« 桜三昧 | Main | 亀を買いました »

2006.04.06

草木の芽吹く

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
今日は、今シーズン最後のお花見の予定が入っています。仕事関係です。
別に行かなくてもまったくもってよいのだけれど、行きます。行きたいから。
ここ数日、ビミョーにブルー入ってます。
別にこれといった明確な理由は、たぶんないです。
敢えて言えば、
仕事に対する自分のテンションの低さ加減がイヤになっています。
で、テンションが低くて、それなりにミスはしているのだけれど、それなりにどーにかなっちゃっているのもなんかイヤです。
こーゆー「どーにかなっちゃう」ってゆーの、ますますテンションを下げる原因になりますよね?
って、大々的な取り返しのつかない失敗をして、いっそスッキリしたい!
とかゆーわけでは全然ないですけど。


もうひとつ、
どーゆーわけでだか、親不知が出てきた・・・・。
先日娘の虫歯をまた発見してしまい、虫歯については、かなり神経質になっています。
で、
「そろそろ私も歯医者へ行かなきゃな~」とか、思って気にしていたら、奥歯のさらに奥に、妙なくぼみが・・・。
実は、私、この年まで親不知生えてませんでした。自分には生えないものなのだと思っていました。そーゆー人も最近は増えてるってゆーし。
まぁ厳密に言えば、親不知の元はあって、肩凝りのこととかで、「抜いておいた方がいいよ」とゆー意見もあったのですが、痛いわけじゃないし、出てもいないものをわざわざ抜くのもなんかイヤで、放っていました。
ら、今更出てきました。
と言っても、相変わらず痛いわけでもない。
イヤなのは、このまま放っておいたら、そこから虫歯になるんじゃないかってことのみ。
がんばって磨いてますけど、すごく磨きにくいので、かなり感じ悪い!
生えるならとっとと、きちんと生えてくれ。


この季節、職場でよくタケノコをもらいます。
客に暇な金持ちが多くて、自分チの山で取れたタケノコを持ってきてくれる人が何人かいるからです。
で、ここ数年、私もタケノコくらい煮るかってんで、一応毎年もらって帰るようにしています。
しかし、もともと料理にはあまり興味のない私・・・これがかなり苦手。
いや、タケノコ煮るのに、どんな苦手があるのか?と我ながら思いますけど、「苦手意識」ってやつ?
私ごときがタケノコ様などを料理できるわけがない。と。
一番イヤなのは、あの、むいてもむいてもどこからが本体なのかわからない所。
ほとんど皮なのはわかっているのだけれど、必ず途中で「もしかして、今はいで捨てたのは本体ではなかったか?」と心配になってしまうのでした。
タケノコの皮むきながら、こんなにドキドキしている人が、日本に何人いるだろう?
なわけで、今年も来ました。タケノコ。
同じ人が、数週間後にまた持ってきてくれるとゆー約束をしていきました。
ありがとう。スリルとサスペンスの日々。


ところがっ!
ところがですよっ!
毎年毎年タケノコを茹でてきて、とうとう今年は、きちんとむけてしまったのです!
もう完璧でした!あんなに「できない!」と思っていたのはなんだったの?ってくらい見事でしたよ。みんなに見てもらいたいくらいきれいにむけましたよ!
なので、今年からもうタケノコ怖くないです。ドンと来い!!です。
だけど、お湯から上げるとき、穂先を切るのを忘れていたことに気付いてしまいました・・・。
でも、もう怖くないもんね。切れ目を入れるくらい、皮をむくことに比べればなんてことないもんね。赤子の手をひねるがごとしだもんね!
いくつでも来るがいいわ。タケノコ!!


★★★今日読んでいる本★★★
「あなたの話はなぜ「通じない」のか」山田ズーニー/筑摩書房

|

« 桜三昧 | Main | 亀を買いました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/9456815

Listed below are links to weblogs that reference 草木の芽吹く:

« 桜三昧 | Main | 亀を買いました »