« 歩いてゆければ | Main | 無責任時代 »

2006.09.06

何度でも行きたい

みなさんこんにちは。
今日は雨降りです。台風の影響でしょうか?
この天気は、間一髪で切り抜けて、日曜日から昨日まで、家族で旅行へ行っていました。
夏休み第二弾です。
そして、これで夏休みも終わりです。


行ったのは、家族でお気に入りの
「スパリゾートハワイアンズ」
今月は映画「フラガール」が公開される予定の、昔の「常磐ハワイアンセンター」です。
うちでは、娘のおむつが取れる前から行くようになって、毎年行っている程の気に入りようなのです。
なんで、子供が産まれてから突然行くようになったのかな~と、思い出そうとしたのですが、相変わらずの記憶力の乏しさで、ほんの数年前のことがまったく思い出せないのですが、
いくつものプールに温泉、リラクゼーション施設。お店も揃っているし、ホテルもあって、そこだけでずっと過ごせるとゆーのが、小さな子供を連れて遊びに行くのに都合がよいのです。
東京駅から(あと、新宿と横浜と埼玉からも)、ホテルの無料送迎バスも出ているので、ホテルに泊まるのなら、宿泊費分の費用だけで、交通費もプールと温泉の利用料もいらないので、お得感もあるのでした。
なので、たぶん、子供が産まれてから、「小さな子供と一緒に遊びに行くならどこがいいか?」と考えていて、紹介記事か何かを読んだんだろうと思います。
フラダンスショーやマジックショーも一緒に見られるので、意外と飽きないし。

Hawaii4

Hawaii2

うちの娘などは、初めて行った時から、時々思い出してはうわごとのように
「ハワイアンズへ行きたいな~」とつぶやいている程気に入っています。ハワイが日本にあると思いこんでるのはちょっと問題だけど。


今回は2泊だったので、プールだけだと飽きるかな~と思いもして、娘も行ってみたいと言うので、オプショナルツアーであぶくま洞見学を入れました。
「あぶくま洞」・・・・アウトドア系の知り合い達は知っているかも知れませんが、私は洞窟好き・・・。
なので、遊びに行った先に洞窟があれば、たいてい入っているのですが、このあぶくま洞にはまだ入ったことがありませんでした。
実は、行ったことはあるのです。
入り口まで行って帰ってきたのです。
なぜか。
和田くんと一緒に福島旅行を計画して、行くとゆー前日に不正出血があり、翌日病院へ行ったら妊娠してるっつーことで、あらあら。なんだけど、旅行へは行ってもいいと言われたのでその翌日車ででかけたら、途中で気持ち悪くなっちゃって、さすがに鍾乳洞見学は危ないかな~と思って、止めたのだけれど、出血は続き、喜多方ラーメンだけ食べて帰ってきたら、「切迫流産しかけてる」と言われ、そのまま半月安静になってしまったのでした。
で、生まれたのがこの娘で、無事産まれた子と、こうして一緒に見学できるとゆーのも感慨深い・・・・なんてことはその時はかけらも思わず、今思いついたので書いてみました。

Hawaii5

Hawaii6
<探検コースとゆー、少しハードなコースへ行きました。
トレッキングとか好きな私は、子供がいくつになったらそーゆー所へ行けるんだろう?とよく考えますので、こーゆー選択ができるくらい、子供が大きくなったとゆーことに感動しました>

ツアーの行程には、薄磯海岸にある塩屋崎灯台も入っていました。

Hawaii1
<映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台になった・・と言っても、その映画を私は残念ながら知らないのであった。
海水浴もできるという海岸が、めっちゃくちゃきれいでした>

洞窟の後は、早くプールで遊びたいと騒いでいた娘ですが、灯台もけっこう楽しかったようです。


それでも、やっぱり娘の1番の楽しみはプールで、今回やっとウォータースライダーができて、何度も何度も滑っては大喜びでした。

Hawaii3

2泊すると、ほんとーにゆっくり楽しんだーーーっとゆー感じですが、帰る時にはまだ遊び足りないような気持ちになります。
実は、三者三様に途中で具合が悪かったりもしたのですが、やっぱりすごく楽しくて、また家族で遊びに行きたいな~と思いながら帰ってきたのでした。


★★★今日読んでいる本★★★
「月は無慈悲な夜の女王」ロバート・A・ハインライン/早川書房

|

« 歩いてゆければ | Main | 無責任時代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/11782730

Listed below are links to weblogs that reference 何度でも行きたい:

« 歩いてゆければ | Main | 無責任時代 »