« ウルハイマートへ還れない | Main | 家族のこと »

2006.08.18

ただそこに在る

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日までは、不安定な天気で、すごく晴れたかと思うとどしゃ降りになったりだったのですが、今日は落ち着いているようです。
なので、コレオをベランダに出してきましたが、最近命をかけたチャレンジを頻繁に行っているようで、気が気ではありません。いったい何がしたんだか・・・。


遅ればせながら、誕生日にたまごっちを買ってもらった娘。
一応順調に進んでいて、今3世代目です。
1代目が「うさぴょん」。2代目が名前を付けるのに失敗して、3代目が「きり」。
「うさぴょん」はわかるけど、「きり」ってなに?
最近のたまごっちは育てるだけじゃなく、サイトにあるたまごっち星へ行って買い物をしたり、他の星へ旅行したり、大変です。
娘のご機嫌を取ろうと、ついサイトを教えてしまったら、めんどくさい事になってしまいました。とほほ。


時々覗いている「有機化学美術館」。
リンクを貼ってからずいぶん経ちますが、まじでおもしろいので、改めて紹介しておきます(右側のリンクからどうぞ)。
つか、実のところ、私もしばらく行ってなくて、最近また行き始めたのでした。
数年にわたって書かれた記事が、かなり読み応えあります。
私が大好きなナノカーボンについても、詳しく書かれています。って、もともとナノカーボンについて検索していて辿り着いたサイトさんだったのです。
んで、今日改めて書いているのは、
数年前に書かれたプリオンの記事に、かなり感動しているからなのです。
プリオン・・・今更知らない人はいないと思いますが、あの「BSE-狂牛病-」を引き起こす病原体です。
できれば一生お近づきになりたくないプリオン。
でも・・・・
かっこいい・・・・・
すげーかっこいい!プリオン。
名前はちょっと間抜けだけど。
性格かなり凶暴でひねくれてるけど。
絶対一緒になりたくないけど。
すごい・・・・。


やっぱ宇宙ってすごいです。
自然の神秘ってやつ。
なぜ、なんのために、どーしてそんな事してるのか、さっぱりわからないけど。そしてやってる事は大迷惑だけど。
とにかく私は感動しました。プリオンに。
倉田江美の「Sの解放」にあった
「神様だって、たまにはゲームをするのさ」とかゆーよーなセリフを思い出しました。
世の中に、無駄な物はないとゆーなら、こんな病原体の存在にも、何か意味があるのだろうか?
そして、たとえ意味がなくても、その存在の美しいことが不思議。


★★★今日読んでいる本★★★
「神話と歴史」直木孝次郎/吉川弘文館
全然進みません。
ヒマな時間があると、ほとんど数独やってるから。

|

« ウルハイマートへ還れない | Main | 家族のこと »

Comments

子供のネーミングセンスはすごいっすよ。

ウチの娘が小さいときの傑作は
「うり」(白いうさぎのぬいぐるみ)
「ちゃんぴよん」(白猫のぬいぐるみ)
「ふっくん(通称)本名はふりーどりっひ」
(長い・・・黒豹のぬいぐるみ)

ちゃんぴょんは チャンピオンの意味とか
分かったのですが、
ぬいぐるみに相関関係があったりして、
並べると喧嘩する子とか、いろいろあって
面倒だった・・(^-^;
そして今も大事にしてた子たちは、そのまま。。だったりして。

Posted by: ちゃる | 2006.08.22 at 12:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/11493459

Listed below are links to weblogs that reference ただそこに在る:

« ウルハイマートへ還れない | Main | 家族のこと »