« 暁を覚えず | Main | 亀のこととか、その他 »

2006.06.27

おばけがいる

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
すっかり夏の日射しです。
でも朝は今にも雨が降りそうでした。なので、亀はお部屋でお留守番です。
こーゆー時、ほんとっマジでっ!めっちゃくちゃっ!悔しいです。


ところで、私は怪談が好きです。
で、しつこいですが、そのくせ幽霊だの超常現象だのオーパーツだの、なんだの、ほとんど信じていません。
が、中にはどーしても不思議な事があるのも事実なので、そーゆー事を無理矢理否定しようとも思っていません。
子供ってのも怪談が好きです。
うちの娘もお化けとか・・好きです。
まぁ怪談のおもしろさがわかるのは、もう少し先って感じで、今はまだ「お化け」とゆー物にワクワクしてるだけって感じかな?
これが小学生とかになって、怪談を楽しむようになったら、私も楽しいな~。
いっくらでもネタ教えてあげるわよっ!


その娘が、突然言うのです。
「この家に、おばけ来たことある?」
「さぁ・・ないんじゃないの?」と答えると、
「え~、だって前に人の手の跡が付いてたって言ってたじゃん」
ああ、あれね(http://junko-diary.cocolog-nifty.com/diary/2006/01/post_9621.html#comments)。
まぁあれは、わかっててちょっと言ってみただけでなんでねぇ・・。
でも子供的には、「おばけが来た!」とゆー思い出になって残っているのだねぇ。よしよし。
「じゃぁ、前のおうちに来たことある?」
    ある。


さらに前置き。
子供の言うことには、けっこうゾッとさせられたような発言もいくつかあります。
「子供には大人に見えないモノが見えるのね」
な~んてことは、まったくもって思っていません。
大人にとってはなんでもないような事が、物を知らない子供には不思議に思えるんだろうくらいに考えています。
けど、それは今日は置いておいて、
無知な幼児の戯言にしても、不思議だったことをひとつ。
夏だし。


娘が3歳になる少し前だったと思います。季節はちょうど今くらい。
その頃は、古い賃貸マンションに、家族3人で住んでいました。
輸入家具屋のバーゲンで、夫がやけに気に入って、ランプシェードを買ってきました。
タイだったか、ベトナムだったかの古民具の魚籃をつなぎ合わせて作った物で、大人の背丈ほどの大きさのある物です。
車に積んで持ち帰り、早速ダイニングキッチンに置きました。
ところが、娘が泣くのです。
それはもう、すごい勢いで
「怖い!怖い!」と大騒ぎです。
「何が怖いの?」と聞くと
「おばけがいる!」
「ああ、子供のことだから、見慣れない物が部屋にあって落ち着かないんだろう」と考えました。
娘が泣くのは、そのランプシェードがあるDKにいる時だけで、隣の部屋へ入ってしまえば平気でした。
そんなことが2~3日続いて、いい加減に慣れてくれないかな~と思っていました。
その日、外から帰ってきて、玄関から廊下に入ると・・・
今度は廊下の途中まで来た所で突然泣き出したのです。

Ramp

えっ?どーして?
とは思いましたが、そんなに気にしませんでした。
「おかしい」と思ったのは、次の日。
帰ってきて、玄関から廊下に入った所で娘が泣き出しました。
「おばけがいる!おばけがいる!」
そこから、DKのランプシェードは見えません。
そして、あんなに怖がっていたダイニングキッチンに入ると、ケロッとしているのです。
少しずつ、娘が「おばけがいる」と言う場所が、玄関へと向かっている?
そしてさらに2日程経った日、家に帰って鍵を回して、ドアを開けて・・・
その途端に、娘が「ぎゃーーーーっ!」と泣き出したのです。
これにはさすがにびっくりしました。娘のあまりの迫力にビビッたというのもあるかもしれませんが。
娘は、玄関の前で開いたドアの中を見ながら、
「入りたくないーーーーっ!」と泣き叫んでいるのです。
腕を引っ張って中に入ろうとしても、足を踏ん張って「いやーー!いやーー!」と泣いています。
仕方なく、抱き上げて、目をつぶって、走り込むようにして玄関に入りました。
何かがそこに立ちふさがっている姿がチラリと頭に浮かびました。でもそれは私の想像です。


ドキドキしながらDKに駆け込みましたが、娘は、もう泣き止んでいました。


翌日も夕方になってから家に帰ってきましたが、玄関のドアを開けても、もう娘は怖がりません。
家に入って、夕飯の支度をしながら、試しに
「お化けはどこにいるの?」と、聞いてみました。
娘は、最初何を聞かれているのかわからないような顔をして、少し考えてから、
「お外にいるよ。おうちに帰っちゃったよ」
と言いました。


★★★今日読んでいる本★★★
「ウソの論理」ひろさちや/中公文庫

|

« 暁を覚えず | Main | 亀のこととか、その他 »

Comments

そんな感じのことウチもありました
ウチの場合、以前住んでいたアパートで上の子1~2歳頃、部屋の中で絶対に近寄らない一角ってのがあったってことですが。。。
その一角にお気に入りのオモチャが転げていっても絶対とりにはいかずただ指差して『○○ちゃん』と言うだけで、行かせようとしたものなら泣き出してました

他にも上の子はありましたが、今となっては覚えてませんし、怖いもの、話は大嫌いみたいです^^;

Posted by: 帰途 | 2006.06.29 at 00:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/10428040

Listed below are links to weblogs that reference おばけがいる:

« 暁を覚えず | Main | 亀のこととか、その他 »