« August 2006 | Main | October 2006 »

2006.09.29

どっちだ?

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。週末お出かけの予定があるのだけれど、段々悪くなっていく予報ですね。ちぇっ!


先日受けた健康診断の結果が、やっと来ました。
夫の所なんて、受けたその日に結果を渡してくれるとゆーのに、私の所は、今回2週間以上も経っていたので、私より先に受けていた先輩と(先輩の結果もまだ来ていませんでした)、おかしいんじゃないか?と話していたのでした。
おかしかったですよ。
個人情報保護にうるさい昨今に、私の分までまとめて先輩の家に届けるってのをまずどーにかしろ。
つか、郵便番号が職場ので、住所が先輩ンちで、宛名が事務所で、しかも2階建て一軒家の先輩の家に「○○ビル5階」とは・・・郵便配達の人も悩んだことでしょう。
検査の結果は、前回よりよかったです。
血が出なくて困ったけど、コレステロール値が下がって、血圧が上がって、「B」評価が共に「A」になっておりました。
血圧・・・前回、上が「98」だと思っていたのだけれど、「82」でした。
んで、今回わりと正常な値になったわけですけど、その上昇具合が、ちょっと怖いです。
ほんとにいいのか?これで。
まぁ「82」もどーにかしている気がしますが、低いなら低いままにしておいた方が、幸せなような気がするのは、気のせい?
でも、まぁ過去にもこれに近い所まで上がったことがないわけじゃないから、いいか。


★★★今日読んでいる本★★★
また数独にはまっています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.28

浮世床

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。つか、暑い。


昨日、久々に髪をカットしてきました。
夏の間、どうも気分が乗らなくて、とうとう2ヶ月半も放置してしまったのでした。
マジで暑い時は、ほとんどアップにしていたので、あまり気にもならなかったのだけれど、さすがにここ数日は、私の下手なまとめ方ではごまかせない程の、ボサボサ頭になっておりました。
近所にパーマ屋とかヘアサロンと名乗っている店はたくさんあるのですが(マジ、なんでこんなにあるの?っつーくらい、ありますね。髪関係とマッサージ)、新しい店を開拓する元気はなく、引越してからも、以前住んでいた所の近くへ行っていたのですが、最近系列のお店が近所にできたので、そこへ行くようになりました。
今、新しい店を開拓する元気がない。と書きましたが、それでもけっこう店変えてるかも・・。
職場が変わったり、住んでいる所が変わったり、店とちょっとしたトラブルがあったり、で。


トラブルなどと書くと、もめ事があったみたいですけど、
まぁ・・・耳にハサミ入れられちゃったり、目に櫛の柄が入っちゃったりってゆーのもありましたけど、
実のとこ、こーゆー時の理由は、だいたい、やってほしい時にやってもらえない、なのでした。
自分の時間が取りにくいとゆーのもあるけれど、やってほしい時にダメだと、かなり気持ちが離れてしまうのです。って、我ながらワガママだな~。
なんかサ、ヘアサロンとかパーマ屋って、いつの間にか、予約するのが当たり前、になりましたよね?
予約なんてしたことなかったのに、ある日行ったら
「ご予約は?」と聞かれて、そこを使うのを止めたことがあるのだけれど、今、予約入れるのフツーですよね。
2ヶ月半もほったらかしにしているくらいですから、最近はさすがにしませんけど、若かりし頃は、仕事が終わって、ふと
「頭洗ってほしい」と思って、とりあえず行く。とかやってたもんな~。
そーゆー時に、「ご予約は?」とか聞かれても、そこまで気合い入ってないっつーのって気分なんで、なんかイヤになってしまったり、平気でしておりました。
いや、だから、ワガママだったんだってば。


それでもたまには
「この人いいな」と思って、その人にやってもらうために、そのお店へ行くとゆーことも、もちろんあるのです。
でも、縁がないとゆーか、そーゆー人はすぐに他のお店に移っちゃったり、その時だけのヘルプだったりしちゃうのです。
社会人になったばかりの頃、どーしてそのお店へ行くようになったのかは忘れましたが、白山上にあったパーマ屋のスタッフに、今思えば、
いわゆる「髪フェチ」
だったのかもしれないけれど、シャンプーとかブラッシングをすっごくすっごく丁寧にしてくれる人がいて。そーゆーの、苦手な人もいそうだけれど、私はかなり気に入っていたのでした。
私が行くのは、たいてい仕事帰りの遅い時間だったのですけれど、いつも時間をかけてブラッシングしてくれて、それだけでめちゃくちゃ気持ちよくて、疲れも癒えるって感じだったのですよ。
なのですが、この人も、数ヶ月後に別のお店に移ることになって、新しいお店の葉書も頂いたのですが、ちょっと・・・っつーか、かなり遠くなってしまったので、残念ながらそれきりになってしまったのでした。名前も忘れた。
でもね、今でも時々、
たまに行くくらいには繋げておけばよかった。と思ったりするのです。
あんなに髪を丁寧に扱ってくれる人には、その後出会っていません。今後も出会えない気がします。


んで、昨日久々にカットしてきて、取りあえず今はけっこういい感じ。
って、切り終わってから、気に入らなくて、やり直してもらったのでした。
次回行って、また同じように切ってもらえるといいんだけどな~。
とゆー心配もあるけど、じきに店自体がなくなってしまうのではないか?とゆーよーな予感もあったりなかったり~。


★★★今日読んでいる本★★★
「七緒 VOL.7」プレジデントムック

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2006.09.26

男の価値女の価値

みなさんこんにちは。
今日は雨です。
朝は降ったと思ったら止んでしまって、はっきりしなかったのですが、今日は洗濯物がなくてよかったです。


職場にて。
近々旅行へ行く後輩がいるのですが、もともと女性何人かで行く予定だったその旅行に、あるメンバーの彼氏が一緒に行きたいと言いだして、ちょっと困っているとゆー話がありました。
その彼氏ってのも変わってるな~とは思うのですけれど、その話をしながら、その後輩Mが
「旅費出してくれるっていうなら、ちょっとはがまんするけど」と言いまして。ここまでは、ちょっとした冗談って感じなのですが、それを聞いていた先輩が、
「えっ!?出してくれないの?」と言ったもんだから、私はひっくり返っちゃったのでありました。
「そーなんですよー。お金持ってるくせにケチなんですよ」と答えるM。
ええっ!?それってケチなの?
「一緒にお茶してても、たまにしかおごってくれないし」


わからん・・・・。
それって常識?
男の人は、女の人と会った時に、その場の費用を全て払うものなの?
だいたい、友達の彼氏でしょ?
いつもいつもおごってくれてたりしたら、ちょっと気持ち悪くない?
旅行代って、付き合ってる彼女の分を払うってならまだ少しは理解できるのだけれど、一緒に行く友達の分まで、
払うものなの?
夫とでさえ、遊行費は割り勘にしている私は、何か間違っている?
いや、私だってそりゃぁおごってもらうことだってありますよ。いや、夫以外の人にも。
でもそれって、いつもいつもってわけではなくて、そーゆーシチュエーションってもんがあって、
「まっ今回は払ってもらってもいいかな~」って時にだけしてもらう・・・ものではない?
ない?


私の職場は、別にフツーだと思うのですよ。むしろ地味。
会社じゃないんで、そーゆー意味では会社員の方たちとは、感覚がずれている部分も、確かにありますけど。
んで、話はちょっと逸れてしまうような気もするのですが、ちょっとおハイソ入ってるかもとは思います。
でも、
「住んでる世界が違う」
とゆー程の人達がいるわけでもなく、ちょっと高級嗜好がある?って程度。
そんな中で、ド庶民な私は、時々価値観が揺らぐっつーか、自分の価値観をなんか否定されているよーに感じる時があるのでした。とほほ。
いえ、職場はね、基本的にはとてもよい所なのですよ。
みんな親切で優しいし、うるさくないし。
なんだけど、実んとこ私は、ここで働いているおかげで、
人間って、財力や学歴で、けっこう評価されてるんだなーとゆー現実を、日々目の当たりにしているのでした。
そりゃぁね、ある程度の判断基準にはなりますよ。
しかし、
「それ関係ないじゃん」ってことも多いんですよね。って私はね、そー思うんですけど。
私だけが思ってるっぽい時もあるような・・・・。
小さな事はいちいち挙げきれないですけど、
今回の「旅費を出してくれない」には、久々にかなりびっくりしました。
でもね、あんまり当たり前のように言われると、私が何かずれてる?と心配になりますよ。


心配と言えば、
この職場で、かなり過去に上の人が
「会費制のパーティーに、会費しか出さない人がいる。信じられない、ズーズーしい」とゆー事を力強く言っていたことがありまして。(あっつまり、会費の他にお祝い金を持って行くのが礼儀だろう。とおっしゃっているのです)
私が若かりし頃受けたマナー講座では、
会費制のパーティー(披露宴等)で、会費以外のお金を渡すのは失礼なので止めましょう。会費以上に祝ってあげたい時は、受付時間前にお花を届けるとか、後日、別の形でお祝いしてあげましょう。
と習ったのですが・・・・。だまされた?
今まで私、かなりズーズーしかった?
でも私は、帰ってきてから他のお客さんの悪口言ってる方が、よほど失礼ではありませんか?と思ってしまうのだけどな~。


あ~・・・でも、私も、自分の価値観なんぞに、絶対の自信があるわけないので、それが常識なら、改めなければなりませぬ。
男子は、常に女子の遊行費を出す事で評価されるのか。
常に男子に遊行費を出して頂ける女子にこそ価値があるのか。
どーなの?


★★★今日読んでいる本★★★
あっないや。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.25

七五三の支度

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
先週末から、天気が崩れる崩れるゆーので、いつ崩れてくるのか、気にしていたのですが、全然崩れてきません。
男心と秋の空


涼しくなってきて、体調も少しよくなってきて、やっと着物を着る気になってきました。
夏の間は、着物ってゆっても、浴衣ばかり着ておりました。
で、秋になって着物を着る気になってきた、とゆっても、今んとこ、サマーウールばかり着ております。
もうマジで、おしゃれとは程遠い着方ばかりしておりますよ。
だって、着物着てても家の前掃いてたり、ゴミ出ししてたり、皿洗ってたりするんだモン。
まぁ思い起こせば
「着物普段着化計画」だったわけですから、それでよいのですけど。
おしゃれは必要な時にすればよいのです。
でも、普段慣れていないかっこうは、突然にはできないのです。
だからね、普段から着ている事が必要なのよ~。って、おしゃれして出かける機会がないってことかーーーーーっ!!


で、まぁ、それは置いておいて。
突然、娘の七五三のお祝いを今年行うことになりまして、
突然準備を始めたですよ。
1週間前には、まったく考えてもいなかったのですが、ぼ~っと思いを巡らせていましたら、
もしかして、小学校に入る来年より、今年やってしまった方が、色々都合がよいのではないか?とゆー考えに至りました。
大人の事情です。
そんなわけで、先週末は、写真館を決めてきました。
最初は、めんどくさいんで、娘の着物一式レンタル付にする予定だったのですが、近所でそーゆーのをやってそーな所を見てたら、衣装等持ち込みで、撮影とヘアメイクをしてくれる所があったので、そこに決めてしまいました。
なので、家に帰って早速娘の着物をチェックし直しましたよ。
晴れ着はOK。要肩揚げ。
持っている帯は、地味&ちょっと小さい子用かも。
長襦袢。振りが短いので、着物に合わせて縫い直し。
草履、一応OK。
気取ったバッグはなんとかOK。しごきもOK。
帯締め・筥迫・扇子。ちょうど見たネットオークションに、安くてよさげなのが出ていたので、ソッコーで落札。
帯揚げ。あるけどしょぼいので、要購入。
とゆー感じです。
大きい買い物は、帯ですね。
しかし、帯ってけっこう難しい。
私の色数の少ない着物に合わせるなら、好みはともかく、合う物とゆーだけなら割と簡単に選べるのだけれど、振り袖って、悩みます。
特に、娘の振り袖はアンティーク(つまり古臭い柄)で、白地に色とりどりなので、「これ」とゆー物が意外と見つかりません。
柄の少ない渋めな色のがあるとよいのだけれどな~。
どうしても見つからないようなら、大人用の生地で作るかな~とも思っています。
あ~・・なんか、色々またお裁縫三昧になりそう・・・・。
ず~っと裁縫だけしていていいのなら、すごく幸せなのですけれど、仕事や家の用事をする合間にするのはけっこうめんどくさいのです。
まぁあと、2ヶ月近くあるので、ボチボチやっていきますかね。


★★★今日読んでいる本★★★
「大秘密~噂・都市伝説・憶測の真相あばきます 」
ウィリアム・パウンドストーン/早川書房
評判がよかったので読んでみましたが、私的にはあまりおもしろくなかったです。
つか、ネタがちょっと古い。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.09.21

300円分でいいです

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日までの予報では、曇るようなことを言っていたので、朝洗濯をして、そのまま乾燥機をかけてしまったのですが、冷静に考えれば、雨が降らないなら、別に外に干しておけばよいのだよな~。
どーゆー思考の結果、乾燥機に辿り着いたのか、自分の考えが測り知れません。


最近角川ムックの「怪」が、身近な書店で手に入らなくなってしまったので、頃合いを見計らってAmazonで注文しているのですが・・で、先日やっと最新号を入手したのですが、
めちゃくちゃ・・・・・・・・おもしろくない
おかしい・・・いや、ちっともおかしくない。
くだくだ書くのは控えますが、個人的には、リニューアルから少し経ったくらいから、段々つまらなくなってきたような気がします。
で、1年くらい前から、まったくもってつまらなくなったような気がします。
その時は、
「映画に気を取られてるから仕方ないか」とも思ったのですが、今朝夫に
「映画関係ないじゃん」と指摘されて、
そりゃそーだわ。
なんとなく、映画に力入をれてるからこっちは疎かになってるのね。と思ってたよ。
もしかしたら、事実そうだったのかも知れないけど、お金払って読んでいるこっちには関係ないよなぁ。
映画とゆーのは、「妖怪大戦争」のことです。
ちなみに、書店で最後に見たのは、その映画の特集号でした。
このまま購読を続けるか、ちょっと悩んでいます。


★★★今日読んでいる本★★★
「月は無慈悲な夜の女王」ロバート・A・ハインライン/早川書房

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.20

馬鹿になれ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし、連休の台風・・西の方は大変だったようですね。びっくりです。
日本でも、あんな竜巻が起きるんだーーーっと目を見張りました。同時に自分が住んでいる地域で起きたらどうなるだろう?と考えてみましたが、乏しい想像力には限界がありました。
Leo13
明日からは、また天気が悪くなるようですが、昨日今日とコレオを外に出すことが出来て、よかったです。段々に涼しくなってきているので、コレオが外で遊べるのも、もうそんなに回数はないと思います。
そんなコレオは、なぜか水浴びをしておりました。


まだちょっと肩・腕が痛いので、整骨院へ通っているのですが、毎日のように通っていたら、ここへきて、通うのに疲れてきてしまいました。
なので、もう1週間近く行っていません。
ここで挫けたら、また来年の同じような時期に痛くなるのかな~とも思うので、行った方がいいんだろうな~とは思うのですが、今日も全然行く気が起きません。
この夏は、まぁほんとに生彩に欠けていたのですが、最近になって、さらにぐったりしている気がします。
夏バテ?
疲れるのもあんまり続くと、疲れていることに飽きてくるのですが、だからと言って
「じゃぁそろそろ元気になるかーーーっ」とゆーわけにもいかないので困りものです。とほ~。


実は、先週辺りは、どーした風の吹き回しか、あることを学習しておりました。
吹き回しも何も、ネットを徘徊しているうちに迷い込んだ先にAmazonがあって、なんとなく「おすすめリスト」を見ていたら、面白そうな本があったので、買ってみたらおもしろくて、続編まで読んでしまったとゆーだけなのですが。
胡散臭げなジャンルにしては、けっこう納得できる事が書いてあって、性に合ったので、ワークショップとか出てみたいな~と思ったら、会場が四国しかありませんでした。
東京でやるって時に覚えていたら参加してみるかも。
独学でもある程度はマスターできるそーなのですが、マジっすか?って感じです。
ってゆーか、ちょいと試してみた感覚では、私には独学は無理っぽいです。
って、1週間で無理と思う時点で無理なんですね。はいはい。
で、ある事を思い出しました。
とゆーのは、少し前にも、私はある会合に出たのですが、まったくもってカラーが合わず、大変居心地の悪い思いをして帰ってきました。
集まっている皆さんは、ほんとーにまじめで、おそらく優しい心根の、よい方達だったのだと思います。
が、ダメ。私には合わない。
その中の、先生的な存在の方が、何事か話しかけて下さっても、まったくもって何言ってんのかわからんってくらいダメでした。
まぁその会合も、見る人が見れば、「胡散臭い」集まりだったのですが、私は別に嫌いじゃないから行ったわけです。つか、むしろ好きだから行ったわけです。が、ダメでした。
とゆー話を職場でしたら、後輩に一言
「だってじゅんこさん、そーゆーの、馬鹿にしてるでしょ」

   ・・・・・・おおおおおおっ
これは、ちょっとある意味天啓のような言葉でしたよ。
「好き」ったって、「と」学会みたいな「好き」になり方もあるわけだ。ってゆーか、まんま?
今回の学習は、これとはかなり違うような気はするのだけれど(たぶん馬鹿にはしてないと思うし)、
「マジ?」って思った時点で、もう気持ちが沿っておりません。
実地に見聞すれば、疑問符も割と簡単に取れるような気はするのですが、つか「身近な人で経験を積む」
って、それがまず、フツーかなり難しいと思うよ、センセー。


まだまだ修行が足りないようです。いろいろと。


★★★今日読んでいる本★★★
「月は無慈悲な夜の女王」ロバート・A・ハインライン/早川書房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.14

出せっ!

みなさんこんにちは。
今日も雨です。
しかも急に寒くなってしまい、皆さまお体ご自愛下さい。
私は、昨日、年に1度の健康診断でした。
なので、いつもよりかなり早い時間に家を出なければいけなかったので、外の寒さに気付かず慌てて半袖で出たら、午後から喉が痛くなってきました。っつっても、今日はもう治っていますが。
しまった!さっそく風邪をひいたか!?と心配しましたが、大丈夫だったようです。


で、健康診断。
あまり健康診断が大好きって人もいないかと思いますが、私もあまり好きじゃありません。
好きじゃないっつか、めんどくさい。(・・・・・って、前の話の続きか?)
中でも胃のレントゲンがイヤです。
なんと言っても、あのバリウムがイヤ。
まず飲めない。しかもその後出にくい体質。
ところが、今年は、出すのは相変わらずでしたけど、飲むのはやけに簡単に飲めてしまったのでした。
私が上手に飲めるようになったというよりは、バリウム自体が飲みやすくなっている感じがしました。
一方で、今年は、採血がかなりイヤでした。
人によっては、健康診断ではこの採血がイヤとゆー人も多いと思うのですが、私はバリウムに比べればまったくもって問題ではありません。でした。
それはね、3度くらい刺し直されたこともありましたよ。
でもバリウムを飲むことに比べれば、まったく平気でありますよ。
特別腕が太いわけではないのですが、血管がどーゆーわけか見えにくいのです。
そして、腕にゴムを巻かれて、今年もやっぱり血管が見つからず、
「手をグーパーして下さい」と言われ、しましたよ。
それくらいじゃ出てきませんでした。
「いつも右でやってますか?」と問われたので、
「イエ、いつもだいたい左です」と答えましたよ。
そう、昨日はなんとなく右腕を出したのですね。で、フツーならそこで
「じゃぁ左にしてみましょうか?」とか言われるじゃないですか?ところが、この看護師さんは、聞くだけ聞いて
「そうですか」
で終わりでした。って、何のための確認だったのだ?つか、私もわかってるなら最初から左でやれ。
ですが。
まぁどっちでやっても見えにくいのは同じなんで、それはいいんだけどサ。
んで、「じゃぁとりあえず、やってみます」
って、「とりあえず」って何!?
で、血管らしき場所に注射器を射したのはいいのだけれど、血が出てこない。
で、刺し直し・・ではなく、出てはいるのだ。ちょっとずつ。
「そのまま、手をグーパーしてみて下さい」
しましたけど、イヤでした・・・・。手の力抜けてきました。
それでも、まだちょっとずつしか出てこない。
ちょっとずつが、ちっちゃい試験管3本分溜まるまで、じーーーーーっと待ちましたよ。
んで、さすがに私も、眉間を押さえてうつむいてしまいました。
血圧はまぁ、いつも低いのだけれど(でも別に寝起きが悪いとかはないのです)、昨日は珍しく最初から上が「100」を超えていて、例年よりは高いくらいだったのですよ。
「やべっ。血圧高いジャン。高血圧ジャン!」とか心配になるくらいだったのですが。血は出ない。
何がいけなかったのでしょう?


★★★今日読んでいる本★★★
「月は無慈悲な夜の女王」ロバート・A・ハインライン/早川書房

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.11

無責任時代

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
相変わらず蒸し暑いです。
そして今朝の東京は、4時頃すごい雨と雷でしたよ。
私は雨で目が覚めまして、やっぱり目を覚ました夫に
「コレオが外にいる・・・。しまわなくちゃ・・」と言いながら、自分では全然動きませんでした。
って、まぁ・・一応その間に子供部屋や廊下の窓を閉めて回ってはいたのだけれど、自分から外に出ようとはしないのであった。
ごめん。
雷もすごかったです。
うちの方は、あまり近くには来なかったので、音は大したことなかったのですが、光り方が怪獣映画のようでした。
ほどんど間を置かず、ピカピカ光っているのです。
あんまりすごいので、天窓のブラインドを開けたのですが、稲妻は見られませんでした。


ここ数日、ちょっと落ち込んでいます。
ここ数日、とゆーか数ヶ月、とゆーより数年、自分のダメ人間っぷりがひたすらエスカレートし続けているのは日々自覚しているのですが、昨日久々に妹などと会って話をしていて、自分の世間知らずっつーかめんどくさがり屋っつーか、馬鹿っぷりをまざまざと見せつけられ。
実はその数日前に、和田くんと話していて、やっぱり自分のダメっぷりをイヤなくらい自覚させられ、さらに性格の悪さまで露呈し、呆れてイヤな顔までされちまって。
くそ~~~っ・・・
正論だけで世の中動かせるんなら、争いなんぞ起きないんじゃ!
池谷裕二なんつー若造(4つしか違わないけど)に指摘されんでも、ダメ人間は、放っておくとどんどんダメな人間になるなんて、40年も生きてれば、経験から、よーーーーっくわかとるんじゃ。
それでもダメだからダメ人間なんじゃイッ!
と、やさぐれております。
しかし、こーゆーやさぐれ方は、ますます自分の馬鹿さを晒して、ますます虚しくなる、とゆー効果を伴っているのです。は~・・・・。


しかも、数年前ならこーなってくると、かなりの頻度で鬱状態に移行していたのが、最近じゃそーもならないや。
やっぱあれは、妙に真面目な人がなるものなのですよ。
あんまりダメになると、そんな引っかかりもなくなってしまうのですね。
いいんだか、悪いんだか・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「月は無慈悲な夜の女王」ロバート・A・ハインライン/早川書房
また全然進まない・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.06

何度でも行きたい

みなさんこんにちは。
今日は雨降りです。台風の影響でしょうか?
この天気は、間一髪で切り抜けて、日曜日から昨日まで、家族で旅行へ行っていました。
夏休み第二弾です。
そして、これで夏休みも終わりです。


行ったのは、家族でお気に入りの
「スパリゾートハワイアンズ」
今月は映画「フラガール」が公開される予定の、昔の「常磐ハワイアンセンター」です。
うちでは、娘のおむつが取れる前から行くようになって、毎年行っている程の気に入りようなのです。
なんで、子供が産まれてから突然行くようになったのかな~と、思い出そうとしたのですが、相変わらずの記憶力の乏しさで、ほんの数年前のことがまったく思い出せないのですが、
いくつものプールに温泉、リラクゼーション施設。お店も揃っているし、ホテルもあって、そこだけでずっと過ごせるとゆーのが、小さな子供を連れて遊びに行くのに都合がよいのです。
東京駅から(あと、新宿と横浜と埼玉からも)、ホテルの無料送迎バスも出ているので、ホテルに泊まるのなら、宿泊費分の費用だけで、交通費もプールと温泉の利用料もいらないので、お得感もあるのでした。
なので、たぶん、子供が産まれてから、「小さな子供と一緒に遊びに行くならどこがいいか?」と考えていて、紹介記事か何かを読んだんだろうと思います。
フラダンスショーやマジックショーも一緒に見られるので、意外と飽きないし。

Hawaii4

Hawaii2

うちの娘などは、初めて行った時から、時々思い出してはうわごとのように
「ハワイアンズへ行きたいな~」とつぶやいている程気に入っています。ハワイが日本にあると思いこんでるのはちょっと問題だけど。


今回は2泊だったので、プールだけだと飽きるかな~と思いもして、娘も行ってみたいと言うので、オプショナルツアーであぶくま洞見学を入れました。
「あぶくま洞」・・・・アウトドア系の知り合い達は知っているかも知れませんが、私は洞窟好き・・・。
なので、遊びに行った先に洞窟があれば、たいてい入っているのですが、このあぶくま洞にはまだ入ったことがありませんでした。
実は、行ったことはあるのです。
入り口まで行って帰ってきたのです。
なぜか。
和田くんと一緒に福島旅行を計画して、行くとゆー前日に不正出血があり、翌日病院へ行ったら妊娠してるっつーことで、あらあら。なんだけど、旅行へは行ってもいいと言われたのでその翌日車ででかけたら、途中で気持ち悪くなっちゃって、さすがに鍾乳洞見学は危ないかな~と思って、止めたのだけれど、出血は続き、喜多方ラーメンだけ食べて帰ってきたら、「切迫流産しかけてる」と言われ、そのまま半月安静になってしまったのでした。
で、生まれたのがこの娘で、無事産まれた子と、こうして一緒に見学できるとゆーのも感慨深い・・・・なんてことはその時はかけらも思わず、今思いついたので書いてみました。

Hawaii5

Hawaii6
<探検コースとゆー、少しハードなコースへ行きました。
トレッキングとか好きな私は、子供がいくつになったらそーゆー所へ行けるんだろう?とよく考えますので、こーゆー選択ができるくらい、子供が大きくなったとゆーことに感動しました>

ツアーの行程には、薄磯海岸にある塩屋崎灯台も入っていました。

Hawaii1
<映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台になった・・と言っても、その映画を私は残念ながら知らないのであった。
海水浴もできるという海岸が、めっちゃくちゃきれいでした>

洞窟の後は、早くプールで遊びたいと騒いでいた娘ですが、灯台もけっこう楽しかったようです。


それでも、やっぱり娘の1番の楽しみはプールで、今回やっとウォータースライダーができて、何度も何度も滑っては大喜びでした。

Hawaii3

2泊すると、ほんとーにゆっくり楽しんだーーーっとゆー感じですが、帰る時にはまだ遊び足りないような気持ちになります。
実は、三者三様に途中で具合が悪かったりもしたのですが、やっぱりすごく楽しくて、また家族で遊びに行きたいな~と思いながら帰ってきたのでした。


★★★今日読んでいる本★★★
「月は無慈悲な夜の女王」ロバート・A・ハインライン/早川書房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.01

歩いてゆければ

みなさんこんにちは。
今日は雨です。
ここ数日、すごくいい天気と悪い天気がきれいに交互にやってきていて、おもしろいですね。
さっき、ネットをしながら(仕事中だけど)、
「あっあの事を調べなくちゃ」と思い出して、「でも、このページを読んでからにしよーー」と後回しにしてたら、見事に何を調べたかったのか忘れました。
ちなみに、今、ロバート・A・ハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」を読んでいるのですが、これは、昨日やっぱりネットをしていて、見ていたページの紹介記事を読んで読みたくなった・・・はずなのですが、それがどこのページで、なんと紹介されていたのか、自分が何故読みたくなったのかが、まったく思い出せないのです。
海馬に傷でも付いてるんか!?


それはさておき、
私は子供の頃はSFを読む人で、長じるにつれそれが、ミステリーやホラーに変わっていったのですが、やっぱ古典SFいいですね。
あっところで、ディズニーシーの新アトラクション。
呪いの人形の設定が「星新一だ」と思った方いませんか?


って、今日はそーゆー話をしたかったわけではありません。
今私がよく使っている自転車は、パシフィックとゆープジョーの自転車なのですが、これは和田くんの知り合いから譲ってもらった物です。
彼は、頸椎に出来た腫瘍のために半身が麻痺状態になり、シティタイプの自転車から、リカンベントという背もたれ付きの物に変えたのでした。
腫瘍は、できた場所が場所だけに、簡単に手術で取るというわけにもいかず、それ以上悪くならないなら、いじらない方がよいということらしく、そのまま生活してました。サイクリングにもよく参加してました。
それが、今年になって、反対側にも麻痺が出始め、腕が痛くて腕時計もしていられないほどになったのだそうです。
もう手術をするしかないのですが、成功率は50%。
それが確率的に高いのか低いのか知りませんが、その成功率を見て、半身麻痺は放っておいたくらいなので、できるならしない方がよい賭、ということなのでしょう。
放っておいたら麻痺は進行する。でも手術をしても治る保証はなくて、最悪そのまま死んじゃうかもしれない。
私なんか、今想像するだけでもドキドキしちゃってます。
手術を受ける
とゆーお話を聞いた時は、「よく決心したなぁ」「私だったら決心つくかなぁ」とそんなことばかり考えましたよ。
本人は、現実に決心を付けたわけだから、それを関係ない他人が想像してても意味はないんで、話はさっさと進めますが、
先日、手術は無事成功とゆー連絡がありました。
で、今日リハビリが始まるとゆー本人の書き込みがありました。
順調に回復すれば、またシティタイプの自転車にも乗れるようにもなって、それでまた一緒にサイクリングもできるはずです。
リカンベントの彼しか知らない私には、それってすごく感動かもしれない。


★★★今日読んでいる本★★★
「月は無慈悲な夜の女王」ロバート・A・ハインライン/早川書房

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »