« 昔の子供の読書録 | Main | 夏だけど »

2006.08.05

油壺 海水浴

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日は平日でしたが、夏休みをもらって、家族で海水浴へ行ってきました。
三浦半島の突端にある油壺、荒井浜海岸です。


毎年、夏の家族旅行の中で、必ず海水浴の日を入れているのですが、
以前にも書いたかもしれませんが、子供が産まれてから、なぜか旅行の時期に寒い日が続いていたり天気が悪かったりで、沖縄を除いて、海でまともに遊べた試しがありません。(と書いてから、九州旅行の時は、台風の影響はあったけれど、いい天気で海水浴をしたような気がする)
その沖縄も、娘は砂と波を嫌がって、目の前にきれいな海が広がっているのに、ほとんどプールにいたのでした。
私も3歳くらいの記憶で、海水浴で泣いているのですが、やっぱりせっかく夏なのだから、海で遊びたいじゃないですか!?
なので、私と和田くんも久し振りに、首都圏の海水浴場へ行くことになったのです。
ネットで検索して、この海水浴場が、水がきれいで波が穏やかだとゆーので、決めました。
私が子供の頃行ったのは、この手前の三浦海岸までで、油壺は初めてです。


京浜急行線で、終点の三崎口まで行って、そこからバスで15分くらい。油壺のバス停からさらに徒歩10分くらい。
海沿いの木立の道を下って行った所に、小さな海水浴場がありました。

Umi2

噂通り、期待以上の透明度。
波も、「油壺」の名の由来のひとつになっているとおり、とても静かです。
海の家から海までが近いのも、楽でよいです。
娘は、行くまでは
「え~?海~?」と渋っていたのですが、実物を目の前にしたら、もう落ち着かなくて、サッサと水着に着替えて、一人で砂浜へ下りてしまいました。
大人は荷物の整理や水遊び道具の準備、着替えをしているのに、波打ち際で
「まだ~?」「早く~」と急かします。

Umi1

あんなに嫌がっていた砂も、全然気になっていないようです。
ちなみに、荒井浜海岸の砂は、砂利が大き目で足にちょっと痛い・・・・。


なかなか夏が来なかったせいか、水温がまだちょっと低い感じで、私は午後には寒くなってしまい、あまり海に入っていませんでしたが、娘は浮き輪にはまって、正に時間を忘れて遊んでいました。
岩場もあるので、男の子などは水溜まりに潜って、魚や蟹を捕っているようでした。
私は浅瀬でやどかりを捕りました。

Umi3

周りに人も少なくなり、海の家が閉まるギリギリまで遊んで、
近くにあるホテル「観潮荘」のお風呂に入ってから帰ってきました。
宿はどこも満室のようで、今日もよいお天気。海水浴場も昨日以上に賑わっているのだろうなぁ。


★★★今日読んでいる本★★★
ナシ。

|

« 昔の子供の読書録 | Main | 夏だけど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/11317529

Listed below are links to weblogs that reference 油壺 海水浴:

« 昔の子供の読書録 | Main | 夏だけど »