« March 2007 | Main | May 2007 »

2007.04.23

子供の世界

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。晴れてくるような予報ですが、まだ暗いです。
先週末土曜日は、毎年恒例のTDL参りだったのですが、雨降り続きの後のよいお天気で、よかったです。
しかし、毎度毎度書きますが、わたし的にはTDLはすでに終わっております。


アトラクションはそれぞれやっぱよくできてるし、楽しいのですが、それ以上にストレスが多すぎです。
もうそーゆーので楽しめない年ってことなのかもしれませんナ。ははは・・。
それでも行くのは、毎年この時期に格安チケットをもらえるからなのですが、それがなかったら、行かないな。
あ~・・でも、私なんかチョロいから、子供が行きたいと言ったら、喜んで連れてっちゃうかも。
しかし、うちの子が好きなのは、TDLよりスパリゾートハワイアンズ。
TDLへ行きたいと自分から言うことはないのに、ハワイアンズは、最後は私が「黙れっ!」と怒鳴ってしまう程、しょっちゅう「行きたい。行きたい」と言っています。私もハワイアンズならもっと喜んで行くけどね。
実のところ今回、小学校に入ってから初めてのリゾートなイベントだったので、子供がどんなに喜ぶか、私の方がそんなことに期待してワクワクしていたのです。ところが娘っこは拍子抜けするくらい淡泊で、和田くんなども、現地にて「なんかやけにテンション低くない?」と心配する程だったのです。
まぁ今回のTDLは、最後に夕食を、目的のレストランでゆっくり食べられたので、私はよかったですヨ。昼の予約が満席で取れなかったので、どーかな~と思ったのですが、夜のパレードが終わる直前に行ったら、よい席に入れてもらえました。
終わりよければ・・・ってことで。つか、食事しに行ったのか・・・?


子供には、立たされっぱなしのアトラクションより、使い放題のジャングルジムの方が嬉しいってことで、日曜日は、卒園以来久々に、同じ保育園から他の学校へ行ったお友達と会いました。
地域のイベントで、小学校を開放してお祭のようなことをするので、それに行こうと何人かと約束してあったのです。
学校の中とゆーことで、子供達は野放し状態で、親たちは茶話スペースでグダグダおしゃべりですよ。
私も、ここ半月あまりでため込んだ愚痴などをぶちまけたり。
ぶちまけてみたら、もっと強烈な仕打ちを、例のご家族から受けたとゆー人がいて、私の「上履き持ってきて」なんてのは、全然甘っちょろかったり。(あっ上履きの話は書いてないですネ)
いいな~同じ話題で盛り上がれるって!
子供達も、もう力一杯遊んでるって感じでした。
まだまだ、小学校にもみんな慣れてはいなくて、うちの子なども、学校で一緒に遊んでる子の名前も覚えてないくらいで。でも保育園のお友達とは、もう阿吽の呼吸で遊べるわけですよ。
そんなこんななわけですが、さよならの時間は必ず来るもので、
そこでバイバイのお友達などは、ジャングルジムから下りてこなくて、やっと下りてきたら、泣きながら走り去ってしまいました。
うちの娘っこも、特に仲のよかったお友達と、トーゼン「まだ遊ぶ」とごねて、じゃぁちょっとね。とゆー約束で、うちに遊びにきてもらったのですが、やっぱり最後は泣き出しちゃう子とか、「ここに泊まる」と床にしがみつく子とか。
こーゆーのは、ほんと子供ってかわいいな~と思うのです。
って、今度のGWに一緒に旅行する予定の人達ばかりなんですけど。子供にとって、2週間も先なんてのは永遠と同じくらい遠いのです。


今読んでいる、「時間はどこで生まれるのか」とゆー本に、昔の人間には時間の概念がなかったとゆー話が書いてあって(本の中では、それについて色々と科学的な説明が書いてあるわけですが、難しい話はともかく)、子供を見ていると、ほんとーに、時間とゆーのは、もともと誰にでも平等に「ある」わけではなく、ある程度の生活の経験を積んで、やっとその存在がわかるものなのだな~と思うのです。
大人から見れば、いくらでも未来があるように思えるのですが、子供ってものすごく刹那的です。
だから、なおさらその一瞬一瞬を、大切にしてあげなければいけないのだなぁとも思うのでした。


★★★今日読んでいる本★★★
「ステッチidees vol.5」日本ヴォーグ社

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.04.19

Buried Child またはその子供達

みなさんこんにちは。
今日も寒いです。冬です。冬の服は先週末、まとめて片付けてしまったため、今日は服装のバランスが変です。しかも首がまだ少し痛いので、木綿のマフラー巻いて仕事してます。


教育再生会議とゆー所が、またおもしろい事を言っておりますね。

子を持つ親に必要な「親学」のあるべき姿を訴える緊急提言

「親学」・・・って何?あるべき姿って何?と思っていたら、意外とこれを肯定している意見が多くて、ビックリです。
子供が親の犠牲になる、傷ましい事件も多い昨今、教育現場が荒れ続ける今、どーにかしろよって気運が高まるのはわかるけど、親になる心構えって、それって政府さまから、こーしろあーしろ、こーあるべきだと、具体的に指示されるものなんですかね?っつか指示できるもんなんですか?していいモンなんですかね?
つか、これが、改正教育基本法の結果か~。来たよ来たよ!って感じ。
ネットニュースのコメントで賛成と言っている人の中に、実際に今子育てしている人、近々子育てする予定の人、将来子育てする気が大いにある人ってのはどれくらいいるのか、知りたいです。
私の知り合いに、「最近の若いモンは」的に世の中を批判をする人がいて、でもこの人は「自分に子供が育てられるとは思えないから、子供は作らない」とも言います。
この人に対する私の信頼はかなり薄いです。
いい事は言うので、そこだけ聞いていれば「なるほど」と思う事も多いのですが、口先だけの無責任な人間とゆー印象が拭えないのです。
「親学」に賛成している人って、こーゆー人が多いんじゃないだろうか?という気がします。
「やっぱ親になる資格って必要だよ。子供を持つヒトは、その辺バッチリ勉強してよ。
でもオイラにはそーゆー難しいの無理そーだから。後はよろしくネ」
少子化ますます進みそう!
そして、私はいつか娘から
「どーして産んだんだ」と怒られそう!
去年末のスノボなおかーさんの不起訴(処分が決まったのは先月)の時も思ったけど、色々立派な考えをお持ちの方は多いけれど、失敗した人を追い詰めるだけの人ってのも、えてしてこーゆー人たち。
やってみて失敗したお前は愚かで、始めからやらない選択をした自分は賢く正しい。


「親が変われば子供も変わる」っつーのは、一面正しいと思いますが、それだけでどーにかなる程子育ては甘くないし、それだけでどーにかなると、短絡的に考える人が増えたらどーすんだ?と気になる。
前にも書きましたが、世界は、家の外にも、学校の外にも、ずっとずっと広がっているのに、どーして狭い中でまとめようとするのだろう。
この辺、書きたい事はいっぱいあるけど、無駄に長くなりそうなので、
子供は親の影響だけで育つのではない。とだけ言っておこう。


★★★今日読んでいる本★★★
「時間はどこで生まれるのか 」橋元 淳一郎/集英社(新書)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.04.16

自転車部

みなさんこんにちは。
今日は朝から雨です。そしてまた寒いです。
先週末は、初夏のような爽やかな暑さだったのに、気候の変化の激しさについて行くのが大変です。


昨日の日曜日、我が家は久々に家族でサイクリングへ行ってきました。
和田くんが最近参加するようになった、地元の飲み仲間繋がりの自転車愛好会のイベントです。
和田くんは、近頃また自転車通勤が少しずつ復活したりもしているのですが、私はほんっっっっとーーーーーーっに、久し振りのサイクリングで、不安もありましたが、地元での集まりとゆーことで、輪行がない分気楽でした。
Pota07042

ゆっくりめの11時に集合し、多摩川を目指します。多摩川沿いも時速25kmくらいで、割とスイスイと行けたので、ちょっといい気分。
途中の休憩でも子供と花を摘んだり、のどかな気分を楽しみました。
でも、12時を過ぎる頃から、かなりお腹が空いてきて、辛かったです。折り返し地点でもある、ピザレストランがある二子玉川の駅が見えてきた時は、心底ホッとしましたよ。


レストランは、川沿いの、オープンテラスのあるステキなお店でした。
Pota07044

緑と川に囲まれたとても雰囲気のよいお店でしたが、最近マスコミでも紹介されているそーで、天気もよかった昨日はかなりの混みようで・・・・
料理はなかなか出てこない、パスタは半茹で、でした。
それに、待っている間に風が出てきて寒くなってしまいました。夏の晴れた日にゆっくり来れば、きっとステキなのでしょうけれど、残念です。


帰り道は、その風が向かい風になって、かなりきつくて、前を走る人達について行けませんでした。
もうゼーゼー。
川を離れて町に入って、やっと安心しました。
今まで、パシフィックに不満はなかったのですが、昨日は、もっと軽い自転車だったらよかったな~と、かなり真剣に思ってしまいました。ゴメンねプジョー。

Pota07043


そして、今日、恐れていたとおり、首と肩が、めちゃくちゃ痛い!です。
自転車より、こっちこそ、マジでなんとかしなければ、今後にどんどん差し支えますね。
あ~・・筋肉が欲しい。


★★★今日読んでいる本★★★
最近本を読む気が全然起きない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.04.13

控えめな人々

みなさんこんにちは。
今日もまたビミョーな天気ですね。
昨日は、娘のお友達の誕生日とかで、その子のお母さんから夕方突然電話が架かってきて、おとーさんがお友達と飲みに行っちゃったんで、よければ一緒に食事をしないかと言われ、うちのおとーさんも仕事で遅くなると言っていたので、まっいっかと、そのお宅へ行ってきました。
って、いや・・その・・
もうこの家族とは、親しくお付き合いはしない、と思ったりもしている例の方達なのですが、なんかね、あんまり無下にするのも、小心者の私としては辛かったりするわけですよ。
そしてやっぱり、なんか変な調子で帰ってきたのでありました。
だってね、当のハッピバースデートゥーユーな人は、「あんたらなんでここにいるの?」ってなくらいの態度だし、
おかーさんは、相変わらず嘘くさい「ハイセンスなわたし」を演じてるし。
って懲りないのね。わたしも。・・・とほほ。


話は変わりますが、うちの娘は、トイレに行く時、かならず
「ちょっとトイレ行ってくる」と言います。
かならず「ちょっと」が付く。
ちょっとじゃなくて、ゆっくり行ってきていいよ~と言うと、てへへ、と笑うのだけど、トイレの枕詞か?と思うくらい毎回言うのです。
前回、便利な言い訳で「疲れている」を使ってしまう、と書きましたが、
「ちょっと」も、よく使う人いるな~と思う。
やっぱ、ついつい出てしまう言葉なのでしょうね。
さっき職場の人がお客さんに
「ちょっと引っ越しまして・・」と言っていた、これはまぁよろしい。私の職場は、去年の暮れ、同じ区内の駅を挟んだ反対側へ引っ越しました。
ところで、この職場で、3年ほど前に亡くなった人がいるのですが、未だに時々手紙が来たり電話が来たりします。
んで、先日、その人宛に、また電話がかかってきました。
その電話に出た人が
「○○は、3年前に・・ちょっと亡くなりました」


ちょっと死んでみる人はいないと思いますよ。


★★★今日読んでいる本★★★
「日本刺繍を楽しむ」永山登志子/文化出版局

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.11

これでいいのだ!

みなさんこんにちは。
今日は、これから雨が降り出す予報です。
傘の用意してません!
先日の大雨の時には、子供に雨の用意をしてなくて、途中で傘を購入して慌てて迎えに行ったら、既に学校を出た後で、家に電話したら
「傘借してもらったから平気だった~」
意外とちゃっかりしてるのね。
なんかね、今、上着とかランドセルに入れるように言われているようで、冬に厚いコートを着るようになったらどーするんだろう?とゆーのが、私の大きな関心事です。
入学式の時見た教室に、ロッカーはなかったけ?道具箱とかどこに置くの?
なので、まだ折りたたみ傘が一人で広げられない娘に、雨予報の日はレインコートを持たせたいのだけれど、置く所がないとなるとどーしたらいいのか。


さて、今日で子供の通学本番も3日目なのですが、早速バタバタでした。
いや、私がなんだけどサ。
ちょっとばかり朝の出足が遅くなっちゃって、いつもよりお弁当を作り始めるのが遅くなってしまったら、ドミノ倒しのように、どんどん後ろ倒しになっちまって・・・・。
子供を送り出す時間もギリギリになってしまったとゆーのに、いってらっしゃいとゆー段になって、昨日着ていた上着がないっつーんで、探したんですけど見つからなくて、昨日は空手にも行ったから、いつからないのかもよくわからなくて、どーも学童保育みたいなので忘れてきたかな?と思ったので、「忘れていないか確認して下さい」と慌ててて連絡を書いて。
やっと送り出したら、ソファーの膝掛けの下に置いてありました。
んで、私も仕事に出たのですけど、駅へ向かう道すがら、
「あっお弁当のお箸入れるの忘れた!」
あ~あ、なんだかな~。
先週から約10日目にして、疲れが出たのか?


って、「疲れてるから」って便利な言葉だな~。
あっ忘れ物しちゃった。疲れてるから。
計算間違いしちゃった。疲れてるから。
何もない所で転んじゃった。疲れてるから。
ハンドル切り損ねちゃった。疲れてるから。
ちがうーーーーっ!違うんだな~。
結局、余裕がない所に、さらに余裕がなくなるような事をしてるから、バタバタになるんだな。
私がよくやってしまうのは、ちょっと早起きしたと思って、つい雑誌を読みふけってしまう。とか、
ついコーヒーをゆっくり飲んでしまうとか。
それは、やる事やってからやりゃーいいとはわかってるんだけど、なんかそーゆー時にこそやりたくなっちゃうんだよなぁ。試験勉強しなくちゃいけない時に、つい部屋の掃除をしてしまうみたいな?
とほほ。


ほんとの意味で、優雅な生活を送りたいものです。


★★★今日読んでいる本★★★
「時間はどこで生まれるのか 」橋元 淳一郎/集英社(新書)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2007.04.09

入学式のこと(ちょっと)

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
妙に暑かったり寒かったり、雪が降ったりしてますが、きちんと春にはなっているようです。


先週の金曜日は、娘の小学校入学式でした。
4月になってから、学校内で行う学童保育のよーなものに通い始めていたので、学校へは行っていたのですが、やっと本番です。
お天気もよくて、ほんとうによい日でした。
娘は受付で、上級生のおねーさんに名札を付けてもらって、教室へ。
Entrance1

親たちはその教室の前を通って、式場になっている体育館に入りました。
自分の入学式なんて、かけらも覚えていないのですが、
1時間くらいの間に、校長先生のお話や来賓挨拶の他に、上級生の歌などあって、意外と飽きなかったのは、やはり自分の子供の行事だからでしょうか?
式の後、記念写真を撮って、子供の教室へ入って、担任の先生の挨拶や、これからのことなどをザッと聞きました。
担任の先生は若い女性で、1年生の担任は全員女性でした。他の学校の話を聞いたら、やっぱり若い女性だそーで、とゆーことは、この区では、そーゆーふーに決めてるあるのか知らん?
ちょっと頼りない感じもあるけれど、お子様には、やっぱ若い女の人の方がよいのでしょうか?


入学式については、それほど書く事がありません。
それよりも、
学校がどーゆー所なのか、さっぱりわからんとか。先生がどーゆー人達なのかもわからんし。最近の学校事情などをニュースや雑誌で目にし耳にしていれば、心配になるような事ばかりだし。
保育園でさえ、わけのわからんご家庭にうんざりさせられることもあるってのに、それ以上に多様な家庭があるわけで、PTAとか行事の手伝いとか、やる気はあるけどめんどくせーな~とか。
そーゆー、これからの事の方が気になりまくりで、我が子の成長振りに涙するほどの感慨も湧かないのでした(って他に泣いてる親もいなかったけど)。
まぁ子供には、親のそんな気がかりとは関係なく、学校生活を、なるべく楽しく送ってほしいと、願うばかりであります。
Entrance2


さて、卒園式の時には載せそこないましたが、
卒園式も入学式も、私は着物で行きました。
着物の話題、久し振りです。(書いてなくても、いちおー着物はちょくちょく着ているのですよ)
Kimononu Kimonoso

卒園式には、七五三でも着た御所人形模様の付下げに、銀色一色の帯を締めました。
最初は、入学式と同じ着物を着るつもりでいたのですが、上のお子さんがいるママ友から、卒園はさよならだから落ち着いた色。入学はおめでたいから華やかな色。と言われ、選びました。
入学式は、地模様のあるピンクの色無地に深緑に花を散りばめた帯を締めました。
襟足に沿って半襟が出過ぎないように、と着付けを心がけているのですが、失敗することも多くて、写真でわかるかも知れませんが、卒園式では見事に半襟が出ております。
そーゆー話を職場でしたら、先輩から「衣紋が抜けていないのではないか?」と言われ、
入学式の時には、衣紋を思い切り抜いたら、きれいにいきました。
自分ではきちんと抜いているつもりだったのですが、思っている以上にたくさん抜いていいのですね。と、今更わかる事も多いです。
ところで色無地の方ですが、これも、建て替えで引っ越した悉皆屋さんから頂いた物なのですが、今回初めて着ました。が、当日着てみて裄が短いことに気付きました。
実は、深緑の帯は、入学式のために新しく買った物だったので、着付けの練習を何度かしているのです。
だというのに、練習している間は、裄の長さに全然気が付かなかったのです。気付いていれば前日でも直したのにーーっ!!と思うと、ちょっと悔しい。


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫
今別の本読んでたのに、間違えて持ってきちゃった・・・・
んで、しかたなく読んだ。
まだ途中までしか読んでないし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.04.03

ジミニー・クリケット石の下

みなさんこんにちは。
今日も雨降りです。
しかし、我が職場は、夜からお花見です。
私の職場のお花見は、仕事の後、みんなで上野とか千鳥ヶ淵とかの桜を見ながら歩いてから、予約してあるレストランで食事
とゆーのが恒例となっております。
私がここに入ったばかりの頃は、庭に桜のあるレストランで食事。とゆーのもあったのですが、その楽チンなパターンは、いつの間にか消滅しました。
しかし、今日は雨。
正直に言えば、私は、毎度毎度、
職場の人達と、どーでもいいような会話をしながら寒い中を歩き回るのが、少しばかりイヤなので、今回は
「食事の時間まで、どっかでお茶でもしてるってのはどーですかね?」と、先輩に提案してみました。
先輩もぜひそうしたい、と言ってはいるのですけれど、慣例を崩せない人達もいるので、どーなるでしょう。


先日、つか一昨日、
アニマックスで「キカイダー01 THE ANIMATION」を観ました。
2001年に作られた物なので、知ってる人には今更なんですけど、私はその存在すら、今回初めて知ったのでした。
「原作を忠実に再現」とかCMで言っていたのに、なぜ「01」なんだ?と思ってたら、もともと、CSのTVシリーズで「人造人間キカイダー THE ANIMATION」をやっていて、本作はその続編として創られたOVAだったのですね。
キカイダーは、幼少の頃、実写版もマンガ版も大好きで、ジローにはマジ惚れしてましたので、今回の放映もすっごく嬉しかったです。
んで、こーゆー事には疎い夫をつかまえて、
「イナズマンの中で続編が描かれてんだよね~」とか得意げに語ってたら、その分もきちんとアニメになってるのね。
ちなみに、夫は「イナズマン」を知りませんでした。くは~・・・・。


ストーリーは、原作どおりかとゆーとそーでもないのだけれど、私は、原作より練れて、深みが出ていると思いました。
ネタバレしちゃいますけど(もう5年以上も前の作品だし、いいッスよね?)、
タイトルのくせに、あっさり壊されちゃう01とか、
アキラを連れてジャイアントデビルを後にして、んでやっぱり無惨に壊されちゃうビジンダーとか、
人間の心を手に入れて苦悩するジローより、心を強調して死んだリエコより、心のない人造人間の姿に、
しょせんは人形
な悲哀を感じたのでした。
あっでも、非情なようで、結局心を捨てきれなかったギルハカイダーはいい味出してました。
んで、私は、懐かしさもあったのかもしれませんが、
「いいな~」と思いながら観たのですが、娘も夫も、あまりおもしろいと思わなかったようです。
「人造人間キカイダー」の方も、ぜひ観てみたいのですが、放映してくれないかな~。


★★★今日読んでいる本★★★
「ヴィンランド・サガ 1」幸村誠/講談社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.02

今年の花

みなさんこんにちは。
今日はまた朝からどんよりと、イヤな天気ですね。
週末、東京はお花見日和でした。
みなさん、お花見はしましたか?


私は、土曜日、行きつけの居酒屋さん主催のお花見に参加させていただきました。
場所は、区役所前の中央公園。
お昼から、おつまみ持ちよりで集まりました。

Sakura072

ちょっと寒かったですが、雨にも遭わず、
初対面の方がほとんどでしたが、話もはずんで、
とても楽しい時間が過ごせました。
しかし今回、後から来た娘にまで
「絶対におかーさん着物着てくるよね」と言われていたそーですけど、着物を着る余裕がありませんでした。
一応コーディネートは考えていたのだけど。残念。


Sakura071いつも子供連れで、ご迷惑をおかけしていますが、今回は偶然、保育園のお友達が何人かバラバラにお花見に来ていて、娘はそっちに混ぜてもらって遊んでいました。
まぁ、娘も、大人に混じっているより、子供同士の方が楽しいし。とても助かりました。
(が、またもや、よけいなケガをしおって・・・・。どーして、こー、女子としてどーかと思うようなケガをするのか・・・。とほほ)
こちらのお花見に参加していた方たちも、よく遊んで下さって、ほんとーに、いつも感謝しております。
しかし、最後の方、おじさま達が、見知らぬ子供達を追いかける姿も・・・・。
警察に通報されなくてよかったですね。


お花見の後は、カラオケ、カフェバーとハシゴをして、
ああ・・・ゆっくりのんびり休日を過ごせるのはいつ?
って、楽しかったからいいんですけど・・・。でも自分の体力を考えねば・・・・
ってな日々を、なんかここんとこ過ごしております。ね。


Bag4日曜日は、また裁縫をしておりました。
最近裁縫に興味を持っている娘用に、裁縫道具入れです。
袋が二重で、道具を分けて入れられるようになっていて、真ん中に針山が付いています。
まだ針を持たせるのはどうかとも思ったのですが、自分の物を持つことで、片付けなど、きちんと心がけてくれればと思い、とりあえず与えました。
裁縫道具入れ自体は、スイスイできてしまって、夫にも「もうできちゃったの?」と言われるくらい、あっと言う間に縫えてしまいました。
自分の分も作って、刺繍道具を入れておこうかと考えています。
もう、ほとんど
趣味は裁縫
です。
実は、早急に娘のお弁当箱入れも作らねば、なのです。
必要なのに、すっかり忘れていました。
なので、今日家に帰ったら作り始めます。
たぶん。


★★★今日読んでいる本★★★
なし。眠い。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« March 2007 | Main | May 2007 »