« ただそこに在る | Main | 富士宮散歩 »

2006.08.22

家族のこと

みなさんこんにちは。
今日はちょっと曇り。少しは過ごしやすいでしょうか?
週末はどうなるのかな~。
娘をプールに連れて行く約束をしているので、ギッランギランに暑いと嬉しいのだけど。


先日、酔っぱらった頭で、日本の県名当てをしました。
って、夫に「○○地方にある県」と言われて、ある県を上げていくってだけですけど。
で、どーーーしても出てこなかったのが、
富山・宮崎・香川でした。
香川は、位置までわかっているのに、出てきませんでした。
富山と宮崎は、存在が私の頭の中から消えていました。
逆に、高知と島根はどの地方を言われても、つい口から出てきてしまい、私の日本地図は、高知と島根だけでできているかのようです。


最近、夫とは休日が全然合わなくて、一緒に過ごせる時間があまりありません。
この日はどーしてだか、時間があって、娘も久々に寝付きがよくて、この後一緒にレンタルしてきた映画を観たりもしました。
「父と暮せば」だけど。
以前ここでも書いた、こうの史代の「夕凪の街」と比較している人がいたので、気になっていたのと、先日公開された「紙屋悦子の青春」の話題があったので、見たくなったのでした。
まぁ・・よい作品だとは思います・・が、舞台で観たらもっと感動したかも(原作は井上ひさしの戯曲)。
セリフ回しとか、セットとか、いかにも「舞台」って感じだし。
宮沢りえはとてもよい。
なるほど、「夕凪の街」を連想します。かなり似てる、かも。
でも、私はやっぱ「夕凪の街」の方が好き。
なんつーの?「夕凪の街」の方が、冷めた悲しさっつーか・・・主人公の後ろめたさとか、理由は同じようなのだけれど、こっちの方が理解できるし。
世代の違い?
「夕凪の街 桜の国」も来年映画公開だそーですが、楽しみなような心配なような・・・。


イラク絡みで、10日以内に核戦争が起きるとか・・・ロシアの新聞が言っているそーですね。


★★★今日読んでいる本★★★
「神話と歴史」直木孝次郎/吉川弘文館

|

« ただそこに在る | Main | 富士宮散歩 »

Comments

ご無沙汰です

『夕凪の街』知らないのですが、何かタイトルだけで惹かれるものがあります
あとで調べてみようかと思ってます

Posted by: 帰途 | 2006.08.25 at 10:46

こんにちは。
家族で富士宮へ行っていたら、すっかり週が明けてしまいました。

>帰途さん
「夕凪の街」お勧めです!
ジワジワと哀しいのが苦手な人は要注意です。

Posted by: じゅんこ | 2006.08.28 at 14:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/11556004

Listed below are links to weblogs that reference 家族のこと:

« ただそこに在る | Main | 富士宮散歩 »