先週は1度も日記のアップをしてないのだな~。


先週末は、いろんな所でバーゲンセールで、昨日行った下北沢のギャラリーでも、
新宿も下北も、バーゲンの人出ですごいねとゆー会話が耳に入ってきました。
とゆー私も、土曜日は行ってきました。
つても、毎度お馴染みの東京卸売りセンターなのですが・・・。とほ~。
しかし、以前は下らない雑貨ばかり買っていましたが、最近はファッションにも目を向けておりますよ。きちんと服とか買って、ガラクタは買っておりません。って、いばる事は何もないですね。
子供は夫に相手をしてもらっていたので、お昼過ぎに電話をしたら、
「カバンは買わないようにね」と言われました。
私はすっげー袋物好きなのでした!一時期など、色違いで同じデザインとか、ヘーキで買っておりましたよ。
でも、こーゆーのって、物に違いはあれ、けっこう似たような事をやっている女子っていますよね?
先日離婚して、狭いマンションに引越した職場の後輩は、靴がすごいことになっていて、ずいぶん処分したそうです。
もう一人の後輩も、やっぱ靴が好きで、箱のまま玄関に積み上がっているそーです。
男子だと、本とかよく聞きますね。
そーゆー人達の話を聞いていると、私のバッグ好きなんてかわいいもんで、特に最近は、全然買ってなかったのですよ。なのですが、夫に釘を刺されたわけですが
「もう買っちゃったもんね~」


Araki1日曜日は、夫に付き合って下北沢のギャラリーへ、荒木経惟通称アラーキーの写真展を見に行きました。
っつても、私は写真のことは全然わからないので、まるっきりおまけだったのですが。
唯一持っている「東京日和」を持参し、サインをしていただきました。アラーキーひまわりバージョンを描いてくれました。
「東京日和」は、実のところ、竹中直人監督の映画が大好きで、その流れでこの本も買ったのですが、なんとなく夏休みの長期旅行のお供とゆー感じで、よく持ち歩いているのでした。
上は、娘用にその場で購入した絵本です。

Araki2

仕事の打合せもあり、日曜日とゆーことでお客さんも多く、夫が平日に伺う時に比べてずいぶん忙しそうだったようですが、せっかくの機会なので、とゆーことで、一緒に記念撮影していただきました。
実は、私はすでにワインとケータリングのお料理でいい気分でございました。
ほんとに、ご飯食べに行っただけみたい・・・・。
そして娘っこは、ゲージュツについては丸っきり、私以上にわかっていないと思われますが、「おもしろいおっちゃんがいる」とゆーことは認識したらしく、
「おっちゃんに何かあげたい」と突然言い出し、私の手帳の切れ端になにやら書いてアラーキーに渡しておりました。
Araki3
(見えづらいですが、「ねこおやじ」「NEKOOYAJI」と書いてあります)

なんだかな~・・・・。


意外と、と言っては失礼ですが、
スタッフの方も、来ていたお客さんも、親切な方ばかりで、気楽で楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。


★★★今日読んでいる本★★★
「今昔物語」福永武彦・訳/筑摩書房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »