« ジリジリジリと | Main | 最後の錬金術師は、神が書かれた本を読む »

2007.02.07

とりあえず、どこかの中心で愛を叫ぶ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
月曜火曜と、夫が娘を連れてスキーへ行っていたので、一晩のんびり過ごさせてもらいました。
んで、久し振りにマッサージにでも行こうと思ったのですが、遠出するのもめんどくさくて、予約が取れなかったりもイヤだったので、結局駅ビルにあるリフレクソロジーのお店に行きました。
何年も前には回数券を買って行っていたのですが、なんで行かなくなっちゃったのかな〜と思いつつ、
施術してもらいながら思い出しました。
ボディケアが全然ダメ!
そうそう、そうだったーーーーっ。
リフレはいいのだけど、ボディがダメなんだよ。全然リラックスできないんだよ!
今回ボディと足裏のセットをやってもらったのだけれど、足裏だけのコースにしておけばよかった。
とほほ。


ある日の、うちの幼児のつぶやき。
「奇蹟は信じない。でも友情は信じる」
       う・・・・      ウテナ?


土曜日、娘の保育園のお友達が遊びに来ました。
よく遊ぶのですが、よくケンカもしているので、その子のお母さんが
「ケンカするくせによく一緒に遊ぶね」と子供に聞いたのだそうです。その答えが
「ケンカする程仲がいいってことだよ。わかってないなぁ!」
そー言えば、2年くらい前に、他の子にも
「結婚するのは、Yちゃん。遊ぶのはAちゃん。
ケンカするのは・・・・」
と言われたことがあります。
ケンカ友達、やけに多いぞ!娘!


相変わらず、書きたい事はいっぱいあるのですが、やっぱりどう書いてよいかわからず。
ちょっと自分を確認。
私はオカルトが好き。
でもこの頃流行りのスピリチュアルとかゆーのは嫌い。
スピリチュアル=オカルトじゃないっつーの!
もうこの辺すごいストレス!
疑似科学=オカルトでもないってば!ってば!


さてさて、
賢い方たち(たぶん)が大勢出入りしているサイトなどを覗いていると、絶えることなく議論が続いておりまして、すげーなぁと感心しきりでございます。
まず、会議なんてものに出席したのが、小学校の学級委員会が最後の記憶?ってなくらい縁がないので、その内容はともかく、もうこの議論っつーもの自体にびびってしまいますのことよ。
日本人は議論が苦手などと言われたりもしてますが、
私が20年以上も愛し続けている足利直義さまなどは、議論を奨励していたとゆーのですね。
っつても、鎌倉時代と室町時代の狭間にある政治家同士の議論っつーのがどのような物だったかなど、まったくもって想像もつかないのです。かろうじて、まぁ、テラ星人に倣って番犬として各家庭に1匹(頭?)とか、そーゆーことを薦めていたわけではないだろうとゆー事がわかるくらい。
とか思っていたら、久々に足利直義さまへの想いが高まりまして、じゃぁそろそろ、買ったきり読んでいなかった、例の(知る人ぞ知る)伝源頼朝像について書かれた本など読んでみようかと、思い立った次第であります。
いやぁ・・なんだかんだで、けっこうしばらく日本史(つか、かなりピンポイントな南北朝史)からはかなり遠ざかっていましたので、妄想を補完するテキストとして、まずはお手軽なのからと思ったわけでございますよ。
ところが、見つけられませんでした。
つか、本棚に近づくことすらできませんでした。
岡本綺堂と井上円了の全集がジャマだったのは、
まぁ許す。私の本だし。
田中貢太郎も許す。私のだし。
でも、藤澤衛彦辺りビミョー。つか未だに価値を見いだせない。私のだけど。
そして、ワインだのウイスキーだの日本酒だののビンは許していいのか?まず、本じゃないし。
車のパーツはいいのか?本棚の前に置く物なのか?
    そんなわけで、
私は愛する人の顔を見ることさえ許されないのでした。
5年後くらいに、また会いに行くかも。
それまで待っていてくれ!My love!
会えるかわからないけど。


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫
かなり嘘。今日は読んでません。

|

« ジリジリジリと | Main | 最後の錬金術師は、神が書かれた本を読む »

Comments

元気を取り戻しつつありそうで、良かったです♪
引き続き回復してくださいね。

暖冬でもあるところには雪があるのですね、
スキーに出かけられた話を読むと、なんとなく安心。

最近、地球温暖化のデータばかり、まとめてるので(汗

私も上手に言えないのですが、
スピリチュアルとオカルトは違うと思う。
そんで、やはり何が好き?
と問われれば、オカルトの方かなあ。

病院の待合室でダヴィンチコード読んでしまって、
なんか想像していたとおり、底の浅い小説だったので
なんでこれで大騒ぎ?とすごい鈍いテンポで思ったのでした。
本棚の整理は難しいです。
前の家から移動させねばならぬ本もあるけれど、
もう少し暖かくなってから、と、さぼっております。

お時間があり、もう少し元気になられたら
会話とお酒しませうね。

Posted by: ちゃる | 2007.02.08 at 09:14

>ちゃるさん
なんですか・・体調はまだけっこう悪いのですが、なんか妙なことに、やけに気力はあるのでした(^^;)。

地球温暖化は、ほんと最近、のっぴきならない話ばかり聞きますね!怖いです。

スピリチュアルも、まぁよい所もあるのでしょうが、なんか暴走気味な所ばかり目についてしまうので・・・そーゆー所ばかり見てしまう私もよくないのかもしれませんが・・。
己の部屋を掃除したくらいで、世界経済が動くかーーー!中野ーーーー!!
とゆーよーな・・・そうゆー話に、めちゃくちゃ気持ち悪さを感じてしまうのです。

「ダヴィンチコード」は、オカルトファンやミステリーファンにはめちゃくちゃ評判悪いみたいですね。
私も、それでも1度読んでみようとは思っているのですが、まだ手に取れません。ってゆーか、最近はもう忘れていました(^^;)。

最近、怪談な方たちとはずいぶんご無沙汰してしまっていますが、飲みはいつでもWelcomeですので、声かけてやって下さいm(_ _)m

Posted by: じゅんこ | 2007.02.08 at 17:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/13822295

Listed below are links to weblogs that reference とりあえず、どこかの中心で愛を叫ぶ:

« ジリジリジリと | Main | 最後の錬金術師は、神が書かれた本を読む »