« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.31

ジリジリジリと

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
もともと、HPでやっていたプチ旅行記を書くつもりで始めたブログですが、出かけることも少なくなっちゃったし、話題もめちゃくちゃですね。自分で読んでても、あっちこっちと、うるさいです。
まぁそーゆー人なので、そーゆーことで勘弁して下さい。
ネットで知り合った人と直に会うと、
「書き込みのまんま」とよく言われます。裏表ありようもありません。ちょっとウソです。
ところで、エンガワザカナって、ホントーに、全身がヒラメのエンガワ状態なのですか?


風邪が・・なかなか治りません。
悪くもならないのですが、よくもなりません。
うす~くうす~く具合が悪いとゆー感じで、かなりイヤです。
いっそ、ガーーッ!と悪くなってしまえば、その方が楽な気さえします。
ここ2週間くらいで、
なんで倒れないんだ、わたしは!と何度も思ってしまいましたよ。
こーゆー状態になると、昔読んだ、立原えりかの「ほんのすこしの場所」とゆーお話を思い出します。
立原えりかとゆーと、かなりリリカルな童話・・とゆーよりメルヘン、なのですが、このお話は、少し大人向けだったかもしれません。
冬になると家族がコタツに集まるのですが、5人家族だったので、お母さんはいつも誰かの横に、少しだけ足を入れて、ゆっくりコタツにあたることもなく家の事をしていて、
ある日珍しく、「ちょっとだけ横にならせてね」と言って、お母さんは一人でコタツに入って、それきり目を覚ましませんでした。とゆー
ことを、母になった語り手が思い出しながら、でも家族のために家の中の事をしているのが私の幸せ、とゆーよーな話だったかと思います。ずいぶん昔の話ですから。
いや、まじ、夜寝るときとか、ぐったりと、
このまま目が覚めないかも・・・と思いながら横になること、あります。
もうね、いつ、何も気にせず休める日があるのかと、悲しくなったりしますよ。
今、一番落ち着けるのって、職場との往復の電車の30分くらいですよ。


たかが「お話」を思い出して、しみじみしちゃうのは、似たような事が実際に身近であったからかもしれません。
学生時代に通っていた乗馬クラブに、Kさんとゆー女性の事務員さんがいました。
Kさんには、小学校3年生くらいの男の子がいて、時々馬場でも見かけました。
ある日、仕事をしていたKさんは、お昼過ぎくらいに、少し頭が痛いので横になってくると言って、畳の部屋へ入ったのでした。夕方になっても出てこないので、他の職員が見に行ったら、もう亡くなっていました。
その頃は、私もまだ学生で、Kさんはおばさんでしたけれど、今思い出してみれば、その時のKさんは、今の私よりずいぶん若かったのではないかと思います。


なんかね、一昨年と去年と、四十肩だの頸椎症だの言われて苦しんでいましたけど、いつの間にかそんな年になってしまったのだね~。
平均寿命はものすごく延びてますけど、一人一人見てみれば、相変わらずいつ死んでもおかしくなかったりはするわけで、健康への不安もちっともなくなってはいないわけです。
無闇と情報が増えたおかげで、いっそう不安を煽られてたりも、するかもね。
ところで、エンガワザカナって、ほんとーにいるんですか?


★★★今日読んでいる本★★★
「宗像教授異考録 4」星野 之宣/小学館
以前は、もうちょっとリアリティーがあったような気がするけど、最近のは、かなりかっ飛びまくってる気がする。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.01.24

ハンフリー・デイヴィの大発見

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
と書いたのが月曜日の話で、今日は既に水曜日です。
今日の天気は曇りです。
土曜日は新年会があって、夜出かけていたのですが、日曜日は1日、家でダラダラ過ごしていました。
そのおかげもあってか、風邪の方は、少しよくなった気がします。
やっぱり人間きちんと休みを取らねばいけませんね。
と書いたのがやっぱり月曜日の話で、昨日今日と、また少し悪化傾向にあります。


Megane雪眼鏡とゆー物を買いました。
って、単にデザインのかわいい、小さな虫眼鏡なのですが。
先日スキーへ行った時に、娘が「雪の結晶を見たい」と言い出して、スキー場近くのお店で虫眼鏡を探したのですが、見つからなくて、その時は諦めたのですが、来月またスキーへ行く予定が立ったので、買ってみました。
アシストオンとゆーお店のサイトで、以前から目にしていた物で、他に購入したい物もあったので、一緒に注文したのです。
手持ちのチェーンに繋げて、首から提げて歩けます。
しかし、ホントーに小さくて、雪の結晶にはいいですが、少し大きな物の観察には不向きです。
娘は、とりあえず、服の繊維など見て喜んでいます。
水の滴をレンズにたらしたら、潰れて広がっていました。
「何か見えた?」と聞いたら、「何も見えなかった。でもわかったからいい」
ふ~ん、そうか~わかったのか~。って、何が?


いつもいつも、マンガからのお話ばかりで、ちょっとばかり情けないよーな気持ちもあるのですが、しかも既に紹介している話かも知れんです。
坂田靖子の代表作(だと思われる)「バジル氏の優雅な生活」の中で、バジル氏がルイ君に、図書室を自由に使う許可を与えて、
「知りたいと思う答の半分は本の中にある」とゆーよーな事を言うシーンがあります。
それに対してルイ君が
「残りの半分の答は?」と聞くのですが、バジル氏は「それはまだ誰も知らない」と答え、さらに
「いつになったら全部の答が出るの?」という問いに、「何かがわかるとまた新しい謎が出てくる」と答えます。
そして、「じゃあいつまでたっても半分しかわからないんだ」とがっかりするルイ君に
「わからない事の方が、知識なんだよ」と言います。
学問するとゆー事についての、私のとても好きな言葉です。


小さな子供達に、小さな疑問を大切にして欲しい。
いろんなありふれた事を、当然ある物として取らないで欲しい。
あなたの大好きなTVも、百何十年も前の人の発見がなければ、存在しなかったこと。
名前も知らない彼が磨いたレンズがあるから、宇宙の広さを知ることができること。
毎日使っているお箸の1本にも、人間の知恵がつまっていること。
今住んでいるこの世界が、長い長い積み重ねで出来ていること。
あなたたちの素直な疑問と、確かな知識で、未来ができること。


ほんと今、学校教育が大変なことになっているようですね。
って、まぁいつもいつも、試行錯誤はあって当然なのですが、この平成の時代に、学校教育がこんなに信じられないなんて、情けないですね。
井上円了先生の努力はどこへ行ったのか!
これについては、私も人の子の親として、色々思うことはありますよ。
まぁ、ポチポチ書くこともあるかと思います。
しかし、母は今、「実験」と称して家の中で妙な水遊びをする子供を、どの程度にたしなめたらよいか思案中。


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.01.18

with(笑ってよエンジェルの裏側)

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
私はちょっと風邪気味ですが、まだまだ元気とゆー感じです。
えっと、寝る時マスクをしているのと、靴下を履いてるのがよいような気がします。去年の始めもこれで乗り切りました。今年もこのまま乗り切りたいところです。
しかし、娘が、年末からの風邪がなかなか治らないと思っていたら、またちょっと悪くなってきたようで、念のためですが、昨日早退して病院へ連れて行きました。
子供はね・・・予防っつっても全然言うこと聞かないし、うちはまた夜一人で眠れないので、狭いベッドに添い寝してると、必ず私が娘の布団を取ってしまうのでありました。
母の愛より、我が身を守ろうとする本能が勝っております。


またココログがメンテナンスでしたね。
やっぱmixiにしちゃおうかな~・・・。しかし、あっちはあっちでなんかめんどくさそうだしな~。タラタラ書いている分にはまぁ、頻繁にメンテされても大したことはないのだけれど、「書こう!」と思った時に「「ログイン」できません」とやられると、グハッ!って気になるのですよ。


最近、もうほんとに書きたい事がいっぱいあるのです。
が、全然書けません。
時間がないとゆーより、言葉にまとまらないのです。
そして、最近感銘を受けるサイトをいくつか見つけて、毎日のように読んでいるのですが、またそーゆーのを読んでしまうと、自分の卑小さが、ヒシヒシと、恥ずかしくなるのでありました。
なんでそんなに自分が情けなく思えるのか・・と、昨日ちょっと考えてみました。
って、昨日に限らず、考え続けてるよーな気もしますが。
ひとつは、自分に自信がない。
って、自分で思いついたのではなく、夫に、そーゆー話をしていたら
「自分に自信がないの?」と言われて、そーなのかな~・・・そーかも・・とゆーよーな、曖昧な逡巡の末辿り着いたのですが。
もうひとつは、自分の常識が、自分が受け入れてもらいたい場のものと合っていない。よーな気がする。
まぁ、これも「自信がない」と同じですか。
これはね、まぁ上に書いたようなサイトのBBSを読んでいて、
ある書き込みに対して「この書き方は失礼だな~」と思っていたら、やっぱ「それは失礼でしょ」ってたしなめた人がいたのですが、成り行きを見守っていたら、結局「失礼でしょ」と書いた人の方が、他の方から注意を受けて、なんか、そーゆーことで終わってしまったのです。
これは、かなりショックでした。
私にもン10年以上生活してきて身に付いた「常識」とゆーものがあるわけで、それに照らして見て「失礼だな~」と思う事があったのに、そこでは、それは失礼ではない上に、注意した人の方がおかしな事を言ってるみたいな感じになってしまった。
それまで、色々と勉強させてもらう事も多い場だっただけに、「なんで!?」って感じで、
これはどーゆーことなんだ???
と思ったら、いろんな事が不安になってしまったのでした。


でも、まぁこの話はしょせんその場だけの話なわけで、たまたまそのサイトの「常識」が私と違ったとゆーだけのことで、
で、そーゆー経験も重ねて考えてみると、結局何が私の問題なのかとゆーと、
共感できる人が少なすぎ
とゆーことなのではないかと思うのです。
今たぶん私は、我が人生においてサイコーに孤立しております。
もちろん、おしゃべりしていても、本を読んでいても、サイトを巡っていても
「そうそう、そうなんだよ」ってことはあるし、
私が言うことに「そうなんだよ」って言ってくれる人もいるのだけれど、
   違うんだよ
そーじゃないんだよ。
んで、こーゆー状態が淋しいとか・・なのかとゆーと、そーゆーわけでもないのです。
なんつーか、そこまではっきりした想いじゃなくて、そーゆーことより、
で、私はどーしたいの?とゆー問いに答えが出ないことが、もどかしいとゆーか・・・。


しかし、まぁまだまだこの孤立は続きそうだし、ずっとイライラしながら生きていくのも辛いので、いつかは答えを出したいと思っているのでした。
            たぶん


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.12

スキーリゾート

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日娘を保育園へ迎えに行ったら、遅番の保育士が、
「お友達と遊んでいる時に、積み木がぶつかって、手の、ここの所が赤くなっちゃいました」
とゆー説明を受けました。
ちょっと腫れてるかな~ってくらいで、大したことはなかったので、ああそうですか。と聞いて家に帰ったのですが、夜、着替える時に見たら、ふくらはぎの所に、10cmくらい、ザーッと切れて血が乾いた跡がありました。
う~ん・・・報告するなら、こっちの方が大事じゃない?
そういえば、先週も、遅番の人に、担任への連絡を伝えたら、きちんと伝わってなかったな~。


先週金曜日、1月5日が私の仕事始めだった話は書きました。が、その後の3連休後の火曜水曜、いきなり休んでいました。
スキーへ行ってました。
毎月第二水曜日は、私が事務局長をしている研究会があるのですが、その資料創りも後輩に頼んで休んでいました。
職場復帰したら、後輩が風邪でヘロヘロしてました。
済まぬ。


去年も行った、越後湯沢へ行きました。
今年は真剣に雪がないそうで、スキー場は大変そうですが、私たちが行ったときは、運がよいことに、前日の大荒れの天気のおかげで、よい感じでありました。
と言っても、1日目の「かぐら・みつまた」では、ちょっと吹雪いていて、大人はともかく、娘はかなり怖がってしまい、結局私と娘は1本しか滑れませんでした。
翌日も朝からけっこうな降りで、どーなることやらと心配でした。
なので、泊まっている宿から近い「NASPA」へ行きました。
ニューオータニホテルのゲレンデなので、ショップなども充実してるかな、とか、ホテルのキッズルームも無料で使えるとゆーことなので、天気が悪くても遊べるかな・・と思ったので。
しかし、心配は杞憂に終わって、10時前にゲレンデに着くと、チラチラと雪は降っているものの、風もなくよい感じでした。
娘も昨日とは打って変わって、意気揚々と滑っておりました。
Naspa

久し振りのスキーなので、どんな感じかな~と思っていたのですが、去年覚えたこともきちんと覚えていて、なかなか上手に滑っていました。
初心者コースなら、ボーゲンでスイスイ行ってしまいます。中級者コースもゆっくりなら、危なげなく滑ることができました。
それでも、午後はスクールへ入れようと、受付へ行きました。
が、未就学児のスクールがない!
厳密にはあるのですが、未就学児のスクールは、雪に慣れる程度のことしかやってくれないと。
和田くんがこれでかなり不機嫌になっておりました。まぁ・・しかし、これだけのゲレンデで、幼児向けのスクールがないってのは、かなり意外でした。


とゆーわけでしたが。とゆーわけで、
2日目は、かなり滑りを堪能させていただきました。
で、1日目もですけど、夜はカラオケ。
この宿は、なななんと、カラオケルームが無料とゆー素晴らしさ!
フツーひとグループ1時間なのですが、今回平日に行ったので、まず、泊まっているのが私たちだけとゆー・・こともなかったですが、泊まり客よりカラオケルームの方が多いような、で、夕食後から10時のクローズまで歌っておりました。
しかし、DAMって、昔は「やっぱりDAMだね」でしたけれど、最近歌いたい歌がなくなってしまったり(古い人間なもんで)で、ちょっとつまらん。
んで、話が逸れますけど、お正月に近所のカラオケ屋へ行ったら、UGAで、初めてUGAでやったのですが、「むし丸」の歌がいっぱい入っていて、すごく嬉しかったのでした。


3日目、和田くんはかぐら・みつまたへ行きたそうだったのですが、やっぱ子供連れだし~ってことで、またNASPAへ行きました。
この日は、また雪が降ったり止んだりだったのですが、気温が上がってきているようで、霧が出たり、リフトの油も落ちてくるし、午後にはけっこうジャリジャリになっていました。
それでも、やっぱり娘はやる気満々で、スキーをレンタルする時、係の人に
「どれくらい滑れるのかな?」と聞かれて
「バンバン滑れます!」と、
答えておりました。
      って、それはちょっと・・・。
しかし、本当に子供の上達の早さにはびっくりさせられる今回のスキーでした。一人でどんどん行ってしまうし、時々パラレルっぽい滑りもしてみたりして。
ただ、午後には3人とも疲れてきたり、雪の状態も段々落ちてきたりだったの、かなりダラダラペースになっていました。
そろそろ上がろうか?と言い出す頃には、娘もスキーより雪遊びに嵌っていて、雪だるまを創っているの覗きに行ったら、
「今脳みそ創ってるところ!」と・・・・
      なんだよ。脳みそって・・・・・。


ウェアを着替えて、道具も片付けて、
ホテルの日帰り湯を使わせてもらい、汗も流して、
「NASPA」、初めてでしたけど、かなりいい感じでした。幼児向けのきちんとしたスクールがないのがマイナス点でしたけれど、子供向けでも無理がなくてよいです。
Naspa2

お勧め。
あっでも、平日の空いてる日に行ったから、なおよかった。ってのはあるかも。


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.05

私の冬休み

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
でも明日から、3連休だっつーに、天気崩れるそうですね。


年末年始の暴飲暴食で、胃が重いです。そんなに調子が悪いって感じではなく、ただ、重いです。
って、デブっただけかーーーー!!!??
私は今日から仕事始めでした。
年末から、カリカリ音がしている職場のPCのハードディスク・・正月休みを与えたらよくなるかと期待していたのですが、やっぱカリカリ言っております。
なんか、わりと最近クラッシュして、新しいのに換えたような記憶があるのだけどな~。また壊れるのかな~。ぐは~。


気持ち的には、
「正月!」って感じで正月を過ごしていたのですが、やっていることはちっとも正月らしくなかったような気がします。なぜだ?
大晦日、夫は仕事で夜勤。なので、年越しは娘と二人です。
「来年帰ってくるからね~」と言ったら、娘がめちゃくちゃ不安そうになりました。
夜は娘とゲームをしたり、DVDを観たりダラダラ過ごして、気が付いたらカウントダウン。
そして、どーしたわけだか、年が変わって、さぁ寝ようって時になって、突然
「初詣に行く」と言い出す娘。
おとーさんが帰ってきたら一緒に行こうと言っても、頑固に聞かず、仕方なく夜中に出かけました。
近所の神社に着いてみたら、けっこうな行列でした。でも、同じ保育園の子も来ていました。


さて、ここからは駆け足で、

Gantan07
元日に帰ってきた夫も一緒に、改めて初詣です。
近所の神社へ。
そのまま、夫の実家へ電車で向かいました。
甥っ子たちがいて、大騒ぎでした。

Newobijime

去年と同じ新年の装いです。
帯締だけが新しい物。
着物は、実家の近所に住んでいる方から。帯は、以前住んでいたマンションの近所の悉皆屋さんから、それぞれいただいた物。
そー言えば、この悉皆屋さん、店兼家を建て替えると言って引越されて、その後私も引っ越してしまい、きちんとお礼も言えないままで、気になって、近所へ行く時は見ていたのですが、なかなか建築工事が始まらず、どーしたのかな~と思っていたのですが、先日近くを通ったら、やっと建築工事が始まっていました。


新年2日目は、ご近所へのお年始回りと、私の実家へ。
娘は、初めて「百人一首」で、坊主めくりとカルタ取りをしました。
けっこう楽しんでやっていると思ったのだけれど、帰ってきて、
「ああいうカルタ欲しい?」と聞いたら、
「難しいからいらない」とのことでした。


Geo
新年3日目「日本科学未来館」へ行ってきました。
写真は、ジオコスモス。
デモンストレーションのためのデータを読み込み中。私は、木星の画像を写させてもらいました。
他にも、超伝導のデモンストレーションなども見せてもらい、楽しかったです。
そして、やはり全部は見切れず。
今やっている特設展示が終わる2月上旬までに、もう1度行きたいです。


Yuenti

新年4日目。夫はこの日から仕事。
なので、娘と二人、荒川遊園へ行ってきました。
娘はギリギリまでどこへ行きたいか悩んで、やっと、遊園地と決めたので行ってきました。
しかし、今回やけにお金がかかった気がします。なぜ?
おそらく娘が、乗ってクルクル回るだけのコインゲームでは飽き足らなくなって、よりゲーム性の高い物(単価が高い!)をやるようになってしまったせいだと思われます。
周りを見ると、2歳や3歳くらいの小さな子達も大勢いて、初めてここへ遊びにきた時の事を思い出したりして、なんとなく懐かしいような気持ちになってしまいました。


ってな感じで、正月休みは終わりです。
今年は、どんな年になるのでしょう。
すっきり新しい年にしたいものでございます。


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.04

あけまして

おめでとうございます


って、すっかり三が日も過ぎてしまいました!
去年以上にバタバタな1年になりそうな予感です。
って、年末に書き切れなかった日記がまだあります。
近日中にはアップします。
   たぶん。


な、感じですが、
本年もよろしくお願いします


★★★今日読んでいる本★★★
まだなし。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »