« 自転車部 | Main | 子供の世界 »

2007.04.19

Buried Child またはその子供達

みなさんこんにちは。
今日も寒いです。冬です。冬の服は先週末、まとめて片付けてしまったため、今日は服装のバランスが変です。しかも首がまだ少し痛いので、木綿のマフラー巻いて仕事してます。


教育再生会議とゆー所が、またおもしろい事を言っておりますね。

子を持つ親に必要な「親学」のあるべき姿を訴える緊急提言

「親学」・・・って何?あるべき姿って何?と思っていたら、意外とこれを肯定している意見が多くて、ビックリです。
子供が親の犠牲になる、傷ましい事件も多い昨今、教育現場が荒れ続ける今、どーにかしろよって気運が高まるのはわかるけど、親になる心構えって、それって政府さまから、こーしろあーしろ、こーあるべきだと、具体的に指示されるものなんですかね?っつか指示できるもんなんですか?していいモンなんですかね?
つか、これが、改正教育基本法の結果か~。来たよ来たよ!って感じ。
ネットニュースのコメントで賛成と言っている人の中に、実際に今子育てしている人、近々子育てする予定の人、将来子育てする気が大いにある人ってのはどれくらいいるのか、知りたいです。
私の知り合いに、「最近の若いモンは」的に世の中を批判をする人がいて、でもこの人は「自分に子供が育てられるとは思えないから、子供は作らない」とも言います。
この人に対する私の信頼はかなり薄いです。
いい事は言うので、そこだけ聞いていれば「なるほど」と思う事も多いのですが、口先だけの無責任な人間とゆー印象が拭えないのです。
「親学」に賛成している人って、こーゆー人が多いんじゃないだろうか?という気がします。
「やっぱ親になる資格って必要だよ。子供を持つヒトは、その辺バッチリ勉強してよ。
でもオイラにはそーゆー難しいの無理そーだから。後はよろしくネ」
少子化ますます進みそう!
そして、私はいつか娘から
「どーして産んだんだ」と怒られそう!
去年末のスノボなおかーさんの不起訴(処分が決まったのは先月)の時も思ったけど、色々立派な考えをお持ちの方は多いけれど、失敗した人を追い詰めるだけの人ってのも、えてしてこーゆー人たち。
やってみて失敗したお前は愚かで、始めからやらない選択をした自分は賢く正しい。


「親が変われば子供も変わる」っつーのは、一面正しいと思いますが、それだけでどーにかなる程子育ては甘くないし、それだけでどーにかなると、短絡的に考える人が増えたらどーすんだ?と気になる。
前にも書きましたが、世界は、家の外にも、学校の外にも、ずっとずっと広がっているのに、どーして狭い中でまとめようとするのだろう。
この辺、書きたい事はいっぱいあるけど、無駄に長くなりそうなので、
子供は親の影響だけで育つのではない。とだけ言っておこう。


★★★今日読んでいる本★★★
「時間はどこで生まれるのか 」橋元 淳一郎/集英社(新書)

|

« 自転車部 | Main | 子供の世界 »

Comments

「親学」この記事を初めて読んだとき。
冗談だろ?と思ったけれど、マジメみたい。。脱力してます。

ここまで「指示待ち」来ちゃうの?って感じですね。

親学を履修していない人がうっかり産んだ子供は「赤ちゃんポスト」にいれるべき!とか・・・
恐るべき近未来像ですなw

Posted by: ちゃる | 2007.04.20 at 09:28

>ちゃるさん
もうホントに、日本はどーなっちゃうの?
って感じですよね。
教育のトレンドは、「親学」と「食育」らしいです。「食育基本法」なんてーのもあるのね。最近知りました。
そこまで型に嵌められた国になるのか、
そこまで型に嵌められないと何もできない国なのか。
どちらにしても、イヤな国です。

Posted by: じゅんこ | 2007.04.20 at 14:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/14772658

Listed below are links to weblogs that reference Buried Child またはその子供達:

« 自転車部 | Main | 子供の世界 »